のあ さん プロフィール

  •  
のあさん: いつもかばんにスポークを
ハンドル名のあ さん
ブログタイトルいつもかばんにスポークを
ブログURLhttp://noa-s.hatenablog.jp/
サイト紹介文Zero Waste生活に憧れる貧乏暇なしサラリーマンが、日々の生活を整えようと頑張るブログです。
自由文ふとしたきっかけで知った、ゴミを全く出さないゼロ・ウェイストという生活。私にもできるかな、できたらいいな。亀の歩みで少しずつ生活改善中。情報交換するお友達がほしくて仕方ない今日この頃です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 156日(平均5.7回/週) - 参加 2017/02/16 22:24

のあ さんのブログ記事

  • プラスチック・ジャーナル④
  • 2017年7月21日(期間一週間でPlastic Free Julyにチャレンジしています。続きです)四日目からは仕事に行きながらのチャレンジとなります。食べ物・飲み物は水・お湯以外は基本すべて家からの持ち込み、というのは通常と変わるところはないのですが、職場での拘束時間が長いので買い物と調理にかけられる時間が短くなるのが難点。四日目:火曜日(Avoid single-use plastic packaging)肉・魚が購入できない今週は(結局容器 [続きを読む]
  • プラスチック・ジャーナル③
  • 2017年7月20日(期間一週間でPlastic Free Julyにチャレンジしています。続きです)さて、三日目の祝日は、完全プラスチックフリーに挑戦の日です。そう同居人に告げたところ、「完全ってどこまでよ?そんなこと言ってたらシャワーも浴びられないしトイレも使えないよ?」と指摘されました。確かに。Plastic Free Julyのウェブサイトでは、「Go completely plastic-free」という文言の具体的な定義は見つけられませんでした。 [続きを読む]
  • プラスチック・ジャーナル②
  • 2017年7月19日(期間一週間でPlastic Free Julyにチャレンジしています。続きです)二日目:日曜日(Avoid single-use plastic packaging)朝ごはんは同居人から少し分けてもらった自家製ヨーグルトにブルーベリージャムを添えたものと紅茶。自家製とはいえ牛乳は紙パックに入っていたわけで、つまりはプラスチックコーティング・・・。紅茶は職場の先輩からのお土産で、もちろん紙箱のなかでプラスチックにくるまれていたもの [続きを読む]
  • プラスチック・ジャーナル①
  • 2017年7月18日週末から、一週間のプラスチック・フリーに挑戦中です。月曜日からのはずが、同居人の希望で土曜日からになりました。私は資源ごみ回収日に合わせて日程を組みたかったのですが(つまり、次週の回収日に空っぽの容器プラ用ごみ箱、というヴィジュアル的な成果が欲しかった・笑)、まぁ多少の無理を強いてしまうのでこの程度のことは譲歩しようではないか。一日目:土曜日 (Avoid single-use plastic packaging [続きを読む]
  • プラスチック・フリー・ウィークの計画
  • 2017年7月13日Plastic Free July、やってみたいとは思っていたものの、必然的に同居人もある程度巻き込むことになるので気の毒かな…と躊躇していました。ですが、一ヶ月は無理でも一週間くらいならば協力してもらえるかもしれないと思い相談してみたところ、「いいよー」とあっさりした返事(多分この時点で彼は(そして私自身も)事の重大さをあまり認識してなかったと思う…)。そこで、早速Plastic Free Julyのサイトで参 [続きを読む]
  • 二の足踏み中
  • 2017年7月7日今月はPlastic Free Julyがあるので、以前今年の抱負として言及したPlastic Challengeをやってみようかと思っていたのです。でも、やめました。現状、思いつく限りのことは既にやってしまっているので、リサイクルボックスの中にあるプラスチックのパッケージを並べてみてもオルタナティブが全く思いつかない。ええと、チーズのパッケージね、これはやめられないので現状維持。乾麺の袋ね、これもどうしようもな [続きを読む]
  • 種を蒔く(だけの)人 / アブラムシの話
  • 2017年7月6日種を蒔くだけ蒔いて、その後の面倒を見ない人。それは私です。会社のおじさんが、「女房がやたらと鉢植えを買ってくるんだけど、買うだけ買ってほったらかしだから結局水やりは俺がやることになる」とこぼしていました。はい、うちもです。ごめんなさい。というわけで、同居人がプランターの水やりをしてくれているのは知っていたのですが、まさか肥料まで施していたとは…。「ミニトマトを収穫した後にね、液肥 [続きを読む]
  • あまり期待はしていないのですが…気休めに
  • 2017年7月5日郵便ポスト・新聞受けへの投げ込みチラシ投入対策として、今月1日からお断りシールを貼っています。学生の頃にポスティングのアルバイトをしたときの実感からすると、いちいちそのようなものは確認しませんし、何よりさっさと手元の荷物を捌いて帰りたいという気持ちの方が強いですから、正直なところ大して効果があるとも思えないのですが…。4月から3ヶ月間、投げ込みチラシの数を記録してきました。平均週12枚 [続きを読む]
  • 塞翁が馬、なのか / 明確な指針がほしいのよ
  • 2017年7月4日家庭のゼロ・ウェイストを目指し始めて以来、物が簡単に買えなくなりました。そこで何が起きたか。お金が余ってしょうがない。というのはちょっと大げさなんですが。春に同居人が休業災害をやらかしてここ数ヶ月私の収入のみで暮らしているのですが、それでも生活全般に余裕があります。これは単純に良いことだと思っています。ただ、お金に余裕がありすぎて外食が増えました。そして、その結果プラスチックご [続きを読む]
  • わたしのadvantage
  • 2017年7月3日改めて考えてみると、Zero Wasteを目指すにあたって私にはかなりのアドバンテージがありました。・若くない(自分に合うものが既にある程度明確になっている/生活に必要なものはほぼ揃っている⇒新たな買い物や試行錯誤が少なくて済む)・子供がいない・ペットがいない・ソーシャルライフがない(これは褒められたことではないですが)・物を買ってもらえない子供時代⇒DIY精神が発達・耐乏Press Japanに相当影響 [続きを読む]
  • はてなスターの機能を外しました
  • ごめんなさい、今日はZero Wasteとは何の関係も無い、ブログについての瑣末な話です。なるべくテーマは絞って書きたいと思ってるのですが、タイトルの件について少しだけ説明しておきたかったのでご容赦ください。ええと。はてなブログを使ったことがない人には何のことやらという話だと思いますが、スター機能外しちゃいました。お友達とか、同じ興味関心を持っている(と思われる)人がつけてくれるスターは本当に嬉しかった [続きを読む]
  • ガーターベルト・プロジェクト①
  • 2017年6月29日年に数回程度ですが、仕事上どうしてもストッキングを穿かざるをえないことがあります。そのために所持していた所謂パンストの最後の一枚に先日穴が開きました。穴が開いたのは片方の脚だけなのに、パンティーホースタイプ故にもう使えません。今後は両脚共に穴が空くまで使い切るために、サスペンダーベルトで吊るタイプのストッキングを導入することにしました。実は、2年前からガーターベルト用ストッキング [続きを読む]
  • パッケージレスミニトマト
  • 2017年6月28日普通のトマトよりもミニトマトの方が味が濃いので好きです。でも我慢して、普通のトマトを買っています。ただ単に、普通のトマトならパッケージレスで買えるからというだけの理由で・・・。こういうとき、なんだか自分がちょっと気の毒になります。プラスチックのコンテナに入っていないミニトマトって今のところ見たことがないです。そんなわけで、ベランダのトマトが収穫期を迎えたここ数日は嬉しいったらありゃ [続きを読む]
  • ありがたい
  • 2017年6月27日昨日小汚い写真を載せたので今日は口直しです。少し前の話ですが、海外旅行にいらした方からお土産をいただきました。このブログを見てくださったことがある方なので、多分ものすごく気を遣ってくれたんだろうなぁ。紙とガラス。スケジュールがタイトな旅の中で、こんな煩わしいことを考えてもらってしまったことに申し訳なさは感じつつ、本当にありがたいし嬉しいです。私は頂くものに関してはあまり小うるさくな [続きを読む]
  • 正当化のため!
  • 2017年6月26日4月からテラサイクルの吸殻ブリゲード(タバコの吸殻をリサイクルしてくれるプログラム)に登録しています。www.terracycle.co.jpこの週末で、同居人が排出する煙草の吸殻が集荷可能重量の500gに達したため、プラスアルファとして公道の吸殻拾いをしてきました。このプログラムの本来の目的は、ゼロ・ウェイストよりもタバコのポイ捨て対策及びCSRに重点があると理解しています。他方、私の側の動機は同居人が排 [続きを読む]
  • 不発に終わった話
  • 2017年6月23日昨日は久しぶりにライブに行ったので、普段は使っていない化粧品(マスカラ・アイライナー・ハイライト)を引っ張り出してきて全部盛りにしてみたところ、目の周りが痒―――い。おまけに同居人には「…年齢が深くなっている感じがする…」(おう!気を遣ってくれてありがとうよ!!…じゃなくて、ストレートに「老けて見える」って言えば・笑)などと評される始末です。ここのところ、日焼け止め+気になるとこ [続きを読む]
  • コンポスト、はじめました⑨ “あれ”
  • 2017年6月22日あれがほしい、と思いました。あの、給仕長が銀色のお盆に載せて恭しく持ってきて、ぱかっと開けると中から鶏の丸焼きが出てくる、あれ。調理の際に出た野菜くずを毎晩のコンポスト投入まで溜めておくのですが、最初のうちはパンプレートにシリアルボウルを伏せて被せていました。それでも十分事足りるのですが、片手でぱっとボウルを持ち上げたいときに指をかける部分がないので少々不便。ここはひとつ“あれ [続きを読む]
  • 乾かすのはアリ、らしい
  • 2017年6月20日生ごみは可燃ごみか (幻冬舎ルネッサンス新書)作者: 福渡和子出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2015/04/08メディア: 新書この商品を含むブログを見る週末に図書館で借りた『生ごみは可燃ごみか』を斜め読みしました。(斜め読みになった理由は、読み始め、「おお、この本は良さそうだ。買って手元に置こう。買ってからちゃんと読もう」、後半、「んー、まぁ、図書館でいいかー」となったためです。)ざっくりま [続きを読む]
  • コンポスト、はじめました⑧ コンポスト関連の台所用品
  • 2017年6月19日コンポスト導入に先がけて、シンクにもともと備え付けられていたプラスチックの深型バスケットをやめ、ステンレスの浅いバスケットを新たに購入しました。深型バスケットをやめようと思った理由は以下です。・鍋等を洗ったときに剥がれ落ちた食べ物の残渣も逃さずコンポストに入れたいが、深型バスケット+排水溝ネットだと、残渣がネットに絡んで燃えるゴミ行きとなる。・排水溝ネットをやめたい(触るのが気 [続きを読む]
  • コンポスト、はじめました⑦ 毎日のオペレーション
  • 2017年6月16日最近コンポストに関する話題ばかりで、興味のない都会派の皆様はうんざりされているのではないかと想像します。ごめんなさい。書いている本人が楽しんでしまっておりますもので…。あと2回くらいでこの華のない話題も終わりにしたいと思ってます。何が楽しいのかというと、なんだかよく分からないけれど生ごみが順調に消えていく、というのが一つ。購入時に、「一度に入れられる量は女性のこぶし一つ分くらいまで [続きを読む]
  • 捨てまくるゼロ・ウェイスト・・・?
  • 2017年6月15日Zero Wasteというのは、埋立地もしくは焼却処理場に送り出すゴミを限りなくゼロにするべく創意工夫・努力することだと理解しています。なので、家庭生活に関して言えば、まずは買い物などの際に自分にとって不要な物や使い捨ての物を持ち帰らないように注意を払い、生活自体を小さくしておくことを心がけ(なぜなら持ち物が多いほど収納用品が必要になるように、物が物を呼ぶから)、一度手に入れたものは何度も [続きを読む]
  • カバー
  • 2017年6月14日購入したダンボールコンポスト一式の、付属のカバーが少し使いにくかったので、自分が使いやすい形のものを一枚縫ってみました。付属のカバーは、縫い代がきちんと袋縫いになっていたりして、とても丁寧に作ってくれている感じに好感が持てるのですが(高齢者サロンのようなところで作っているらしい)、単なる底面のない箱型六面体という造りで、且つ、求められる機能(虫除け)上、ダンボールに(ほぼ)ぴった [続きを読む]
  • コンポスト、はじめました⑥ 入れているもの・入れていないもの
  • 2017年6月13日今のところ、調理で出た野菜くずなどは全てコンポストに入れています。当初、非常に分解しづらいという噂の玉ねぎの皮だけは入れるのをやめておこうと考えていたのですが、同居人にやらせると、剥き方・切り方が大胆すぎて、そこは玉ねぎ本体なのでは・・・?という部位までもが燃えるごみにされてしまいます。それがいやだったので一律コンポスト行きにすることにしました。アボカドの種なども、しばらく乾かしておく [続きを読む]
  • リターン・オブ・ザ・キラートマト・・・
  • 2017年6月12日今年は真面目に取り組むつもりだったベランダ菜園、全く思い通りに進んでいません。というか、かなり荒れています。毎年のことながら、この時期はアブラムシの大量発生に悩まされ、ニラ・三つ葉は全滅。その猛威は少し離れたところに置いてある万能ねぎの鉢にまで及んでいる始末です。アブラムシは味がマイルドなアブラナ科に好んで付くという印象があるので、この春はカブは作るのをやめておいたのですが、おいし [続きを読む]