katukomaki さん プロフィール

  •  
katukomakiさん: スピスピしながらおうちに帰ろう
ハンドル名katukomaki さん
ブログタイトルスピスピしながらおうちに帰ろう
ブログURLhttps://ameblo.jp/katukomaki/
サイト紹介文守護霊からの何気ないサインに気づいてますか?守護霊は私たちの心を守ることに一生懸命なんですね。
自由文転ばぬ先の杖は守護さんがくれますから安心して下さいね。迷った時や苦しい時に守護さんがメッセージを示してくれます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 182日(平均3.6回/週) - 参加 2017/02/19 11:17

katukomaki さんのブログ記事

  • 故人を苦しめるほど苦悩した時、家族から離れなさいと守護霊は言ったの
  • お盆ですね。友人の家に行くと楽しみなのが精霊馬なんです!お仏壇の周りを、色んな精霊馬がたっくさん囲んでいて…まるでコンサート会場の模型のよう。どんだけ仏様帰って来るのぉ?友人にそう聞きましたらねこれでも足りないから、ニケツ(二人乗り)して来る仏様もいるのよ確かに、とても長いキュウリの精霊馬や長ネギの精霊馬もあってニケツどころか、サンケツ・ゴケツ(三人・五人乗り)も出来そう。ベトナムのバイク風景みた [続きを読む]
  • 苦しい時、お前は挫けずに自分をどれほど信じられる?と守護霊は問い続けるの
  • 今よりもっと若い頃、とにかく啓発本を読み漁っていたんですね。もっと若い頃っていくつ?って、そこは軽く聞き流して下さいな。啓発本といっても、難しくない読みやす〜いタイプの本なんですが…。ちなみに、D・カーネギーさんの本はちっと頭が固まって眉間にシワが寄ってしまいましたよ。私のラベル…いやレベルが分かって頂けたと思います。今は啓発本のようなものは殆ど読んでいないんですね。何故なら、人生の先輩からお伺い [続きを読む]
  • 見知らぬ誰かに祈られる幸せに気づく幸せ。守護霊がそう教えてくれたから
  • 何年も前の話ですが沈んだ表情をされていた女性を橋の上でお見かけしたんですね。その女性の近くにいた子供たちが川に向かって一斉に手を振り始めたので川に何があるの?と川を見下ろしたら平べったい船に乗ったふたりの男性が笑顔で手を振っていて子供達は、その男性に向かって手を振りながら歓喜していたんです。手を振る男性の笑顔が慈愛に満ちていて私も思わず手を振っていました。人々の優しいエネルギーが満ち溢れ、川がキラ [続きを読む]
  • 大切な人と離れられない時、静かに去ることも愛であると守護霊が伝えたの
  • 友人と待ち合わせをしていて、なかなか会えなくても何か突発的なことが起きたのかも?と気長に待てる性格なんですね。けれど30分くらい経過すると、やはり焦ります。何故って、私が携帯電話を持っていないからなんですぅそ、そんなに驚かないで下さい相手にしてみたら、何で持ってないのよぉ〜ですよね、ほんとに。なので、慌てて公衆電話を探す探す。友人に縁を切られないよう、町の中を必死に走る走る。携帯電話を持てばいいので [続きを読む]
  • 幸せが巡り巡って届く瞬間、そこにいる人はみな幸せだよと守護霊が伝えるの
  • 飲食店を経営なさっているBさんから伺ったお話なんですね。朝、忘れていた注文を思い出してふたつの業者さんに慌てて電話したそうなんです。 Bさん・今日、お酒をお願いします。業者さん・はい・・・分かりました。Bさん・今日、氷をお願いします。業者さん・はい・・・分かりました。 その日、注文品を届ける為にふたつの業者さんがやって来たんです。 酒業者・注文の品です。こんなものしか用意出来なかったのですが。そうおっ [続きを読む]
  • あと少しだけ頑張れば望んでいることが起きるよ!と守護霊は見守ってるの
  • 両親がお酒を飲まなかったせいか私も全く飲めないんです。美味しいとも思えず、アレルギーもありますのでね。神様にお供えする日本酒を自分も美味しく頂けたらいいのになぁといつも思うんです。飲みに行く機会は殆どありませんがたまに居酒屋に行くと、つい興味深く人間観察をしてしまいます。ずっとシラフなのでね。シラフをいいことにはい…また神棚の前で猛省です… お魚が美味しいという居酒屋に友人と行ったんです。隣の席に [続きを読む]
  • 相手の心が理解出来なくても当然だよ。モノの見方が違うからと伝える守護霊
  • 家にいるより外出していることが多いのですが、人がたくさんいる場所は苦手なんですね。とても疲れてしまうんです。なので話題の観光地やテーマパークには殆ど行かないんです。でも誰かと出会いたくてそこに魅力を感じてしまうのでね。ひどく混雑していない場所を探して冒険に出ています。未熟な自分の判断だけでは決して辿り着かなかったであろう素晴らしい景色や優しくて力強い言葉に出会うと冒険はどうしても止められないんです [続きを読む]
  • 神棚を祀ることになった理由を神棚の神様に教えられて、やっと納得したの
  • 信仰心のない家庭で育ち先祖供養はもちろん神社仏閣への興味も全くなかったんですね。そんな私が突然神棚を祀ることになったのですが何故神仏を求めるようになったのかそんな流れになったのかこれ!というきっかけは全く分からなかったんです。魂が未熟過ぎたから修業させられているのかな?ぐらいしか思いつかなくて…でもある時何で神棚をお祀りしたんだろう?と何気なく神棚を眺めていたら初めからその道筋はあった…そう教えて [続きを読む]
  • 将来孤独だ!という守護霊の言葉に驚くことはないの。可能性を秘めたエールだから
  • 守護さんだと認識してから間もない頃のお話なんですね。さぁ寝よう!と目を瞑ったら、とても気になる言葉が頭に入って来たんです。ちなみに、眠りに落ちる瞬間に言葉が入って来ることもありますので朝になると完璧に忘れていることがあり、とてもガックリしてしまいます。面倒ではありますが、必死にメモに書き留めてから寝ることにしているんですね。朝起きた時にプレゼントをもらったような気分になってうふっってなりますから [続きを読む]
  • 伝わってない?ならこれで伝わるかな?守護さんはあの手この手を使うよ
  • 家族の中で、何故か私だけが病弱だったんですね。けれど見た目は比較的ふくよかな子供だったので、誰も私が病弱だとは思わなくて…息が苦しい!体に湿疹が出来て痒い!と訴えても両親さえ楽観的…でも幸運なことに症状が軽かったみたいで、忍耐だけで何とか乗り越えたの。ず〜っと後になって病院に行ったら喘息とアトピーだと分かり…生きることにとても貪欲だったのねって自分を褒めてあげましたよ。 何年か前、近所の病院であ [続きを読む]