aozorakumorizora さん プロフィール

  •  
aozorakumorizoraさん: パパは双極性障害。日記と記憶。新しい自分を探して。
ハンドル名aozorakumorizora さん
ブログタイトルパパは双極性障害。日記と記憶。新しい自分を探して。
ブログURLhttp://aozorakumorizora984.blog.fc2.com/
サイト紹介文家族、子育て、躁うつ病、英国留学、海外生活と仕事など。皆様へのヒントになれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 64日(平均1.1回/週) - 参加 2017/02/17 15:58

aozorakumorizora さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 母の浮気と失踪、父頑張る 3
  • こんにちは。いよいよ本格的に気温も上がってきて、春めいてきましたね。先日スーパーのレジのおばちゃんにコミュニケーション能力高いなーと、関心しました。軽躁状態もありいくつか値段が上がってるねーとクレームを言いいました。「申し訳ありません」ぐらい返ってくるかと思いきや、「そうねー、私も買ってたから困ってるのよねー、前は安かったんだけどねー。。」私「そ、そうですよねー。(あれ、このひと店員じゃなかったけ [続きを読む]
  • 家事は大変なのですね。
  • こんにちは。日常に没頭してしまうとブログが疎かになります。すみません。ご訪問くださった方、どうもありがとうございます。今は子供の横でブログを書いています。時間がなさそうなので、前回の続きの更新はなしにしようと思います。今日は一日家事を頑張りました。暑くなってきたので、布団を薄手のものに代えたり、いらない厚手のものを洗濯して干してタンスにしまいました。天気がいいので、布団を干しながらホウキをかけて掃 [続きを読む]
  • 母の浮気と失踪、父頑張る 2
  • こんにちは。もう少し頻繁に更新すると言いながら、やはり間が空いてしまいました。その間も訪問してくださった方、申し訳ありません。感謝します。もうすでに過去記事をお読みになった方はご存知かと思いますが、このブログでは汚い表現や、私が犯してしまった最低な行為のことも包み隠さず書いています。なので、もしかすると気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。特に「私の失敗」の記事には性的な表現や倫理的にまず [続きを読む]
  • ―母の浮気と失踪、父頑張る
  • こんにちは。世間は新学期、新年度でわくわくする季節化もしれませんが、私は相変わらずスローな日々を過ごしています。ただ今週1週間、子供は新しい保育園のならし保育で家事育児が結構しんどいのですが、今週を乗り越えてしまえば落ち着いた日々に戻ると思います。明日は月に2度のカウンセリングなので、できればゆっくり考えたいのですが、そんな時間もなく明日を迎えてしまいそうです。今は子供が寝た隙に記事を書いています。 [続きを読む]
  • 更新が遅れました。
  • こんにちは。しばらく時間があいてしまいました。特に意識したわけではないのですが、子供の送り迎えや家事、治療などに追われて更新できずにいました。たまに来てくださっていた方もいたようで、申し訳ありません。子供は今問題になっている待機児童になり、いろいろ申請内容を変えたり、試行錯誤してなんとか2次募集で認可保育園に入ることができました。正直なところ経済的にかなりしんどく、認可に入れて本当によかったです。 [続きを読む]
  • 虐待、不可思議な兄との関係
  • こんにちは。前回の記事はだいぶブラックでした。私のことが最低だと引いてしまった方も多いのではないでしょうか。病気と診断された今なら病気のせいだったのかなと少し慰めにもなりますが、当時は自分は二重人格なのではないか、と本気で悩むくらいでした。通常時や落ち着いてるときには世の為人の為的な思いを大事にしているのですが、気分が上がってくると前回記事のようなハチャメチャな人を傷つける行為をしています。それを [続きを読む]
  • 自分の失敗。風俗にはまる。金遣い。女性関係。懺悔。
  • 前回の記事で家族への非難ばかり書きました。もちろん今の自分の問題があるのは家族のせい、特に親のせいだ、と思っている部分もあるのですが、それだけではフェアでない気がするので、自分がやってきた失敗についても書こうと思います。けっこう派手にやっていると思います。順番は前後しますが、お付き合いください。私の病気は正式名称で言うと双極性障害(俗に言うそう鬱病)というのですが、その発症はいつからかと聞いたとこ [続きを読む]
  • 家族のこと
  • 実家の家族について考えるとき。いちばん始めに思い浮かぶのは仮面家族のようだなと。仲が悪いというより、誰も本音で話し会えない。日常的に会話がない。できるだけ付き合いたくない。会っても何を話していいのかわからない。家族に対して作り笑いや愛想笑いをする感じです。家族が好きなどとは微塵も思ってないです。父親。寡黙を通りこして無口でした。小さいころに会話した記憶がほとんどない。一緒に遊んだ記憶もほとんどない [続きを読む]
  • 幼少期の自分
  • 幼少期の自分。みなさんの小さい頃の一番初めの記憶はなんですか?私のは幼稚園の滑り台から降りて待ち構えていた男の子にシャベルで顔面に砂をかけられるという思いっきりマイナスの記憶です。そのあとわんわん泣いたのを覚えています。小さいころは母が家にいてくれたこともあり、比較的のびのびと育った気がします。最初の記憶の後は幼稚園での嫌な思い出も特にありません。跳び箱が飛べるようになったり、芋ほりにいったり、当 [続きを読む]
  • 目次など。
  • これから書いていこうかと思っていることをもう少し詳しく書いてみます。目次のようなものです。こうやってみると重いな。いきなりですみません。過去のこと。失敗、成功、後悔、■幼少期の自分―家族について―虐待、不可思議な兄との関係―母の浮気と失踪、父頑張る■青年期の自分―スポーツが下手なことについて―いじめ、そこから来る虚栄―家族がバラバラになる。―声が出なくなる、死を意識する■成年期の自分―旅が好きにな [続きを読む]
  • 過去の記事 …