アリスト さん プロフィール

  •  
アリストさん: 続・分水嶺
ハンドル名アリスト さん
ブログタイトル続・分水嶺
ブログURLhttp://ameblo.jp/trader-ame/
サイト紹介文自称FX貧乏兼業トレーダーが配信するテクニカル分析と人生アレコレ屁理屈ブログです。
自由文真の勝てるトレーダーが実際どれくらい存在するか?
適当なことばかり並べ、ナンチャッテ偽トレーダーが多く散見されるネット社会の現状。
簡単に収益上がるなら、誰もが大金持ちやろ?
笑わせるなって辛口で一刀両断の下剋上。
おもしろおかしく、お茶目でユーモアあるブログ運営してますのでよろしくね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 41日(平均4.4回/週) - 参加 2017/02/17 19:51

アリスト さんのブログ記事

  • 短期ロング戦略成功
  • 俺ニカル分析における短期ドル円ロング戦略は一時撤退。 少し苦労もしたが、110円ローで拾ったロングはハイで一度利食い、そこからの押しを待ち再度の買場探しで窓埋めを想定した111円越えが狙いだった。 NY株価との相関がよさそうだったので、先行指標のお手伝いをしてもらったチャート。 ヘルスケア法案、トランプ政権の不透明さ、本邦期末絡みの円買いレパトリ、株主権利取り [続きを読む]
  • インターバンクとブローカー
  • 週明けのドル円は下方向にギャップを開け111円割れのスタートになってます。 3月も残すところ今週で終わり」、本邦勢は年度決算となります。欧米勢にしても四半期の一期が終了。 利益にしろ、損益にしろレパトリ関係の決算、手仕舞いが集中する相場情勢です。 どうしても買わなければならない企業や機関、売らなければならない企業や機関が交錯し、攻防というか迷走が展開されます。 為替相場の基 [続きを読む]
  • 下げ止まったか?
  • あまり時間がないので簡単に。 ドル円の1時間足チャートから、下げ止まりの可能性がうかがえます。 単なるショート筋の一時的な利食いによる反発過程という見方も捨てきれませんが・・・ その場合は111.3付近までの反発からの更なる押しも想定できます。 そこは109円ミドル水準ですが、皆が皆弱気基調に転じてるのなら、さすがにショートを取るには危ない領域だと思っております。  [続きを読む]
  • コアラドル売り増し
  • 昨夜からドル円はタッチしてません。 なぜならロング目線だけど、まだ下げそうだから。 それにチンタラ鬱陶しいし、イラつくので。 オプションに期末決算、来週火曜は株主権利取りもあり、様子見が妥当かなという判断です。 得意の欧州通貨でもいいけど、ブレグジットだのNATOだの、ギリシャ支援だのとヘッドラインで右往左往しそうなので、やっぱ手は出しにくい。 自分の想定では、ユ [続きを読む]
  • コアラドルは下落か?
  • TradigViewに取引アイデア掲載を始めました。 気になる人は「TradigView」にてsskk46493のフォローを宜しくです。 ドル円がモッサリと上昇してますね。 今朝は迷わず112ミドルをロングしたので、コアポジションとして少し引っ張る予定ですが、 勢いがやっぱたりないですね。 コアラドルは少し様子を眺めてショートの予定です。 現時点では、先週終値から微々 [続きを読む]
  • 本邦地銀の損切り投げ売り
  • 期末決算絡みのドラマの舞台となった直近ドル円相場。 為替リスクの円買いヘッジが外されてる噂は知ってたけど、本邦地銀による損失拡大防止処置だったのは、先週の日経新聞でスッパ抜かれてましたね。 米債利回り上昇、即ち債券価格暴落が損失にいたった最大要因。米債を投げていたのはチャイナ系が主でしたが、今年になり利回り上昇の立役者は本邦地銀だったようです。 損失拡大に耐え切れなくなり、債券 [続きを読む]
  • 61.8の不思議
  • 先週一週間は、米利上げ期待というより、オプションに振り回された週だったようですね。 ある意味鬱陶しく、逆に行使期限間際の値動きは攻防戦が繰り広げられ、白熱し面白い時間だったと思います。 115円ブレイクも日足をみる限りはダマシの上髭となり、短命に終わったようですね。FOMCでどうなるかですが、皆が買えば下ってしまうのが普通の相場です。 所謂買い下がりってパターンですね。 そ [続きを読む]
  • 気分転換にキーウィ
  • ドル円おもろくない展開なんで、気分転換にキーウィドルを。 これもしかしたら、おもしろそうって感じだけでの推奨です。 チャートは日足ですが、なにやら直近では最弱通貨だと疑われているNZドルです。 私的見解での最弱は英ポンドに思いますがね。 英議会がもめていて、次回のEUサミットには間に合わないとか、間に合わせるとかやっています。 慰謝料だの、英在住EU民 [続きを読む]
  • 微益でもメチャ嬉しい
  • 先週は何が嬉しかったかって、ユーロドルが買い戻されたこと。 テクニカル重視のエントリーながら、ねぜか不思議と見計らったような突発要因(ファンダメンタル)でテクニカル指標が立証される。 シビレをきらし、就寝前に薄利決済で閉じたけど、吹いた蝋燭をみて悔やむどころか、満面の笑みがこぼれました。 マイルールだったし、偉そうに自分の相場観への自惚れも沸く 笑 実は俺 [続きを読む]
  • 利上げ織込み90%
  • FRB理事、連銀総裁の連日にわたる発言から、3月FOMCにおける利上げ織込みが90%近くになった為替マーケットのようですね。 個人的には今更感が強く、鬱陶しい限りです。 トランプ政権に振り回されるトランポリン状態なので、目の前の餌に飛びつく市場にも苦笑です。 でもまぁ、悲しいかな、これが金融市場の実態であり、受け入れていくのがトレーダーの宿命。 しかしながら、米ドル買 [続きを読む]
  • マーケットはショートだった
  • マジでロンドン勢は人の嫌がることばかりする。 逆にコイツ等のおかげでドル円は売り上がったともいえる。 ロンドン勢に限らず、マーケットのポジションはショートに傾いていたって結論ですね。 違った表現をするなら、上げる為の下げであり、下値の確認とでも言えますね。 実は昨日の東京時間の安値から買いで入っていた私です。 勿論、天敵ロンドンに狩られ撃沈だったわけで、 不貞 [続きを読む]
  • 下落要因とオマケ知識
  • 先週のドル円を振り返り、推測される下落要因を考えてみました。 まずは、本邦勢期末決算絡みの円買いですね。 例のただ同然の国有地売却問題はどうなのかな?限りなく黒に近いと思うけど、ノラリクラリのお腹痛いで煙幕?マジなら円買いになるよね? 次に、政治相場というか選挙相場で、欧州先行き不透明感からの為替ヘッジによる円買い。 ギリシャデフォルト懸念も勿論ありますが、今旬なのは [続きを読む]
  • 眺めるだけの一週間
  • 先週がそこそこ動いたから、なおさら緩慢に映る今週のドル円。 東京時間もまったく元気がないし、どうしたんだろうと不思議に感じる値動きだよね。 というわけで、今週は眺めてるだけで終わる一週間であります。 今日は線だらけでグっチャリンコのドル円4時間足。 昨夜のニューヨーク開始時間前だったけ? 保ち合いを下抜けしたのは。 チャンスといえば、今週唯一の売り [続きを読む]
  • 3万円ご奉仕還元中
  • なんかさ、勝手な思い込みだけど、最近のこのブログは3万円の価値あるよ。 だって、他の自称トレーダーさん達は、これくらいの情報や手法を販売してるもん。 ズルいよね。 言い換えれば、俺って善人で、みんなに3万円あげてるのと同じ事。 微妙な勘違いでしょうか?それとも大きな勘違い? 元ディーラーさんや、投資に関するそれなりの資格保持者、公認者なら納得できるけど、そうじゃな [続きを読む]
  • 相場を先に走らせる
  • 今日は会社員お休みです。トレードとリーマン、どっちが本業かわからない生活してますが、動かない相場を眺めると溜息がもれますね。 いろいろ私用で外出する理由は山だくさんですが、先週末から札幌は真冬日に逆戻りです。 ということで、めんどいし寒いので引きこもり、オコタに潜り込みゴロゴロしています。 といっても、頭の中は為替相場でいっぱいなのですが・・・   [続きを読む]
  • 円安の限界?
  • 2月15日、財務大臣権副総理の麻生氏が為替に言及しています。 政府関係者としては異例でしたね。 簡単にいうと120円が円安の限界らしいです。 詳細はこちらです。 → 日本にとっての円安限度(Bloomberg) 通貨安の行く末は、現状の悲鳴を上げてる英国をみればわかると思いますがね。 ジャンキーのようにプロパガンダで洗脳され、円売り円安で儲かるのは為替ブローカー。それと輸出企業。 [続きを読む]
  • 予想通りのギャップ埋め
  • いつものMT4ではゴチャゴチャしすぎなので、 お絵かきして遊んでみました。 お絵かき? 単なる線引きです・・・ 昨朝に続き、本日のNY終値も、実に小賢しい限り!! マジでムカツクし感心するね。 残念ながら113円割れには至らなかったけど、なぜ昨朝時点で113円割れを意識できたかは、上記画像で理解していただけると思います。 半値及び61.8ラインがあるので [続きを読む]
  • 狙われたミセスワタナベ?
  • 自国通貨を売るしか能がない、ミセスワタナベは狙われたのか? 半分正解で半分不正解かな。 でもまぁ、115円トライ失敗なんて、ネガティブを印象させる記事がでてるんだろうね。 俺的には逆、自国通貨を売られるほうがネガティブで残念なこと。 そんな個人的な通貨感覚は別として、 流れはいかにも115円という心理的節目を意識させてた相場だったのは確かですね。 でもタッチす [続きを読む]
  • プライス予測
  • 政策金利、国債利回り、そして高値更新を続けるNYダウ。 イエレンさんにトランプ大統領、今の相場を振り回す根源でしょうね。 補佐官の辞任によるトランプ政権の先行き不透明感、しかしマーケットの反応は限定的。 ネガティブ要因は見て見ぬふり、換言するとマーケット心理はドル買いだった証しです。 分かりやすいといえば分かりやすい相場です。 そこそこ大きな金の買い戻し(ショート [続きを読む]
  • 重要な先週終値
  • 2017年2月10日の終値は、自分的に最重要ポイントと考えています。 いわば現レンジの中間値と思っています。 上下に振れながらの収束地点との想定です。 上記は週末に考えてみたドル円5分足です。 ほぼ想定通りの動きをしてくれたシドニータイムとなっています。 直近高値越えのフィボ127.2水準、ドル円113.75付近が目先のターゲットのようですね。 売り上が [続きを読む]
  • インデックス比較
  • 円が少し強くなってきましたね。といっても材料薄の投機相場、買ったら売られる、売られたら買われる、レンジの膠着相場。短期投機筋の宿命なので静観です。 言い換えると、ビッグプレイヤーの参加がない、資金移動、キャッシュフローがない現状です。 昨日はロンドン勢の小賢しさにイラつき、さっさと相場から離れましたが、アメちゃん達は下目線だったようで、ドル円は112円割れとなりました。 110 [続きを読む]
  • メイントレンドの半値
  • ドル円のメイントレンドは上昇なの?それとも下落なのか? 時代が違うけど、戦後は360円の固定。そしてプラザ合意の時で240円くらいが1985年。 その後、引き締めや公定歩合の関係で貨幣錯覚、通貨価値の誤解を招きバブルに突入。 週足ではこんな感じで現在に至ってますね。 誰がどうみてもメイントレンドは下落基調ですね。 リバーサルと言われる調整派の反発 [続きを読む]
  • 市場心理は典型的なリスクオフ
  • ここにきて、本来懸念されてたトランプリスクに慌て始めた金融市場。 洗脳するかの如く、都合いいことだけを並べ、投資意欲を煽り過熱させリスクオン。でも、成り行きの経緯で尻込みし、途端にリスクオフに鞍替える節操もない風見鶏。 噂で買い事実で売る、金融相場の本質ですね。 これも一種のプロパガンダによることでもあります。 言い換えれば、個人投資家層なんかは、得れる情報と情報源に限りが [続きを読む]
  • 狙いはドル円110円割れ
  • 難しい相場展開になってますね。やはりトランプ米大統領の「トランポリン相場」が原因かな? 公約有言実行なのか、大統領令にサインしっぱなしみたいですね笑性格的に我の塊というか、意地になってるように感じるのは俺だけでしょうか? あくまでも俺自身は、工学部の理工系なのに、不思議と心理学単位を取得している、あさはかな個人的な見解です。心理学は大好きでした。そして今も大好きですよ。 だから [続きを読む]
  • 黄金比率
  • 最近、黄金比率にはまってます。 相場ならフィボナッチですね。 そして本日のドル円ですが、ピポットから算出されるS2で下げ止まりモンデいます。 市場もどうしていいか判らず右往左往なのでしょうか? 上記は5分足チャートです。 単純移動平均線が上から200、100、48、12、6、です。 6、12、48移動平均線は、1時間足の流れの中で、5分足でエントリーしてる為で [続きを読む]