まる さん プロフィール

  •  
まるさん: 50代サラリーマン 〜中高年お悩み解決のヒント
ハンドル名まる さん
ブログタイトル50代サラリーマン 〜中高年お悩み解決のヒント
ブログURLhttps://maru-opt.com/
サイト紹介文50代のサラリーマンである私が、自分の体験から得た知見を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 65日(平均4.5回/週) - 参加 2017/02/18 12:14

まる さんのブログ記事

  • 単身赴任用部屋探しで気づいた 個人不動産投資の3大注意点
  • 2017年4月下旬頃に、5月の異動に伴う単身赴任のため、住居用の物件探しをしました。2ヶ月全く動かなかった案件 自ら動いたら一日で急展開の驚き5月も近い時期ですから、物件の主要流動は終わっています。15年を過ぎた物件が、驚くほど低価格で大量に余っているのにショックを受けました。内部,外部の改装等、なみだぐましい努力もうかがえました。 昨今、個人の不動産投資,相続のための借家利用などが、一般的で [続きを読む]
  • 日本人中高年男性は世界一孤独! 意識して会社以外の人間関係を作るべし
  • 5月から1ヶ月遅れで、単身赴任で新職場に異動します。人は年を経るにつれて、新たな友達づくりが下手になっていく傾向があります。 どうやったら、中高年になっても新しい友達をつくれるのか、調べていたら思いがけない事実に気づきました。日本の男性はどうやら、世界でいちばん孤独らしいです。年を取ると新しく友人をつくるのが難しい人は年を取るごとに、新しい友人をつくるのが難しくなります。また友人の数も減ってい [続きを読む]
  • 2ヶ月全く動かなかった案件 自ら動いたら一日で急展開の驚き
  • 3月頭に異動の内示を受けました。4月は従来の仕事が多忙期のため、継続して従事することになりました。そのこともあてか、異動に関して住環境の整備が全く進んでいませんでした。 私担当分の4月での収束目処が見えてきたため、4月中旬の週末に、移動先の上長に思い切ってお願いしてみました。総務部に聞いてみて欲しいと言うこと、当日電話コンタクトしましたが、担当者多忙で不在でした。メールを入れましたが、無反応が [続きを読む]
  • 4月グループ新加入4人組の明暗 幹部と現場の悲しきギャップ  
  • 4月我々のグループに4人のメンバーが加わりました。代わりに2人、メンバーからさりました。1人は異動していきました。もう一人は私で、少なくとも4月は居残りです。 さて、加わった4人ですが、グループ内の事情が分っていない、上層部の判断で実現しました。少々、無理筋があるため、ここにきて明暗が分かれてきました。我々のグループ事情我々のグループは、大きく二つに分かれています。光部品の組み立て,メカを担当 [続きを読む]
  • 2017年4月15日 故金日成の生誕105年を過ぎて 北朝鮮状況の今
  • 米中首脳会談を受け、北朝鮮情勢の緊迫をレポートしました。Xデーの有力候補だった、故金日成の生誕105年は静かに通過しました。 翌4月16日には、北朝鮮から日本海に向けて、ミサイルが一発発射されました。これは失敗に終わりましたが、米側のサイバー対策が効力を発揮している可能性が高いです。 北朝鮮を取り巻く状況と、日本の状況、最悪のシナリオ等を簡単に書いてみます。北朝鮮を取り巻く状況米日韓の状況 [続きを読む]
  • 4月会社新生活上手くいっていますか 人事異動で苦しんでいませんか
  • このところ、2週間程度更新がとどこおっていました。4月の人事異動に絡んで、全く余裕がなかったためです。 そもそも慣れひたしんだ開発部署から、初めての企画部署への異動だけで、ハードルが高いです。今回は、4月になっても開発仕事から抜けられず、新部署に合流できていません。 その開発仕事が余りに忙しく、うつ状態が限界まで悪化しました。現在、なんとか生の目がでている状況です。人事異動後は最初がとても [続きを読む]
  • 所属事業所ファンド売却 隣の芝は青く見える それぞれの壮絶な現実の件
  • もろもろありまして、会社ではこんな感じになっています。さて、期も詰まった3月31日、いつものように6時前に出社しました。 こ忙しく、朝の手順をこなしていると、普段はフレックス9:30出社で、時折、6:30くらいに出社する方が出社してきました。 我々のグループは2つのチーム分けれており、少し毛色の違う製品を担当しています。その方は私とは別のチームで、隣の芝生は青く見えるではないですが、開発が [続きを読む]
  • 最終決着 第2期電王戦 二番勝負 第1局 佐藤天彦叡王 vs PONANZA
  • 将棋プロとAI将棋が対戦する電王戦は、今回で一区切りとなります。当初の目的、AIと人間の関係を将棋から模索した結果とし、共生の方向で一定の結論が出ました。 今回の将棋プロの代表である、佐藤叡王はプロ将棋最高峰のタイトルである名人位を保持しています。若さ勢いと合わせて、現状の将棋プロの中で、最強です。 一方のAI将棋の代表PONANZAは、昨年に続き、AI将棋代表決定戦を勝ち抜きました。攻守のバランスが取 [続きを読む]
  • 2017年期末キラーストレス再来 最悪精神状態を乗り切った3対策
  • 2017年3月末は、非常に苦しい時期となりました。体調を崩したうえに、複数のストレスに見舞われました。思いかえせは、2016ねん1月に同様な状況で、休職に追い込まれました。 今回は、前回の経験を生かして、休みをとることもなく、何とか乗り切れました。どのような状況で、どう対応したのか、紹介します。キラーストレス再来複数のストレスを同時に受けた状態を、キラーストレスといい、命を落とす場合もあります [続きを読む]
  • 子供達が巣立ち夫婦2人の生活に! 夫婦中良さそうな同僚に相談してみた
  • 2017年4月時点で、我家の家族構成は私,妻,長女(大2),長男(高3)です。いよいよ、長男が家を出るまで1年をきりました。 ⇒子供達が巣立ち夫婦2人の生活に! 段階的に備えるべし私も上の投稿にあるように、来るべき日に備えて考えてはいます。今回は、同僚の中でも家庭生活を大切にし、夫婦仲が良さそうな方に、どう備えたらよいか相談してみました。相談同僚の家庭状況相談した同僚は、家庭をたいへん大切にし [続きを読む]
  • 所属事業所ファンド売却 4月1日付異動公開 知らぬは自分ばかりの件
  • ⇒所属事業所ファンド売却 4月1日付異動内示サラリーマンの生き方前回投稿したように、2017年4月1日付けで異動内示がありました。製品量産の立ち上げ渦中で、こ忙しく働いていたので、思うところはありましたが、そこはサラリーマン、気持ちよくお受けしました。 その後、私の引き継ぎ者が配属異動されることなり、3月最終週に引き継ぎを開始することになりました。現状の業務を進め、かつ引き継ぎの準備を進めなが [続きを読む]
  • 4月は環境変化の季節 移動時ストレス回避対策3つのポイント
  • 4月は環境変化が大きい季節です。私の会社のグループでも、私を含め2人が異動、ソフト制作常駐者が1人、2ヶ月間新しく加わります。⇒所属事業所ファンド売却 4月1日付異動内示サラリーマンの生き方 受け入れ職場もですが、やはり、新しい環境に異動することは、知らず知らずの内にストレスを溜め込むことが多く、注意が必要です。 私の失敗体験から学んだ、注意点,対策案を紹介します。自分から新環境に溶け込ん [続きを読む]
  • 退職前の仕事関係を生かし個人独立実例 3大課題の最小化実現
  • 私の回りの、早期退職者した人のその後をご紹介ことがありました。⇒回りの早期退職者のその後を確認してみた 私の回りではありませんが、後で仕事をご一緒した、退職前の仕事関係を生かし、個人独立なさっている例を紹介します。 ポイントは小さく、以前の仕事関係を生かしたベース確保です。当時部長の元部下として紹介されたお客様から、購入数量アップを短期で実現して欲しい要求がありました。私が担当していた工程 [続きを読む]
  • 安心して休職に入るために事前確認すべき基本会社規則3点
  • うつ病にかかる方が増えている中、休職をせずに、治療を受け続けながら、勤務している方がかなりの数います。うつ病治療中の方で休職制度を利用して、休職している方は、全体の5%程度という報告もあります。 私も投薬治療を続けながら29年間、勤務し続けました。⇒うつ病歴30年で学んだ うつ病との付き合い方29年目の後半に休職し、復職した30年目は投薬治療を続けながら勤務しています。 休職するということ [続きを読む]
  • 所属事業所ファンド売却 4月1日付異動内示サラリーマンの生き方
  • ⇒所属事業所ファンド売却 事業本部長の全員面接 打ち上げで漏れた本音⇒所属事業所ファンド売却 時間は命 金より大切 通勤方法を再考した⇒所属事業所ファンド売却 家族に「おおかみおじさん」と呼ばれて思うこと我々グループの二転三転した、通勤法も固まりました。 ⇒二週間のドタバタ収束 人間は承認欲求ベースと改めて感じた件また、チーム内のドタバタも何とか乗り切りました。 顧客への纏まったサンプル提 [続きを読む]
  • 二重に見える虚像に突っ込むことに慣れてきた 50代緑内症の実状
  • 緑内障は目の後ろの視神経が、徐々に壊れて視野が狭まり失明に至る病気です。年をとると、加齢による目の症状が加わります。 具体的には、老眼、白内障、加齢黄斑変性他です。私の場合は、もともと斜視があります。 私の場合は、左目が若干内側を向いています。目のピントを合わせる筋肉が元気な内は、それがピント調整と合わせて、視線の補正もしてくれていました。斜視自覚症状と斜視と分るまで40代の後半頃から、ロ [続きを読む]
  • 心なんて本当は存在しない 阪大石黒教授に反論できなく困った件
  • 2017年2月27日、ダイヤモンドオンラインで気になる記事を見つけました。⇒科学は人生をどう変える?最先端テクノロジーの現場から見る 記事全体は問題なく、特に最後の矢野氏は、本研究に20年以上携わっており、初期のご苦労も知っています。問題は大阪大学石黒教授の「心なんて本当は存在しない」という部分が少し受け入れがたいことです。先ずは情報を確認してみた本書籍は、海猫沢めろん氏が石黒教授にインタビュ [続きを読む]
  • うつ休職から復職1年経過 何とか凌いで感じる積み重ねの重要性
  • うつ休職から復職して、まもなく1年です。当初は6ヶ月をリハビリと割り切って、復職しました。1日,1週間,1ヶ月と積み重ねて、何とか凌げそうです。 ベースとなる作戦、どのような苦しい時があったのか、また、その際の対応を纏めてみました。復職はゴールではなくスタート復職者の大半は、短期間で再び休職するのが現実です。1度休職した方の再休職率は、60%程度です。2度休職した方の70%、2度休職した方の9 [続きを読む]