aya さん プロフィール

  •  
ayaさん: 絵本、ときどき、英語絵本
ハンドル名aya さん
ブログタイトル絵本、ときどき、英語絵本
ブログURLhttp://abcdehon.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文医者のパパと看護師のママで年間のべ千冊以上読みきかせ中♪絵本や英語絵本、絵本育児をご紹介しています。
自由文子どもと一緒に絵本の世界を満喫中〜絵本好きが高じてブログ始めました。おすすめ絵本、英語絵本、絵本育児をご紹介。赤ちゃん絵本もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 61日(平均6.8回/週) - 参加 2017/02/21 13:50

aya さんのブログ記事

  • 科学の芽が育ってる♪我が家のファースト科学絵本
  • 最近の長男のお気に入りは、自然科学系の絵本です。もともと数字や時計が大好きな理系っぽい長男。先日は、「ガソリンは車の外に出て行くの?氷は溶けて水になるの?雪みたいに?」と、消えてなくなる物の行方に関心を寄せていました。おお〜科学の芽が育ってる!!身の回りの色々なことに興味を持つお年頃でもありますね。そんな長男が初めて読んだ自然科学の絵本がコチラ。「まほうのコップ」 原案:藤田千枝 写真:川島敏生  [続きを読む]
  • この春からスタートする?魅惑のお誘い☆絵本の定期便
  • 今日は、どきどきわくわく絵本の定期便のお話です長男が幼稚園に入園したときのお便り一式の中に、絵本の定期講読の案内も入っていました。こんなに。え…こんなにあるの??今までも、福音館やクレヨンハウスや童話館の定期講読があるのは知っていましたが、他にもまだまだ、たーくさんの種類の定期講読があったんですね。しかも、どれも魅力的で…例えば、自然科学系に興味のある長男が好きそうなのが、フレーベル館、キンダーブ [続きを読む]
  • 保育園に預けられて泣く子ども心…「あーんあん」せなけいこ
  • 我が家の次男は、この春から、仕事のある日だけ保育園に通っています。保育園には少しずつ慣れてきたものの…朝預けるときと、お迎えに行って目が合ったときには、毎回泣かれてしまいます…さて、そんな保育園に預けられて泣いてしまう子どもをテーマにした絵本が、せなけいこさんの「あーんあん」です。「あーんあん」せなけいこ作・絵 福音館書店「あーんあん」は、保育園に行くのはいいけれどお母さんが帰るのは嫌だと、子ども [続きを読む]
  • 衝撃☆外科医の選んだ絵本
  • 我が家のパパは、外科医です。そのパパが絵本選びをしたときの、びっくりエピソードがあります。先日のこと。いつもは母子で図書館に通っていますが、初めてパパ&長男のペアで本を借りてきました。そのラインナップがこちら↓「ねずみのいえさがし」「ねずみのともだちさがし」「よかったねねずみさん」「まいご」「おなかのかわ」「あかずきんちゃん」このうち、息子(3歳)が選んだのは、「ねずみのいえさがし」「ねずみのともだ [続きを読む]
  • ついにこの日が☆長男の入園式と「てんとうむし」
  • 今週は、長男の幼稚園の入園式がありました今まで、ほとんどずーっと、お母さんとベッタリ一緒にいたわが子。この春、ついに親元を離れます。制服を着てお友達と並ぶ姿は、やはり感慨深いものが…と思ったのも束の間、人混みの中迷子になったり、何度もトイレに行ったり、下の子がぐずったり…感傷に浸っている余裕もなく終了しましたともあれ、入園式は楽しかったようで、これからの園生活も楽しみですあいにくのお天気でしたが、 [続きを読む]
  • 絵本育児のその先に 〜子どもの将来〜
  • 大きくなったら何になるかな?我が家は、パパは医者でママは看護師二人とも医療従事者ですが、子どもたちには決して医療の道に進んで欲しいと期待しているわけではありません。(進んでくれたら、それはそれで嬉しいし応援するつもりですが)医療従事者の厳しさも痛感していますし、他の職業もそれぞれに魅力がありますし…以前から、パパは「寿司職人になって寿司を握って欲しい」私は「イルカの調教師はどうかな」なあんて、勝手に [続きを読む]
  • 人気のパン屋さんZopfの舞台裏に潜入!「パンができるまで」
  • ページをめくると、ずらりと並んだおいしそうなパンが登場!あれ、このパン屋さん…あの有名店じゃない!?巻末の協力の欄にはやはり…ツォップ(Zopf)の名前が!千葉県にあるツォップといえば、都内から足を運ぶ人も多い有名なパン屋さん。本格的なパン作りに取り組むパン屋の草分け的な存在で、お店はいつも大勢のお客さんでにぎわっています。今回は、そんなツォップの舞台裏を惜しげもなく披露してくれる絵本、「パンができるま [続きを読む]
  • 困った!絵本をビリビリ破る子どもへの対策5つ
  • 小さな子どもの困ったいたずらの一つ、絵本びりびり事件悪気がなくてやっているいたずらでも、子どもが大切な絵本をびりびりに破るのは悲しいですよね。そこで今回は、子どもが絵本を破ってしまったときの5つの対策をお伝えします! 1 毅然とした態度で繰り返し伝える絵本を破るのが悪いことだと分かっていない0歳の赤ちゃんや1歳、2歳の小さな子どもに、善悪の判断を教えるのは大変なこと。厳しく叱る必要はありませんが、 [続きを読む]
  • ボタンを押したい子どもたち集まれ!「ぴんぽーん」
  • 「ぴんぽーん」山岡ひかる アリス館感想・内容紹介♪子どもって、ボタンを押すの大好きですよね。エレベーターのボタン、洗濯機のボタン、電子レンジのボタン、リモコン、インターフォンなどなど…「自分で押したいっ」という気持ちがあまりに強くて大人はびっくりしてしまうほど。こちらが、ついうっかり先に押してしまい、子どもに泣いて怒られる!なあんてことも数知れず…今、1歳次男もボタンブームきてます。戦々恐々です… [続きを読む]
  • 絵本を読むうえで欠かせない「分かち書き」とは?
  • 絵本をじっくり読んでいると、絵本ならではの特長に興味が湧いてきます。今回は、絵本を読むうえで欠かせない、「分かち書き」についてお伝えしますね。分かち書きとは?分かち書き(わかちがき)を大辞林 第三版(三省堂書店) でひくと、「文を書くとき、ある単位ごとに区切って、その間に空白を置くこと。また、その書き方。」と記載されています。実際に例文を見てみましょう。「くまのがっこうの くまのこたちは1、2、3、4…… [続きを読む]
  • 赤ちゃんに読み聞かせ、いつから始める?
  • はじめての絵本の読み聞かせはいつから?赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしたいけれど、0歳の乳児には絵本はまだ早いかな?と躊躇してしまうことがあるかもしれません。でも…読み聞かせを始めるのは、いつでもOKです!もう、0ヶ月でも、妊娠中でも。赤ちゃんはお腹にいるときから、お父さんお母さんの声をちゃんと聴いていますからね。ただし、絵を見て理解できるようになるのは、もう少し後でしょう。その理由のひとつに、視力が挙 [続きを読む]
  • みんな大好き♪「ノンタン」人気の7つの理由
  • みんなの人気者ノンタン♪今から40年以上前、1976年に「ノンタン ブランコのせて」と「ノンタン おやすみなさい」で産声をあげ、2016年には新刊「ノンタン ピクニックららら」も発売されました。(いずれも、キヨノサチコ作 偕成社)書評ではあまり見かけることのないノンタンですが…長年愛されるのには、きっと理由があるはず!そこで今回は、「ノンタン」絵本シリーズの人気の理由を考察します。ノンタンの絵本が人気の7つの [続きを読む]