かせ ふみえ さん プロフィール

  •  
かせ ふみえさん: ある英語講師の徒然日誌
ハンドル名かせ ふみえ さん
ブログタイトルある英語講師の徒然日誌
ブログURLhttp://ameblo.jp/bluesky-fk/
サイト紹介文主に、英語教育に関することや 英語学習法についての記事を書いています。
自由文文科省の推進する小学校英語に関する
英語教育や早期英語教育について
書かせてもらっております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 109日(平均2.1回/週) - 参加 2017/02/19 22:27

かせ ふみえ さんのブログ記事

  • 幼少時の習い事
  • 3歳ころ、娘にバイオリンを遊び感覚(失礼な表現)で習わせていたのですが、最近、安い10分の一サイズのバイオリンを取り出し、ゴキゴキと鳴らしてます。 我が家は、ヴァイオリンを習わせるほどの経済的余裕はないと判断し、ピアノをさせています。 ピアノ教室に行っても、私がきちんとチェックしないとやはり上達は難しいんですよね。 もともと「絵」が好きな子だったので、なんとか鍵盤の前で座ってもらい、発 [続きを読む]
  • 小学校の英単語
  • とりあえず、いろいろ学習参考書は見ているのですが、久しぶりに、小学校英語の単語について書ければと思っています。 今回は、「できる、ふえるドリル、アルファベットと英単語」 (文理)から出版されている少し、難しい問題集なのですが、 1. 実際にアルファベットが読めて、書ける。2. どれだけの単語数を小学校時に読めて、   書けるかが、中高等学校の英語の授業や   テストが楽になる [続きを読む]
  • スマホのラジオと地図
  • 時折、自分が過去に住んでいた国に居た気持ちを味わいたく、スマホのラジオを聴くことがある。 聞いていて(全ては分からない。)けど、町で、例えば 夕方のロンドンの駅ヴィクトリアコーチ ステーションetc …の様子だったり、また サンフランシスコでお世話になったハウスマザーとのさり気ない会話が頭に浮かんできたりする。結構、気分的に贅沢というか心地よい気持ちになるものだ。            *&nb [続きを読む]
  • プレキソ英語の書くコツ
  • 5月11日にプレキソがテレビでありましたが、ご覧になられましたか? 昨年と同じ内容なのですが、ここで、小学生とかが英文を書くときに一つの工夫をされてみてはどうでしょうか? 蛍光ペンで、書いてタグを上に書いて、読ませるのも、一つの工夫かもしれません。 ところで、この前、公文式の英語を拝見させて頂いたのですが、小学生がスラスラ英文を読んでいるので、驚きました。やはり、すごいなあ・・ [続きを読む]
  • EQ英語とネットユーザーの関連性
  • 私が留学していた時に、また今でも同じ認識をもっているのだけど、 ネイティヴなり多国籍の外国人と親しくなり、更に、会話が上手く、相手を引っ張っていく力のある日本人留学生は何名かいた。 当然、語学も堪能だけど、 それ以上に感じたことは、異国人であれ、相手の話している内容と同事に心理状態を読んでいる日本人は、何故か、 一目置かれていた。 これは、語学力とは異次元でIQもさることながら、EQ [続きを読む]
  • 習い事の時の時短
  • 娘の習い事の一つで、硬筆をさせているのですが、(ちなみに、私は毛筆から入りました。)毛筆・硬筆の教室の場所と習い時間の間は買い物やいろいろ時間をつぶしているのですが、娘と帰宅してから、宿題させて(これも一苦労しているのですが、正直言うと、汗)ご飯の支度となれば、ご飯を作るのに時間がかかります。 ということで、習い事のある日はできるだけ野菜や煮物系は作り置きしておきます。        &nb [続きを読む]
  • Twitterの便利さ
  • 正直なところ、ここのところ、家事や雑用に追われ、その疲れもあるのだが、 パソコンの前に座るとなると、他の事がおろそかになり、まとめた内容も細切れに時間を割いて、書いていかないといけないのに苦労する。 確かに、スマホは便利だと思う。近未来は、スマホ中心の生活がありうると考えられる。 ブログを読もうとするも、確かにtwiterで簡潔に読むのは便利と言えば便利だろう。 それより、ちょっ [続きを読む]
  • 電子書籍・スマホに感じる事 
  • スマホを利用するようになり、アプリを活用して、日本の文学作品を読むようになった。 今までは、「紙の文庫本」しか読まなかったのだけど、いざ、アプリを活用してみると本当に便利だと思う。 「青空文庫」という日本の文学作品、作家がアプリの中に全て入っていて、スマホが読めば、日本文学のほとんど読めるというスタイルになっており、更に、機能として驚いてことには、 本来、小説って、同時に3冊の本を読 [続きを読む]
  • 朝聞く怖い話
  • 今朝、ラジオを聴いていたら、「怖い話」というテーマで朝に怖い話の特集をしていた。 正直言って、朝に怖い話・・・というのも、なんか変な気持ちになる。 そもそも、怖い話というのは、好きでない。二十歳の頃、しばしば、友達同士で怖い話をしたものだった。 実際、不思議な体験を(霊的なもの)をして、悩んだというか、やはり京都は歴史のある町だなあ・・・と感じていたが。 それから20年も年月が経ち [続きを読む]
  • パソコンのキーボード
  • 以前、ブログを書いたその日に翌日に、何故か調子のおかしかったキーボードが元に戻っていたけど、 何日か経つと、PC一体型のキーボードではまともな文字が打てなくなくなっている。パソコン本体とセットになっているキーボードは、完全におかしい。まだ、壊れるような年数も経っていないのに、このような状況になっている。 ネットをしていると、おかしなことが、時々ある。 時代の流れについていかないといけな [続きを読む]
  • エイゴビート Eテレ
  • 4月、新学期より始まったのですが、Eテレ 土曜5時50分から6時まで、小学校3,4年生向けにエイゴビートという番組が始まりました。 プレキソは、木曜日に時間が変更になったようです。朝10時5分から10時15分からです。 興味のある方は、エイゴビートをご覧ください。 ーーー 個人的な事になりますが、私も年のせいか、この春休みは体にガタがきました。(酷い肩こりと腰痛に悩まされている。)高齢 [続きを読む]
  • 「ノルマ」をこなす
  • 正直言って、この春休みは、個人的にしんどかったように感じる。 個人的な事になるけど、子供が春休みに入り、毎日のノルマが崩され、結構、精神的に参る日々が続いた。 不器用な証拠だろう。 私のオリジナルのノルマの作り方は独身時と異なり、やはり家庭を持つと、その時々で、変わってくるものである。 ところで、何故か、家のパソコンがおかしくなり、最初に、数字の4、6が打てなくなり、最近で [続きを読む]
  • 春休みの過ごし方
  • もうそろそろ、小・中・高等学校は春休みです。多分、大学生もそうでしょうか。桜の花が見れる日本人には、ありがたい季節ですね。 ところで、本題に戻しますが、日頃、英語に力を注げてない・・・と不安の方もおいでだと思います。こういう短期なり長期なりの休みの過ごし方により、英語(語学力)が上がります。 冬休みは、年末・年始がある故に、時間の使い方が春休みに比べて難しいと思います。 長期の [続きを読む]
  • スピーキング(話す力)についてー手始めに
  • 学生の頃、どうやったら英語をペラペラと話せるようになるのだろうかと、いろんな人に聞いていました。 留学を機に、必ずしていたことが1つありました。ホームステイ宅からスクールまで、旺文社から出版されている「 入門 英文問題精講 」を丸暗記していたことです。10回以上は、留学時に毎朝テキストを見ていました。この方法には、多分 賛否両論あると思います。 海外に出て、必ずしも英語が話せるようにな [続きを読む]
  • 読解力のつけ方 初歩
  • 「読解力」ということで、日本の英語教育では、やはり受験英語は通る道だと思います。ということで、今回は「 河合塾 やっておきたい英語長文 」を取り上げました。 選んだのは、まずは、300語ある中の、376語の読解問題です。英語力を養う上で、問題演習をしていきながら、読解力と文法力、更に、先読みする力をつけるのは、時々、問題演習型の勉強はいい方法だと思います。 この問題は、新潟大 [続きを読む]
  • 現在の学習域
  • 英語学習(語学学習)というのは、コツコツとしていくというやる方や考え方もある一方で、一挙にできる年を決めて、詰め込む(英語漬けにする)という、様々な方法がありますが、私のように、家庭と両立しながら、やっていくとなると、「時間とどこの分野を強化するか、大切にするか。」というやりくりが難しくなってきます。 学習と子育てや家事などの両立というのは、難しいのですが、記録をつけて忘れないように続けない [続きを読む]
  • プレキソ3月号 第45回 放送 3月4日
  • プレキソ第45回 放送 3月4日 再放送 3月9日のコンテンツの中で、押さえておきたい内容をコンパクトにまとめておきます。 とりあえず、今回は、中学校1年の後半に習う内容です。Where 〜 ?の疑問文です。 まずはプレキソを見る。数回見て、楽しむ。そして、英語耳に慣れるようにする。 その次のステップとして、書けるようになる。今回は押さえておきたいのは、 Where is my fork ?( 僕 [続きを読む]
  • 単語への入り方
  • ある名の知れた予備校の先生が「英語は単語力です。」とおしゃられたらしいのですが、実力派の先生たちは、考えは様々です。 ただ、「単語力」というのは、重要なので、これを記述しておきたいと思います。 初歩の一歩、いわゆる単語の覚え方への入り方です。 まずは、テキストや問題集選びに関しては、小学4,5年あたりくらいに、書店に行って、適切なものを選んで始めたらいいかなあと思います。 [続きを読む]
  • 小学校英語教科化について vol. 1
  • 新学習指導要領案が文科省から発表され、まず国際化の進む中、PISA= ( Program ForInternational Assessment)の結果から判断すると、正直に言って、今後の日本の将来を少し危惧しています。実際、私が教員免許更新講習を鳴門教育大学で受講した時、PISAの結果を掘り下げて、国際レベルで日本の評価を教授から聞いた時、学力面以外の生活面など過去10年より下向しているように、確か、聞いた記憶があります。 注釈として、P [続きを読む]
  • プレキソ英語 Vol.2
  • 前回の続きになりますが、幼児から小学生まで、楽しめて、活用の仕方で、モノになるプレキソ英語の学習法について私なりに明記しておきます。 小学校を1.2.3年と4.5.6年と2つに分けて考えてもいいし、低学年、中学年、高学年と考えてもいいです。 まずは、プレキソの英語をテレビで見て、フレーズを「耳で聞き、言葉に出す。そして英語を聴く耳に慣れてきたら、聞いた英語をシャドーイング(すぐさま、自分で [続きを読む]
  • プレキソ英語 について Vol. 1
  • この前、新聞で小中学校の指導要領改定案に関する記事を見て、読まないと・・・と思いながら、いつもお世話になっている書店さんからプレキソ英語の3月号が届いたという事で、文科省による小学校英語の導入に伴い、幼児や小学生でも十分楽しめるし、活用できる方法はないか?と考えている私にとり、Eテレの「プレキソ英語」は一つのよい方法だと思い、ブログに書くことにしました。 まずは、3月号。つまり、2016年の最終 [続きを読む]