マジなコンサル診断士 さん プロフィール

  •  
マジなコンサル診断士さん: マジなコンサルの中小企業診断士合格戦略ファーム
ハンドル名マジなコンサル診断士 さん
ブログタイトルマジなコンサルの中小企業診断士合格戦略ファーム
ブログURLhttp://maziconshindanshi.blog.fc2.com/
サイト紹介文複数社のコンサルファームを渡り歩いた現役コンサルタントが診断士受験生をサポートするブログ
自由文このブログでは、複数社のコンサルティングファームを渡り歩いた現役の”マジなコンサルタント”が、中小企業診断士試験合格に向けたベスト戦略を発信していく。コンサルティング経験に基づく本質的なコンサルスキルをベースに、独自の分析に基づく極めて有用な情報、世に出ていないテクニック論的な情報を公開していく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 95日(平均4.1回/週) - 参加 2017/02/18 22:04

マジなコンサル診断士 さんのブログ記事

  • 【企業経営理論】シナジーを理解しよう
  • 本記事では「シナジー」に関する説明を通じ、あなたの1次知識固めのサポートをしたい。シナジーとは、一言で言うと「相乗効果」である。経営用語にシナジーというワードを取り入れたのが、成長マトリックスで有名なアンゾフである。アンゾフが著書で言っていることを要約すると、以下の通りである。「企業業が発展していくための戦略の1つとして、新しい事業を増やしていく(=多角化)という方法がある。しかし多角化を成功させる [続きを読む]
  • 【遂に公開!!】診断士試験突破に必要な能力の真の正体
  • 診断士試験にストレート合格した人を指して、「あの人は俺たち(私たち)と地頭が違うんだよ」ということを言う人がいる。この主張は、筆者が最も嫌いな主張である。人生は1度きりしかない。あなたがいくら嫌と言っても、あなたは今の肉体・頭脳と死ぬまで付き合っていく必要がある。もちろん、世の中には先天的に天性の才能を持った人間がいるのも事実であり、あなたがその才能をそのまま手に入れることが難しい場合もあるだろう [続きを読む]
  • 【1次試験】経済学・経済政策で合格点を確保する勉強法<決定版>
  • 本ブログ、実は1次試験に関する記事を発信するとアクセス数がおとなしく、2次試験に関する記事を発信するとアクセス数が跳ね上がるという特性がある。※本ブログの2次受験生読者は、1次知識を少々なめ過ぎなのではないか等とボソッと苦言を呈してみたくなる。もしそこにあなたの合格のボトルネックがあるとしたら、あなたにはそのリスクを受容する覚悟があるということなのだろう。それも人生である。しかし、前回の記事(コチラ) [続きを読む]
  • 【1次試験】経済学・経済政策に大きな不安を抱いているあなたへ
  • 今回は1次試験受験生をターゲットに書こう。いよいよ1次試験まで3か月を切った。経済学部の大学出身者以外の受験生にとって、経済学・経済政策は本当にシンドイ科目である。筆者も、実は本試験で最も神経質に考えていた科目が経済学・経済政策であった(個人的に非常に興味・関心のある科目で楽しく勉強していたのだが、そのことと本試験で対応できるかということは全く別の話である)。筆者はTACのスピテキを使用して独学で学習し [続きを読む]
  • 【1次知識の2次応用】事例企業のドメインは?
  • 前回の記事(コチラ)では、企業経営理論の「ドメイン」に関して触れた。今回の記事は、2次試験の事例を題材に実際どのようにドメインが機能しているのか?を説明したい。筆者が記憶する限りでは、2次試験でドメインが直接問われたことはない。しかし昨今は、事例Ⅰを中心に複数事業を営む事例企業の出題が増えている。そのため、事業ドメインに関しては意識して事例企業に向き合った方がよいだろう。例えば、平成28年度事例ⅠのA [続きを読む]
  • 【企業経営理論】ドメインを理解しよう
  • 本記事では「ドメイン」に関する説明を通じ、あなたの1次知識固めのサポートをしたい。ドメインとは「企業の生存領域」である。すなわち、ドメインを定義することは「自社の戦場」を決めることに他ならない。以下、1次試験に出題される論点をピックアップするので、テキストのおさらいとして気楽に読んでみて欲しい。※企業経営理論の出題頻度としては高い単元である。①ドメインの設定範囲 ・ドメインが広すぎると…   → 経 [続きを読む]
  • 【1次知識の2次応用】経営戦略レベルのどこを問われている?
  • 前回の記事(コチラ)では、企業経営理論の「経営戦略のレベル」に関して触れた。今回の記事では、その知識が2次試験でどう問われるかと書く。※前回の記事を読んでない読者はコチラを読んでから。まずいきなりだが、2次試験の設問文を見てみよう。以下は平成28年度事例Ⅰの設問文である。 第1問 配点(40 点)業績が好調であった A 社の3代目社長の時代に進められた事業展開について、以下の設問に答えよ。(設問1) 当初立ち上げ [続きを読む]
  • 【企業経営理論】経営戦略レベルを理解しよう
  • 本記事では「経営戦略レベル」に関する説明を通じ、あなたの1次知識固めのサポートをしたい。経営戦略は下図の通り、全社的な視点の「企業戦略(全社戦略)」、個別事業の視点の「事業戦略」、機能別の視点の「機能戦略」という3つの戦略レベルで策定されるのが一般的である。戦略は、上位から下位へ順を追って明確化する必要がある。つまり、下位レイヤーの戦略は、上位レイヤーの戦略に依存するものであり、上位レイヤーと下位 [続きを読む]
  • 1次知識を2次試験へ応用するために
  • いよいよ5月の大型連休をも終わり、診断士1次試験まで約3か月。今年1次試験に初めてチャレンジする受験生は、1次試験の受験科目7科目を一通り学び終わったあたりだろうと思う。ここから1次試験突破に向けて重要なのは7科目すべての得点を平均的に積み上げることができるよう、7科目の得点力を平均的に維持・底上げすることである。もちろん個人によって科目の得意・不得意は異なるため、各科目毎の勉強時間の投入量は異なってもよ [続きを読む]
  • 1次試験初チャレンジのあなたへ:決戦は7/1・2
  • 本ブログの読者の中には、今年診断士の1次試験に初チャレンジする人も多いだろう。マジなコンサル診断士を目指す上では、筆者は「1次・2次ストレート合格を狙うべき」との立場に立っているものの、科目合格制度が用意されている1次試験においては、複数年かけての段階的合格を狙うというプランもありと言えばありだとは思っている。※診断士試験合格プランに関する記事はコチラ。さて、1次試験において一挙7科目合格を狙う人であれ [続きを読む]
  • コンサルタントの魅力とは?
  • 中小企業診断士を目指すあなたは、コンサルタントという職種に何らかの魅力を感じているからこそ、貴重な時間とお金を投じて勉強しているのだろうと思う。コンサルタントいう職種の魅力に関しては筆者の思うところはあるのだが、とりあえず以下の記事を見てみてほしい。大方、筆者が考えるところと同様であるが、以降、上記記事に記載されている内容を元に筆者なりにコメントをつけていこう。1.いろんなことができる振り返ってみ [続きを読む]
  • 受験校講師のタイプを予想プロファイルしてみる
  • 診断士合格に向けて受験校に通学している読者は多いと思う。診断士という試験は、特に2次試験においては解答例も採点基準も非公開であるという点で、不透明性が高いという独特の性質がある。このように試験のゴールが明確でない以上、指導方針が多様化することは至極当然の帰結であろう。誤解を恐れずに言えば、受験校の講師は「自分の思ったことに従って好き勝手に講義で言える」ということになり、この世の誰も真の意味でその良 [続きを読む]
  • 【運営管理】運営管理の出題範囲に隠されたコンサルティングメソッド
  • 1次試験の受験科目である「運営管理」。特に生産管理は、製造現場になじみのない受験生にとっては苦痛な科目となるであろう。実はこの運営管理の科目には、コンサルティングメソッドが隠されていることをあなたはご存知だろうか?それは「QC7つ道具」である。QC7つ道具は運営管理の生産管理単元で取り扱うため、製造現場でしか利用しないメソッドだと勘違いする受験生が多いようだ。しかし、QC7つ道具とはそもそも「問題解決手 [続きを読む]
  • 【良記事Pick Up!】マッキンゼー時代の両者
  • 今回の「良記事Pick Up!」は、以下の記事。いかがだろうか?コンサルティングファームには奇人変人がいることがお分かりいただけると思う。本記事に関していろいろコメントしたいポイントがあるのだが、特に筆者は安宅氏の以下の言葉に激しく同意したので、抜粋する。「実際のコンサルティングという仕事は、人の心に向き合う仕事」マジコン診断士【筆者から読者へのお願いm(_ _)m】本ブログの情報品質を一層高めるためにも、もし [続きを読む]
  • コンサルタントの作る資料は1枚〇万円?
  • コンサルタントが作成する資料というと、あなたはきれいに色付けされたパワーポイントの資料を思い浮かべるだろう。実際その通りであり、筆者も多くのパワーポイントの資料を作成してきている。恐らく新卒入社時から現在に至るまでに作成したパワーポイントの資料数は、枚数の大小はあれ、数百〜数千ファイルにも及ぶだろう。さて、コンサルタントが作成する資料に関して、パワーポイント1枚あたりどれくらいの金額なのだろうか? [続きを読む]
  • 試験問題を構成する要素と診断士2次試験の特徴
  • 中間・期末試験、高校入学試験、大学入学試験、資格試験。世の中には多くの試験問題がある。それらすべての試験問題に共通の要素があるのだが、あなたにはそれが何かわかるだろうか?実は、試験問題は必ず2つの要素から構成されている。それは、「ヒント」と「ノイズ」である。ヒントは説明するまでもないだろう。どのような問題であれ、試験問題と呼ばれるものには必ず解くための「ヒント」が含まれていなければならない。世の中 [続きを読む]
  • 診断士試験の合格プラン
  • あなたは診断士試験に向けて、どのようなプランを立てているだろうか?ストレート合格を目指す読者もいれば、複数年での合格を目指す読者もいるだろう。今日はそのような診断士試験の合格プランに関して書きたいと思う。読者もご存じの通り、中小企業診断士試験に合格するための条件(=目標)は、「1次試験(マークシート形式の試験7科目)」と「2次試験(記述式形式の試験4事例&口述試験)」の両方を通過することである。ここ2 [続きを読む]
  • コンサルタントの能力の基本構造と診断士試験との関係
  • 前回の記事では「情報」と「知識」と「知恵」の違いに関してご説明した。本記事ではそれらの記事を読んでいることを前提に、マジなコンサルタントになるための「コンサルタント能力の基本構造」に関してご説明するとともに、その能力と診断士試験との関係を明らかにしようと思う。※前回の記事を読んでいない読者はコチラをまずご一読いただきたい。筆者は、コンサルタントの能力の基本構造は以下のようになっていると考えている。 [続きを読む]
  • 【超重要!】本ブログの活用上の留意点
  • 本ブログの固定的な読者が増加してきたので、ここらで改めて本ブログ活用上の留意点をご説明したい(アクセス数の少ない土日にこのような記事を発信することに多少の躊躇はあるのだが…)。あなたが本ブログの発信情報を最大限に活用して診断士試験合格を勝ち取る上では、極めて重要な内容である。特に、本ブログが開設した当初からの読者ではなく、途中から読み始めた読者は下記の点に留意いただきたい。【①:本ブログの意義につ [続きを読む]
  • 【良記事Pick Up!】上手くいかない原因の所在
  • 今回の「良記事Pick Up!」は、"できる人が絶対にやらないこと"と題する以下の記事。このブログの筆者が資格不要論者である点は筆者と意見が根本的に異なるが、それ以外は筆者も同意である。この記事を読めば、筆者があなたに伝えたいことに関して多くの説明は不要だろう。なお、上記ブログ内にあった「外的要因は変えられない以上、自分が変わる以外に現状を変える方法はない」という言葉、似たような内容をどこかで見たことはな [続きを読む]
  • 1次試験計算問題の勉強方法
  • 中小企業診断士1次試験の問題に関して、多くの科目に散見される出題の論点として「計算問題」が挙げられる。計算問題と聞いて、多くの受験生の財務会計を思い浮かべるだろうが、経済、運営管理、経営情報でも出題される論点である。筆者は、計算問題の勉強方法はすべて共通であると考えている。このことは診断士試験の科目間の範囲に限らず、あらゆる試験と呼ばれるものの計算問題に共通することであると考えている。その勉強方法 [続きを読む]
  • 因果関係が”文”で出題されるとは限らない
  • 因果関係シリーズ3連投である。読者もさすがに飽きてくると思うので、そこは空気を読んで、本テーマの連投は今回で終わりにする。以下の図表は、平成28年度事例Ⅲで提示された特性要因図である。特性要因図は見た目が魚の骨によく似ているので、「フィッシュボーンチャート」とも呼ばれる(このように出題する名称をちょこっといじるだけで、試験問題というのは難易度調整ができるということを試験委員はよ〜くご存じな方々である [続きを読む]