アミーゴ さん プロフィール

  •  
アミーゴさん: 認知症介護がうちにきた
ハンドル名アミーゴ さん
ブログタイトル認知症介護がうちにきた
ブログURLhttp://ninchisyokaigo.seesaa.net/
サイト紹介文アルツハイマー型認知症の母を介護する日記。ストレスに負けないように奮闘中。自分の予防策も発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 11日(平均15.3回/週) - 参加 2017/02/18 09:47

アミーゴ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 監督義務者
  • 「まだまし」言い方は悪いが自分の心の負担を軽くする魔法の言葉になっている。駅近の暗がりで男の大きな怒鳴り声が聞こえる。酔っ払い?ケンカ?関わらないようにしよう…。警官が近くに立っている。ひとりか。60代ぐらいだけど…こんな寒い夜に着古した肌着?ボロボロの…草履?無精ひげでも何か顔も汚さそう。この近辺で路上生活者がいたかな。まして叫んでいることなんて記憶にないけどな…。まぁ警察いるし。通り過ぎてしばら [続きを読む]
  • 気分転換ぐらいになった?
  • 思い出作りというほどではないが、母は自力で買い物ができないことから食べたいけど買ってきてと伝える前に忘れてしまうものもあるのでは?と日々思う。買い物へ行くことも脳に刺激があり気分転換になるはず。近くのスーパーマーケットライフへ。まとめ買いをするため早めに消費するものは複数買うことが多い。母はどんどんどんどん同じものも違うものもとにかくカゴに入れてくる。お菓子、カップ麺等インスタント類…。その度にち [続きを読む]
  • 脳トレ(運動編)
  • 先日の脳編の続き、今回は運動編です。■脳編 http://ninchisyokaigo.seesaa.net/category/26363357-1.html■運動編①:右手の肘を胸の前で曲げて指先を上にする※1②:左手①と同じ③:右手を前に伸ばす※2④:左手を前に伸ばす※1ボクシングの構えのような。※2子供の整列時の「前にならえ」①〜④のポーズを記憶。二人で、一方が相手に向かって①〜④をランダムに掛け声で問題を出す。例えば「問題!④、③、①、②」と掛け声 [続きを読む]
  • 認知症の原因のひとつ?
  • 母は両肺が縮んで固まっていた。10年以上前から肺に白い影があると言われ、その後の定期健診でも特段進行してみたいと母から聞いており特に障害があるわけでもなかったりで、私も別居していたので忘れていた。認知症の疑いから一緒に病院へ行くようになり呼吸器の障害を理解した。レントゲンだとなるほどよくわかる。本人はタバコを吸わない。受動喫煙の原因は…心当たりめちゃくちゃあり。我が家はもともと喫煙一家。母と私以外は [続きを読む]
  • 嗅覚の衰えから…
  • 「私、においがわからんねん。」を時折口にするようになった数年前。認知症への理解がなく物忘れがひどくなってきたな程度に思っていた時期。早めに気付いていれば進行を遅らせることができたのかも。におい、かおりは感じ方や好き嫌いに個人差がある。だから聞き流していた。ある日までは。母「これ食べれるかな?においせえへんからわからんねん。」とふたをあけてもってきた。それって!?私が捨てるつもりでさっき白いビニール [続きを読む]
  • 日付確認対策
  • 今日何日?今日何曜日?かつて毎日5〜6回は母から尋ねられた質問。これにプラス洗濯、食事等についても複数回。メンタル的にきつくて日付は毎回尋ねられる度に新聞見てと言っていたが、それでも何度も聞いてくるので結構なストレスだった。これは母の部屋に卓上デジタル電波時計を置くことでほぼ解決。見ることをしばらく習慣づけるようにフォローはした。最初はいろいろな種類の紙カレンダーを買って置いたり、壁掛けしたりして [続きを読む]
  • マジで食べたの?
  • 食べることは大事。叔父が癌で亡くなる前、自分で食事ができなくなり一気に弱った。食事ができなくなる前も食べたいもの食べさせてくれが口癖だった。母も準備はできないが、目の前に食事さえあれば自分で食べることができる。今のあいだは少しでもきちんと食べさせなければと思うが、料理のできない男一人では限界が…。そんな中。「カップ麺が食べたい」と母が何度も言う。レギュラーサイズのカップ麺を3つ買ってきた。翌日。「 [続きを読む]
  • 脳トレ(脳編)
  • 最近TVで有意義な情報が多い。というかやっと取り上げられるようになってきた。録画→メモ→削除を繰り返す毎日。今回紹介するのは2016年11月19日放送のサタデープラス。京都宇治市にある「ひろかわクリニック」院長、広川慶裕先生より。認知症予防トレーニング「認トレ」脳×運動×食事が新常識のトレーニングだとか。脳トレ認知症の原因アミロイドβは40歳ごろから蓄積が始まるとか。ただ40歳からの認トレで脳を活性化させればア [続きを読む]
  • 買ってない菓子2(ブチ切れ)
  • また買ってない菓子がある。今度は袋に入った飴とチョコ。自宅の財布のお金は減っていない。今度はあきらかに誰か来た。しかも自分が不在にした1時間以内に。飴とチョコに年配感がある。何を話したのか…。約束事はしてないか…。取り繕いの話をしてないか…(これは何とかなるが)。誰が来たの?と母に尋ねる。母「誰か来たん?」と予想通りお決まりの返事。今食べてるそのお菓子、買ってきてないので誰か来られたはず。お礼を言 [続きを読む]
  • 買ってない菓子
  • 帰宅すると買っていない本高砂屋の洋菓子エコルセが置いてある。!!!母は自分で買いに行けない。誰か来た!?家にあげた!?何話した!?開けて食べてるし。早速母に確認するも「あんた買ってきてくれたん?」いやいやいや…な訳ない。今帰ってきたし。話しかみ合ってないし。イライラ感を出さずに確認。今日だれか来なかった?お菓子を持ってきてくれそうな人思い出さない?(ないとは思うが)近所の方?親戚とか友達が来たとか? [続きを読む]
  • 日課
  • 毎日発信と着信履歴をチェック。一応留守番電話にはしているが記憶できず、鳴ったらすぐに取ろうとする。口癖は「電話の使い方がわからない」。でも発信履歴がある。受信もしかり。営業の電話や詐欺電話もあるだろう。電話の機種によっては指定の番号からしか受けない機能もあるようだがうちの電話にはないみたい。留守電にない受信は電話を取って話しているはず。もちろん記憶なし。ただ昔より売り込み営業系の電話を断る癖が残っ [続きを読む]
  • 家電
  • 洗濯機の操作がわからないとまた母からの電話。何年も自分で洗濯機使ってないのに。他にも電子レンジ、炊飯器もわからないが口癖。レンジは金属をいれて利用したことがあるので厳禁。炊飯器は昔のガス炊飯ならわかるが電気はわからないと何度も聞かされる。炊飯は自宅にいるときは一緒にするようにはしている。ただ、帰宅するとご飯が炊けていることはしょっちゅう。炊いてくれたの?と聞くと「え?知らない、操作がわからない」と [続きを読む]
  • 救急車!
  • 今から約2年前。母が家で一人になる朝の時間にゴホゴホからオエッと聞こえてくる。「痰が絡んで息ができない!死んでしまう!」「救急車呼んで!本当に死んでしまう!助けてお願い!」と溺れているような状態で泣きながら足にしがみつかれる。数日前から一人になる時間帯に痰が絡んでしんどいというので病院で薬をもらい服用していたのだが。認知症絡みかもしれないと思うもののあまりに酷く苦しむのでもしかしたら本当にやばいの [続きを読む]
  • ルーティン(洗い物)
  • 母が自分だけでできるルーティーン。洗い物、洗濯物干し・たたみ、ポストチェックぐらいかな。他は一人では全くできないか、できる時がある、もしくはできていないこともあるので、できる前提で期待できない。成功するために失敗することは仕方がないが、失敗していることを理解、自覚できてない。ただ洗い物が洗えていなくなってきた。仕方がないが症状が進んでいるのかなと寂しい。本人は今日は気落ちせず「えー!私が洗ったの? [続きを読む]
  • 失行?
  • 母の部屋の机の引き出しにパックの漬物を見つけてからはショックと同時に認知ってこんなものかと。漬物は冷蔵庫に入れる必要があるよね?と理解しているかどうかまず確認。「当たり前でしょ!何言っての?」って母が返事をかえすあたりまだまともなのかなと前向きに考える。「私が入れたんじゃない。あんたが入れたんでしょ?」って。以前はプッツン、今は、冷蔵庫いれとくよーで終わり。こちらも少しは成長した。財布がないないと [続きを読む]
  • 服薬注意!
  • やばいと本格的に思ったのが薬管理。自分で病院へ行き、薬もらってきて診察どうだった?と聞くといつも答えは「別に大丈夫だって」。そのまま信用して何か月か経ってしまってました。ある時ふとあるはずの母用の薬がないことに気づく。薬どうした?「私知らん。」え〜っ!もう(# ゚Д゚)結局探しても出てこず。また同じことが。「私の薬知らんか?」また探してもない。ない。ない。それはない…絶対あるはず!ありました…。まさかと [続きを読む]
  • 声を荒げて
  • 冷えた飲み残しのあるコーヒーカップを「もう洗っとくよ」と持って行ったのは母。すまんねと私。2時間後。「あんた!飲みかけのコーヒーいつまで炊事場に置いてんの〓いい加減にしーや」と母からいきなり怒鳴られる私。(ちょっと待て。いつまでって意味わからん。頼むわほんと。)わかった洗っとくわと私。「飲んだら洗っといて!私片付けばっかりや〓」普段俺も洗ってるでしょ。ただ今日は珍しくまだブツブツ言うのでこちらも段 [続きを読む]
  • 記憶障害:私の対策
  • メンタル面で今一番きついのが、何度も同じことを聞いてくること。普段はだいたい5項目。日付、お金、食事、薬、ゴミ出し(分別曜日別)不安を少しでも和らげるため、私の心の余裕をもたせるため、ホワイトボードを利用しています。お医者さんもグッド!とのことでした。タイトル:毎日読んで安心してください。何度も尋ねてくるのでまず見てね。内容:本日の日付(曜日付)自分の財布はなくさないように〇〇に置いておくこと。薬 [続きを読む]
  • 初めて手にした本
  • 母がアルツハイマー型認知症と診断され、一気に不安になりました。母の生活のこと、自分の生活、仕事のこと。これからどうなるんだろうか。この先何年続くんだろうか。周りからどんな目で見られるんだろうか。私の人生はどうなるのか…ぶつけ先のない怒りや苛立ち。正直ほぼパニック状態でした。心身ともに疲れ果てひと月ほど体調を崩しました。とりあえず認知症を理解することから始めようと手に取ったのがこちら。もう限界!!認 [続きを読む]
  • たまに外出。回想法?
  • 「私、昔な〜」でいきなり始まる会話が度々ある。回想法という心理療法があるのでふんふん、あぁそう、へぇ〜それで?と記憶を引き出すように返事をする。ただ頻度がなかなか半端ない。多い時では同じ話を5〜10分間に2回。3回目はこちらも心理的に負担も増えてくるので言い始めたらその先の話を知ってるように先に話す。さっき聞いた!もう知ってる!など会話の否定はタブーです。と言いますが、言うてしまいますよといわれる方 [続きを読む]
  • 一番最初?
  • ほんといつからなのかわからない。物忘れがひどくなってきたなハハハと皆で笑っていたのが7〜8年ぐらい前かな。その頃にはもう進行してたかと思うと当時何か対策できなかったかなぁと。残念。うちはMRI撮って診断結果が出たのが5年前。遅っ。書籍によっては数年から20年かけて進行するとか。幅がありすぎですね。認知症の初期症状の知識を持っていれば忘れた時に思い出すよう色々ヒントを出してみて、それでも思い出せないなら [続きを読む]
  • 一番怖いのは火ですよね。
  • 緊張感が絶えませんでした。仏壇のロウソクの火。ご先祖や亡き父のために毎日手を合わせることはいいんだけれど。「暗いからロウソクとお線香で明るくしてあげないとね。」その通り。でも火を消し忘れてますけど…。うち木造。お隣も壁つながり。怖い。たまたま在宅だったからよかったものの、もしかして今までも消し忘れあった?頭を下げてロウソク使わないように説得。仏壇前に張り紙にて【消し忘れることがあるので火を使わない [続きを読む]
  • 親類対応
  • 世間話しているだけだと認知症の人は理解されにくい。親類が集まって母が孫に「○○君は元気やったかな?」おっ、名前覚えてるやん。でもすぐに恥ずかしそうに「下の子の名前は何やったっけ?」忘れたか…まあまだ0歳やし仕方ないか。忘れたことが恥ずかしいという感情があるだけでもまだいいか。教えてあげよう。△△ちゃんやろ。「そうやったか。で上の子の名前は何やったっけ」漫才か!〓親類の動きが一瞬止まる。ただいまの発 [続きを読む]
  • 過去の記事 …