中小企業診断士 長元耕司 さん プロフィール

  •  
中小企業診断士 長元耕司さん: 経営支援オフィス ビジネスサポートオフィスつくる
ハンドル名中小企業診断士 長元耕司 さん
ブログタイトル経営支援オフィス ビジネスサポートオフィスつくる
ブログURLhttp://support-tsukuru.officeblog.jp/
サイト紹介文経営や仕事に関わる情報を中心に発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 97日(平均3.3回/週) - 参加 2017/02/20 22:54

中小企業診断士 長元耕司 さんのブログ記事

  • 成長戦略2〜市場浸透戦略〜
  • 既存市場(既存顧客)に対して、既存製品・サービスを提供する戦略です。つまり市場も製品・サービスも変更せずに、成長機会をとらえる戦略です。例として、以下の方法があります。●購入が1〜2回程度、いわゆる新規顧客を固定客化する。何度も足を運ぶ飲食店ってありま... [続きを読む]
  • 成長戦略1〜成長ベクトル〜
  • 企業は継続し、成長・発展を続けていくべき社会的存在であると考えます。なぜなら企業は、顧客のお困り・お悩みを解決するために商品・サービスを提供し、その対価を得て収益を上げ、従業員を雇用し、税金を納めるという、まさに社会の一躍を担う存在だからです。ではここで... [続きを読む]
  • 経営戦略策定プロセス7〜SWOT分析②〜
  • 本日はSWOT分析の実施ポイントについてお伝えします。1.強み・弱み・機会・脅威を抜き出すときは、動詞・形容詞で終わる。×離職率の高さ・・・高いのか低いのかが分からない。○離職率が高い・・・高い状態であることがはっきり分かる。2.強み・弱みは、競争相手と比... [続きを読む]
  • 経営戦略策定プロセス5〜競合分析〜
  • 先日まで、自社分析と顧客分析をお伝えしました。本日は、競合分析です。顧客は常に「比較」をして購入するモノを決めています。そこには「購入の決め手」が存在し、数ある企業の中で顧客には「自社」を選んでいただく必要があります。そのためには敵である「競合」の実態を... [続きを読む]
  • 経営戦略策定プロセス2〜3C分析〜
  • 経営戦略の策定に必要な情報は、大きく分類すると、1.自社(Company)についての情報2.顧客(Customer)についての情報3.競合(Competitor)についての情報となります。つまり自社・顧客・競合を分析することからスタートします。この分析のことを頭文字をとって「3C分... [続きを読む]
  • 成長の踊り場
  • 企業のライフサイクルってどんな感じだろう?というふうに考えますと・・・。まず今まで世の中になかった革新的なビジネスで起業したとします。世の中にないものですから、ライバルもいないし、顧客の数も限られてはいるものの、ニッチな部分で独占的です。しかし顧客が広がりを見せてくると、今の生産能力と営業能力では増加していく需要に対応できないので、設備増強と人員増加という決断を迫られます。そしてライバルも出現し、 [続きを読む]
  • 中小企業白書、小規模企業白書
  • 中小企業の動向などを毎年公表したものに「中小企業白書」、小規模企業の動向などを毎年公表したものに「小規模企業白書」がありますが、2017年度版が4月21日に公表されました。最近の中小企業や小規模企業の動向について、中小企業景況が緩やかな改善傾向にあるものの、設備投資や売上高の伸び悩みといった課題に直面していることを明らかにした上で、中小企業のライフサイクル(起業・創業、事業の承継及び新事業展開によ [続きを読む]
  • 健康増進のススメ
  • 増加する医療費。現在は40兆円を超しています。そのうち生活習慣病治療構成比は3割。生活習慣病は健康管理で予防できるもの。健康診断後の健康指導の仕組みがあるものの、運動をして健康増進に努める人は多くはないようです。私もその一人・・・。国民一人一人の摂生が、医療費を抑制し、財政を助ける、どこまで意識的に生活できているでしょうか。ここで一つ、企業の取組みをご紹介。健康増進策を公約し、それを実現できればご褒美が [続きを読む]
  • 不正融資
  • 経済産業省と財務省は、不正な融資を繰り返していた商工組合中央金庫(商工中金)に行政処分をする検討に入りました。経営が悪化した企業に融資する「危機対応融資制度」で、経営がそれほど悪化していないにもかかわらず、融資先の売上高や粗利益等の数値を融資条件に見合うように改ざんしていたとのこと。35支店で99人が816件の不正行為をしていました。融資残高を増やすために、上司から事実上のノルマを課せられ、それがこの不 [続きを読む]
  • 日本マクドナルドの意地
  • 米マクドナルドは、期限切れ鶏肉使用問題による業績低迷でかつてグループ全体を支えた日本をいったん見捨てましたが(保有する日本マクドナルド株55%のうち33%を売却する方針を表明していた)、日本マクドナルドホールディングスの株式売却を凍結すると表明しました。理由は、日本マクドナルドが意地の改革で、海外部門をけん引するまで業績を回復させたからです。株価が高止まりしており、売るに売れないのが本音でしょう。日本 [続きを読む]
  • 長所を活かす
  • 「人の長所を見つけ、それを活かそうとする気持ち」。「組織」において、経営者や部門長、さらに同僚間で必要な気持ちではないかと思います。「褒める」ということが人間関係において必要であるとよく聞きますが、「人の長所を見つけ、それを活かそうとする気持ち」の無い「褒める」行為は何の意味もないと思います。「褒め方」というテクニックを磨いても効果のない方、ご自身の「気持ち」を見つめ直してみてはいかがでしょうか。 [続きを読む]
  • 工夫する、やりくりする、考える
  • ビジネスの現場で感じることは、「工夫する」「やりくりする」「考える」という行為が少ないということ。「忙しくて、人が足りないから増員をして欲しい」。まずは現在の人員で何とかやりくりする工夫を考える必要があると思います。営業担当者に1年間の売上高・粗利益予算を割り振ると、各営業担当者は得意先ごとに予算の設定を行い、どう予算を達成するか考えているかどうか。「どうしたらいいですか?」と質問されれたとき、「 [続きを読む]
  • ESG投資
  • ESG投資ってご存知でしょうか?環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)に配慮している企業を重視・選別して行う投資のことをいいます(以下)。・環境…二酸化炭素の排出量削減や化学物質の管理 等・社会…人権問題への対応や地域社会での貢献活動 等・企業統治…コンプライアンスのあり方や情報開示 等国際連合が2006年、投資家がとるべき行動として責任投資原則を打ち出し、ESGの観点から投資するよう提 [続きを読む]
  • 再生請負人
  • 先日、ターンアラウンドマネージャーをなさっている方々のお話をお伺いする機会がありました。ターンアラウンドマネージャーとは、経営破綻しかけている企業を再生させることを目的として、経営者として登用される人材のことを指します。企業の再生請負人といったっところでしょうか。非常にストレスの大きい仕事です。当該企業の外部から経営者として登用されるわけです。既存の経営者や従業員が「こいつ何者だ?」という目を持つ [続きを読む]
  • 団地の課題解決
  • 都市再生機構(UR)子会社で団地の管理事業を手掛ける日本総合住生活(JS、東京・千代田)が、セブンイレブンとフランチャイズチェーン(FC)契約を結び、コンビニを運営します。 団地は、1960年代〜70年代に都市部の郊外で本格的に建設されました。そしてミニスーパーや生鮮食品店、酒屋、米屋、本屋、理髪店、飲食店等が一通り揃っていましたが、それらも今や時代の波に淘汰され・・・。 住民の高齢化が進行、買い [続きを読む]
  • ふるさと納税
  • 総務省が全国の自治体に対し、ふるさと納税に対する過度な返礼品(寄付額の3割超)を是正するよう要請しました。ふるさと納税は、そもそも自分の出身地や興味ある地域へ寄付し、都市と地域の税収格差を縮める目的で始まりましたが、単純に「返礼品が欲しいから」という理由の方々も多く・・・、まるでネット通販?しかし、地域の事業者にとっては自社の商品をPRするチャンスですし、自治体も地域のPRのチャンスです。総合的な視点で [続きを読む]
  • 補助金を活用するにあたっての留意事項
  • 前回ご紹介した「小規模事業者持続化補助金」、販路開拓等の経費に対する補助金ですが、ご注意いただきたいのは「順序を間違えないように」ということです。「補助金がもらえるから、ホームページを作ろう、チラシを作ろう」ではなく、「ホームページが必要、チラシが必要だけど費用負担が・・・という経営状況の中、補助金が公募されたから申請しよう」というかたちが望ましいということです。経営方針に則って経営を行う中で、浮き [続きを読む]
  • CSR経営
  • CSRとは「Corporate Social Responsibility」の略で「企業の社会的責任」のこと。「企業=社会の一員」であり、個人と同じく、社会的なルールを守り、出来る範囲で社会に貢献する責任を負っています。社会との良好な関係を保ちながら活動することが、企業自身の長期的な発展につながります。ここでいう社会とは「ステークホルダー(利害関係者)」すなわち「企業活動により直接的・間接的に影響を受ける関係者(顧客・従業員・株主・ [続きを読む]