まちゃる さん プロフィール

  •  
まちゃるさん: 金沢の片隅から
ハンドル名まちゃる さん
ブログタイトル金沢の片隅から
ブログURLhttp://kazuyami77.com
サイト紹介文金沢市を拠点に北陸3県などに出張撮影するフォトグラファー(カメラマン)です。
自由文金沢市を拠点に北陸3県などに出張撮影するサービス「M's photography」のフォトグラファー(カメラマン)です。金沢の片隅から石川県(特に金沢)を中心とした写真をお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 97日(平均3.2回/週) - 参加 2017/02/16 07:09

まちゃる さんのブログ記事

  • 6月30日〜7月2日まで金沢市民芸術村で写真展を開催します☆
  • 6月30日から7月2日までの3日間、金沢市民芸術村のアート工房にて所属している写真クラブの年1回の写真展があります。今年は「商い」をテーマにした作品とその他の自由作品が合わせて100点ほどが並ぶ予定です。写真展の会期中には、撮影会や写真教室みたいなこともできればと思っていますので、お気軽に遊びに来ていただけたらと思います。 *リアリズム写真展2017「商い」*期間:6月30日(金)〜7月2日(日)10:00〜18:00(3 [続きを読む]
  • 海に沈む美しい夕日☆石川県のおススメ夕日スポット8か所
  • 夕日が沈む海を見ながらホッとひと息・・・・仕事を終えた帰り道に、ちょっと海でゆっくりするのが好きな僕です。県の西側に海岸線が続く石川県は、県内のあちこちに夕日スポットがあるため「夕日マニア」にはたまらない場所になっています。そんなわけで、県内のいろんな場所を回って撮影した中から個人的におススメの夕日スポット8か所を写真付きでご紹介します。高松海岸(かほく市)金沢から能登半島をつなぐ「のと里山海道」 [続きを読む]
  • 桜&着物でLovegraph撮影inひがし茶屋街界隈
  • 名残惜しく桜の季節が終わってしまった今日この頃です。そんな中ですが、今年の桜シーズンは満開の桜の中でのポートレート撮影が何回かできましたのでちょっと満足です(*’ω’*)金沢の街なかの桜が満開だった時期には、観光地として有名なひがし茶屋街界隈でLovegraphのカメラマンとして撮影もしてきました☆Lovegraphはカップルの方を対象とした写真サービスで、日本全国はもちろん海外の何か所かにカメラマンがいます。私は石川 [続きを読む]
  • 「人を撮るのが苦手」という悩みの理由と改善方法を考えてみた
  • 写真教室の講師をやらせていただいていると、質問としてよく出されるのが「人を撮るのが苦手なんですが、どうすればいいですか?」というものがあります。カメラをしかも一眼レフなどを持っていると周りの人から「写真撮って」と言われることも多いので、できればうまく人の撮影ができるようになりたいですよね〜。実際にプロになる前の僕も人を撮るのがとても苦手でしたが、経験を積んだり人を撮るのが上手い人の撮影の様子や解説 [続きを読む]
  • 田植え前の一番いい時期の富山県・散居村を見てきました☆
  • 先週末にカメラ仲間と富山県の方に行く予定があり、有名な散居村の方を見てきました。散居村と言えば砺波平野のあたりが有名で、1軒1軒の家が離れていることと水田があたりに広がっていることが有名です。そして特に1年のうちで今の時期は田植え前の水田に水が入り、夕日が写りこんで絶好の撮影スポットとなることが知られています。そんな中向かったのは、おそらく撮影スポットとして最も有名な夢の平の散居村展望台です。かな [続きを読む]
  • 金沢城・兼六園や太陽が丘でウェディングの前撮りをさせてもらいました
  • 先日、結婚をもう少しに控え。た友人カップルの前撮りをさせていただきました。希望として「記念に着物で撮りたい」ということだったので、雰囲気に合わせて金沢城や兼六園、そしてこの桜と菜の花の時期に合わせて太陽が丘の方にも行ってみました。金沢の歴史を感じさせる街並みには、やはり着物はかなり似合いますね。金沢城や兼六園の雰囲気も良く、着物で散策するにはぴったりです。今回、まだ時期が早くて桜の下では撮影できま [続きを読む]
  • 写真がうまい人はどんなカメラで撮ってもうまいのはなぜか?
  • 「弘法筆を選ばず」ということわざがあります。「腕のある人はどんな道具を使わせてもいいものを作り上げる」という言葉ですね。写真の世界においてもそういう人は存在します。「あの人、スマホで撮ってるのにいい写真撮るよね」などと言われるどんなカメラで撮っても写真が上手い人です。今日はそんな「何で撮ってもうまい人」がなぜうまいと思われるのか?「写真がうまいとは何だろう」ということについて、考えてみたいと思いま [続きを読む]