マジなコンサル診断士 さん プロフィール

  •  
マジなコンサル診断士さん: マジなコンサルの中小企業診断士合格戦略ファーム
ハンドル名マジなコンサル診断士 さん
ブログタイトルマジなコンサルの中小企業診断士合格戦略ファーム
ブログURLhttp://maziconshindanshi.blog.fc2.com/
サイト紹介文コンサルファームに勤務するマジなコンサルタントが、中小企業診断士受験生を強力にサポートするブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 40日(平均4.2回/週) - 参加 2017/02/18 22:04

マジなコンサル診断士 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 診断士合格を目指すあなたも経営資源のマネジメント主体(後編)
  • 前回の記事では、「診断士試験合格に向けて経営資源をマネジメントする(前編)」として、経営資源をマネジメントする主体を企業ではなく診断士受験生に置き換えて議論を進めてきた。その最後に、筆者が宿題として読者に考えてきてほしいとお願いしたことは、以下の通りである。もしあなたが「俺(私)は受験機関に通学してるので、有料情報へのアクセスもあるし、自習室等の設備も活用できる。それだけでなく、毎日受験生ブログも見 [続きを読む]
  • アンケートにご回答いただいた読者の意外な共通点
  • 去る3月19日に募集をした「読者アンケート」の締め切りまであと5日である。現時点で8名の方にアンケートをご回答いただいている。(1名の方を除き)コメントもきちんと書かれている上、中には応援の言葉を添えて頂いた方も複数おり、読者の人間性の素晴らしさにも感動している。このような読者のおかげで、筆者のブログを書くモチベーションも一層高まった。この場をお借りして御礼申し上げたい。これまでいただいたご質問にはすべ [続きを読む]
  • 診断士合格を目指すあなたも経営資源のマネジメント主体(前編)
  • 中小企業診断士にとって、「経営資源」は非常に重要なワードであると筆者は考えている。それはなぜか?中小企業に対するコンサルティングと大企業に対するそれとの間で筆者が最も異なると思っているのが、この「経営資源の制約の大きさ」だからである。もちろんそもそも企業の経営資源は有限なものなので、コンサルタントは企業規模に関わらずその制約を当然考慮すべきである。しかし、中小企業は大企業と比較して相対的に経営資源 [続きを読む]
  • あなたはこの場にとどまり続けることはできない
  • 世の中には、万人に当てはまる普遍の原理原則というものがある。今日はその1つをご紹介。人生においてあなたは”この場にとどまり続けることはできない”という普遍の原理原則である。なぜこの原理原則が成立するのか?それは、「時間を止めることは誰にもできないので、人生において誰もこの場にとどまり続けることはできない」からである。前進するという選択をあなたが採用しなかった(つまりその場にとどまろうとした)場合に [続きを読む]
  • 【良記事Pick Up!】豊洲新市場問題で意思決定会計
  • 今回の「良記事Pick Up!」は、東京都の豊洲新市場の問題に関する以下の記事。時事的なテーマに基づいて、財務「意思決定会計」を理解する上では最適な記事。診断士受験生として関連するワードは、「機会費用」「サンクコスト(埋没費用)」「キャッシュフロー」「減価償却」など。※念のため補足するが、上記の記事を通じて豊洲新市場問題に関する筆者の主義・主張を読者に発信する意図は全くない。本ブログは診断士受験生に対し [続きを読む]
  • 中小企業診断士になること以前に重要なもの
  • あなたは診断士試験取得に向けて、忙しい仕事をこなしつつもわずかな時間を見つけては勉強をしている。時には睡眠時間をも犠牲にして勉強しているかもしれない。目標を定めてそこに向かって努力するその姿は非常に素晴らしいものであるし、今のあなたのこの瞬間の積み重ねは、今後のあなたの人生においても非常に重要な意義を持つこととなるだろう。しかしこのような努力を続けている時、総じて人間は様々な壁にぶち当たり、様々な [続きを読む]
  • マジコン診断士アンケートについて(変更のお知らせ)
  • 本日5時より募集を開始したアンケートについて、「PC環境で実施した場合、適正な投票が行われない場合がある」ことが判明した。その対応措置として、本日19時頃にアンケートサイトを変更したので、今後アンケートにご協力いただける読者は以下のリンクよりアンケートへのご回答をいただきたい。なお、本日5時にアップした記事は、新規のアンケートサイトへ読者誘導可能な様、変更済みである。また、本日19時までにアンケートにご回 [続きを読む]
  • ブログ開設から1か月なので”特別企画”
  • 本ブログ開設から今日でちょうど1か月。この1か月間で、筆者の想定以上のアクセスを戴いている。これからも読者の期待を裏切らぬよう、筆者自身も精進していきたい。さて、ブログ開設から1か月間、筆者は勝手な思いのみで記事を書いてきたが、この辺りで読者と少しコミュニケーションを図りたいと考えている。その第一弾として、今回は期間限定企画の「読者アンケート」を実施したいと考えている。アンケート実施の目的は、「本ブ [続きを読む]
  • 中小企業診断士試験の合格率はなぜ20%なのか?
  • 中小企業診断士試験の合格率は、年度ごとに変動はあれど、1次試験、2次試験ともにそれぞれおおよそ20%程度である。では、「なぜ診断士試験の合格率は、1次試験、2次試験ともにおおよそ”20%”なのか?」と診断士受験生に問われたら、あなたは何と答えるだろうか?この問いに対する真の解は、中小企業診断士資格を作った人間にしかわからない。つまり、我々がそれを知る術がない以上、我々にとって「この問いの解はわからない」が正 [続きを読む]
  • 一次試験の暗記に苦しんでいるあなたへ(マジなコンサル暗記術)
  • 中小企業診断士の試験は範囲が広い試験であると巷では言われる。なるほど、確かに1次試験は基本的知識を確かめる科目が7つあり、その上その知識の応用力を試す2次試験は科目(事例)が4つある。その意味では範囲が広い試験とも言えるかもしれない。いくら思考力が重要であるという主張を繰り返す筆者であっても、中小企業診断士試験が「筆記試験」という形で実力を試される以上、それを突破するために知識の「暗記」は最低条件であ [続きを読む]
  • 「試験で問われること」とは?
  • 「試験で問われること」は何か?このように聞かれたとき、あなたは何と回答するだろうか?ざっくりいうと、筆者は大きく以下の2種類に分けられると考えている。①「受験生のみんなが知っているべきこと」②「受験生の誰も知らないと思われること」①に関しては異論はないだろう。我が国で実施される試験と呼ばれるものの多くが「実質的に相対試験である」という社会の仕組みを理解していれば、「受験生のみんなが知っているべきこ [続きを読む]
  • 中小企業診断士は食える資格か?(後編)
  • 前回の記事では、「中小企業診断士の資格を取れば食えるのか?」という質問に対して、筆者が愚問中の愚問と言った理由をご説明した。本記事はその後編である。筆者に見えている世界を基準に、診断士が食える資格かどうかについての筆者なりの結論を出してきたい。日本が経済的に資本主義国家であるということをあなたはご存知だろうし、異論もないと思う。資本主義社会とは簡単に言えば「好きな仕事をして、自由に競争して、望むだ [続きを読む]
  • 中小企業診断士は食える資格か?(前編)
  • 「中小企業診断士は食える資格か?」耳にタコができるほどよく聞く言葉である。中小企業診断士の資格取得を目標にすでに勉強している読者は、何かしらの手段でこの言葉のハードルを越えたからこそ、貴重な時間とお金をかけて勉強をしているのであろう。しかし、「勉強はしているんですが、実は診断士が食えるか資格どうかがまだ気になっているんです」というあなた。今日はそんなあなたに向けて書きたい。筆者に言わせれば「考える [続きを読む]
  • コントロール可能なものとコントロール不可能なもの
  • コンサルタントには、「ごちゃごちゃしていることを整理した上で問題を見つけ、課題の設定とその解決の方法を提示するスキル」が求められる。※「問題」と「課題」の違いがわからない読者はコチラ※「課題解決の手順」がわからない読者はコチラその際、コンサルタントが絶対に避けることのできない作業がある。それは「物事を分ける」ということである。さて、あなたが何か大きな目標を達成しようとするとき、気を付けなければいけ [続きを読む]
  • 課題解決の手順
  • 本ブログの開設からまだ1週間ほどではあるが、筆者の想定以上に多くのアクセスを頂いている。筆者なりのマーケティング戦略に基づいて本ブログの開設をしたものの、歴史も知名度も皆無の新参者である本ブログがここまでスタートダッシュしたことは、筆者にとっても驚き以外の何物でもない(筆者にとって、この状態を維持継続することの方がはるかに困難なミッションであること言うまでもないが…)。アクセス数の増加と関連したテ [続きを読む]
  • 「問題」と「課題」の違い
  • 「御社の目指している姿は○○です。そうすると、△△が現状の問題点です。なので、課題は××ですね。」いかにも、コンサルタントがクライアント企業に対して話しそうな内容である。「問題」と「課題」の違いは何か?受験機関や勉強会における診断士の2次試験対策では、こういった質問が投げかけられるのではないかと推測している。※筆者は完全独学という非常に淋しい診断士受験生だったため、そもそもどういう会話が繰り広げら [続きを読む]
  • 本ブログのターゲットとなる読者層
  • 巷でよく言われる”情報化社会の進展”。その言葉から受ける印象以上に、筆者にはその速度が著しく速くなっていることを感じる今日この頃。これだけ膨大な情報が氾濫する社会においては、情報リテラシーの高い者は想像を絶するような速度で知恵を身につけていく一方、情報リテラシの低い者に大きな知的変化は起き得ない。経済格差と異なり、情報格差は目に見えない。格差を目で認識できない以上、それが拡大していることにすら気づ [続きを読む]
  • はじめに
  • 筆者は、コンサルティングファームに勤務する中小企業診断士である。コンサルティングファームに入社後、これまでのべ30社以上のクライアント企業に対してコンサルティングサービスを提供してきている。さて、中小企業診断士受験の世界には、情報を無料で発信するブログが溢れかえっている。これほどまでに無料情報が溢れかえる世界は特異とも言え、それを生業としている診断士受験機関にとっては、正にハードな経営環境であるとも [続きを読む]
  • 過去の記事 …