サスペンダーの大将 さん プロフィール

  •  
サスペンダーの大将さん: マイホームを建てると決意した方へ
ハンドル名サスペンダーの大将 さん
ブログタイトルマイホームを建てると決意した方へ
ブログURLhttp://ameblo.jp/iezukuritaisyo/
サイト紹介文営業マンの大将です。 裸の大将じゃないよw 家を検討の方に参考になれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 179日(平均2.2回/週) - 参加 2017/02/17 10:18

サスペンダーの大将 さんのブログ記事

  • 第6回『高学年でどう勉強させるか①』
  • 【孟母三遷(もうぼさんせん)】と言う故事をご存知ですか?中国の思想家孟子の母親が、教育の為に住居を3度も遷った事に由来する故事です。現代では、【教育には環境が大切である】と言う意味で使われています。子育てには親御さんの意思と手助けが必要不可欠です。勉強が出来ると言われる子供達のお母さんがしている事を一緒に見ていきましょう。●高学年のポイントは勉強の【質】 小学校低学年のうちは、「勉強を嫌いになら [続きを読む]
  • 第6回 家の構造・工法を知る
  • 最近、よくご来店のお客様によく言われる事がある。まだ展示場を初めて廻り出して良く解らない。何をどうして良いか解らないし、何を基準にして、どう動けばいいのか解らないし、何をどう考えていけば良いのか解らない。だから、ポイントを書いておくから参考にしてねw 【理想の家づくりのポイント】①こんな家に住みたいと自分達の希望を知る②家づくりのスケジュールを知る③住宅の建築予算を知る④ライフイベントを考える⑤住 [続きを読む]
  • 第5回『小学校入学後に教える事②』
  • 【孟母三遷(もうぼさんせん)】と言う故事をご存知ですか?中国の思想家孟子の母親が、教育の為に住居を3度も遷った事に由来する故事です。現代では、【教育には環境が大切である】と言う意味で使われています。子育てには親御さんの意思と手助けが必要不可欠です。勉強が出来ると言われる子供達のお母さんがしている事を一緒に見ていきましょう。●教材を探す手間を惜しまない 前回お話ししたように、日本の教科書は、自学自 [続きを読む]
  • 第5回 住宅ローンと資金計画を知る
  • 最近、よくご来店のお客様によく言われる事がある。まだ展示場を初めて廻り出して良く解らない。何をどうして良いか解らないし、何を基準にして、どう動けばいいのか解らないし、何をどう考えていけば良いのか解らない。だから、ポイントを書いておくから参考にしてねw 【理想の家づくりのポイント】①こんな家に住みたいと自分達の希望を知る②家づくりのスケジュールを知る③住宅の建築予算を知る④ライフイベントを考える⑤住 [続きを読む]
  • お引渡し記念20170729
  • どもども。タマホームに帰って来て、はや11ヶ月。初めてのお引渡しです。私も感極まってます!2017年7月29日お引渡し【大垣市のK様邸】名前や情報は全て伏せさせて頂きます。まあ、解る人には解るが、解らない人は解らないって感じですね。いや〜、やっぱり嬉しいねwお客様だけが、嬉しい訳じゃないですよ。自分も担当してますし、お客さんと言うよりは身内みたいな感じになってますしね。初めてのご来場から、色々ありました。 [続きを読む]
  • 第4回『小学校入学後に教える事①』
  • 【孟母三遷(もうぼさんせん)】と言う故事をご存知ですか?中国の思想家孟子の母親が、教育の為に住居を3度も遷った事に由来する故事です。現代では、【教育には環境が大切である】と言う意味で使われています。子育てには親御さんの意思と手助けが必要不可欠です。勉強が出来ると言われる子供達のお母さんがしている事を一緒に見ていきましょう。●親が手伝ってどんどん先に進む 小学校入学後の勉強では、国語の場合、教科書 [続きを読む]
  • 第3回『小学校入学前に教える事②』
  • 【孟母三遷(もうぼさんせん)】と言う故事をご存知ですか?中国の思想家孟子の母親が、教育の為に住居を3度も遷った事に由来する故事です。現代では、【教育には環境が大切である】と言う意味で使われています。子育てには親御さんの意思と手助けが必要不可欠です。勉強が出来ると言われる子供達のお母さんがしている事を一緒に見ていきましょう。●勉強と愛情を結び付ける 前回もお話した絵本の読み聞かせは、字に対する関心 [続きを読む]
  • 第4回 ライフイベントを考える
  • 最近、よくご来店のお客様によく言われる事がある。まだ展示場を初めて廻り出して良く解らない。何をどうして良いか解らないし、何を基準にして、どう動けばいいのか解らないし、何をどう考えていけば良いのか解らない。だから、ポイントを書いておくから参考にしてねw 【理想の家づくりのポイント】①こんな家に住みたいと自分達の希望を知る②家づくりのスケジュールを知る③住宅の建築予算を知る④ライフイベントを考える⑤住 [続きを読む]
  • 第2回『小学校入学前に教える事①』
  • 【孟母三遷(もうぼさんせん)】と言う故事をご存知ですか?中国の思想家孟子の母親が、教育の為に住居を3度も遷った事に由来する故事です。現代では、【教育には環境が大切である】と言う意味で使われています。子育てには親御さんの意思と手助けが必要不可欠です。勉強が出来ると言われる子供達のお母さんがしている事を一緒に見ていきましょう。●『字』に対する興味を持たせる 「我が家ではこんな事を教えている」と言う方 [続きを読む]
  • 第3回 住宅の建築予算を知る
  • 最近、よくご来店のお客様によく言われる事がある。まだ展示場を初めて廻り出して良く解らない。何をどうして良いか解らないし、何を基準にして、どう動けばいいのか解らないし、何をどう考えていけば良いのか解らない。だから、ポイントを書いておくから参考にしてねw 【理想の家づくりのポイント】①こんな家に住みたいと自分達の希望を知る②家づくりのスケジュールを知る③住宅の建築予算を知る④ライフイベントを考える⑤住 [続きを読む]
  • ボーッとして車を運転していたら
  • いや〜、本日休みなんで・・・、 久々に音楽でも聞きながら、ぼーっと渋滞しながら家に帰って来たんだよね。私は、今まで無音で運転しているから(よく考え事しているから邪魔なんですよ)音楽と言う音楽は、ほとんど7・8年間しっかりとは聞いていないんですよね。今日は考え事も無かったもんで、SDナビが付いているからSDに音楽でも聞こうかと入れてあったのをテキトーに流したんですが、曲がかなり古いw買ってもいないし [続きを読む]
  • 第1回 『あなたの行動をチェック!』
  • 【孟母三遷(もうぼさんせん)】と言う故事をご存知ですか?中国の思想家孟子の母親が、教育の為に住居を3度も遷った事に由来する故事です。現代では、【教育には環境が大切である】と言う意味で使われています。子育てには親御さんの意思と手助けが必要不可欠です。勉強が出来ると言われる子供達のお母さんがしている事を一緒に見ていきましょう。『日本の子供達は、数学力が世界のトップ』これが、かつての共通認識でした。今 [続きを読む]
  • 第2回 家づくりのスケジュールを知る
  • 最近、よくご来店のお客様によく言われる事がある。まだ展示場を初めて廻り出して良く解らない。何をどうして良いか解らないし、何を基準にして、どう動けばいいのか解らないし、何をどう考えていけば良いのか解らない。だから、ポイントを書いておくから参考にしてねw 【理想の家づくりのポイント】①こんな家に住みたいと自分達の希望を知る②家づくりのスケジュールを知る③住宅の建築予算を知る④ライフイベントを考える⑤住 [続きを読む]
  • 知り合いが有名になっていく
  • ども。久しく連絡してなかったかけど、こないだ連絡してびっくりしたwどんな人かと言うと、私の似顔絵を書いた人です。前の会社で知り合いちょくちょく仕事の依頼してたんだよねwこの人の絵は、個人的に好きなんですよ。当然、嬉しい限りです。微笑ましいし、自慢にさえ思います。皆さんが認める人だから、やっぱり凄いんだよね。ただね、ただ、有名になれば成る程、単価が上がっちゃうんですよね〜。笑えない。し、し、仕方が [続きを読む]
  • 第10回 『上の子と下の子と言い方をどう変えるか?②』
  • 〜兄弟喧嘩の目的って?〜兄弟姉妹が出来た時に必ず起きてしまうトラブルが『兄弟喧嘩』ですね。上の子と下の子がいる場合、これは避けて通る事の出来ないトラブルでしょう。兄弟喧嘩が起こった時に・・・『お兄ちゃんなんだから、もっとしっかりしなさい!』『お姉ちゃんがこんな事をしては駄目じゃないの!』と言うように、【上の子だから】と言う理屈で叱ってしまう事があると思います。親御さん自身が上の子だったのであれば [続きを読む]
  • 第1回 こんな家に住みたいと自分達の希望を知る
  • 最近、よくご来店のお客様によく言われる事がある。まだ展示場を初めて廻り出して良く解らない。何をどうして良いか解らないし、何を基準にして、どう動けばいいのか解らないし、何をどう考えていけば良いのか解らない。だから、ポイントを書いておくから参考にしてねw 【理想の家づくりのポイント】①こんな家に住みたいと自分達の希望を知る②家づくりのスケジュールを知る③住宅の建築予算を知る④ライフイベントを考える⑤住 [続きを読む]
  • 第9回 『上の子と下の子と言い方をどう変えるか?①』
  • 『お兄ちゃんなんだから、しっかりしてよ!』『お姉ちゃんなんだから、我慢できるよね!』こんな風に、上の子にはついつい厳しくなってしまう事ってありますよね。あるいは、ご自身がそんな経験をしてきたと言う親御さんもいらっしゃる事でしょう。ところで、これは本当に効果的な叱り方なのでしょうか?●性格と誕生順位の関係 心理学上の一説によると、性格を形成する上で誕生順位がかなり大きな影響を与えると考えられていま [続きを読む]
  • セパレートダイアリー紹介
  • どもども。普段、私が気に入って使っているダイアリーです。ちょっと名前書いているから、ペイントでモザイクかけてみた。特徴は、上と下で分かれる。だから、上は月の行動予定にして、下の段は、週間の行動予定に出来て尚且つ、同時に見れるってのが気に入っている。 こちらが、6月のページ●青字がお客様との約束(私との打合せ)●緑字がお客様との約束(私以外の打合せ)●赤字は休み●黒字が会社の行事って感じで書いてあり [続きを読む]
  • 最近の日曜日と言えば・・・
  • どもども。いつもバタバタな大将です。ども! 間取りを考えても思いつかないんで、ブログを書いてるw私までのベテランになると、間取りは、ふっと降りてくるんだよねw解る?この表現解る?考えるとか、なんとかするんじゃないんだよね。おりてくるんだ。だから、おりてこない時は、ぼーっとしてるwwぼーっとしてるぐらいなら・・・って事でブログ書いている。 で、本題。最近の日曜日は略営業が不在の日々が続いている。ご迷 [続きを読む]
  • 第8回 『生意気な時期は、同性の親御さんが導こう!②』
  • 〜思春期の女の子を叱る時は?〜叱り方も難しくなってくる思春期・・・子供の成長が嬉しい反面、自我も芽生え始めるこの時期は、叱り方にも頭を悩ませる事でしょう。前回は、『だんだん無口になってくる男の子』の叱り方を確認してきました。今回は、『生意気盛りの女の子』の叱り方について、一緒に確認しましょう。●女の子を叱るのは難しい・・・男の子と比べた時に、女の子を叱るのは格段に難しいと言われています。なぜなら [続きを読む]
  • 再開。
  • ひさびさw前回も、こんな事を書いてたw安心して下さい。大将は元気ですよ。ただ、なかなか忙しいし、、、、と言い訳しておく。ブログ書く前に、プラン書けって言われるしね。まあ、仕事の2の次だしね。ブログは!しかも、固い話はなかなか書けないので、ぼやき的なもの書いていく。今度から、逃亡せずに書いてくよ。今も更新はしているけど、完全に自動更新だからねwまったくブログは見ても開けてもいなかったわwブログタイ [続きを読む]
  • 第7回 『生意気な時期は、同性の親御さんが導こう!①』
  • 〜思春期の男の子を叱る時は〜思春期にさしかかってくると、だんだんと叱り方も難しくなってきますよね。今回から、男の子と女の子の2回に分けて、思春期の叱り方について考えてみましょう。今回は、『だんだん無口になってくる男の子』の叱り方です。小学校高学年になると、息子さんをガミガミ叱るお母さんが増えるそうです。この時期、男の子はガラッと行動が変わり、急に可愛くなる事の裏返しなのだとか。例えば、これまでして [続きを読む]
  • 第6回 『夫婦の役割分担をたまには変えてみては?』
  • 〜叱り役・なだめ役はランダムに〜叱るのは?お母さん’の役目それをなだめるのが‘お父さん’の役目気が付いたら、いつの間にかそんな風になってしまっていませんか?『これってやっぱりおかしいよね・・・』と思い直して夫婦で話し合ったら、今度は2人一緒に叱る事に。でも、これもやっぱり違う気がする・・・子供には、叱る事と褒める事の両方が不可欠と言う事はよくご存知だと思います。では、お母さんとお父さんのどちらが [続きを読む]
  • 第5回 『時に叩いても良いものか?』
  • 〜我が家のルール作りで叱る基準も明確に〜何度言っても伝わらない・・・そんな時、つい手をあげてしまった事はありませんか?きっと手をあげる親御さんだって辛い事でしょう。本気でお子さんを正したいと思えばこそ、つい手があがってしまう訳ですから・・・では、「愛情があれば時には叩いても良い」ものなのでしょうか?今回は、そんなテーマを考えてみましょう。●そもそも『叱る』事とは・・・仏教には『五戒』と言う考えが [続きを読む]
  • 第4回 『ご褒美で釣ってもいいのか?』
  • 〜目に見えるご褒美と目に見えないご褒美と〜小さい頃はご褒美と言っても知れていたのに、成長と共に、ちょっとのモノでは喜ばなくなっている。かといって、安易に与えるのも気が進まない・・・親御さんからお子さんへの『ご褒美』、とても悩ましい問題ですよね。『ご褒美で釣って言う事を聞かせるべきかどうか』、今回はこの問題を考えましょう。●目に見えるご褒美の利点と欠点『頑張れば報われる』『努力したら良い事がある』 [続きを読む]