みかん さん プロフィール

  •  
みかんさん: 高齢出産妊婦の挑戦ブログ
ハンドル名みかん さん
ブログタイトル高齢出産妊婦の挑戦ブログ
ブログURLhttp://alife2017.blog.fc2.com/
サイト紹介文長女10歳の39歳で二人目妊娠。高齢出産の不安と、長女の中高一貫中学受験に向け対策に悪戦しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 177日(平均1.1回/週) - 参加 2017/02/16 16:05

みかん さんのブログ記事

  • 習い事に悩む 小4女子 習い事の数と回数と費用
  • お子さんに習い事をさせる基準ってなんですか?私が娘に習い事をさせる基準は次の2つです。1.本人がやりたいと言った2.本人が楽しんでいる小学4年生10歳の娘の現在の習い事と、始めた時期、回数、月謝はこんな感じです。音楽教室 きっかけ:娘が「ピアノやお歌を習いたい」と言ったため始めた時期:4歳〜 回数:週1回のアンサンブルのレッスン小学3年生・4年生はオプションで月1回の個人ピアノレッスンを追加月謝:幼児科スター [続きを読む]
  • 抱っこ紐をエルゴ アダプトADAPTに決定した理由
  • 現在10歳の娘は新生児の時から抱っこ抱っこで、全く布団で寝ませんでした。超高性能な背中スイッチを搭載していて、抱っこでないと寝ない。置けばギャン泣き。出生時2200gと小さく生まれたのに、3か月には平均体重を超えて急激に大きくなったため、私の抱っこする筋力がついていきませんでした。その上、1日のほとんどを抱っこしていたので、冗談でなく腱鞘炎になりかかりました。1歳過ぎても抱っこ大好き、ぐわっと体重を預けて [続きを読む]
  • 陣痛 タクシー登録。迎車初利用は娘の習い事まで。
  • ズボラな私も妊娠30週を過ぎ、そろそろ出産入院準備をしなくては、、、と思い始め陣痛時の移動手段の確保としてマタニティタクシーの登録をしました。赤ちゃんグッズの買い出しはなるべくまとめて、旦那さんに車を出してもらって行くか、ネットで買えばいいかなと思い後まわし。とりあえず『陣痛が来て病院に行く』をクリアするには入院時に必要な病院指定の持ち物を用意して、病院までたどり着くことだなとコチラの準備。二人目と [続きを読む]
  • Z会 資料請求はおすすめ!小学生の通信講座選び2 
  • 10年続けたベネッセの通信講座で学習習慣はついたので次なるステップを考えて他の通信講座の資料請求をしました。はじめに取り寄せたのはZ会の講座です。Z会の資料請求はかなりおすすめです!無料でおためし教材がしっかり届きます。お試し教材を申し込んでから1年以上経ちますが、これまで勧誘の電話・メール一切はありません。更に1度の資料請求で、お試し教材はたびたび届きます。↑広告でなくしっかり教材が届くんです。コレっ [続きを読む]
  • 小学生の通信講座選び1
  • 小学校3年の2月=新4年生から塾通いをはじめた娘は塾と並行して通信講座を続けていました。生後6ヶ月からはじめた、こどもちゃれんじと進研ゼミ小学講座は小4の9月まで10年間続けていました。そもそも赤ちゃんのとき『こどもちゃれんじ』をはじめてきっかけは娘の『月齢の基準』何に興味を持つのが普通で、何できるようになったらいいのかを私が知りたかったからです。結論から言うと、ベネッセのこどもちゃれんじは続けてよかった [続きを読む]
  • 妊娠を派遣元会社と職場に伝えたら
  • 娘が小学校に上がるタイミングで正社員で勤めていた会社を辞めて派遣で働くようになりました。正社員で勤めていた会社を辞めた理由は、いわゆる小1の壁にぶち当たってのことです。正社員で働いていた会社は新卒から勤めていたので娘の小学校入学の頃には12年以上勤務していました。そのためドンドン責任が重くなっていました。その頃、実家の心配性の母も体調を崩し娘のお世話をお願いすることができなくなりました。私は仕事から [続きを読む]
  • 妊娠を家族に伝える〜10歳の娘〜
  • 39歳での妊娠を実家の母に伝えた後すぐに今度は10歳の娘にも「赤ちゃんができたこと」を伝えました。つわりは毎日吐き続けている状況が3ヶ月以上続いていましたが、「ママはひどい風邪をひいている」と伝えると娘はすっかり信じて疑わず、「いつまで風邪ひいてるの?」と怒ったように言いつつ、何度か『かぜ早くよくなってね』のお手紙をくれたり友だちのお家でお見舞いの手作りクッキーケーキを作ってプレゼントしてくれました。 [続きを読む]
  • 2分の1成人式で感じる10歳の本音と建前
  • 「2分の1成人式」10年〜15年位?前から盛んに小学校で行われるようになった行事です。私が子どもの頃にはハロウィンも、イースターも今のように皆が参加するイベントではありませんでした。節分の豆まきは廃ってきた感じがしますが、かわって恵方巻がこんなに浸透してきたのはいつからでしょうか。「2分の1成人式」という行事も娘が小学校に入学するまでは私はその言葉も知りませんでした。小学4年生の娘の学校では、月1 [続きを読む]
  • 妊娠を家族に伝える〜実家の母〜
  • 安定期を過ぎ、新型出生前診断は陰性、妊娠糖尿病も今のところ問題なし、との事で39歳高齢妊娠をそろそろ旦那さん以外の家族にも伝えようと思います。私は自身は一人っ子です。実家は1駅隣で、実家の母はちょくちょく孫に会いに家に来ます。いわゆる孫LOVE。溺愛です。母はかなり心配性で、私が子供の頃も散々うるさく心配されてきました。なので、ウチの娘がちょっとでもセキをすれば「風邪引いてるんじゃないの?病院は連れてか [続きを読む]
  • 妊婦健診3回目 つわりは続く〜ブドウ糖負荷試験の結果〜
  • 2回目の妊婦健診で尿糖が+++と高かったため、妊娠15週でブドウ糖負荷試験をしました。3回目の妊婦健診の17週に入った今回その結果を聞きます。現在、世間で言われるつわりのピーク(8週〜11週)はとっくに過ぎ、そろそろ落ち着くはずの週数です。それでも相変わらずつわりは続き夕方から明け方まで吐いています。もともと太りすぎの体形なので誤差の範囲だとは思いますが、5ヶ月を過ぎた時点で普段の体重からマイナス2Kgです。今 [続きを読む]
  • 小学校高学年の勉強法〜塾選び〜
  • 10歳の娘は小学校3年生の2月(新4年生のとき)から塾に通っています。塾に通いだした理由は色々です。①小学校1・2年生の時に仲の良かったお友だちが3年生から塾通いをはじめたお友だちのお家はお姉ちゃんも私立中学に通っています。なので、お家の方針として中学受験をするようです。②小学校低学年のうちから家での学習習慣はついているので次のステップに進める?娘は保育園の頃、Eテレのクッキングアイドル マインちゃんが [続きを読む]
  • 娘の友チョコ配り 小4女子の乙女心
  • 10歳の娘のバレンタインについて。普段幼いと感じることの多い娘ですが、世間的にはそろそろ思春期なんですね。一般的には女の子は10歳くらいから、男の子は女の子よりちょっと遅くて11歳くらいから思春期を迎えるんですね。バレンタインには娘と超簡単なチョコレートを作っています。ウチにはオーブンもないので、溶かしてデコって固めるだけです。最近は手作りチョコのキットもたくさんあるので助かります。今年も簡単チョコを作 [続きを読む]
  • 妊婦つわり中のブドウ糖負荷試験
  • 前回の2回目の妊婦検診で糖の値が高いとの事で妊娠糖尿病の疑いがありブドウ糖負荷試験というを受けることになりました。10年前娘を妊娠していた臨月の体重が現在の私の体重。。。つまり10年で約10Kg体重が増えて、立派に肥満気味の自覚があります。そして年齢は39歳、高齢です。肥満・高齢妊娠と妊娠糖尿病にかかりやすい条件がそろってしまっているのでドキドキで検査を受けました。注意事項の紙によると、①検査日前日は22時ま [続きを読む]
  • 妊婦検診2回目 妊娠糖尿病?
  • 新型出生前診断で陰性の結果が出て、ダウン症の心配はほぼなくなりました。あいかわらず、つわりで吐きまくっていますが、少しだけ気分は楽になりました。2回目の妊婦検診。尿検査の結果、尿糖が高いとのこと。+++水が苦くて、麦茶が気持ち悪くて、それでも電車で飲み物がないのも厳しいので、仕事から病院までの電車で、ずっとアクエリアスを飲んでいました。一応そのことを助産師さんに伝えます。助産師さん「先生に相談してみ [続きを読む]
  • 新型出生前診断 結果 〜慶應義塾大学病院 〜
  • 慶応義塾大学病院での新型出生前診断の検査から2週間。相変わらず夕方から明け方までは激しいつわりで吐き続ける毎日ですが、分娩予定の病院での検診でもお腹の赤ちゃんは順調に成長している状況です。新型出生前診断の検査結果が出る日です。旦那さんも仕事をフレックスで切り上げて「病院に行く」とは言っていますが、予約時間には間に合わず、結果説明は私一人で聞くことになりそうです。前回の検査の時に予約を取っているので [続きを読む]
  • 妊婦検診初回〜分娩予定の病院〜
  • 慶応義塾大学病院での新型出生前診断の検査を受けた後、結果はまだですが分娩予定の病院を受診しました。10年前に娘を妊娠した時に通院していた個人経営の産院は既に出産予定月の分娩予約がいっぱいで受診ができない状況でした。少子化だけど産科も減っているようです。今回は数駅電車に乗って近くの総合病院に通院することを決めました。かかりつけの分娩設備のないクリニックで紹介状を書いていただきました。電話で産婦人科の初 [続きを読む]
  • 新型出生前診断 受診 〜慶應義塾大学病院〜
  • 仕事を午前中で早退して慶應義塾大学病院に向かいます。この日は新型出生前診断の受診日インターネットの情報で当日の検査内容はカウンセリングと採血のみとわかっていましたが、やはり緊張します。同じく仕事を早退してくれた旦那さんの方が先に病院に着いていました。TVとかでよく見る建物だぁ〜などと感心しながら13:30に到着し、旦那さんと合流。初診のため診察券作成の手続きをして、臨床遺伝学センターという科へ移動しまし [続きを読む]
  • 新型出生前診断 予約申込 〜慶應義塾大学病院〜
  • かかりつけのレディースクリニックで心拍を確認してから約3週間、再受診の日になりました。つわりの中、インターネットで新型出生前診断について調べました。色々な意見があることは理解できたつもりです。その上で、ウチの場合は新型出生前診断で陽性となり、用水検査まで受けてダウン症の診断となった場合は諦める。そう決めた上で申込をしようと思いました。申込については、下記の理由から慶應義塾大学病院に申し込もうと決め [続きを読む]
  • つわりに苦しむ
  • 旦那さんに妊娠を報告して数日。10歳の娘にはまだ妊娠の報告はしないことにしました。以前流産をしていること新型出生前診断を受けたいと思っていること年齢を考えるとこの先まだどうなるかわからないという不安が私の中にあるため娘には安定期に入るまでは話さない方が良いと考えました。でも、隠し切れないヤツがやってきました。そうです、つわりです。10年前の娘のときも私はつわりが超辛かったのです。その時は一日中気持ちが [続きを読む]
  • 妊娠確認 レディースクリニックへ行く
  • 以前低容量のピルを飲んでいたので、かかりつけにしているレディースクリニックがあります。37歳のときに心拍が確認できず稽留流産の手術をしたときも、こちらでお世話になりました。だいたい6週目くらいかなというタイミングでの受診でした。「妊娠検査薬で陽性だったので、、、」とお話しすると、「あっそ、じゃあ、できてるんでしょ。とりあえず診てみようか」と内診へ。すごくさっぱりしたおじさん先生で私は好きです。先生「 [続きを読む]