のあ さん プロフィール

  •  
のあさん: いつもかばんにスポークを
ハンドル名のあ さん
ブログタイトルいつもかばんにスポークを
ブログURLhttp://noa-s.hatenablog.jp/
サイト紹介文Zero Waste生活に憧れる貧乏暇なしサラリーマンが、日々の生活を整えようと頑張るブログです。
自由文ふとしたきっかけで知った、ゴミを全く出さないゼロ・ウェイストという生活。私にもできるかな、できたらいいな。亀の歩みで少しずつ生活改善中。情報交換するお友達がほしくて仕方ない今日この頃です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 65日(平均8.2回/週) - 参加 2017/02/16 22:24

のあ さんのブログ記事

  • せめて、干してみる
  • 2017年4月20日なかなかコンポストが始められません。今まで動けなかった理由は以下のようなものです。家が狭くて置き場所の確保が難しく、どういった方法を選ぶか慎重にならざるを得ない。ミミズコンポストはとても良さそうだけれど、狭い環境の中だけでミミズの交配が進むことに問題はないのかという懸念(毎年外からの新しいミミズとお見合いさせてやらないといけないというのもちょっと面倒だなー)。試してみてうまく行 [続きを読む]
  • 吸い殻ブリゲードに参加します
  • 2017年4月19日冒頭から言っちゃいますけどね。私、煙草が大嫌いなのです。単純にくさいし、健康に悪いので。見たくないものならば目をつぶればいいし、聞きたくなければ耳を塞げばいい。でも息を止めておくことはできません。非喫煙者が一方的に副流煙に対する我慢を強いられるのが本当に腹立たしく、喫煙者が図々しくも同じ空間で平気でたばこを吸うのには日々殺意さえ感じています。そう、うちの同居人は喫煙者ですところ [続きを読む]
  • 地道にカタログリフューズ完了
  • 2017年4月18日元通販依存人間のため、メールオーダーのカタログは来るにまかせていたのですが、通販禁止実験を始めた頃から届くたびにこまめに今後送付しないでほしい旨連絡を入れるようにし、先週ついに最後のカタログをお断りしました。埃っぽいビニール袋の封筒から重たいカタログを引っ張り出し、封筒に貼られたはがしにくい宛名シールをはがし、さほど見るべきものもないカタログを「せっかくだから」と一通り眺め、必要 [続きを読む]
  • ギフト問題(身内以外)
  • 2017年4月17日ゼロ・ウェイストの贈り物というと、量り売りで買ったチョコレートをメイソンジャーに詰めれば良いとか、モノではなく経験を贈りましょうとかいう話が一般に見られるところだと思います。先日、同居の者に贈り物をしたときにはまさにこの方法で良かったのですが、こういうのって親しい間柄でないとちょっとやりにくいなぁと思って。今月、いつもお世話になっている美容師さんがお誕生日だったので、常日頃の感謝 [続きを読む]
  • 石鹸
  • 2017年4月14日先日石鹸を買いに行きました。今までずっと使ってきたDr.ブロナーがちょっと洗浄力が高すぎるように感じられてきたので、もう少しマイルドなものを選ぼうと思いまして。そうしたら、成分的に良さそうなものはたくさんありましたが、問題はパッケージなんですね。。。やっぱり基本はプラスチック包装。紙で包んであるだけのDr.ブロナーが一番簡易包装なんだなぁ。紙箱に入っているものもいくつかありましたが、振 [続きを読む]
  • 納豆再挑戦→“有りっちゃー…………無し!”の部類
  • 2017年4月13日2014年冬頃、鍋帽子(保温調理用の鍋カバー)を作った直後に、鍋帽子の保温で冷やごはんと乾燥麹から甘酒がうまく作れたのに気を良くして、自家製納豆作成を試みたことがあります。魚柄先生の本によると、茹でた大豆に納豆菌を混ぜて40度で8時間保温すれば納豆は簡単にできあがるとのこと。8時間程度ならばどうにか湯たんぽで温度管理できるんじゃないかな…と思ったのが甘かったようで。見た目はちゃんと納豆にな [続きを読む]
  • 怪我人、ナイス・トライ / 衛生vs環境
  • 2017年4月12日うちの怪我人は時々コンビニのセルフサービスコーヒーを利用しているようなのですが、ふと、いつも水筒代わりにしている断熱フードコンテナにコーヒーを直接入れられるなら、熱くならないので持ちやすいし、紙コップを使い捨てなくても済むのではなかろうかと思いついたそうです。そこで早速セブンイレブンに行って試してみたところ、店員さんは快くOKしてくれたものの、容器の大きさが機械と合わず、センサーが作 [続きを読む]
  • 三日天下
  • 2017年4月11日実は、半月ほど前に同居人が休業災害をやらかしまして。手術と入院を伴う大怪我でした。既に退院して自宅療養中ですが、手をやられてしまっているので家事もできません。当然、家の中のことは全て私に降りかかってきます。フルタイムで働きながらはちょっと厳しいなと思う反面、実は「奇貨居くべし」とも思いました。これはまたとない台所覇権奪回のチャンスである、と。どのような料理を作るか全てわたし一人で [続きを読む]
  • abeego(旧) vs Bee's Wrap
  • 2017年4月10日2015年冬に蜜蠟ラップデビューしまして、それ以来愛用しています。試してみたブランドは、abeegoとBee’s Wrapの二つです。購入時に「買ったよ、わーいわーい」みたいな投稿しかしていませんでしたので、その後両方を使い続けてみての感想をメモしておきたいと思います。写真は、双方のSサイズフラットシートです。家庭で使いかけの野菜を包んだり、残り物の入ったボウルを覆うのに使ったりしつつ、直近では職場 [続きを読む]
  • ありものハンドメイド/春のブックカバー・秋のブックカバー
  • 2017年4月7日1986年、父親が言いました「のあ子、知ってるかい? フィリピンは季節ごとに大統領が変わるんだよ。春には春の大統領、秋にはアキノ大統領」……子供だからといってずいぶんとなめられたものです。でも季節感は確かに大事ですよねー。というわけで。家にあった余り布でブックカバーを作ったのですが、ついつい春用と秋用に作り分けてしまいました。(作り方はこちらの本を参考に、しおりは使わないので省略。) [続きを読む]
  • 動機を作る:休日のゴミ出しをやめる
  • 2017年4月6日昨日の続きです。日々の生活をZero Wasteに近づけたいのにままならない、という現状を変えるため、理想だけでは動けない自分自身に対して、先に具体的なメリットを用意してしまうことにしました。今まで我が家のゴミ出し担当は同居人だったのですが、ちょっと事情があり当面私が代わりにやることになりました。燃えるゴミの日は週二回で水曜日と土曜日。水曜日は仕事がありますので、出勤ついでに出すことに何の [続きを読む]
  • 動機は必要
  • 2017年4月5日かつて病状思わしくなかった頃、私は完璧な所謂ingredient Naziでした。日本語にするなら、原材料憲兵?そんな感じ。台所に存在しない原材料名がある食品を許容することができず、当時は自分で豆乳絞ったりしていました(ま、作業自体をしてくれるのは豆乳メーカーなわけですが)。あの頃は野菜も有機野菜じゃないとだめだったから、スーパーで買えるものなんて本当にほとんどなかった。(といっても、当時気にし [続きを読む]
  • 保温調理 鍋帽子
  • 2017年4月4日保温調理の楽さにはまった私は、保温で作れる料理は全てそうしたいと望むようになりました。しかし、手持ちの専用鍋は一つ。サイズ違いの「はかせ鍋」がもう一種類あるので、そちらを購入することも考えましたが、やはりお値段がね…。実はこんな時の必殺技があるにはあるのです。鍋の中身が煮立ったら……布団に突っ込む!…美しくないですねー…。しかもベッドならともかく、うちは畳に布団なので、同居人が気 [続きを読む]
  • 保温調理 はかせ鍋
  • 2017年4月3日保温調理とは、鍋の中身の温度が上がったところで火から下して何かで包むなどし、温度が下がらない状態をキープして余熱で食材に火を通していくという調理法です。一番のメリットは、鍋をガスにかけている時間が短縮されるので温室効果ガス排出量が抑えられ、かつ、家庭のガス料金も節約できる、というところでしょう。あとは、高温での長時間の加熱が避けられるので、栄養素が壊れにくく、健康増進に役立つ、とか [続きを読む]
  • 植物油と保湿
  • 2017年3月31日口に入れる油についてはそこそこうるさいのに(圧搾法じゃないと絶対ダメ!とか)、皮膚表面に付く油に関しては、これまで深く考えたことがなく、まぁ、牛脂の石鹸よりは植物性の方が気分が良いかな、程度でした。ですが、先日読んだ『はっか油の愉しみ』の中で、キッチンソープを作るとき、ベースにする液体石鹸にどういうものを選べば、素手で洗い物をしつつ保湿ケアもできてしまうのか、ということが書いてあ [続きを読む]
  • 室内菜園 アルファルファのスプラウトを栽培する
  • 2017年3月30日まだ朝晩はかなり寒いですが、気分的にはすっかり春になりましたので、先週からアルファルファのスプラウトを作り始めました。種子は2011年頃に買ったもので(その頃はローフードにはまっていた)、賞味期限を見てみたところ既に2013年に切れていました…。それでも順調に発芽しましたので、つくづく種というのはすごいなと思います。ちなみに小さじ1杯弱の種で写真の量になります(その後、さらに育って増量し [続きを読む]
  • 重曹とグリセリンの歯磨きペースト
  • 2017年3月29日暫くの間歯磨き粉を使わずに歯磨きをしていましたが、先日ご紹介した『はっか油の愉しみ』を読んで以来、そこに載っているレシピの歯磨きペーストなら使ってもいいかなという気になり、週末に作ってみました。というか、混ぜてみました(「作る」というほどでもない)。はっか油の愉しみ作者: 前田京子出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2014/09/19メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ ( [続きを読む]
  • Nordic Lifestyle Market
  • 2017年3月28日もう終わったイベントを褒め称えるのもアレですが、年4回開催とのこと、きっと今後も開催されるのでご容赦下さい。ヘチマの種を青山ファーマーズマーケット内にもらいにいったら、隣でちょうどNordic Lifestyle Marketというのが開催されていました。これがもう素晴らしく美しくてですね。北欧ヴィンテージ食器とか(アラビア社の食器、素敵!)、絵本作家ELSA BESKOWのちょっと不気味な絵柄の食器シリーズとか [続きを読む]
  • タネをシェアする
  • 同居人の希望で、今年の夏はグリーンカーテンとしてへちまを育てる予定です。F1の種を避けるため、種を入手するときはいつも野口のタネから通販で買っていました。しかし、只今私は通販禁止実験中。直接買いに行くことも考えましたが、住所のリンクを して出てきた画像に怖気づきました。両側にカントリークラブって、どんな山奥なんだ。種数粒のためにそんなところまで出向くのはどう考えても現実的ではありません。埼玉は [続きを読む]
  • 公園は食べられるらしい
  • 2017年3月24日実際に使えるかどうかは条件付だと思いますが、ちょっと面白いサイトを見つけたのでシェアしたいと思います。公園で山菜やフルーツを探そう都内の公園で見つけられる食べ物のリストです。かなり網羅的なので、自分の近所の公園も載っており、あんなところにそんなものが?!と興味深く眺めました。ただ、言うまでもないことかとは思いますが、大人が本気で食糧採取に乗り出してしまうと場合によっては窃盗に [続きを読む]
  • ナイトさんの思い出
  • 2017年3月23日1990年頃、父が留学していたので私の家族は短期間イングランドに住んでいました。私たちが住んでいた地域には日本人のニューカマーと見るや家に押しかけてきて、英語の家庭教師を買って出る変なおじいさんがいました。ナイトさん、といいます。母の家庭教師となったナイトさんは、大体週に一回程度、私たちの住むフラットを訪れます。玄関からリビングに通されると、彼はおもむろにハンカチでちーんと鼻をかみ、 [続きを読む]
  • 衛生上の理由により
  • 2017年3月22日お弁当箱を替えました。今までは、愛用しているサーモスの真空断熱フードコンテナとスタッキングできるプラスチックのコンテナをずっと使ってきたのですが、最近お弁当を食べているときに、違和感のあるにおいがふっとよぎることがありました。これは…祖母の家の台所の布巾で嗅いだことのあるにおい…。つまり…雑菌臭…!帰宅後、同居人がちゃっちゃと洗ってくれるのに甘えていたのがいけなかったようで、蓋の [続きを読む]
  • ポケット布ティッシュ
  • 2017年3月21日ガーゼティッシュの携帯用ケース(兼プラカード・笑)がやっと出来上がりました。外出時にガーゼティッシュを携帯するようになった最初の頃は、同居人が初めて近所のピザ屋さんからピクルスをテイクアウトしてきたときにもらった小さなジップロックに入れていたのですが、見た目があまりよろしくない。あと、ティッシュって往々にして、何かをこぼした!とか、口の周りにソースが付いた!とか、一刻も早く状況 [続きを読む]
  • コンビニスイーツ撃退法
  • 2017年3月17日うちの心優しい同居人は小動物のお世話が大好きです。現状ペット禁止のマンションに住んでいるため、その“お世話したい欲求”を私に向けている節があります。私がくたびれていたり何となく沈んでいたりするようなときには甘いものを与えるのが効果的だと思っているらしく、そのたびにコンビニスイーツを頂戴してしまうのは、嬉しい反面がっくり、というのは以前ちらりと書いた話です。が、そういえば最近プラス [続きを読む]