バナナロールケーキ さん プロフィール

  •  
バナナロールケーキさん: banana-rollcakes's diary
ハンドル名バナナロールケーキ さん
ブログタイトルbanana-rollcakes's diary
ブログURLhttp://banana-rollcakes.hatenablog.com/
サイト紹介文30代主婦が、 その日あった出来事を綴っていくブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 68日(平均13.0回/週) - 参加 2017/02/21 09:34

バナナロールケーキ さんのブログ記事

  • モラ夫の記録(2017.4.29)
  • 朝、モラ夫からメールがあった。今日と明日は休みです。どこかに行きたいです。どうしますか?この他に、連休中の仕事の予定や、連れ子に渡す為に、まとまったお金を引き出したことを報告する内容が綴られていた。 私 :風邪をひいて外出は難しいです。    良くなったら連絡します。モラ夫:わかりました実際に、娘は酷い鼻風邪で、昨日病院に連れて行ってきたところ。モラ夫が「どこかに行きたい」って言ってきた [続きを読む]
  • 今朝の新聞記事
  • 今朝。モラ夫が住む十和田のアパートの近くで交通死亡事故があったんだ・・・って、コーヒーを飲みながら、ぼんやりと新聞記事を読んでいた。その隣の記事に目を向けたら、見慣れた親戚の名前。そして、意識不明の重体の文字。情報を知る親戚に連絡を取ったら、病院で手術したけれど、かんばしくない状況だって。イヤだよ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 夏タイヤに交換してきたよ
  • 先月買った車(軽自動車)に夏タイヤもついてきて、ラッキ〜★って思っていたんだけどね。ガソリンスタンドに持っていったら、かなりヒビが入っていることが判明。気の利いた店員さんで見積もりを作ってくれて、タイヤ+工賃+タイヤ処分料金=¥36.000で交換してもらってきたよ。この料金が高いの安いのか、初めて車を持った、車の知識の無い私には わからない^^;知識が無いから、某タイヤ店(店長がモラ夫の同級生) [続きを読む]
  • モラ夫の金を食いつぶす
  • 付き合っていた頃、全てモラ夫がお金を出してくれていた。2人でお酒を飲みに行って、私が席をはずしている間に会計を済ませる男だった。お金だけではなく、有言実行する年上の彼(現在のモラ夫)がとても頼もしく見えた。が、娘が生まれてから突然、会計の伝票すら持つことは無くなった。娘を連れてご飯を食べに行っても、2人で飲みに行っても、モラ夫は財布を出すことは無くなった。私が会計を済ませる(と言っても、モラ夫の [続きを読む]
  • 免許の更新に行ってきたよ
  • 今回は午後に行って来たよ。人が少なくて快適^^p.m.2:15からの講習(2回目)を聞いてきたけれど、座席の半分埋まっていたかな?って程度。今回もゴールド免許です。※今まではペーパーでのゴールドね。写真写りのわっるいオバハン顔で出来上がってきました。名前も結婚後の苗字が記載され。これで5年間過ごしますか・・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • モラ夫の記録(2017.4.26)
  • 今朝方。夢の中にモラ夫が出てきた。寝ている私をジーっと見ていた。そろそろ夫婦生活がしたくなったのかも。※第6感が優れている私はわかるよ。昨日モラ夫が「26日は仕事が休み」と連絡してきたけれど、○○したい、××へ行こうなどの意思表示が無し。はなっから会うつもりない私は、モラ夫のメールを無視。その後、私がスマホ購入の報告をすると、モラ夫:わかりました続けて、車の夏タイヤの購入予定を連絡すると、 [続きを読む]
  • (今更)ガラケーからスマホへ
  • 17年間お世話になったD社から、R社の(格安)スマホに乗り換えたよ。操作は何とかなると思っていたけれど、ガラケーとまるっきり違うから苦戦^^;とりあえず、スマホへデータを移し、アドレス変更のお知らせメールを出し、アプリを整理整頓して・・・今回の買い物はカードで一括払い。もちろんモラ夫の金。離婚後の生活を考えて、車を買い、スマホを買い、次は何にしようか?にほんブログ村 [続きを読む]
  • モラ夫の記録(2017.4.24)
  • モラ夫:○日、仕事が休みになりました。と連絡があった。会いたいってこと?モラ夫に娘を合わせるつもりは無い。会うなら、私1人でモラ夫に会うつもり。にほんブログ村 [続きを読む]
  • とにかく眠い私と娘のプールデビュー
  • 朝からとにかく眠くて眠くて。風邪薬のせい?季節の変わり目だから?娘と少し昼寝しても眠くて。夕飯前にちょっと横になったら1時間ほど眠っていたみたい^^;それでも変わらず眠くて。私の母曰く、今まで張っていた気が緩んだんじゃない?そうなのかな?モラ夫から離れて1週間。やっと張り詰めていた気が緩んだのかな?話は代わって・・・今日、私の母が通っているフィットネスクラブのプールで娘がプールデビュー [続きを読む]
  • モラ夫の記録(2017.4.22)
  • 通帳の記帳したところ、モラ夫が30万円を何処かへ振り替えていたことが判明。夕方、娘を八戸市内の未就園児教室に通わせる報告と、30万円の行方をメールで問い合わせたところ、連れ子の学校の入学金の一部と返事が来た。聞かなければ答えないところに腹が立つ。今日は仕事が休みだったはずだけど、モラ夫から連絡は来なかった。先週私に「虐待まがい」と言われ、娘を連れて(勝手に)実家に帰った私に連絡する必要などないか [続きを読む]
  • モラ夫から連絡は来なかった。
  • 私の誕生日の日。モラ夫からお祝いのメールは来なかった。期待していた、心のどこかで。でも来なかった。夫婦生活の最中のモラ夫の「愛している」「好きだ」の言葉に意味が無かったことがこれで理解できた。モラ夫からのモラハラ被害にあってから、私は我慢し、自分を見直し、一生懸命に壊れた夫婦関係を修復しようと努力してきた。あーすれば良かった、私の我慢が足りなかったなどの悔いは一つもない、と言い切れるほど関係修復 [続きを読む]
  • 気持ちが進まない日
  • とても明るく前向きな日もあれば、気分が沈み、誰にも会いたくないほど消極的な日もある。今日は楽しいけれど、考えは後ろ向きな日で、実家暮らしを進めるため情報を集めているが気持ちが進まない。その上、涙が出てくる。どこから流れてくる涙なのかわからない。誰かに背中を押して欲しい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • モラ夫から受けるストレス
  • モラ夫から受ける強いストレスから私は夜寝ている間、爪を噛んでいるらしく、トイレに起きた時、指先の痛みに気付く。大人になってから爪を噛むことは無くなっていたんだけれど。ボロボロになった爪を見て、モラ夫と会話をしても、しなくても、一緒に居るだけで強いストレスを受けていたことに気付く。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 交際中、モラハラを見抜けなかった
  • 今思えば、モラハラ要素はあった。が、当時の私は、モラハラという言葉すら知らなかったから、わからなかった。モラ夫と私は年齢がひと回りちょっと離れている。また、元々、モラ夫と私は経営者と労働者の関係だったので、主従関係のまま過ごしてきた。その間、小さな喧嘩、大喧嘩をしてきたけれど、99%優しくて、年上が故に頼れる人だったから、嫌いな部分(1%)は自己反省し、受け入れ難い部分は目をつぶって済ませてきた [続きを読む]
  • モラ夫と娘を離す
  • 私1人ならモラ夫と婚姻生活を続けるだろう。しかし、2歳の娘がいるとなると話は別。モラ夫はすでに、娘を手懐けようと優しく接し、誘導するように話しかけ、興味を引くようなことを見せ、怒ることはほとんどせず、面倒なことに直面したらその場から逃げ出している。モラ夫と娘が過ごす時間はそう長くないが、このまま娘がモラ夫に手懐けられ成長してしまったら、娘はモラ夫の表情一つで操られてしまうだろう。そうさせない為に、 [続きを読む]
  • 離婚に踏み切れない
  • モラ夫から離婚届にサインしてもらい、さっさと離婚するつもりが、なかなか出せずにいる。理由は、娘の養育費が欲しい。モラ夫の主張は、養育費を払わない。娘と面会しない。<手取り>30万円前後<賞与> 年2回60万円くらい決して安月給ではないモラ夫が払えない訳が無い。通帳に残っている貯金(100万円ちょっと)を引き出し、それで離婚成立としようとも考えるけれど、わだかまりが残る。離婚調停も考えた。 [続きを読む]
  • 自分の限界を超えていた
  • ・娘の前でノンアルコール飲料を飲み、 娘の興味を引かせ、 娘が飲みたがる素振りを見せたら、飲ませようとする。 ※ノンアルコール=アルコール0%という訳ではない。・パソコンのプリンターのコピー機能を使って、 手のコピーを取って遊ぶ。・1才過ぎて間もない頃。 ハサミに興味を持った娘にハサミを使わせる。 ※モラ夫が付き添っていたが、娘の年齢を考えれば違和感モラ夫の娘との遊び方・接し方を「あり」と [続きを読む]
  • モラ夫の記録(2017.4.16)
  • 朝食を食べ、何処かへ出掛けたかったモラ夫。私は眠気に襲われ外出気分でも無かったので、溜まっていた録画鑑賞。出掛けたいモラ夫は娘を連れて駐車場に行ったり、部屋に戻ってきては洗濯していた。そんな中、モラ夫は自分の寝室で娘に、モラ夫:風が強いね。    でも何処か出掛けようか?何度も娘に聞いていた。よく聞こえなかったが、娘にコソコソ話をしていた。パソコンでイベント情報など調べたり。そしてモラ夫は、モ [続きを読む]
  • 今日も実家に泊まっちゃえ!
  • モラ夫がいる十和田に戻ろうかと思ったけれど、土曜日の午前中はモラ夫が仕事だった(はず?)ことを思い出し、また、今晩あたり、夫婦生活がしたくて私が寝ている隣に来るのが目に見えているから、今日も実家に泊まることにしました。モラ夫には、「体調崩した。今日も八戸に泊まります」とテキトーな理由を送信。※モラ夫にコントロールされている頃は、この程度の嘘もつけなかった。モラ夫:わかりました。と返事。今晩も [続きを読む]