のと あきこ さん プロフィール

  •  
のと あきこさん: ゆるさ100%
ハンドル名のと あきこ さん
ブログタイトルゆるさ100%
ブログURLhttp://utrera.blog105.fc2.com/
サイト紹介文スペイン南部より ゆるりとお届け。スペイン生活、フラメンコ、など日々更新。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 42日(平均4.3回/週) - 参加 2017/02/17 02:39

のと あきこ さんのブログ記事

  • 坐骨神経痛 アシアティカ
  • 実は旦那、3年前にアメリカに公演に行った時から、坐骨神経痛なるものを患っている。アメリカに行く時の飛行機で真ん中の席にほぼ10時間座りっぱなしだったこと、いろいろなことでものすごいストレスがかかったことで一気に出た感じ。最初はふくらはぎがだるいとか言って、コレステロールが原因かと思い、検査したらコレステロール値が高かったので薬を飲み始めた。その1週間後くらいがアメリカだったのだが、公演が終了してか [続きを読む]
  • 健康問題。
  • スペインは社会保険制度というのか、公立病院の診察は無料だ。薬は年金受給者だと1割、そうでなくても3割くらいだと思う。そんなわけで、大きな手術をするとかでも無料だ。しかし、どこか具体的に調子が悪くて、専門医に診てもらいたいと思っても、まずは自分の町にいる主治医に診てもらわないといけない。さらに、主治医が何科にいくかということを診断して、申請する手続きができるようにする。そしたら診療所のカウンターでそ [続きを読む]
  • スペイン語を話せるようになるコツ その2
  • スペイン語を話せるようになるコツ以前に上記の記事を書きましたが、そちらも合わせて読んでください。さて、スペイン語を話せるようになるコツということですが、スペイン語だけに限った話ではありません、相変わらず(笑)また今日も言っちゃいますよ?前回は、人格を変えろと言いましたね。まぁ、はっきり言えばそこなんですが、人格を変えなくてもできそうなことを挙げてみます。スペイン人との会話になった時に、とにかく一番 [続きを読む]
  • フニ語
  • 旦那は生粋のスペイン人だが、アンダルシア人にありがちな、言葉の勘違いが多い。多くの人が同じように勘違いして、それで通じるなら、もはや方言といって差し支えないが、アンダルシア人が聞いて「はっ?」となるのはやはり単なる言い間違い、勘違いである。たとえばアンダルシア弁だと、Policia のことを プリシア と言ったりするが、これはもう方言のレベル。Albondiga(ミートボール) のことを アルモンディガ と言ったり [続きを読む]
  • 姿がダメなんです。
  • 昨日は旦那と町に出た。親戚の肉屋さんで「 豚の脳ミソ 」が売っていた。旦那はこれを買おう!と。。。。。嫌だ〜〜〜〜見た目が気持ち悪い〜〜〜そんなに大きくない。ていうか、小さい(笑)食べることが好きだけど、あまり変わった食材って実は好きじゃない。しかし、とさつ業で育っている旦那たちにとっては、こういうものはむしろごちそう。内臓とか、豚の手とか鼻とか、もうありとあらゆる部分を食べる。豚は全部美味しい。 [続きを読む]
  • 先日のヘレス。
  • 先日の土曜日、ヘレスにてミゲルがゲストに呼ばれた公演がありました。そこにはクーロ・フェルナンデスがいて、自分の息子ホセリートのバイレと、ミゲルのカンテに酔いしれて、35年前にタイムスリップしたみたいだ!!!と言っていました。ミゲルのようなカンタオールは、今はその辺の公演では見ることができません。若いカンタオール(40代以下)はだいたいカマロンみたいな声を真似して、誰かのCDを聞いて勉強して歌っていま [続きを読む]
  • 311
  • 今日は311。誰にとっても忘れられないあの日。いまだにそれで、苦しい生活を強いられている人もいる。その裏で、政治家は友達どうしで国の土地を譲ったり、国民のお金をごまかして儲けている。みんなが普通に暮らせている時代なら、まだ許せたかもしれない。でも、これが政治家の本当の姿だ。誰が苦しんでいようと関係ない。どんな非常事態がこようとも、政府は黙って国民を見捨てる。 [続きを読む]
  • 思いついた。
  • 今年、以前からやろうと思っていた大きなプロジェクトに取りかかろうと思います。内容についてはいずれ明かします。これを聞いただけで、協力したいと思ってくれる人、いたら挙手。(お金を募っているわけではありません。気持ちだけの話。) [続きを読む]
  • 3月って。
  • 3月って、自分の誕生月だから好き、、、、、、、なんですが、同時に嫌いでもあります。なぜなら、いろんなことが起こりすぎて、いろんな思い出がありすぎて、天気もいい日と悪い日の差がありすぎて、なんだか落ち着かない時期なのです。もともと、のんびり屋なので、忙しいのが好きじゃありません。ただ会社に行って、日々忙しく働くだけなら、全然いいのですが、いろんな用事が重なるのが本当に困ります。昨日は、旦那の普段飲ん [続きを読む]
  • スペイン語を話せるようになるコツ
  • スペイン語を話せるようになるコツ。ってスペイン語に限った話じゃないかもしれませんが。少し文法を勉強したけど、ちっとも言葉が出てこない、という人がいます。あんまり勉強してるレベルは変わらないのに、なんだかしゃべってる人、というのもいます。この違いはなんなんでしょうか?ちなみに私は前者でした。なんでしょうね?なんでしょうね?わかりますか?いいですか?言っちゃいますよ。その大きな違いは、 「 性格 」  [続きを読む]
  • フラメンコでよく聞く言葉 その2
  • 昨日の 「フラメンコでよく聞く言葉」 は日常会話でよく使われる単語であった。笑いは生きる上で、とても重要な要素である。さて、今日はフラメンコの歌詞でよく聞く言葉を少し紹介してみたい。ペーナファティーガスペイン語で表記すると、 pena 、 fatiga となる。それを少し軽く表現するために縮小辞をつけて、ペニータ (penita)ファティギータ (fatiguita)と言ったりもする。なんのことかというと、Pena は悲しみFatiga [続きを読む]
  • フラメンコでよく聞く言葉
  • アンダルシア人、特にヒターノと話していると、よく聞く言葉がある。アヘセンブラーオ(またはセンブラー)これをスペイン語で書くとangel (天使の意味)sembrado , sembradaアンダルシア弁じゃなくて、正しいスペイン語で書くと不思議な感じだ(汗)さてこれらの言葉は単純に言うと「面白い」という意味だ。単純にスペイン語で「面白い」というと「 gracioso , graciosa 」だが、上にあげた2つの言葉は少しニュアンスが違う。普 [続きを読む]
  • スペインのスペイン語と南米のスペイン語
  • みなさ〜〜ん、スペイン語を勉強してらっしゃいますか〜?どうやって?とにかく手当たり次第、ラジオ講座?とにかくスペイン語の映画を見てる?これね。私は危険行為だと思います。その昔、高校生の時、英語を勉強していました。頑張ってヒアリング教材を買って、いろんなテーマを扱った英語のスピーチなどを聞いて、ヒアリング力をアップさせるために聞いてました。英語はいろんな国で話されているのだから、いろんな国の人の英語 [続きを読む]
  • 卵かけご飯のようなもの
  • 卵かけご飯が大好きだ。白いご飯に生卵と醤油。こっちの人が見たらドン引きするくらい、ぞぞぞぞぞっとすすりながら食べるのがイイネ♪基本的にスペイン人は生魚など苦手な人が多いが、生卵も苦手という人も多い。その割にはウエボ・フリート(目玉焼き)は黄身は半熟で、パパ・フリータ(フライドポテト)と一緒に食べるのが好きだ。なので、どうも生卵の白身部分が気持ち悪いらしい。さて、そんなわけで、日本人の私は卵かけご飯 [続きを読む]
  • しゃっくり
  • 数年前のこと。フィエスタの帰り道、女友達がしゃっくりが止まらなかった。結構な時間、しゃっくりしていると言う。旦那が後ろから 「わっ!」 と大声で驚かせたりしてるが、全然ダメ。私はあることを彼女に言った。私 「ところでさぁ」彼女「うん?」私 「私、妊娠したの」彼女「・・・・・・・・・!!!!!!!    ・・・・・・うそぉ?!」私  「うん。嘘だよ」彼女「へ?」私  「しゃっくり止まった?」彼女「あ [続きを読む]
  • サハラの砂。
  • 朝起きて、なんか外が黄土色っぽいな、、、、、、と思っていたけど、家の目の前の車を見たら、黄色い砂が積もっている。どうも最近、調子がよくない、どんよりした気分というか体調と思っていた。昨日、旦那と外に出かけた時、なんか目がゴロゴロする、、、としきりに言っていたのはこれか。(私はコンタクトレンズを使うこともあるので、多分そういう感覚が鈍っている)サハラ砂漠の砂。やばい。ここ数年、2月末に熱と悪寒に襲わ [続きを読む]
  • 自分のことは見えない。
  • あの人、自分が見えてないよね、 なんて他人のことを言ったりすることあるよね。案外、みんな自分のことなんて見えないもんなんじゃないだろうか。自分では今日のメイクはバッチリだ!と思っていても、実はオヤツに食べたチョコレートが歯についていたりとか、自分では見えない。また、後頭部の一部分だけくせ毛があって、どんなに自分で完璧に髪をとかしたと思っていても、一部分だけハネているとなったら、それこそ自分一人では [続きを読む]
  • スペインの冬と日本の冬の違い。大違い。
  • スペイン、とりあえずアンダルシアの冬は雨季である。なはずなのに、今年の冬は雨がほとんど降らない。一昨日なんか、薬局の温度計見たら32度となっていた。いくら日向でもおかしい。天気予報を見ると、雨だとか言ってるから用心して洗濯しなかったりすると、案外降らなかったり。そして洗濯物がたくさん溜まった頃に雨・・・・・・・そして、現在2月だが、まだずっと蚊がいる。出てきたばかりではなく、ずっといる。ハエは寒く [続きを読む]
  • 妄想ロマン 400年前の日本人たち
  • セビージャの近くに、コリア・デル・リオという村がある。1600年代、日本人がローマ法王に謁見するためにはるばる日本からヨーロッパにやってきた。その後、日本人の何人かはそのコリア・デル・リオという村に残ったと言われる。その子孫たちは苗字が JAPON (ハポン)という。当時の彼らは苗字がなくて、そのまま日本という苗字をつけたのではないかと言われている。スペインでは結婚しても名前は変わらず、子どもには父の [続きを読む]
  • 普通の海苔をお願いします。
  • 外国住まいだと、日本からお友達がこちらに来る時に、「何か日本の食べ物持っていきましょうか?」とありがたい気持ちをいただく。皆さん、こちらに来るだけでも交通費がうんとかかってるのに、気を遣っていただいて、、、我が家の場合、旦那はまったく日本食とか食べられないので、食卓に日本食がのぼることはまずない。そして私もまともに日本食が作れるかというと、日本では食べる専門だったので、「日本料理作って!」と言われ [続きを読む]
  • 腹立つわ。
  • 朝の8時というと、会社や学校に行く人はとっくに起きて、出かける準備をしているかもしれない。スペインもオフィスや学校は9時始業なので、まぁそんなもんだ。が、我が家は、特にすることもないので、もちろんそんな時間は普通に寝ている。いや、私は8時か8時半には起きている。この習慣は抜けないし、この旦那が寝ている時間に、一人でFBをチェックしたり、ブログを書いたり、スペイン語レッスンの教案を練ったりしている大事 [続きを読む]
  • 心を楽にしてくれるバッチフラワー
  • 去年の秋くらいから、バッチフラワーレメディというものを始めています。以下、いつも参考にさせてもらっているバッチフラワーレメディ専門店 eパスタイム さんのページから引用です。〜引用抜粋〜自分で自身を癒すことのできる療法(セラピー)それがバッチフラワーレメディ(Bach Flower Remedies)です。バッチフラワーレメディは、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された、 心や感情のバランスを取り戻す [続きを読む]
  • スペインのバレンタイン事情
  • 2月14日は、かの有名なバレンタインデーである。日本では女性が男性にチョコレートを贈る、愛の告白をする日、というのが一般的だったような。(もう忘れた(笑)日本ではこの時期になるとバレンタイン商戦と称して、チョコレートのフェアーがいろんなデパートなどで開催され、まず財布の危険を感じながら生きてる時代があったのが懐かしい。さて、日本のバレンタインは当然のごとく、外国から入ってきたもので、しかもチョコレ [続きを読む]
  • フラメンコは音楽か否か。カンテヒターノとはなんぞや?
  • 先日、とある人とのメールのやり取りで、自分の意見を書いていて、我ながら納得のいく説明ができたと思ったので書く。言葉はいくら自分の考えてることだとしても、案外うまく自分が納得できる表現をするのが難しい。そんなわけで。最近、「フラメンコは音楽だ!」「フラメンコは音楽じゃない!」というプチ論争めいたものがある。「ジャズは音楽だ!」とか「クラシックは音楽だ!」とか、聞いたことないよね。なので、あんまり言わ [続きを読む]