のと あきこ さん プロフィール

  •  
のと あきこさん: ゆるさ100%
ハンドル名のと あきこ さん
ブログタイトルゆるさ100%
ブログURLhttp://utrera.blog105.fc2.com/
サイト紹介文スペイン南部より ゆるりとお届け。スペイン生活、フラメンコ、など日々更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 183日(平均3.8回/週) - 参加 2017/02/17 02:39

のと あきこ さんのブログ記事

  • バルセロナでテロ
  • 最近、世界全体が物騒な感じになっているけど、バルセロナのランブラス通りという、目抜き通りで車でその辺の人間を轢きまくるというテロがあった。テレビではその話題で持ちきりだが。。。。。犯人は例のイスラム系の人達だという。スペインも一応、ヨーロッパだったということか。まぁ、こないだのトランプがシリアの生物兵器での攻撃がムカつく!といってぶちかましたミサイルはスペインの米軍基地から出てるしね。こうやって戦 [続きを読む]
  • 生徒さんの声
  • スペイン語を教えていて、もっとも喜びを感じる瞬間がある。それはレッスン中に 「わかったー!」 と言われることではない。実際にスペイン人に会って、生徒さんの言った言葉が通じたとか、スペイン人が何を言ってるかわかったとか、そんなこと。実践の場に出て、少しでも自分が伸びてることを実感できた、という報告があると、本当に嬉しい。フラメンコの歌を聞いて少し言葉が聞こえるようになった、とかなるといいねぇ。やっぱ [続きを読む]
  • 生まれつき
  • 12星座というものについて一考察。不思議なことに、私の周りには異常に水瓶座の人が多い。出産に適した季節なのか?さておき、天候はその日の気分に影響を与えることはたしかだ。雨の日は猫とかの動物は狩りができないので眠くなるとか、おそらく人間もそんな感じで本能的にテンションが下がったりするような気がする。また、人種によって気質が変わってくるのは想像できるかもしれないが、それだって、生まれ育った地理、気候が [続きを読む]
  • バルセロナの空港でストライキ
  • バルセロナの空港で、セキュリティなどの職員のストライキが続行中のようだ。一応、動いてるみたいだけど、トイレが汚いとか、いろいろ列ができてるとか、不便なことになってる模様。8月15日はなんでか知らないが祝日なので、そこまでにひっかけて夏休みを取ってる人などが多く、空港は大変なことになっている。そして昨日は、スペイン全国的に、急に10度くらい気温が下がった。北の方では雨が降ったり、15度とかいきなり下 [続きを読む]
  • 人を紹介するということ。
  • たまに、自分の友達を他の友達に紹介することがある。特に、イベントのシーズンで我が家に泊まる人が何人か続く時、有無を言わさず知らない人と同室にさせることがある(笑)とはいえ、、、、一応、私も組み合わせを考えるのだ。○○さんと、◇◇さんなら合いそうだな、とか。もちろん、その人達のスケジュールも見るんだけど、なんだか合う人たちは日程も重なったりするみたい。なので、強制的に同室に入れる。もはやユースホステ [続きを読む]
  • 観光客
  • 今、テレビで討論番組をやっている。テーマは 「バルセロナの困った観光客」 についてだ。ここ数年、イギリスやヨーロッパ諸国からの若者の観光客が増えている。もちろん旅行会社が仲介してるわけなんだけど、最近、余っているマンションなどをホテルのように日割りで貸すのが流行っているよね。あれを利用しているみたい。さぁ、なにが問題なのかというと、その外国人の若者たちは、おもにスペインに 「酔っ払い」 に来る。な [続きを読む]
  • 立ち上がれ!自分!
  • 2017年もすでに半分以上が過ぎ、6月のポターヘまでなんやかんやと緊張気味でいろいろ忙しかったような、何もしなかったような感じだった。さらに、ポターヘの時あたりからアンダルシアは灼熱地獄。今までの精神的疲労も癒されるヒマもないまま、ダラダラとやる気がまっっったく起きない(笑)(それは元々かw)そしていつも、何かをやる時はギリギリになって、お尻に火が付いてボーボーに燃えてから取りかかる感じ。燃えてる [続きを読む]
  • こないだ、長いこと壊れたままにしていたペルシアーナ(シャッター)の修理を頼んだ。修理しに来てくれたのは、多分、私と同じくらいの年齢のおっさんだった。特にカッコイイわけではないが、そんなに見た目悪くもない。旦那いわく「ロバみたいな声をしているな・・・・・」どういう意味かというと、ものっすごい だみ声 だったのだ(笑)作業中、様子を伺いに行った時とか普通に話しかけられるのだが、、、、、、、、まったく何 [続きを読む]
  • 私が日本食を欲しがらない理由。
  • 我が家は結構お客さんが多いので、日本食の何かをいただくことが多い。しかし、旦那は日本食はおろか、スペイン料理以外は全く受け付けない。せいぜい試して果物とか。(料理じゃない)もしかしたら何か食べられるものも存在するのかもしれないが、あらかた試し、ダメだったので、もう無駄な労力は避けたいので、旦那が食べられる日本食を探すのは、完全にあきらめた。そんなわけで、日本食をいただいても、食べるのは自分のみ。し [続きを読む]
  • 恋のエネルギー
  • 恋愛 といえば、多くの人の人生において、もっとも重要なテーマの一つだ。ドラマ、映画とか見てると、恋愛っていいねぇ〜、なんて思いながら見てるけど、しょせん映画。そのドラマに感情移入したりしても、実際にその感情の嵐に巻き込まれることはない。他に、何かの音楽や芸事に恋する、たとえば私なんかだとフラメンコに恋してこんなところまで来ちゃったタイプで、四六時中そのことで頭がいっぱいで、悩んだり喜んだりしていた [続きを読む]
  • スペイン語と日本語の語彙
  • たしかこないだは、 「 母国語と切り離す 」 という記事を書いた。なぜ母国語と切り離してスペイン語を覚えていった方がいいか、もう少し具体的に話したい。たとえば お店 という言葉がある。あのお店、美味しいよね。あのお店、なんでも揃ってるよね。あのお店の人、カットが上手いよね。これだけで、上の文はレストランや喫茶店などのこと、二番目は物を売ってるお店のこと、三番目は美容室や理髪店のことだとわかる。スペ [続きを読む]
  • スペイン語の勉強法
  • スペイン語の勉強法 とタイトルを書いてみたものの、多分これ、スペイン語に限った話じゃなくて、フラメンコにも適用されるわ。と書く前から予感(笑)スペイン語のクラスを受けたりしていても、自習時間は絶対に必要である。授業を週に1時間程度受けたくらいで、スペイン語をしゃべれるようになろうなんて考えてたら甘い。運転免許取るのだって、合宿とか行った方が期間としては断然短くて取れるでしょ?それと一緒。では、現地 [続きを読む]
  • ひいじいとひ孫の会話。
  • 旦那が、孫と話そうと思って、元嫁の家に電話をした。だいたいいつも、ひ孫(サライ隊長(8))が電話を取る。旦那 : サライ― 調子はどうだい?隊長 : 元気よ。明後日、お母さんたちとマラガ(海)に行くの。旦那 : なぬ?!じゃあお前もビキニ着るのか?隊長 : もちろん。2つ持ってるよ。旦那 : じゃあ、俺にも一つ(ビキニのこと)くれ。隊長 : いやだ。旦那 : なぜだ?!隊長 : いやだったら、イヤ [続きを読む]
  • なにがあるかわからない。
  • 人生って何があるかわからないよなーもっとも、不摂生してて病気になりましたーとかすごい勉強して試験に合格しましたーとか働いてお金を貯めて家を買いましたーとか、そういうのはある程度わかる。わからないのは、人との出会いだったりする。たとえば私みたいに、フラメンコ、特にミゲル・フニとかその辺のファミリーに会いたくて会いたくて、ストーカーのごとく近隣地域をうろついたりしてれば、いつか会えるかもしれない。(こ [続きを読む]
  • 暑さ注意報。
  • ヨーロッパのフライパン と呼ばれるアンダルシア。昨日から熱波がきていて暑い。いや、もう 熱い。テレビでは暑さ注意報が出ているが、その種類にはAlerta amarilla (黄色)Alerta naranja (オレンジ)Alerta roja (赤)とある。信号の黄色から赤までというイメージか。そんなわけで昨日の警報は真っ赤っか!!3時〜6時くらいまでが一番暑いので、こっちではシエスタの習慣があるのは当然のことだと思う。だって、台風で [続きを読む]
  • 母国語と切り離す
  • 語学学習をするのに、大事なポイント。簡単な言葉さえ出てこない、という人にありがちなのは、「スペイン語の文を作る前に日本語で考えてしまう」まぁ、私も前はそうだった(笑)日本で生活して、日本でスペイン語を勉強している以上、しかたないのかもしれない。辞書をひくともちろん日本語で言葉が定義されているし。実は。そこが問題なのだ。たとえば米 = ARROZだが、米を見て 「米!」 と日本語を一度思ってから、 「ARR [続きを読む]
  • 語彙を増やす
  • 言語で重要なのは、発音、文法、語彙、であろう。そんなわけで今日は語彙について。大学時代に外国語学習法の本を読んだのだが、そこで書かれていたのは、「とにかく語彙を増やす」ということだった。どの先生の本かは忘れたが、その先生のお友達が一緒にフランスだかに留学していて、自分は一生懸命文法を勉強していたのを横目に、お友達はずーっと単語帳を開いて語彙を増やすことしかしなかったという。(現在は二人とも言語学の [続きを読む]
  • Maria de la O
  • マリア・デ・ラ・オースペインの映画のタイトルだ。主人公の芸名で、それが歌にもなっている。ローラ・フローレスも同タイトルの映画に出演しているが、もっと古いので カルメン・アマジャ が主人公の白黒映画もある。昨日はテレビでそっちの古い方が放送されていた。どっちかというと、個人的な見どころはそこに登場する パストーラ・インペリオ だったりするんだけどね(笑)彼女のブラセオが、とっても プーロ プーロ プ [続きを読む]
  • 変な夏
  • 今って夏よね?スペインの夏は完全に乾季だったはずなんだけど、今年は雨が降っている。アンダルシアでさえ、こないだ雨が降った。私は夏になると、天気予報は気温しか見ない、ほとんど気にもかけないのだが、たまたまテレビを見ると、北やマドリーなどの中央でも雨のマークになっている。今年は冬に全然雨が降らなくて、これで暑くなったら水不足だなぁ、と思っていたけど、なんだかそういうわけで涼しかったりする。そうは言って [続きを読む]
  • 語学学習の心得。というか流れ。 その3
  • また来た、このシリーズ。その1その2スペイン語を何人かの方に教えさせてもらっているが、進み方は人それぞれである。と言いつつ、スピードは割と似たようなもんか(笑)ある方は、再帰動詞にチョーーーーひっかかる。ひっかかる、というか もはやイチャモンをつけまくる感じ(笑)私は難しいことでも、サラッと触れる程度にしか教えないのだけど、それにはわけがある。すごくよく使うことでも、日本語にない 概念 に関しては [続きを読む]
  • 十字軍
  • 世界史に弱い私だが、スペインにいると歴史的な映画をテレビでよく見る。とりあえずキリスト関連の映画は大方見た。スペインに長期滞在する前に一応知識として聖書を読んではみたけど、あまり知識はない。キリスト教の知識はあと、『聖☆おにいさん』 で得たくらいか(笑)あの漫画はサイコーに面白いけど、スペイン人の敬虔なカトリックの人が読んだらどう思うかしら?さておき、今テレビで十字軍を題材にした映画をやっているが [続きを読む]
  • ストレスが多い理由。
  • うちの旦那はかなりストレスが多い人だ。たとえば自分の家族が慢性的な病気だったり、家族が貧乏だったり、なんやかんや問題が定期的に発生しては、ストレスだと言っている。まぁ、私からしてみれば、旦那の家族は赤の他人なので、何が起ころうがストレスに感じることはない。なんだけど、血の繋がった愛する家族だとしても、もう少し切り離して見たら楽になるのにな、と思う。そして、子どもたち本人が「こんなことがあって大変だ [続きを読む]
  • 黙らない勇気。
  • こんな 記事 をちょっと前に書いた。日本に限ったことではないけれど、世界ではいろんなことが起こっていて、政治家の贈賄とかヨーロッパで起きてるテロとか、外国の貧困問題とか、遠くの国で起きていて、関係ないような気がするかもしれない。いや、正直、私には直接には今のところ、関係ない。12年前のカラコラーで、旦那(まだ個人的に知り合う前)がステージで言った。「僕は怒っています。以前はフィン・デ・フィエスタと [続きを読む]
  • フラメンコたちの夜 つづき
  • フラメンコの夜 つづきです。いつのまにか、さっきのおじいちゃんはミゲルの近くに座り、歌声を聞くと、人形に息吹が入ったかのように頭が上がり、目を見開いて輝かせる。 そしてたまらず叫ぶ。 キラテ!!!これはキラテだ!!!キラテとは Quilate 日本語でいうと カラット のことだ。24カラットとかのあれ。そしてまたミゲルが歌い終わると シエロ!!シエロはここにある!!!シエロとは Cielo 空、天国 という意 [続きを読む]