ハチ さん プロフィール

  •  
ハチさん: はちみつろく
ハンドル名ハチ さん
ブログタイトルはちみつろく
ブログURLhttp://noncesole.space/
サイト紹介文30代、9歳年下のイタリア人男性と国際恋愛→失恋→ドイツ人男性と刺激的な大人の主従関係にいます
自由文地方都市在住。日本で会社員として働く30代。9歳年下のイタリア人男性と国際恋愛するもあっさりとフラれ拍子抜けの失恋から束の間、友達だったドイツ人男性と体の関係になりました。友達以上恋人未満、彼とちょっぴり刺激的な大人の主従関係にいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 150日(平均3.2回/週) - 参加 2017/02/21 13:23

ハチ さんのブログ記事

  • イタリア君と日本君にドイツさん加わる
  • 数年前、イタリアの女友達に、「ねえ、どうして日本の男の人は腕に毛がないの?」と真顔で聞かれたことがあります。私は日本人男性の腕に毛が「ない」と思ったことはありませんが、そのイタリア女子にはそれが薄すぎて見えていないようなのです(^^;)「こっちの(イタリアの)男にはみんなあるのに、日本の男性は女性のようにきれいにしているわね!」彼女は完全に彼らが剃っていると思っていたようですが、どうなんでしょうね [続きを読む]
  • ベルギー人の友達がお尻をぷりっとしてきました
  • 一体何がしたいのか、今年4月に日本に旅行に来ていたベルギー人の友達が変な写真を送ってきました。彼のご両親の自宅で撮った写真のようなのですが、プールサイドでお尻丸出しどころか全裸でポーズまで決めている写真です。「君への誕生日プレゼントだよ」と自慢げに言うのですが、要りません・・・( ̄- ̄;)誕生日でもないし、ネタとしては面白いのですが・・・(^^;)関連記事:外国人と歩こう日本の観光スポット<大阪編> [続きを読む]
  • あなたとSkypeをするのですか?
  • ドイツさんの企みは突然にやってきました。仕事が終わって家でくつろいでいた時でした。LINEで「ハチが見たい。Skypeしようよ」と言ってきたドイツさん。わざわざSkype でビデオチャットする距離でもないでしょうと思いましたが、もしかしたら今週会えなくてドイツさんも寂しいのかな?気を使ってくれているのかな?可愛いところあるじゃないですか、と私仕様の妄想でひとり盛り上がり、ドイツさんにSkype IDを渡して清く了承した [続きを読む]
  • いつもと違うイタリアからの国際郵便
  • 奇跡を見てしまいました。昨夜イタリア人の女友達から荷物が届いたのですが、発送が6月28日、不在で1日受け取りは遅れましたが、約12日でイタリアから届いたのは快挙です。友達からは、「郵便局の人が教えてくれたんだけど、今日使ったサービスだと早めに日本に着くらしいの。多分2週間くらいよ!」と言われましたが、友達も私も2人とも半信半疑でした。だって遅れることが普通のイタリアですもの。これまで日本−イタリア間は普通 [続きを読む]
  • ドイツさん、夏バテになる
  • ドイツさんが暑い、疲れた、と文句をたれています。最近は暑さで何もやる気がないようなので、今週は会うのをやめようということになりました。彼は日本に来て10年・・・とはまだいきませんが、そこそこの年数が経っているので日本にはかなり慣れていらっしゃいます。それでも日本の夏はドイツさんにとってキツい季節のようです。私の住む場所は何年か前まではエアコンをほとんど使わずに扇風機だけでも夏を乗り切ることができまし [続きを読む]
  • KenはBarbie(バービー人形)のボーイフレンド
  • イタリアの女友達が緊急だというのでメールを開いてみると、Cipolla guys がついにKen に。・・・ちょっとゴツめの浦島太郎にしか見えないのですが・・・(^^;)Cipolla guys の関連記事:イタリア人の彼の髪型人形と言えば、メルカート(イタリアの市場)で人形を展開しているコーナーは少し怖いものがあります。中古の人形やおもちゃを取り扱っているのを何度か見たことがあるのですが、陳列の仕方とか人形のコンディションと [続きを読む]
  • I’ll tell you exactly how much you’re allowed to be
  • 私はドイツさんを怒らせてしまうことがたまにあります。私の欠点はたくさんあるのですが、その中で大きなものを挙げるとすると優柔不断、流されやすい、人の顔色を窺いすぎる、です。物事をなかなか決めることができなかったり、流されやすいのは、主導権を握ることが大好きなドイツさんにとっては好都合です。彼は自分で決めたい人で尚且つ即決即断の人なので物事はすいすい運びます。私の分ももれなく決めてくれるのは優柔不断の [続きを読む]
  • ドイツさんとの一日を追う
  • ドイツさんのセフレになった私は月に数回ドイツさん宅におじゃまするようになりました。週末の夜に会いに行って、お泊りをして次の日の夜まで一緒に過ごすというのが私たちの間ではお決まりのプランになってきています。そのため毎回1泊分の荷物を持っていくのですが、これがちょっとした旅行気分にもなれるのでいい気分転換にもなっています。ドイツさんの支配欲、これはSというのでしょうか。よくわからないですが、多分そうだ [続きを読む]
  • イタリア人の友達と心理テスト
  • 最近のイタリア人の女友達の流行は、色や花、漫画や映画のキャラクター、絵など、提示されている中から自分が選んだもので性格診断ができるというもの。小学生くらいの頃に雑誌のコーナーで「もし無人島に持っていくなら・・・」という心理テストや、いくつかの質問にYES/NOで答えて進めていくチャート式の心理テストがあって友達の間やクラスでも流行りました。なんだか懐かしいです。「ねえハチ、緑と青と紫が好きな私の性格って [続きを読む]
  • ぐうたらな腸に良い小麦ふすまのブランシリアル
  • 私には好きなシリアルがあります。それは小麦ふすまを使ったシリアルです。以前はオーガニックミューズリー ファイバーという商品をずっと食べていました。甘さ控えめのミューズリーでラズベリーの酸味とも合っていておいしいのですが、最近スーパーで見かけて以来、別のシリアルにハマっています。それは日清シスコの1日分の食物繊維 ブランシリアルです。ドライフルーツや他の穀物フレークがミックスされたグラノーラやミューズ [続きを読む]
  • ネイルをしない女がセルフネイルをはじめました
  • 最初に言っておくことがあります。私は細かいところまで手を回せる女ではありません。アクセサリーなんて冠婚葬祭でネックレスをするくらいです。ピアスもしないし、髪を巻くこともヘアアレンジもしないですし、メイクはマスカラも塗りません。つけまつげやカラコンもしたことはありません。レーザー脱毛に行き始めたのも毎日ケアするのが面倒だったというのが一番の理由です。ネイルに関しては女の自己満足のためにするものだとと [続きを読む]
  • 手加減をぜひ・・・この筋肉痛は初体験です
  • ランニングをしたわけでもなく、ハードな筋トレをしたわけでもなく、過度の運動をしたわけでもありませんが、筋肉痛になりました。部位はお尻。腰の辺りや太ももの裏側とかでもなく、尻たぶなんです。最初は歳のせいなのかもしれないと思いましたが、加齢で尻たぶが痛くなるなんて話は聞いたこともないので、絶対に何か他に原因があるはずだと考えると、思い当たる節があったのはドイツさん。たぶん、間違いないなく彼が原因・・・ [続きを読む]
  • Master and Toy
  • 以前ドイツさんにとっての私とはどういう存在なのかを記事にしたときに、私は「モノ」であると書きましたが、そのあたりを彼に実際のところどうなのかと聞いてみると、私の位置づけは「Toy」らしいのです。好きなようにできるからというのが理由なようです。どっちも差ほど変わりませんのでほぼ予想通りということでしょうか・・・。当たっても何も嬉しくないのですけどね(^^;)しかし、よく人に面と向かってToy だとか言える [続きを読む]
  • ドイツさんの怪しいところ
  • ドイツさんの寝顔を見てふと思いました。寝顔だけは天使だなぁと。とくに朝はカーテン越しの柔らかい光と勝手にコラボレーションなんかしちゃってもう、ため息が出ます。イメージとしては少女漫画に出てきそうな爽やかな青年とか、純粋無垢な聖歌隊の少年のようなキレイな顔をして眠っています。起きていなければずっと見ていたくなるような人なのですが、口を開けば一瞬にしてイメージ崩壊、勿体ない人です。だけどそう思うのは私 [続きを読む]
  • お腹のぜい肉を摘ままれて見つめる
  • 最近の体重のピークは今月初め。今年2月にダイエットをしないとダメだと思い立ってからスローペースで少しずつ減量はできていたのですが、リバウンドしてしまいました(^^;)今の私の体重がどれくらいかを参考に書きますと、日本人が想像するであろう普通体型より太っている私の現状をBMI(ボディマス指数)で言うならば今26です。これは「やや肥満」に該当します。イタリア人の彼と一番上手くいっていたときは23くらいだったの [続きを読む]
  • 計画的な友達と生き方の下手な私の違い
  • 先日、日本人の友達から出産報告が届きました。母子ともに健康で何よりです。彼女は別の県に住んでいるので落ち着いたころに様子を見に行こうと思っていますが、出産報告を受けたときの私の気持ちは少し複雑でした。もちろん嬉しいのですが、私の今の状況は決して良いわけではなく、人様に堂々と話せるものでもなく、「最近どうしてる?」と聞かれても「相変わらず元気にしてるよ」としか言えません。本当は彼氏にフラれて別の男の [続きを読む]
  • ドイツさんの「好きに使う」の意味
  • ドイツさんの言葉はストレートです。「好きに使う」と言われたことは気になってはいたのですが、やっぱりそのままで、ありのままのドイツさんでした。普通は人に向かってそんなことを言うのは失礼ですから言わないと思いますが、私に対してはそれを平然と言ってのけるドイツさん。私はそれに慣れてしまっていますが、言われると「何、この人」とムッとしますよね(^^;)そしておそらく世のほとんどの女性は私がドイツさんにされ [続きを読む]
  • 年の差から身長差へ
  • イタリア人の彼が恋人だった時は彼が年下で私とは9歳の年の差がありました。現在セフレのドイツさんは私より3歳年上というだけなので年の差はあまりありませんが、身長が190cmを優に超えるので私との差が42cmもあります・・・。過去に関係のあった彼氏はみんな175cm前後でしたので、彼らよりももっと背丈のあるドイツさんとは新しい発見がいくつか見つかりました。鮭とマグロまずドイツさん家にお泊りするときに、彼がときどき私を [続きを読む]
  • 地球の裏側から恋愛アドバイス
  • Livemocha の頃から友達のブラジル人の女の子。当時は16歳だったのに今やもう21歳、というかまだ21歳・・・。彼女が3年半付き合っていた恋人と別れて大変だった時期に読んだという本を私に教えてくれました。彼女はFacebook にいろいろと写真をアップしていたので私もその彼を写真で知っているのですが、二人とも美男美女でいつも笑っていて幸せそうだなぁと思っていただけに「別れたの」と聞いたときはショックでした。彼女のおす [続きを読む]
  • スプリング/サマー(春夏)のパーソナルカラー
  • パーソナルカラー診断をしてもらったのが早8年前。当時はるばるそのために大阪まで出向いて「おばあちゃんになっても可愛らしくいられますよ」と言われた私は春夏タイプです。今年も早6月に入り、この辺りの季節は私に似合う色たちが得意な時期です。とても嬉しいのですが、私の場合ピンクをトップスに持ってくると見た目が劇的に老けて見えるのは何故でしょうか。春色のコーラル系ピンクが全然似合いません。まあ元々ピンクが似合 [続きを読む]
  • 30代の友達以上恋人未満
  • ドイツさんと私はただの友達から友達以上恋人未満の関係、いわゆるセフレになりました。これは恋愛の枠には入らないかもしれませんが、なぜか私は不毛な恋愛(男女関係)を選んでしまう傾向にあるようです。始まりから望み薄だったイタリア人の彼との遠距離恋愛が終わってまだ2週間、新しい「恋人」ではなく「男」ドイツさんとの関係は、これ以上の発展を期待しないでいい分、以前のように心配して毎日を過ごすということはないの [続きを読む]
  • 不意打ちからの新展開
  • イタリア人の彼とのことでドイツさんに借を作ってしまった私。何かお返しをしないといけないなぁと思っていました。今週末はドイツさんも「暇だ」と言うので、今になって渡すならもう少し包装にこだわれば良かったかなぁと思いますが、彼の好きな生ハムとチーズを手土産に持ってドイツさん宅に伺うことにしました。ドイツさんは「ありがとう」と言ってそれを冷蔵庫に入れると、「あの夜のこと(私がフラれた日)を覚えてる?俺に貸 [続きを読む]
  • たくさんと1粒の威力
  • フィリピンに住む友達から荷物が届きました。何が入っているのかなぁと箱を開けてみると、たくさんのお菓子が!太ること間違いなしですがうれしいです(^^)その中で気になったお菓子がひとつあります。それがこちらの一口サイズの小さなお菓子。友達からは「牛乳を使ったお菓子だよ」と説明を受けましたが、これがとにかくすごいお菓子です。何がすごいかというと、約1.5cm角のこの小さな塊からは想像もつかないほどの胃をもた [続きを読む]
  • 先日の美容皮膚科
  • 約3か月ぶりに予約をしていたレーザー脱毛の施術のために美容皮膚科を訪れました。今回は新しいスタッフさんが担当してくれたのですが、この女性がとても丁寧な人でした。私の通う美容皮膚科では施術のやり方は施術をしてくれる女性スタッフさんによって多少違います。これまでワキ、膝下、V、I、O と脱毛していますが、担当のスタッフさんは日によって変わってしまうので、今まで先生+5人のスタッフさんにプライベートな部分を見 [続きを読む]
  • イタリア女性はやっぱり怖い?止まらない愚痴
  • イタリア人の彼との関係が終わってしまったことをイタリアの女友達に告げないわけにはいかないので先日報告をしましたところ、想像していた通りの反応が返ってきました。前回のイタリア女子との国際会議(関連記事:ゼロ評価になってしまった彼)のパート2といったところです。彼のことを放送禁止用語炸裂で批判し続けるイタリア女子。感情先行型の彼女たちとはいっしょにいて飽きることがありません。そして「そこまで言わなくて [続きを読む]