TRENDRIPPLE さん プロフィール

  •  
TRENDRIPPLEさん: TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)
ハンドル名TRENDRIPPLE さん
ブログタイトルTRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)
ブログURLhttps://trendripple.jp/
サイト紹介文季節の豆知識から生活を便利にするための方法、ちょっぴりふざけた記事まで豊富な品揃え。
自由文時には考えさせられたり、時には笑わせられたり、そんな情報サイト。応援キャラクター「まさケロン」の活躍もお見逃しなく!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 117日(平均2.2回/週) - 参加 2017/02/19 08:20

TRENDRIPPLE さんのブログ記事

  • 在宅ワークと待機児童の問題を徹底分析。なぜSOHOを選ぶのか?
  • こんにちは、あゆみです。珍しく真面目なタイトルを付けてみました(笑)今回は、「在宅ワーク」と「待機児童」の関係について少し書いてみたいと思います。全国的に深刻な問題になっている「待機児童」毎年1月ごろになるとテレビで特集を組まれるほどに深刻になってきた待機児童問題。待機児童とは、保育園に入れずに入園を待っている幼児のことを言います。私の住んでいる市は「自称」待機児童ゼロなのですが、娘が2歳になって仕 [続きを読む]
  • なぜ子供はHikakinTVにハマるのか?ヒカキンの魅力
  • こんにちは、あゆみです。皆さん、お子様のテレビやタブレットなどの視聴時間は細かく決めていますか?我が家では、「1日に合計1時間30分以内、休日のみ長い映画もOK」としています。かなりゆるいですが(笑)そして最近娘の定番になっているのが、夜ご飯を食べたあとのゆっくりしている時間に、タブレットで動画を見ることです。「hikakinTV」というYouTubeの動画なんですが…。Hikakinは子供に大人気!ご存知ですか? ヒカキンさん。 [続きを読む]
  • さあ、缶コーヒーでも飲むか。ところであなた、振る派、振らない派?
  • 缶コーヒー、振っていいもの、ダメなもの無意識のうちに…椅子から立ち上がる時に、「どっこいしょ」などと、思わず声を出してしまうこと、ありませんか?そんなことはしない? そうですか。でも自分が気がつかないだけで、無意識のうちにやってしまっているかもしれませんよ。「どっこいしょ」でも「よっこらせ」でも何でも良いのですが、立ち上がる時のきっかけというか、思わず声に出してしまっていることって、本人が気がつかな [続きを読む]
  • 梅雨シーズンの誕生日の人に、気持ちが上がる傘と靴のプレゼント
  • ヨーロッパでは、6月は爽やかなとても過ごしやすい気持ちいいシーズンです。結婚式を挙げるにはぴったり!という意味で「ジューンブライドは幸せになる」なんて話が普及しました。日本では、6月は梅雨シーズン。嬉しいイベントも、雨の中だとちょっと気持ちがダウンしそうです。そんな6月に誕生日を迎える人たちには、逆に、『元気の出そうな雨の日グッズのプレゼント』を贈って、うっとおしさを吹き飛ばしてもらいましょう。使い [続きを読む]
  • 季節の暦が宿す力/6月生まれの運勢を決める5月のエレメント
  • 日本には、暦の上の季節と、実感として感じる季節、ふたつの異なる季節感があります。天気予報を出す気象庁では、基本的にこんな感じで季節を分けています。春: 3・4・5月夏: 6・7・8月秋: 9・10・11月冬: 12・1・2月冷暖房の使い方や、着る服の選び方など、春・夏・秋・冬のそれぞれの仕様での生活イメージからすると、妥当な季節感かもしれません。“暦の上の季節”の“暦”というのは、江戸時代以前の太陽太陰暦(旧暦 [続きを読む]
  • 真珠は石じゃないけどパワーストーン?6月の誕生石の疑問
  • 誕生石とは、月ごとに定められた宝石のことです。誕生石は国によって若干違い、複数種類定められていることも多いのですが、6月の誕生石として多くの国で共通しているのはパールです。ん?パールって真珠のことですよね。真珠って石じゃありませんが、宝石なんでしょうか?金や銀やプラチナは貴金属ですが、「宝飾品」として宝石屋さんでも扱っています。同じく真珠やサンゴも宝飾品なので、誕生石に入れてもいいのでしょうか?そ [続きを読む]
  • 6月生まれの子の名前/月の名前と季節感のズレに注意しよう
  • 赤ちゃんの名づけというと、時代によって読み方の傾向に流行りはありますが、漢字の選び方は、昔からあまり変わっていないようです。季節感を反映した名前、というのは定番で、和名の月の名称から字を取る人は、結構たくさんいます。6月は日本の暦では「水無月(みなづき)」といいます。が、「水無子(みなこ)ちゃん」「水無生(みなお)ちゃん」は、「やよいちゃん」「さつきちゃん」などに比べると、そんなにはいなそうです。 [続きを読む]
  • 6月生まれの星占い/双子座は本当に双子座?星と星座の方言て何?
  • 「星占い」で運勢チェックするのが大好きな人に贈る、星座と星占いのウンチクです。天文学は、古代文明の時代からある最古の学問のひとつです。当時、天文学と星占いの境界線はありませんでした。自然の驚異と戦いながら社会を作り始めた人類は、四季の移ろいと天体の動き、太陽の位置に大きな関係があることを知っていました。天体の星々が、何らかのパワーで世界に影響を与えていると、人々は考えました。天文学は、天体の動きを [続きを読む]
  • 5月生まれの星占い/朝の運勢チェックは牡牛座or双子座で
  • 毎朝、テレビのニュースや新聞の片隅に載っている「星占い」をチェックするのが大好きな人に贈る、5月生まれの人の「自分の生まれ星座」情報をお届けします。日本人は世界で最も星座占いが大好きな国民のひとつです。毎朝「生まれ星座」の占いをチェックする、という文化は、アメリカで流行したサブカルチャーですが、日本にもそのまま輸入され、すっかり根付いています。「星占いなんて信じない!」という人も、ちゃんと自分の生 [続きを読む]
  • 苦しくも懐かしい「うさぎ跳び」 でも最近まったく見かけないじゃない
  • 子供のころは当たり前だったのに…水分摂るな、ガマンしろ昔は常識だったのに、今は非常識になってしまったことってありますよね。たとえば、スポーツ時の水分補給。こまめに水分を摂ることは、今や熱中症対策の基本。推進されることはあっても、禁止する人はいません。ところが、筆者が中学生のころは部活などの休憩時、水分補給はかたく禁じられていました。「バテるから」というのがその根拠です。今では考えられませんが、当時 [続きを読む]
  • しずかちゃんはなぜ5月生まれ?占星術の運勢から読み解く
  • 日本の誇る国民的アニメーションとして海外でも有名な『ドラえもん』。原作者藤子・F・不二雄さんが亡くなって早くも20余年、テレビ朝日系列のアニメがスタートして2019年で40周年となります。テレビアニメも劇場版長編映画も、子どもたちからの絶大な人気に支えられ、今もなお続いています。登場人物たちは、いつまでも年を取りませんが、大山のぶ代さんがドラえもんの声優だった時代と現在のアニメで、設定等、変わった点もいく [続きを読む]
  • 5月の誕生花はスズラン。って全然身近な花じゃないんですが
  • 5月の花、と聞くと、日本人は何を思い浮かべるのでしょうか?端午の節句があるので、「アヤメ」「菖蒲(ショウブ)」「カキツバタ」を上げる人は多いようです。母の日も一大イベントですから、「5月といえば、カーネーション!」という人もいますね。ガーデニングをやっている人は、真っ先に「バラ」「クレマチス」と、答えるかもしれません。誕生日の花=「誕生花」なんていうものもあります。日本では、365日、毎日定められていま [続きを読む]
  • 実は結構危険? 水以外で薬を飲むことのリスクを真剣に考えてみた。
  • 本当に水でなくちゃダメなの?水が無いので、つい…誰もが知っているし、たぶん守っているのだけれど「なぜ?」と問われると自信をもって答えられないモノのひとつに、「薬は水以外で飲んではいけない」という約束ごとがあります。お茶やコーヒー、ジュースなどではなく、薬を飲むときは水(もしくはお湯)で飲みましょうという有名なルールですが、その理由を正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか?水以外で飲むと副作用 [続きを読む]
  • 初めましての人づきあい/他者との距離感の調整はなぜ難しい?
  • 年度始めは、生活環境が変わる人がたくさん発生する時期です。進入学や就職、転勤などで、日常の人間関係が一新する人家族の環境の変化に伴って人づきあいが広がった人自分の生活圏の中に、新メンバーが入ってきた人いろんな場面で「初めまして」と挨拶を交わす機会が多くなります。初対面の人ともすぐに仲良くなれる人には、新しい出会いにワクワク胸躍るシーズンかもしれません。が、中には、新たな人間関係が増える春はちょっと [続きを読む]
  • 総会とか年会費とか、出費が重なる年度始めって嫌い!
  • 年度末、年度始めというと、総会と年会費徴収がつきものです。戸建てやマンション住まいの人は、「町会」とか「マンション自治会」から、そんなお知らせがきたことはありませんか?お店をやっている人は「商店会総会」があるかもしれません。経営者の人には、「○○振興組合」とか「××連合会」など、業界組織からの通知もあるでしょう。子どもがいる人は、「PTA総会」なんていうのもあります。趣味のサークルやファンクラブ活動 [続きを読む]
  • 本当にお金持ちになれるのか?「長財布」をオススメする理由とは?
  • お金がいっぱい欲しい世の中はやっぱり「お金」?いきなりですが、みなさんお金が欲しいですか? お金持ちになりたくないですか、と聞かれたら、なんて答えますか? 反応は様々だろうけれども、「お金なんて欲しくありません。金持ちになりたいとは思いません」と、きっぱりと答える人は多くないと思います。贅沢な暮らしはできなくてもいいから、せめてお金に困らない一生を送りたい、なんて考えている人は多いはずです。上を見れ [続きを読む]
  • 阪急沿線と阪神沿線の違いを文化、文学で見る
  • 阪神間には、JR以外にも二つの私鉄が通っています。一つは、大阪北の中心、梅田を起点に北は京都、西は六甲山系のふもとを通って神戸まで伸びている「阪急電車」。もう一つはこちらも梅田を起点に神戸までの海側の沿線を有し、東は難波までの路線も通じている「阪神電車」です。よくこの二つの路線について「明確に違う」と言われますが、さてではどんなふうにちがうのでしょうか。今回は、文学作品とその共通項である「夙川の桜( [続きを読む]
  • 春闘なんて関係ない?労組と政治とブラック会社で働く人のリアル
  • 日本では、多くの会社が4月から新年度です。年度末の2月3月には、産業別に集まった労働組合が、賃上げや福利厚生などの要望を会社側と交渉する「春闘(しゅんとう)」が行われます。と、聞いても、「自分には関係ない」と思うかもしれません。政治家が春闘の成果を引き合いに出して、「景気は回復している」なんていっても、自分にはちっとも恩恵がないと感じる人はたくさんいます。日本の会社はブラックが標準?給料上がってる? [続きを読む]
  • 国会の不思議/予算審議なのに、予算の話してないんじゃね?
  • 現代の日本は、官公庁も企業も法人も、多くの組織が4月に始まり3月に終わる会計年度で動いています。国や地方自治体の議会では、建前上、年度内に翌年度の「予算」を決めないといけないので、普通は年度末に合わせて予算審議のための「議会」が開催されます。国の予算の場合は、毎年1月から始まる「通常国会」で審議されます。何かの理由で審議が長引くと、年度内に予算成立できない年もあります。が、討論が盛り上がる話題は、た [続きを読む]
  • インスタグラムにアップする自撮り写真をキレイに見せる方法
  • 自撮りは撮り方がポイント自撮りをしてインスタグラムやSNSにアップするのは定番になっていますよね。若い人は一度は行なった事があるのではないでしょうか。ですが、撮り方次第できれいに撮れたりいまいちに撮れたり出来上がりがまったく違います。どうせ撮るなら可愛く撮れた自分をみんなに見せたいと思うのは当然だと思います。そこで、自撮りで成功するコツを紹介したいと思います。自撮り棒で自撮り棒はいまや定番アイテムに [続きを読む]
  • 自撮りを楽しむために揃えるべきものはコレだ!
  • あなたは写真を撮ることが好きですか?旅行に出かけた思い出に、記念日に自撮りをして思い出を形に残すことはとても楽しいですよね。自撮りをしたものをプレゼントすることも出来ます。今回は、「より楽しくより良い自撮りをするため、揃えておくと良いもの」をお教えしたいと思います。自撮りをするための道具・スマホスマホは自撮りの定番!自撮りを綺麗にするためには、「より自撮りがしやすい道具」を揃える必要があります。一 [続きを読む]
  • 素敵な自撮りをするためのテクニック!メイクは濃くしましょう
  • あなたは自撮りをすることが好きですか?自撮りは楽しい旅行の思い出を残したり、SNSで世界中の人に見てもらうことが出来ます。アルバムを作って、他の人にプレゼントすることも出来ます。大好きな人と一緒に自撮りをすることで、あなたの人生をより豊かに出来るでしょう。自撮りを、より楽しく、より綺麗にするためには、様々なテクニックがあります。今回はその「自撮りのためのテクニック」についてお伝えしたいと思います。自 [続きを読む]