中小企業診断士 長元耕司 さん プロフィール

  •  
中小企業診断士 長元耕司さん: 経営コンサル事務所 ビジネスサポートオフィスつくる
ハンドル名中小企業診断士 長元耕司 さん
ブログタイトル経営コンサル事務所 ビジネスサポートオフィスつくる
ブログURLhttp://support-tsukuru.officeblog.jp/
サイト紹介文元気になる!ポジティブになる!経営コンサルティング事務所から、いろんな情報を発信しております!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 215日(平均2.5回/週) - 参加 2017/02/20 22:54

中小企業診断士 長元耕司 さんのブログ記事

  • 危機と継続
  • 先日、とある交流会で加工業を営む経営者の方とお知り合いになりました。創業して30年、ご苦労はありましたか?と尋ねますと・・・。リーマンショック直前に、大型の加工設備を導入、その金額約5千万円。しかし導入後にリーマンショック、その加工設備は開店休業状態。さらにご自身が大病を患われ、命の危険にさらされたそうです。企業にはいろんな出来事があり、いろんな危機があり・・・。資金繰りと受注に奔走し、従業員の雇用 [続きを読む]
  • 淀川・鵜殿(うど)のヨシ
  • 本日は、枚方市で、淀川・鵜殿(うど)のヨシを活用して生まれたヨシ紙を中心に、照明や屏風、インテリアアクセサリー、ステーショナリー等の、オリジナル商品を企画デザインし展開していらっしゃる、株式会社アトリエMayさんにお邪魔してきました。鵜殿のヨシ原(うどののよしはら)は、淀川河川敷に広がるヨシの群生地として、大阪みどりの百選、関西自然に親しむ風景100選にも選定されています。株式会社アトリエMayさんは、こ [続きを読む]
  • 御社の経営体制は安定していますか?
  • 売上が減少している、赤字が続いている、お金もどんどん減っている・・・。その場合、売上高が減少している原因、赤字に陥っている原因、お金が減っている原因を探り、その原因を取り除く必要があります。それには現場の力が必要であり、現場の力を引き出すには、従業員のモチベーションを高め、組織力を高めていく必要があります。ただ、ここで確認していただきたいことは「経営体制は安定していますか?」ということ。例えば現経営 [続きを読む]
  • 経営とは何ぞや?
  • ある経営支援団体の依頼で「経営」について、経営者向けに講義をして欲しいという依頼がありましたので、今日移動中に「経営」について考えていました。資金を調達して、それを元手に商品を仕入れ、給与を支払い、必要なものを購入して、売上を上げて利益を確保し、お金を獲得します。そのお金でまた商品を仕入れ、給与を支払い、必要なものを購入して、売上を上げて利益を確保し、・・・。このような循環を継続させることが経営で [続きを読む]
  • 講師の季節
  • 当ホームページに、セミナー・研修の実績を掲載していますが、ちょうどこの時期、夏の終わりごろからセミナー・研修講師の仕事が多くなります。この講師というお仕事、私にとって実は「楽しい」仕事の一つでして・・・。受講される方々がどのような方々で、どのようなことを期待して受講されるのかについて、出来るだけ事前、実施中でも把握しようと心掛けています。そして専門用語をなるべく使わず、的を絞って、いかに分かりやすく [続きを読む]
  • 泉州の新たな自慢「水なすのピクルス」
  • 先日、創業講座(大阪府商工会連合会主催)の講師を務めてきました。今回はゲストとして、水なすのピクルスを製造販売していらっしゃるNSW株式会社の西出社長を招き、パネルディスカッション形式で事業内容についてお話をお伺いしました。該社は元々大阪泉州地域の地場産業であるワイヤーロープメーカーでしたが、業界自体が厳しい状況にあり、4代目の西出社長が第二創業で水なすピクルス事業を始めました。「ワイヤーロープメーカ [続きを読む]
  • 誇るべき企業
  • 先日、CSRに係る取り組みについてヒアリングを行うために、私の生まれ故郷である泉州地域の企業さん2社にお邪魔してきました。地域に密着した中小企業さんです。CSRについて見識が深いわけでもなく・・・ですが、お話をお伺いしていると、「素晴らしい」の一言でした。CSRとは「Corporate Social Responsibility」の略で「企業の社会的責任」のことです。「企業=社会の一員」であり、社会的ルールを守り、出来る範囲で社会に貢献す [続きを読む]
  • 意味なき連携
  • 企業同士の交流会等において、例えばお互い収益が低迷しているので連携して打開策を見いだせないかとうやり取り。当社はこういうことが得意で・・・、当社はこういうことに困っていて・・・。これって「自社の状況」について意見交換しているだけですよね。そうなると次の展開は、例えば得意なモノを持ち寄って「商品開発」という話になるものの、「誰に売るのか」という点を特に突き詰めぬまま、結局実現せずみたいな結果に・・・。何が言 [続きを読む]
  • 寂れゆく町
  • 人口減少、高齢化、商店の減少、・・・。寂れゆく町・・・。そのような地域を何とか盛り上げようとして、例えば観光資源の発掘による人集めを図る。じゃあ、観光資源って何があるの?発掘って誰がするの?どうやってするの?いや、そもそも寂れゆく町を盛り上げる必要はあるの?様々な立場の人間が、それぞれの立場で考える。私の立場としては、事業者の経営力が高まり、収益が向上し、雇用が確保され、さらに雇用が生まれれば申し分ない [続きを読む]
  • コミュニケーションの在り方
  • ある経営者から「従業員教育について悩んでいる」というご相談がありました。まず、どのような教育制度があるのかをお伺いしたところ、特に制度というものは無く、入社後は各部門任せになっているということでした。まず新入社員研修として、社会人マナーや会社のルールである就業規則研修等を実施してみてはどうかと助言しました。まあ・・・そのようなことをあれやこれやとお話しているうちに、従業員とのコミュニケーションの話に [続きを読む]
  • 根拠があれば
  • 「この商品、売れてるからもっと仕入れてほしい(作ってほしい)」営業マンからの要望、これに基づいて追加発注(生産)した方がいいのでしょうか?「根拠があれば」OKだと思います。「根拠」とは、売れる確率が高い状況のことを指します。例えば、ある顧客の「在庫があれば買うのに・・・」という「もしも・・・ならば」的なものを根拠に、営業マンが要望しているのであれば、これはNGです。営業マンは、そういった顧客の発言の根拠を、 [続きを読む]
  • 顧客の姿は見えていますか?
  • 「売りたい商品」がある場合、どのように売ればいいのか?に目が向くようです。先日、「売り方が分からない。私に合った売り方を教えて欲しい」という相談がありました。私はその方に対して、以下の質問をしました。●どのような人に買って欲しい(使って欲しい)ですか?●その人に買って欲しい(使って欲しい)理由は何ですか?「売りたい商品」がある場合、売り方を考える前に、●誰に買って欲しい(使って欲しい)のか?●なぜ [続きを読む]
  • 創業支援について
  • お盆真っただ中の8月15日(火)、岸和田商工会議所で職員さん向けに研修をさせていただきました。私事ですが、岸和田は高校時代を過ごした懐かしの場所です。久しぶりの岸和田に少しウキウキしながら、研修会場に入りました。テーマは「創業支援について」。起業・創業に係る相談者に対して、どのように支援していけばいいのかをお伝えしました。2017年中小企業白書によると、起業準備に着手しない・起業しない理由として、●経営 [続きを読む]
  • 垂直看板
  • 歩道沿いにあるお店の看板を見ていると、前に行くまで何を取り扱っているお店なのかがわからないということが稀にあります。どういうことかと言いますと、お店正面看板は立派なものが設置されているのですが、歩く人に対して垂直な看板がないということです。垂直看板がある... [続きを読む]
  • 競争戦略12〜集中戦略〜
  • 最後の戦略は特定の標的顧客(特定のグループや特定の地域等)に集中して資源を投入する戦略です。この結果、特定の標的顧客に対して差別化が実現できたり、低コストを実現できます。確かに業界全体を対象としている他の2つの戦略と比べると影響力も利益も小さいものの、コストは大きくはないので?顧客の選定さえ間違わなければ確実に利益を確保できます。逆に、低い収益性しかもたらさない顧客を選定してしまうと利益を確保でき [続きを読む]
  • 競争戦略11〜差別化戦略〜
  • 他社と差別化を図る戦略です。差別化は技術や製品そのものだけではありません。ポーターの指摘する差別化には以下のものがあります。●製品設計の差別化●ブランドイメージの差別化●テクノロジーの差別化●製品特長の差別化●顧客サービスの差別化●流通の差別化業界全体を対象とした戦略ですので、差別化を行うことはコストもかかることになります。このコストはお金だけではなく時間も含まれます。コストとのバランスを考えなけ [続きを読む]
  • 競争戦略10〜コストリーダーシップ戦略〜
  • ライバルより1円でも安く製品をつくる戦略です。経験曲線や規模の経済性を働かせれば低コストで製品をつくることができます。ちなみに低コストで製品をつくることができない状態にも関わらず、赤字覚悟で低価格戦略をとることを意味していません。コストリーダーシップ戦略は、コスト管理をしっかり行い、効率のいい販売をストイックに追求する必要があります。ただコストリーダーシップ戦略を実現するのは大変です。低コスト実現 [続きを読む]
  • 競争戦略9〜3つの基本戦略〜
  • 前回まで、自社の属する業界における競争状況について、5つの競争要因の視点で見てきました。次にやるべきことは、そのような競争状況の中で、自社はどのように生き残るのかを考えることです。つまり自社の競争戦略を立てることになります。競争戦略は以下の3パターンがあ... [続きを読む]