川直 さん プロフィール

  •  
川直さん: 富岡将棋ブログ
ハンドル名川直 さん
ブログタイトル富岡将棋ブログ
ブログURLhttp://tomiokashogi.blog.jp/
サイト紹介文徳島阿南を将棋好きが集まる街に。 本当に強くなりたい子供たちが集まった“富岡将棋”の活動記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 41日(平均4.6回/週) - 参加 2017/02/16 10:36

川直 さんのブログ記事

  • さよならエース
  • 唐突ですが…富岡将棋のダイチ君が2年間徳島を離れることになりました。年下や同年代の小学生メンバーにとっては憧れであり、年上の子や関係する大人たちにとっては驚きである、まさに富岡将棋のエースでした。彼が居なければ、富岡将棋の立ち上げも無かったでしょう。大会で... [続きを読む]
  • 富岡竜王戦
  • 第2期富岡竜王戦を行いました。級段位に応じた手合い割でのハンデ戦トーナメント。階級差に応じた駒落ちの手合いは1級差  後手2級差  香落ち3級差  角落ち4級差  飛車落ち5級差  飛車香落ち6・7級差   2枚落ち8・9級差   4枚落ち10・11級差 6枚落ちくじ引きで組み... [続きを読む]
  • 富岡棋戦について
  • 富岡将棋では認定戦の他に不定期でメンバー内タイトル戦を行っています。内輪だけでの小さな小さなタイトルですが、それでもタイトル保持者は次に同じ棋戦が行われるまでの大体半年間、富岡将棋内でその“称号”を名乗ることができ、それは皆にとって重要なモチベーションに... [続きを読む]
  • 熱血サークルin富岡将棋
  • 以前取材を受けた地元ケーブルテレビあなん様の番組、『熱血サークル』が放送されました。大会も合わせると内容が収まりきらず、前後編の2部作になったそうです。普段の様子を撮影した前編は終始ユル〜い感じと思いきや…対局の映し方はとても本格的なコマ割りで感心しました。そして驚いたのが最後に流れた次回予告。E君のこのボスキャラ感!O君なんて羽生さんみたい!二人とも超カッコいいんですけど!これは見逃せません!『熱 [続きを読む]
  • 徳島県王位戦
  • 3/19(日)、小松島市の北小松島公民館で行われた徳島県王位戦に富岡将棋メンバーが出場しました。B級にダイチ君(小3)、C級にナリ君が出場。ダイチ君は残念ながら予選敗退。その後は富岡公民館長杯に出てくれていた子と仲良く練習指ししていました。ナリ君は2連勝で予選突破。ところで二人のライバルアキト君は、前日の大会で疲れ果てていたので今回は昼からメンバーの応援だけ。観戦モードでお気楽に練習していましたが…憧れ [続きを読む]
  • 第1回富岡公民館長杯 詳細③
  • 盛況だった指導対局コーナーです。今はお仕事が忙しく夏までお休み中ですが、富岡将棋の指導員である中飯先生も来てくれました。一般の大人の方も多くの人が子供たちと指してくれていました。決勝戦。すでに1時間を超え、互いに1分将棋。その盤の中、少しずつ、少しずつ勝ちに近づいていっていたのは…入玉を果たしたアキト君の方でした。決勝戦はケーブルテレビあなんさんの本格的な撮影があり、特別出演で別室にてMC広浦さんと解 [続きを読む]
  • 第1回富岡公民館長杯 詳細②
  • 敗退し先に帰る子たちに配られ、どんどん減っていく参加賞の“王将パン”です。初級者大会で最後まで残った二人の将棋はしっかりとした内容の良い勝負でした。公民館長杯は昼休憩を終え、運命の抽選。さすがに富岡将棋メンバー同士の対局が増えます。中でも1回戦で当たることになったアキト君とハルト君の兄弟対決は1時間半近くの長期戦となり、将棋の勝負の厳しさを感じました。2回戦で県最強小学生にあと一歩で勝利するところま [続きを読む]
  • 第1回富岡公民館長杯 詳細①
  • 初級者大会も合わせると総数50名を超える、運営も感無量の参加人数でした。今年のさなる杯徳島大会覇者。昨年の県中学生チャンピオン。県強豪の二人の参戦は大会の価値を大きく高めてくれました。徳島大学将棋部の皆さんが審判に入ってくれて、初級者大会の進行も思ったよりスムーズに進みました。地元の小学生が中心ですが、こんなにも将棋を指せる子が居たことに驚きです。お昼前には全戦終わると思っていた初級者大会も、熱戦続 [続きを読む]
  • 第1回富岡公民館長杯 こども将棋大会 大会結果
  • 出場者初級者大会33名。富岡公民館長杯25名。初級者大会決勝。三好晃太君vs平瀬天佑君。初級者大会3位決定戦。柳川遥希君vs栗城太河君。優勝 三好晃太君。準優勝 平瀬天佑君。3位 柳川遥希君。初級者大会決勝トーナメント結果。徳島大学将棋部指導対局。富岡公民館長杯準決勝。小笠竜弥君vs遠藤亜紋君。川西晶翔君vs奥田大地君。富岡公民館長杯決勝。川西晶翔君vs遠藤亜紋君。富岡公民館長杯3位決定戦。奥田大地君vs小笠竜弥君 [続きを読む]
  • 徳島新聞で紹介されました
  • 今日の徳島新聞朝刊に富岡将棋と3/18(土)に行われる大会の記事が掲載されました。その効果でしょうか?さっそく何件かの参加申し込み追加をいただきました。これまで阿南市以外の方からも予想以上に多くの申し込みがあり、運営一同大変喜んでいます。現在申し込み数、公民館長杯26名、初級者大会27名。申し込み受付は明日3/17(金)の17時までです。第1回富岡公民館長杯についてのお知らせhttp://tomiokashogi.blog.jp/archives [続きを読む]
  • 朝日S-1グランプリ2017 こどもの部
  • 3/12(日)、愛媛県四国中央市の土居文化会館(ユーホール)で行われた“第21回 朝日S-1グランプリ2017”に富岡将棋メンバーが出場してきました。こどもの部A級(有段者または希望者)にダイチ君(小3)、アキト君(小3)。こどもの部B級(1級〜5級)にハルト君(中1)、ナリ君(小4)が出場。早く着き過ぎて開場を待っていると、招待棋士の今泉健司四段が元気いっぱいさわやかに声を掛けてきてくれてビックリしました。すばらしい [続きを読む]
  • テレビ取材とプレ大会
  • ケーブルテレビあなんの番組「熱血サークル」の収録は続き…ナリ君(小4)、ダイチ君(小3)、アキト君(小3)の小学生3強インタビュー。さらに今回の目玉企画。富岡将棋エースのダイチ君と最年少ガク君(小2)がMC広浦さんに挑戦!なんと4台ものカメラが向けられ、まるでプロ棋戦さながらです。果たして結果は…?取材や大会準備でバタバタしながらもプレ大会はしっかりとやり切りました。決勝はハルト君(中1)vsダイチ君。優勝 [続きを読む]
  • 新聞・テレビ取材を受けました
  • 今週末の対局日は富岡将棋メンバーのほとんどが揃い、全員が富岡Tシャツを着て、いつもと違う厳かな雰囲気…。いよいよ来週に迫った“第1回富岡公民館長杯こども将棋大会”を前に、同じ方式でプレ大会を行ったのですが、本番が近付き皆緊張してる?…いえいえ。実はその理由はまず徳島新聞の取材。大会の案内だけしてくれるのかと思っていたら、富岡将棋の成り立ちとか結構がっつり色々と聞いてくれました。そのうちどれだけが記 [続きを読む]
  • 王将パンが焼けました♪
  • いよいよ10日後に迫った“第1回 富岡公民館長杯 こども将棋大会”。地元のパン屋さんにお願いしていた、参加賞となる「将棋の駒パン」の試作品が出来上がりました。「王」の1文字だけかなと思っていたら、何としっかり「王将」の文字!今回の大会で将棋好きの集まる街への一... [続きを読む]
  • 3/5富岡将棋対局日(さよならインフル杯)
  • 本日は開放日でしたが、参加者は子供2名と少なく、富岡メンバーも学級閉鎖中だったり、家族がインフルだったりで欠席多数。初心者クラスの開放日参加者の子はメンバーの親と練習をしてもらい、富岡メンバーは全員で総当たりの平手ガチリーグ戦を行いました。インフルエンザの流行終息を祈念し、名付けて…“さよならインフル杯”。参加メンバーは…カズ君、ハルト君、ナリ君、リョウ君、アキト君…そして将棋以外の用事でなかなか [続きを読む]
  • もうひとつの将棋教室
  • 今阿南で開かれているもう一つの将棋教室に富岡将棋メンバーが参加してきました。…と言っても、富岡将棋も元々はこの教室の出身者がほとんどです。今年に入ってリニューアルしたこの教室のコンセプトは…「子供vs大人」教室が始まれば、連盟公認の指導員である先生の呼びかけに応じてくれた有段クラスの大人たちが次々に現れ、子供たちと指してくれます。今日は大人の方が多い位でしたね。対局の結果は記録として残り、先生からの [続きを読む]
  • 3月の予定
  • 富岡将棋、3月の予定です。3/5(日) 13時〜  対局日(開放日)3/11(土) 13時〜 対局日 ※大会打ち合わせのため開放はしません3/18(土) 第1回富岡公民館長杯 こども将棋大会       参加申し込み受付中!       http://tomiokashogi.blog.jp/archives/274750.html3/25(土) 13時〜 対局日(開放日)4月以降は原則第1・3日曜と第2・4土曜が対局日となっております。4月からの開放日の開催については未定 [続きを読む]
  • 富岡認定戦ルール
  • 富岡将棋の対局の中心メニューである「富岡認定戦」の昇級ルールを紹介します。・初参加5戦は 勝=昇級 負=降級・3連勝 or 4勝1敗 で昇級・6連勝 or 8勝2敗 で昇段・3連敗 or 1勝4敗 で降級点(B)・降級点を消すには3勝3敗以上で(A)・降級点を消す前にもう一度(B)をとれば降級階級差に応じた駒落ちの手合いは1級差  後手2級差  香落ち3級差  角落ち4級差  飛車落ち5級差  飛車香落ち6・7級差   2枚落ち8・ [続きを読む]
  • 2/25富岡将棋対局日(開放日)
  • ※富岡将棋メンバーの皆様、いきなりですが決めました。富岡将棋の「行われる日」を、今後「富岡将棋対局日」と表現します。(練習でもないし、先生がお休み中の今は教室でもないので…)今日は久しぶりの平常運転。加えて開放日でした。目印はこの看板。でも開放日といえども、「勝ったらこの看板をもらっていくぜ!」という道場破りはご勘弁を。富岡将棋の参加メンバーは…初登場カズ君(高1)、ナリ君(小4)、リョウ君(小4) [続きを読む]
  • 今週末は富岡将棋開放日
  • 今週末、2/25(土)は富岡将棋開放日です。13時〜16時位まで、子供も大人の方も誰でも参加して将棋を指すことができます。ただし駒の並べ方・ルールは知っていて、マナーの良い方でお願いします。前回はメンバー以外に多くのお子様が参加してくれて、とても盛り上がりました。「学校の休み時間に流行っている!」とか「クラスじゃ負けなし!」って小学生の子供たち。「ちょっと大人の強さを教えてやろうか」って腕に覚えアリな強者 [続きを読む]
  • 徳島王座戦
  • 2/19(日)、徳島王座戦が徳島新聞社にて行われました。富岡将棋からハルト君(中1)、ダイチ君(小3)、アキト君(小3)がB級に。ナリ君(小4)がC級に出場。A級には29名が参加し、大きな大会になっていました。B・C級は「スイス方式」が用いられ、参加人数はB級16名、C級8名。B級ではダイチ君とアキト君が1勝1敗同士でまたしても当たることに。今回はダイチ君が前回のさなる杯予選のリベンジを果たしました。そのダイチ君は、次 [続きを読む]
  • 徳島県支部対抗団体戦
  • 2/12(日)、徳島県支部対抗団体戦が小松島市“ふれあいセンター立江”で行われました。その大会にまだ子供ながらある支部に入ったという噂のナリ君(小4)が出場。参加者中、子供はナリ君一人だけだったとのことです。大人に交じって3対3で行われる団体戦のメンバーとして2局指し、残念ながら勝ち星には恵まれませんでした。それでもその後には県アマ強豪の大人の方達の指導対局を多く受けることができたようで、より逞しい将棋に [続きを読む]
  • さなる杯 第42回小学生名人戦徳島県大会
  • 2月5日、臥竜将棋会館にて“さなる杯第42回小学生名人戦徳島県大会”が行われました。富岡将棋からはリョウ君(小4)、ナリ君(小4)、タケ君(小4)、ダイチ君(小3)、アキト君(小3)、リン君(小2)、ガク君(小2)の7名が参加。参加総数27名でグループ予選開始。リョウ君、ガク君の兄弟が同グループでしかも初戦で当たるという悲劇的組み合わせ以外はうまくバラけた富岡メンバー。うちナリ君、ダイチ君、アキト君、リン君の4 [続きを読む]