ハヤシ さん プロフィール

  •  
ハヤシさん: 卵巣がんサバイバーのメンタル強化計画
ハンドル名ハヤシ さん
ブログタイトル卵巣がんサバイバーのメンタル強化計画
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/grjanai/
サイト紹介文卵巣がん治療(卵巣・子宮全摘+抗がん剤)終了→良かった!→同僚が妊婦に→なんかツラい→適応障害と診断
自由文卵巣がん治療(卵巣、子宮全摘+抗がん剤6クール)が終わって、5年以上経っていても、心のキズがジワジワとえぐられることはある…。
職場の同僚が妊婦なったことで、今まで目をそらしていた『未婚の上に、子どもが産めない』自分のコンプレックスと闘い、克服していこうと奮闘。しかーし適応障害と診断された為、今度はメンタルを治療中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 39日(平均8.1回/週) - 参加 2017/02/19 10:56

ハヤシ さんのブログ記事

  • よしよし、自分。
  • 心が辛くなってから、ネット検索しているとよく『せせらぎメンタルクリニック』さんに辿り着く。今日はリストカットについて調べてたらまたヒットした。☆せせらぎメンタルクリニックリストカット(リスカ)に至る心理とその解決法http://seseragi-mentalclinic.com/wrist-cut/今はもちろん落ち着いていますが、ヤバかった暗黒の2月に、リストカットの衝動がありました。それまでは自傷行為をする人の気持ちはよく分からなかった [続きを読む]
  • 彼女との出会い 〜運命の8月〜
  • もう3月も終わる…あっという間に時が過ぎていくから、あっという間にNさんも産休に入るだろう。私とNさんの出会いは、ちょうど私が抗がん剤治療の真っ最中でした。ガリガリに痩せて、髪の毛も抜け、タオル帽子とマスク姿の私。病室に、上司と一緒に挨拶に来てくれたNさん。おもいっきり病人の私を見てビックリしたかもしれない。でも彼女は笑顔で「よろしくお願いします!」と元気に挨拶してくれた。私の闘病日記を読み返して [続きを読む]
  • 腸まで届け
  • 薬の副作用なのか最近、便秘がひどい。抗がん剤治療してた時を思い出すくらい、ひどい。(コロコロ便地獄だったなぁ…)いつもは毎日お通じがあって、どっちかというと軟便で悩んでいたんだけど…ヤクルトもR1ヨーグルトも毎日飲んでいるのに…(酸化マグネシウムで下痢地獄になったから便秘薬には頼りたくない)腸まで届くカプセル入りのヨーグルトを昨日食べた。腸まで届くわりに、あまり効果を感じられなかった。もしやと思い、公 [続きを読む]
  • 貰って嬉しい、描いて楽しい
  • 入院中にいただいて嬉しかった、リンゴ!うわぁー美味しそう!リンゴいいわぁーこの赤が、鮮やかな赤がいいわぁー(*´Д`)いただいた瞬間、絵を描きたくなってウズウズしました。色鉛筆での色塗りが大好き。赤や茶色、黄色、黄緑、紫色も使ったりして…重ねると深みが出る(気がする)ちなみに、私は堂々と病床で絵を描く派ではなく看護師さんが来たらサッと隠す派でした。(恥ずかしいので…)この絵は、リンゴをくださった先輩に差 [続きを読む]
  • 坊主憎けりゃチョコまで憎い?
  • 会社の先輩で、人の好き嫌いがハッキリしている人がいた。どこでも職場の人間関係はいろいろある。先輩は、いくら嫌な人とはいえ、仕事として社会人として、最低限の会話はする。でも本人が居ないところでは嫌いなことを隠さず「あの人嫌い、無理」と正直に言う人だった。その先輩がある日、「嫌いな人からもらったお菓子とか食べたくない。お菓子に罪はないけど、捨てた」と話していた。極端な感じもするけど少しだけ分かる気がし [続きを読む]
  • 先生!前回のカルテ、ちゃんと読もうぜ!!
  • 心療内科の再来受診へ。まずは、看護師さんの聞き取りがあり(毎回するらしい)薬の効き具合や体調を聞かれた。先生の負担を減らすためのワンクッションなんだろうけど、看護師さんに詳しく話す気持ちにはなれなくて、楽になりました、と簡単に伝えた。その後、K先生(男性)の診察を受ける。心療内科あるあるかもしれないけど、診察時間を計る時計が気になる。そして、K先生は、ちょっとおっちょこちょいな感じがする。K先生「仕事 [続きを読む]
  • 地獄の昼休み パート2
  • 抗うつ薬を飲んでいても私の体調の問題なのか、あぁー無理無理ってことがある。また、地獄の昼休み。Nさんから子どもが生まれる前に何を用意したらいいか、子供服は?チャイルドシートを買わなきゃならない?とかいう話題になり経験がある奥様方から様々なアドバイス。正直、知らねぇよって思ってしまったので、化粧室にエスケープ。化粧室から戻ったら「リサイクルショップに行ってみる」ということで結論がついたらしい。おかし [続きを読む]
  • 抜け毛コロコロ
  • 抗がん剤をはじめて、パンフレットどおり2週間くらいで体毛が抜け始めた。抜け毛があると、どうしても汚い人のように見える。でも、コロコロかけてもかけてもきりがない。頭にコロコロしたほうが早いんじゃないかって思ってた。(それかきれいに剃ってしまうか)シャンプーしたとき、ゴッソリ髪の毛が抜けて病院の風呂場に頭が落ちてるみたいてめっちゃホラー。ドライヤーで髪を乾かしていた時も髪の毛が散らばりまくり、看護師さん [続きを読む]
  • 今日は会社休みます(休養の為)
  • 数日前から、日中に眠気を感じていて今頃になって抗うつ薬の副作用なのかなー?と思っていたら今日は体の力が入らない。なんだかフラフラするし、ちょっとドキドキ動悸がするしお腹が緩いし、胃痛もある。明らかに身体がパッとしない。これはまさに長年のお付きあい、自律神経失調症及び過敏性腸症候群。卵巣がんになる前から、整腸剤や安定剤は飲んでいた。そういえば、もともと疲労やストレスに弱い身体だったんだ。体調不良は突 [続きを読む]
  • へぇ〜3年も休めちゃうんだ〜
  • Nさんと2人になった時、育児休暇の話になった。うちの会社は最大3年とれるらしい。結局は家族で話し合いをする時間がなく、まだ決められないらしい。私への仕事負担をやたら心配する彼女に、仕事より家族を大事に考えなければいけないとか一応、仕事は気にしなくてもいいことは伝えた。私「3年休んだっていいんだよ。大丈夫よ。」Nさん「いやいやいや、私が耐えられません。ハヤシさんロスに耐えられません。」私「そ、そうな [続きを読む]
  • 闘う腕 (血管ガンバレ)
  • 卵巣がんの手術後、明らかにがんであり、リンパ節も全部は取れなかった(血圧が下がったらしい)とかで、しっかり抗がん剤は6クールやりました。ポートを入れずに抗がん剤をする人もいる。ポートを入れてしまえば楽だけど、手術になるから…と、聞いていたから、最初の抗がん剤治療1、2クールは末梢からの点滴にすることにした。でも、毎日何本も点滴していると、腕が腫れてきてそのたびに違う血管に差し替えてもらって…注射には [続きを読む]
  • 【反省】コンプレックスは人それぞれ…
  • 私がのほほんと卵巣がんサバイバー生活していた時のこと。突然、姉から生理用品とか、生理の話をしてても平気か?と、聞かれたことがありました。なぜ姉が突然そんなことを聞いてきたかというと、姉の職場は年齢層が高い人が多く、若い人たちが生理痛の話をしていたら「自慢してんじゃないわよ」的な陰口を言っていたというのです。私は卵巣がんで子宮付属器全摘しているので、もちろん閉経している。閉経した人は生理の話をすると [続きを読む]
  • 最重量☆自己嫌悪
  • だいぶ、薬でコントロールできているから振り返れるようになったことがあって…心療内科に行く前、婦人科の先生にも相談する前の話。Nさんになんだか優しくできなくて自分にウジウジしていたとき彼女から手紙をもらいました。ある一文が、私に物凄い衝撃を与えたのです。精神的におかしくなりそうなくらい…仕事の休みをもらってありがとうございますみたいな文章の中で、『健診で赤ちゃんの心音を聴くことができました。すごく感 [続きを読む]
  • 健康とは『病気でないこと』ではない
  • 卵巣がんの手術をする前、病院をウロウロ散歩していて掲示物の中で見つけた言葉。この時はまだ【卵巣がんの疑い】の段階で、手術をして腫瘍をみてみないと癌なのか良性腫瘍なのか分からないと言われていた。腫瘍マーカーは300越え。癌か良性かは五分五分。癌かもしれない…でも不思議と不安はなかった。きっと家族は心配だったろうけど、家族のために生きなきゃと思っていた。朝、昼、消灯間近の夜、欠かさず面会に来てくれる家族 [続きを読む]
  • 内緒の話はあのねのね
  • 心療内科からもらった薬は、恐竜みたいな名前の粉薬(毎食後)と錠剤(寝る前)。姉は知っているけど、同居の母親に適応障害は内緒なので、毎日、証拠隠滅をはかっている。粉薬には【名前】と【毎食後】がバッチリ印字。一人の時にコッソリ薬を飲み、袋は細かく切り刻みながらビニール袋をかけたゴミ箱へ。ゴミ箱を上下にトントンとすると、細かいゴミがゴミ箱の底に落ちていくという裏技を発見したので、証拠隠滅の参考にして下さい。 [続きを読む]
  • ドン☆クライ☆ベイビー(;_;)
  • Nさんの体調があまり良くないらしい。いつもではないけど、心配な症状があるらしい。職場で二人きりの時に話してくれた。N「次の受診の時まで様子をみたいのですが、もしかしたらお休みをいただくかも…」とか言うので、早めに受診したらいいじゃないか、仕事のことは心配いらない(実際、仕事は負担じゃない)と伝えると、申し訳なさそうに涙を浮かべていた。同じような場面で、彼女が泣くのはこれで三回目。一日休むくらいで、泣 [続きを読む]
  • 涙活よりは笑活(※個人的な感想です)
  • 涙活という、涙を流してストレスを発散する活動があり、それをなんとなく信じていたのです。でも私は泣くことでストレスが増幅、心身が疲れてしまい結局、精神的に病んでしまったような気がします。罪悪感→隠れて泣く→疲れる→次の日、胃腸が悪い→食欲低下という悪循環で、泣いたからってサッパリはしなかった。むしろ、笑活のほうが良かったのかもしれない。アメトーークやゴッドタン、松岡修造先生(大好き)の番組DVDを見て、 [続きを読む]
  • トランクスをくれた友人の優しさ
  • 心療内科を受診する数日前、雑貨屋でバッタリ友人のYちゃんに会った。Yちゃんには、今年の始めに、私がモヤモヤしていることを話していた。(その時、気持ちはだいぶ楽になった)それはまだ精神的に病んでいない時だった。私が気がついて、Yちゃんに声をかけると、Y「ハヤシ!!元気?元気だった?ずっとどうしてるか、心配してたんだよ!」ありがたくて涙が出そうになった。実はなかなか楽にならなくてさぁー、と近況を話すと業 [続きを読む]
  • 未来の自分と話せるなら
  • 最近、いろんなエピソードがあったから、卵巣がん患者(ステージⅢ)であったこと、がんサバイバーであることを強く感じる。仕事に復帰してからは、忘れてしまっていることが多かった。「そういえば、私もがん患者だったわ。」そんな感じだった。今、こうして自分も戸惑うほど気持ちが落ち込んで、抗うつ薬を飲むようになるとは思いもしなかった。でも、自分を不幸だとは思っていない。(抗うつ薬のおかげかもしれないけど)のほほんと [続きを読む]
  • 薬が…効いている〜!!(゜∀゜)
  • 心療内科から処方された薬、飲んでみたら全然違う。本当に嫌なことを考えない。よく入浴中とか、寝る前とか、辛い想像をして泣いてたりしたけど、それが全くない。(だからといって、やたらハイになるわけでもない)彼女とも普通に話せる。目を見て、くだらない話ができる。大好きな彼女を、大好きだと思える。普通に、ごくごく普通に生活できる。以前の私に戻れたように感じて嬉しかった。自分を取り戻した気がした。でも薬をやめた [続きを読む]
  • 心療内科的な病名がついた〜!
  • 病院の心療内科、行ってきたー!初診だから、看護師から聞き取り(30分くらい)→先生の診察(10分くらい)聞き取りから診察までの待ち時間合わせて2時間くらい。もっとぼろ泣きするかと思ったけど、わりとあっさりめの診察で(混んでいたからかも)少し涙ぐむ程度で話ができた。心療内科のK先生は「仕事を休んでみることも考えては?休むのは難しそうですか?」と、提案してくださった。ストレスの原因から離れることも、治療の一つに [続きを読む]
  • いざ、心療内科へ!ε=┏( ・_・)┛
  • いよいよ、初めての心療内科受診へ。親には内緒で、職場にはもちろん内緒で。(バレたら不眠とかでごまかそうかな…)普通に会社に出勤する感じで、病院に行きます。「こちとら人生相談じゃねーんだよ!」「美輪明宏か瀬戸内寂聴に相談しろ!!」とか、言われるんじゃないかという不安はありますが(笑)気持ちが落ち込んだり、戻ったり、落ち込んだりを繰り返しているから、何かしらの病名をつけてもらえるんでしょうか。私も自力で何 [続きを読む]
  • 筋肉がストレスを救う??
  • 悩んだら筋トレしよう!ストレス耐性をつけるには筋肉をつけろ! - NAVER まとめhttps://matome.naver.jp/odai/2145982726120874101…そうだ、筋トレしよう!!テレビの健康番組でも見たことある!スクワット頑張ってた時期があった!(腰を悪くしてからスパッと止めた)確かに筋肉バカはストレスなさそうだもんね!(失礼)モヤモヤしたら身体を動かすのも、いいのかもしれない。筋肉トレが続かなかったら、…笑いヨガにしてみようか [続きを読む]
  • 彼女へラブレター(本音少々)
  • 久しぶりに、Nさんにちゃんとした手紙を書いた。渡さなければいけないものがあって、ただ渡すのはさすがに味気ないから。彼女と文通する為だけに買っておいた便箋と封筒。可愛いキャラクターのシール。私がモヤモヤし出したのは最近のことで、彼女からデキ婚の報告を受けた当初は【彼女にしてあげられることは何か】ばっかり考えていた。手紙やプレゼントをよく贈った。プレゼントを選ぶのも楽しかった。どのあたりからツラくなっ [続きを読む]