まぐも さん プロフィール

  •  
まぐもさん: ただ本を読んでいるだけなんです
ハンドル名まぐも さん
ブログタイトルただ本を読んでいるだけなんです
ブログURLhttp://buchbesprechung.hatenablog.com/
サイト紹介文本が好き、図書館が好き、活字が好きな主婦の読書備忘録。
自由文活字から頭のなかで物語を作って過ごすのが大好き。本は心のオアシスで拠りどころ。
今まで読んだ本たち、今読んでいる本の読書感想&備忘録をつけようと思い始めました??

たまに日常のことも日記のように書いたりします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 96日(平均4.5回/週) - 参加 2017/02/20 20:15

まぐも さんのブログ記事

  • トライアル終わった!
  • 超絶難しかったトライアルたちが終わった。できは言わずと知れたポンカスだろうけど、翻訳を少しでも知れたことは大きな収穫でしたよ。とにかく翻訳は英語力プラス日本語力。比重はもしかしたら日本語力の方が重いかもしれないです。経歴からしても、役立たず感満載なワタクシに、忙しいなかチャンスをくださった翻訳会社2社に感謝???で、映画見ました。アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(字幕版)発売日: 2016/10/05メデ [続きを読む]
  • ワンオペで鉄道フェスにいってきた
  • 昨日は暑かったですね。きらきらお日様〜ってより、ぎらぎら太陽ってかんじ。昨日は私一人&息子〜ズで静岡グランシップで開かれたトレインフェスタに行ってきました。????女で、一人っ子でしたのでまったく今までの人生、電車に関わったことなんてないんですけど、次男がのりもの大好きっこだからやむなくワタクシも電車やらと関わりを持つようなったわけで(笑)始め、息子二人(4歳&2歳)をちゃんとみられるかちょっと心配だっ [続きを読む]
  • 働き方改革
  • 雨の日が一日置きでやってきて、「明日は日差しが強くなるでしょう」というお天気お姉さんの言葉に一喜一憂してしまう毎日です。昨日はその「強い日差し」という言葉を真に受けて、うっかり半袖で挑むも意外と気温が上がらず暑さへの気合いが空回りしました(笑)毎度のNHKニュース、゛けさのクローズアップ゛で最近話題の長時間労働についてやってました〜自分は完全に長時間労働から遠い存在ではありますが、自分の夫や息子達に [続きを読む]
  • 隙間時間との格闘
  • 英検の勉強をしなければならない、まぐもです。前回落ちてしまったので、今回は何としても受かりたい!費用も安くはないんでね??山積みの読みたい本達を横目に、家事育児の合間を貪欲に使って…。なのに!本当は英検に集中しなきゃならないのに!!うっかり翻訳会社に履歴書送ってしまい(軽はずみ)、書類審査は通ったらしくトライアルが送られてきて??既に一社受けたけど、結果は不採用。そりゃそうだ。翻訳の学習もまだまだで [続きを読む]
  • くされ縁なアイツ
  • ブログのアドレスに゛書評゛と堂々つけながら、一向に本を読んでいません??本読みたいけど読めない…。じゃ、なにしてんの!?じつは、英語をやってました(笑)ワタクシと英語の関係は、いわばくされ縁な中学生からの幼なじみといったものでしょうか。ワタクシが英語を始めたのは、中学生から。しかも入学した私立の中学は英語教育に力を入れていて、初めてにしてはわりとレベルが高かった。無理して入れた学校だったから、ついて [続きを読む]
  • ゴールデンウィークって何ですの?
  • わが家には、ゴールデンウィークは無いです。夫がびた一日たりも、休みがないのでまず遊びに出掛けるという感覚がない。ニュースで流れる、渋滞情報もまったくの他人事としてスルー(笑)流石の5日は、こどもらの祝日だからとワタクシの実家へgo????お父さんは不在だけど、じいじとおばあちゃん(息子らの曾祖母)とこどもの日のお祝いをした。↑柏餅を買おうとしたら、こんなかわいいケーキ売ってた。教員は土日祝日こそ、部活の [続きを読む]
  • 風邪細菌と採金
  • 毎日更新していたころが懐かしいくらい、気が向いたときしか、ブログを書かなくなりました。これがワタクシの本性です(笑)久しぶりに風邪をひきました。まずジナンボが大量の鼻水を垂流し、不機嫌な様子→長男も鼻づまりを訴え病院に行くと、白血球の数値が高かった。(ついでにアレルギーチェックも)→気づくとワタクシの喉に痛みが…??(その日長男の親子遠足でいろいろなお母さんたちとしゃべったから話しすぎの喉痛かと思ってた) [続きを読む]
  • 俺な母、わたしな父…それもアリ。
  • 淡いピンク色の花を付けていたソメイヨシノも、いつの間にか葉桜に変わりましたね。そしてワタクシはすっかりブログの更新を忘れておりました。2月の放送だったらしい、興味深い話題がNHK(好きだよね笑)であったよう。http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/1700/264025.html゛LGBT、その先へ 〜『2/28放送「LGBTを"当たり前"に」』後記〜゛LGBTとは、「L→レズビアン、G→ゲイ、B→バイセクシャル、T→トランスジェンダー」の略 [続きを読む]
  • 望みを叶えるための代償
  • サルーテ!は乾杯か…こちらは猿の手???イヤミスの帝王、イヤバイブル的な存在の『猿の手』。確か道尾さんの作品でも、『怖い絵』の中野さんの解説でも出てくるので、ずっと気になっていた。またまた次男坊の英会話教室から借りてきましたよ。エレファントマンと同じく、簡単な英語で書かれているから内容がすんなり入ってくる。内容はこんな感じ。ある雨の夜、ホワイト一家(ソフトバンクじゃないよ!)の老夫婦とその息子は客 [続きを読む]
  • ミュシャの真意
  • ミュシャ絵画集・154枚【スラヴ叙事詩・全収録・解説つき】 (Mucha Complete works)作者: アルフォンス・ミュシャ発売日: 2017/03/05メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るあのフランスっぽい感じの、セクシーかつメルヘンティックな色合いと画風のミュシャ。ワタクシはあまり絵に詳しくはないし、ミュシャも名前と有名か作品しかしらない。たまたま深夜のNHK(朝だけじゃないんかい!)をぼんやり観ていたら、見覚えのある [続きを読む]
  • 魂の第九
  • 桜が美しい??時期ですね。花粉症さえなければもっと自然と戯れたい…現実はただの運動不足です。雨が続いて、外出すら憂うつな今、楽しみなのは長男の幼稚園でのお母さん友達とのお花見くらいなもんで(^-^;桜の季節になるとワタクシには必ず思い出す記憶がありまして。桜で有名な地元の公園で、満開の桜を観ながらたくさん写真を撮ったんです。母と。なんでたくさんの写真を撮ったのか…それは、その時の母が肺がんの末期で余命 [続きを読む]
  • 働き方の再検討を
  • 入学式、始業式の時期になった??最近サボりぎみな読書を気にして、ブログの名前から本を取りました(笑)本を読むときは連続して読むので、その時は備忘録を記したいです。いつものNHKで、「働き方」が軽くあげられていた。セブン&アイ・ホールディングス、すかいらーく、ヤマト運輸など。たしかに普段生活していてよく目にする会社。セブン&アイ・ホールディングスについては、ワタクシも一時バイトしていたのでその内情を少しだ [続きを読む]
  • 日常にひそむ鳥肌ものの恐怖
  • 何が怖いって、やっぱ生きてる人間っしょ…トリハダ作者: 三木康一郎,石田雅彦出版社/メーカー: 扶桑社発売日: 2009/07/18メディア: 単行本 : 2回この商品を含むブログ (6件) を見る5年以上前から話題だったんですなっ。今になって知りました(汗)世にも奇妙な物語が大好きで、毎シーズンの特番を楽しみにしていたワタクシ。しかし、最近やりませぬ( TДT)フジテレビ、いろいろ変わったんかな。奇っ怪なのが好きで、 [続きを読む]
  • 妻を殺したかった男
  • 妻に殺意を抱く男性は結構いる模様(汗)ライク・ア・キラー 妻を殺したかった男(字幕版)発売日: 2017/02/22メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見るTSUTAYAにDVD返却を頼むと、かならずまた借りてくる夫。律儀だ(笑)しかし、今回は借りてきたタイトルを一目みて吹いた!Σ( ̄□ ̄;)『ライク ア キラー 妻を殺したかった男』え!?ウチ、殺されそうなの?夫、密かになにか企んでんのん‼とりあえず訊いてみた。「あ [続きを読む]
  • 子育てしにくい大国、日本。
  • またまた朝から素敵な話題を投げ掛けてくれる、NHKよ(笑)今朝のテーマは゛男性保育士に着替えやおむつがえをさせるか゛だった。これって、ちょっと前から議論になってたんだね。二人も子どもがいながら、全く知らなかったぁ。男性保育士に仕事を制限することを、゛性差別だ゛と主張する側を仮に「男性OK派」、゛男性保育士には子供達の性に関わることを業務からはずすべき゛を「男性NG派」??とする。ワタクシの意見は、「男性NG [続きを読む]
  • ゛相棒゛はデンマークにもいた
  • ゛俺は悪魔だ゛っていきなり言われてもねぇ…特捜部Q Pからのメッセージ(字幕版)発売日: 2017/02/22メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見る読書備忘録用のブログなのに、相変わらず映画の感想に逃げました、まぐもでございます。うちの相棒さんが、またワタクシ好みのを入手してくれました。この、「特捜部Q」シリーズは第一作目の゛檻のなかの女゛からファンで観ていた。原作はデンマークの作家、ユッシ・エーズラ [続きを読む]
  • 象人間と呼ばれた男
  • 人は見た目で判断するけど…The Elephant Man (Oxford Bookworms Library. True Stories. Stage 1)作者: Tim Vicary出版社/メーカー: Oxford University Press, USA発売日: 2009/04/01メディア: ペーパーバック : 1回この商品を含むブログ (1件) を見る次男の英会話教室からお借りした洋書。オックスフォードブックワームのいっちゃん優しいヤツ?すごく読みやすかった(笑)普段日本語で小説を読んでいるので、文章からダイ [続きを読む]
  • 動物の戦隊ってのが良い!
  • わかりやすいのが良いんです?息子がはまっていた戦隊もの、『動物戦隊 ジュウオウジャー』のファイナルライブツアーに行ってきますた( ̄▽ ̄)ゞ全国8都市廻るなか、静岡県が最初だそうでなんだか嬉しい(笑)息子もワタクシも、戦隊ものはジュウオウジャーが人生初めて??動物戦隊というだけあって、メンバーはジューマン(獣マン?)という、顔が動物で体は人間みたいなの4人と、人間一人。しかも、赤色リーダーだけが人間という [続きを読む]
  • 憎しみ合いが炸裂!
  • サミュエルが大変なことに(笑)ヘイトフル・エイト(字幕版)発売日: 2016/08/24メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (5件) を見るクエンティン タランティーノ監督の作品は今回初でした。レザノバドッグスとか、キルビルで有名な方ですわね。かなり激しい作品をつくると聞いていて、今まで思いきれなかったけど、夫がサクッと借りてきてしまったので勇気を出して観てみた???結果……メッチャおもしろかった〜????レビ [続きを読む]
  • 隣人にお気をつけあそばせ
  • 原作小説からの映画の変貌が、もやはクリーピー‼クリーピー (光文社文庫)作者: 前川裕出版社/メーカー: 光文社発売日: 2014/03/12メディア: 文庫この商品を含むブログを見る実は先に映画を観てしまいましたー\(>_そして後悔しますただー(涙)原作の小説は、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕さんの初のミステリー作品だそう。初の作品とは思えないような構成と文章で、ワタクシの中の映画のダメージを払拭すべ [続きを読む]
  • 蒸籠じゃないよ星籠だよ。
  • なぜだろう…無性に中華ちまきが食べたくなる…。探偵ミタライの事件簿 星籠の海 [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオン発売日: 2017/01/06メディア: DVDこの商品を含むブログ (1件) を見るDVDの表紙をみて、一瞬生田斗真かと思いました。実際は玉木宏でした。このDVDを観る前に、ジョブチューンで広瀬すずにみとれていたら、映画に姉さんが登場しましたよ(笑)この姉妹は本当によく映画など活躍してるな〜?そういえば、美人姉妹 [続きを読む]
  • 大切なものは目に見えない
  • 星の王子さまの、あのワンフレーズが浮かんでくる…。透明カメレオン作者: 道尾秀介出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2015/01/30メディア: 単行本この商品を含むブログ (11件) を見る道尾さんの作品を読むたびに、ワタクシ思います。゛この人絶対優しい人!゛と。小説とかには書き手の人柄が如実に出てくるもんだと思うんです。例えば筆跡みたいに。ワタクシ、これを勝手に文跡と呼んでます(勝手な造語だよ)。文跡は筆跡 [続きを読む]
  • 究極の人間関係それが夫婦
  • 親しき夫婦にルールあり???夫婦のルール作者: 三浦朱門,曽野綾子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/05/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る夫婦シリーズ第3段?(シリーズだったんか?)曽野綾子さんと言えば、わりと男らしいズバズバっとした発言で世間をお騒がせする方…または、聖心女子大学卒業生ということで、ワタクシも実は同系列の中高に通っていたから、遠いパイセンになるのか(ならない [続きを読む]
  • 性格の善し悪し
  • 先週かな、奇跡体験アンビリバボーを観ていた時、夫の面白いところに気付いた。確かあれは、動物のおもしろVTRのコーナーだった。『羊飼いの災難!予想を超える結末!』というブイ。羊にタックルされて倒れた羊飼いの影像の途中で、「さて、このあと羊飼いはどうなったでしょう?」みたいな流れになった。夫:「羊がこの人を助けたんじゃない!?」まぐも:「え!?羊が人助けるかな…。てか、どうやってよ?」一瞬で、自分と夫が [続きを読む]