GTholic さん プロフィール

  •  
GTholicさん: 一期一会
ハンドル名GTholic さん
ブログタイトル一期一会
ブログURLhttp://gtholic.hatenablog.jp/
サイト紹介文日本茶で優雅なおうちカフェを楽しむ。
自由文お茶とお菓子で優雅なおうちカフェを楽しむ方法を日々考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 34日(平均7.6回/週) - 参加 2017/02/17 23:27

GTholic さんのブログ記事

  • 茶筅の寿命は使い方にも影響するのかな
  • いつものように抹茶をいただこうと、茶筅を取り出したところ、よく見ると先の部分が不自然に折れ曲がっているところがいくつかあって、手で伸ばそうとしたら、ぽろぽろと折れてしまいました。茶筅は消耗品と聞いていましたが、まだ使い始めて1か月。寿命にしては早すぎるような・・・こんなに早く使えなくなった理由はいくつかあると思います。まず考えられるのは、品質。この先続けられるかどうかわからないから、とりあえ [続きを読む]
  • 中川政七商店の懐紙が好き
  • 最近は、どこへ出かけても和雑貨に目がいきます。特に懐紙。可愛い柄の懐紙、たくさんあるんですね。こんな可愛い懐紙、お茶席でも使えるのでしょうか?まぁ私は個人で楽しむだけなので、見た目重視ですけど・・・懐紙についての過去 記事↓gtholic.hatenablog.jp先日、たまに行く本屋さんの雑貨コーナーを何気なく見てたら、ありましたよ!可愛い懐紙。中川政七商店さんの懐紙がいっぱい!どれもステキで見てるだ [続きを読む]
  • 桜の木の下で野点したいな
  • お花見のシーズンももうすぐそこですね。毎年目黒川沿いの桜を楽しんでいますが、年々人が増えているので、今年は別の場所へ行こうかと思ってまます。これは去年の目黒川沿いの桜ですお花見しながら抹茶を点てられたらステキですよね。今ある道具をもって出かけるのはちょっと大変だし、野点用の道具があればいいなぁと思って、Amazonさんをうろうろ物色しているところです。ふじや茶舗 京都清水の野点を楽しむ巾着セ [続きを読む]
  • 「茶碗の中の宇宙」は力強く、深く、静かでした
  • 東京国立近代美術館で、「茶碗の中の宇宙樂家一子相伝の芸術」を鑑賞してきました。日美で樂茶碗の存在を知ったことがきっかけで、お茶の世界に興味をもったこともあり、今回の展示は本当に楽しみでした。gtholic.hatenablog.jpいよいよ本物に会える。館内は暗く静かで、器のひとつひとつにスポットライトがあてられています。まず、初代長次郎の「大黒」が目にとびこんできました。私が一番見たかった茶碗です。思っ [続きを読む]
  • 表参道で職人の技を鑑賞する
  • 会社帰りに夫と待ち合わせて、表参道ヒルズで開催されている「エルメスの手仕事展」へ行ってきました。夫もモノ作り系の仕事を長年やっているので、どうしても見ておきたかったようです。平日の夕方ということもあり、会場は驚くほどの大混雑でした。まぁ、入場無料だし、期間も短いので仕方ないのかな。各職人さんのブースで、実際に仕事をしている様子が見られ、職人さん自身が各作業についての説明もしてくれます。質問するこ [続きを読む]
  • 「べにふうき」ってホントに花粉症に効くの?
  • 毎年この時期になると、花粉症で苦しんでます。酷い時は薬を飲みますが、今のところ点鼻薬でなんとか治まってます。先日、「べにふうき」というお茶が、花粉症に効くと聞いて、ネットで調べたところ、もう随分前から、話題になってたんですね。知らなかった・・・べにふうきの中の「メチル化カテキン」という成分がアレルギーを抑制するらしいんですけど、今から飲んでも間に合うのでしょうか?普通のお茶に入っている「カテキン [続きを読む]
  • STARBUCKS VIA TEA ESSENCE MATCHA
  • 出勤前に会社の近くのスタバかタリーズでコーヒーを飲むことが毎朝の日課になっています。ここ数年、夫も息子たちも朝ごはんを食べない生活が続いていて、朝の忙しい仕事が一つなくなったからです。なので、少し早く家を出て、仕事前においしいコーヒーを飲みながら、本を読んだり、スマホをいじったり、貴重な自分だけの時間を過ごしています。昔からコーヒーは大好きで、時間があれば、自分で豆を挽いて、ドリップして飲ん [続きを読む]
  • 春休み旅行のお土産は「両口屋是清」さんの季節限定品
  • 春休み中の次男が、旅行のおみやげに「両口屋是清」さんのお菓子を買ってきてくれました。リスペクトしている隈研吾さんが手がけた両口屋是清東山店を見ることが目的だったようです。私の中では、「両口屋是清」さんといえば「旅まくら」なので、きっとそれを買ってきてくれたんだろうと思ったら・・・「名古屋名物」両口屋是清 旅まくら 10入 28819-0-0出版社/メーカー: 両口屋是清メディア: その他この商品を含むブログを [続きを読む]
  • 然花抄院 「畳畳」
  • 知人へのおみやげを買いにヒカリエの然花抄院さんへ。こちらのお店は私のお気に入りのお店のひとつです。味はもちろんですが、パッケージがどれもかわいい。特に紙袋。原稿用紙のようなデザインがシンプルで好き。プレゼントにはオススメです。ついでに自分のおやつも。焼ちょこらすく「畳畳」=「ジョウジョウ」石畳のような正方形のラスクです。パッケージもクールですが、ネーミングセンスもいいですね。一袋に3枚ラ [続きを読む]
  • ストロベリーチョコがけいちごと抹茶
  • 週末に、良品週間中の無印良品へ行ってきました。買い物の目的は化粧品だったのですが、以前どこかでいただいて、すごくおいしかったおやつを発見てしまい、つい買ってしまいました。「ストロベリーチョコがけいちご」粒の大きさが不揃いと書かれていましたが、形なんて気になりません。大事なのは味ですよ。先日買った抹茶が「洋菓子とも合いますよ」と言われたことを思い出し・・・gtholic.hatenablog.jp抹茶を点てて [続きを読む]
  • 水出しほうじ茶が大活躍してます
  • 水出し用ボトルを使い始めてから、家族みんな ほうじ茶好き になってます。gtholic.hatenablog.jp見た目がワインボトルのようで、食卓に置いてもイイ感じです。煎茶用にもう一本ほしくなりました。HARIO (ハリオ) フィルターイン ボトル 750ml レッド FIB-75-R出版社/メーカー: ハリオメディア: ホーム&キッチンこの商品を含むブログを見るほうじ茶の消費量が思ったよりも早いので、一保堂さんで100g入りの「極上ほ [続きを読む]
  • ハンドメイドの懐紙入れ
  • 粋な大人の女になろうと携帯し始めた懐紙。思っていた以上に使う機会があり、重宝しています。gtholic.hatenablog.jpでも、カワイイポーチに入れて持ち歩くのは何か違う。そこで、昔作った銀行の通帳ケースの型紙を取り出し、和風テイストのある端切れで懐紙入れを作ってみたところ・・・いいかも(笑)奥のほうには、束にした2種類の懐紙を入れて、手前には、すぐに取り出せるように1枚ずつバラで数枚入れてみました。 [続きを読む]
  • 季節限定 「長閑」
  • 毎度のことですが・・・季節限定という言葉に弱い私。はじめて買った抹茶がそろそろなくなるので、次はどんな抹茶を買おうか考えながら、会社帰りにデパ地下をうろうろしていると、「季節限定」の文字が目にとびこんできました。またまた「一保堂」さんです。4月までの限定品「長閑」長閑=のどか=静かでのんびり年度末でのんびりできる心境ではないのですが、一服いただいて落ち着こうと思います。洋菓子との相性もバッ [続きを読む]
  • お気に入りの器
  • 去年、半年かけて家中の断捨離をしました。きっかけは、同居していた義父が亡くなったこと。あまりにもモノが多くて、捨てていいのか、大事にしていたモノなのかの区別がつかず、整理に苦労しました。私も人生の折り返し地点を既に通過してるし、少し生活を見直さないといけないと思ったんです。それからは、「一つ増えたら一つ手放す」をずっと続けてきたので、今でも家の中はサッパリしています。特に、キッチンでは大量の不 [続きを読む]
  • 水出し用ボトルを買いました
  • お茶屋さんでよく目にする、水出し用のボトル。赤いのが欲しいと夫に話したところ、Amazonさんでポチっとしてくれました。これからの季節に活躍してくれそうな一品です。使い方も簡単。大さじ2杯ほどの茶葉を最初にボトルに入れて・・・水をいっぱい注ぐ。そのまま冷蔵庫で3〜4時間入れておくだけでおいしい水出しのお茶が完成します。ほうじ茶です。ほうじ茶はカフェインが少ないので、寝る前でも安心。これでペ [続きを読む]
  • 季節限定「花貝あわせ最中」
  • 限定品という言葉に敏感な私。たねやさんの季節限定「花あわせ最中」を買いました。3個入で486円(税込)パッケージも春らしいです。最中種と餡が別々に入っていて、食べる時に自分ではさむ手作り最中です。優しいパステルカラーの貝。お抹茶と一緒にいただきました。最中種に餡を詰めてすぐに作りたてを食べられるので、パリパリして、美味しいし、餡の量が調整できるのもいいですね。小さな幸せを感じる一時でした。 [続きを読む]
  • 懐紙ひとつあれば粋な大人の女になれるかも
  • お茶の専門店で懐紙を買いました。お茶席用の懐紙だそうです。懐紙ってお茶の時にお菓子をのせるだけのペーパーナプキンのようなものだと思ってましたが、いろいろ使い道があるようですね。汚れたテーブルをちょっと拭いたりお菓子を包んだりメモ替わりにしたりお金を包んだりメイク直しで使ったり万能な道具です。昔から着物の懐にそっと入れて使っていたそうですが、こんなに機能的でシンプルな道具は、現代でも利用価 [続きを読む]
  • 日本で一番早いお花見をしてきました
  • COREDO室町1で開催されている、「FLOWERS by NAKED」へ行ってきました。プロジェクションマッピングを駆使した、春の花たちの演出には驚きましたねぇ。草月流家元とのコラボと聞いて、もっといけばな色が強い作品を期待していたのですが、NAKED色が圧倒的に強くて、ちょっと想像していたモノとは違ってたかな。それにしても、すごい技術ですよね。映像と音楽とそれを映し出すモノがあれば、何でもできるんですね。この先 [続きを読む]
  • 裏参道ガーデンで抹茶ぜんざい
  • 裏参道ガーデンへ久々に行ってきました。この辺りは、よく会社帰りに立ち寄るところです。古民家をリノベーションしたカフェってなんかオシャレな雰囲気ですよね。今日の目的は、京都の宇治園さん。いつもなら、離れた席でまったり過ごすのですが、抹茶を点てるところが見たくて、カウンター席に座りました。で、オーダーしたのは・・・抹茶ぜんざいお店のスタッフさんが抹茶を点てるところを凝視。この方はお茶のお [続きを読む]
  • 初めてのおもてなし
  • 夫から、そろそろお点前を拝見したいとリクエストがありまして・・・夕飯の後にキッチンでお茶を点てました。誰かのためにお茶をたてるのは、これで2回目。1回目は次男。そして今度は夫。次男からは「なんか水っぽい」という指摘がありまして、やっぱり、お湯の量が安定するまでは、ビーカーが必需品だと思いました(笑)夫は「けっこうなお点前でした」と決まり文句を一言。家で簡単にお茶が飲めることを喜んでいます。自分 [続きを読む]
  • 春を感じる和三盆のお干菓子
  • お茶といえば、お菓子。ちょっと前まではスイーツといえば、パンケーキで、あちこち食べ歩き、ワッフルメーカーなども購入して、お休みの日の朝ごはんにも甘いモノが登場するほどでしたが、そのせいか体重が増加の一途。健診前に急遽糖質制限して多少は戻りましたが、まだまだです。生クリームたっぷりのパンケーキより、和菓子のほうがカロリーは低そうですが、糖質の割合は高そうですね。さて、お茶に興味をもった事で、和 [続きを読む]
  • やりたいことは「優雅なおうちカフェ」だった
  • YouTubeで茶道関連の動画を見たり、サイトを見たり、本を読んだりすることが毎日の日課になっています。お稽古には通えないけれど、なんとか少しでも近づきたくて。さらに、凝り性な私は、お茶の歴史の本を読んだり、季節のことを勉強をしたり、道具の勉強をしたり、お茶室の間取りまで調べたり・・・頭の中の知識だけ短期間でどんどん増えていくけど、なんか違うんですよね。「茶道」って難しいお作法だけじゃなくて、や [続きを読む]
  • 食後のお抹茶もいいですね
  • 食後のお茶といえば、急須で入れるお茶が定番ですが、今日は一人ご飯だったので、食後にお茶を点ててみました。 これが3回目です。 まだクリーミーな泡ができませんが、口当たりはだんだん良くなってます。お湯の量も、このお茶碗なら計らなくても大丈夫。 ちょっとだけ優雅な気分になりますね。 ていねいにハンドドリップしたコーヒーをゆっくり一人で楽しむ時と同じような感じです。 もっと練習 [続きを読む]
  • 「和敬清寂」という言葉に出会う
  • 最近、ネットでお茶の文化に関連するサイトを見る機会が多くなったんですが、「和敬清寂」という言葉をよく目にします。四文字熟語として聞いたことはありますが、深く意味を考えたことはありません。それに、「清」という字は「静」だと思っていたし・・・これ、茶道で大切にされている言葉なんですね。和・・・仲良く敬・・・敬う清・・・清らかに寂・・・不動の心単純に意味だけ見ると簡単なことですが、日常生活ではそ [続きを読む]