aya さん プロフィール

  •  
ayaさん: 絵本、ときどき、英語絵本
ハンドル名aya さん
ブログタイトル絵本、ときどき、英語絵本
ブログURLhttp://abcdehon.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文医者のパパと看護師のママで年間のべ千冊以上読みきかせ中♪絵本や英語絵本、絵本育児をご紹介しています。
自由文子どもと一緒に絵本の世界を満喫中〜絵本好きが高じてブログ始めました。おすすめ絵本、英語絵本、絵本育児をご紹介。赤ちゃん絵本もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 97日(平均5.2回/週) - 参加 2017/02/21 13:50

aya さんのブログ記事

  • 意外と知らない厚揚げと油揚げの違いとは?「とうふができるまで」
  • みなさんは、油揚げと厚揚げの違いをご存知ですか?では、薄揚げとは??…私、この度初めて知りました今回は、そんな知っているようで知らないお豆腐の世界を明らかにした写真絵本、「とうふができるまで」をご紹介します!「すがたをかえるたべものしゃしんえほん」シリーズ 1 「とうふができるまで」文:宮崎祥子 写真:白松清之このブログではお馴染み、身近な食べ物の工程を解き明かす「できるまで」シリーズです♪知ってい [続きを読む]
  • のぞいてみよう小児科の絵本棚〜物語の絵本〜
  • 前回の記事では、かかりつけの小児科の絵本棚にあった絵本の中から、理系の絵本の数々をご紹介しました。今回は、同じ小児科の絵本棚から、ストーリーの魅力あふれる物語の絵本をご紹介しますね♪こちらも名作ぞろいで必見ですよ〜「しろいうさぎとくろいうさぎ」文・絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松岡享子 福音館書店深い森を舞台に愛をテーマに描いたロングセラー絵本。シックな絵が印象的です。「ふしぎのくにのアリス」原作 [続きを読む]
  • のぞいてみよう!小児科の絵本棚〜医療系・理系の絵本〜
  • 小児科の絵本棚から、医師の子育てが垣間見える?!我が家のかかりつけの小児科のクリニックは、ベテランの男性医師が一人で開業し、診療にあたっています。なんでも、その先生のお子さんも医学部に入ったとか…そんな小児科の絵本棚を覗いてみると…その先生のご家庭で読んでいたのか?はたまた受診する子供たちにオススメなのか?とおぼしき絵本の数々が!早速、どんな本が並んでいたのか、チェックしてみましょ〜今回は、理系の [続きを読む]
  • わくわく初めてのお弁当☆「きょうのおべんとうなんだろな」
  • 長男3歳、はじめての幼稚園のお弁当長男の通っている幼稚園では、月に1回お弁当の日があります。それ以外は、給食です!(なんてありがたい)お弁当は月に1回だけなので、みんな楽しみにしていますお友達は当日の朝、お弁当を持って早く幼稚園に行きたくて、「幼稚園まだー?まだー?」と3分おきに聞いていたそうです(笑)我が家の長男も、「今日はお弁当だよー」と伝えると、満面の笑顔にそんな我が家の今月のお弁当は…〜メニ [続きを読む]
  • ジブリと「ぐりとぐら」作者の意外な関係とは?!
  • 5月は、皐月とMay(さつきとめい)の月ですね。そうです。「となりのトトロ」のあの姉妹です。ご存知の通り、さつきとめいの姉妹が登場する映画、「となりのトトロ」は、スタジオジブリの押しも押されぬ代表作の1つです。今回は、そんなスタジオジブリと、同じく世代を越えて大人気の絵本「ぐりとぐら」の作者、中川李枝子さんの関係に迫ってみましょう!1.「となりのトトロ」の主題歌「さんぽ」の作詞「となりのトトロ」は、ストー [続きを読む]
  • 長男3歳、絵本の要約ができるように!?
  • 昨日の朝、次男が私のところに絵本を持ってきました。彼のお気に入り、「ばいばい」です。「ばいばい」 作:まついのりこ 偕成社それを見た長男が、「この本は、色々な動物が出てきて、ばいばいって言うんだよね」と。要約している!!ハイ、ごめんなさい、親ばかですが…でも、要約って、①本の内容を理解して②要点をまとめて③わかりやすく言葉にするという3ステップが必要ですよね。だから、とっても短い赤ちゃん向けの絵本 [続きを読む]
  • くまのがっこう展に行ってきました♪
  • 先日の記事でも予告した、くまのがっこう展に行ってきました♪生誕15年。その愛らしさで着実に全国に浸透した、人気の絵本&キャラクター、くまのがっこう。今や、くまのこジャッキーを見たことのない人はいないのでは??今回の、生誕15周年を記念した「くまのがっこう展」では、温かく湧き出でる温泉のようなくまのがっこうの魅力に、どっぷりと浸かってきましたよ〜朝イチですが、連休最終日とあって、大盛況。早速レポートしま [続きを読む]
  • 親子であそぼ☆「いないいないばあ」の絵本5選
  • 赤ちゃんの遊びの定番中の定番、いないいないばあ1歳の次男は、カーテンの陰に隠れては「いないいなーい、ばぁっ」、おかぶりのお洋服のお着替えをしては「いないいなーい、ばぁっ」。自ら一芸を披露してくれますEテレ人気番組のタイトルにもなっているこの遊び、絵本もたくさん出ていますよね。今回は、そんな赤ちゃんにとっておなじみな「いないいないばあ」の絵本をセレクトしてみました。「いないいないばあ」(松谷みよ子あか [続きを読む]
  • めいっぱい楽しんでね♪「ようちえんのいちにち」
  • この春から幼稚園に入った長男。早く新しい環境に慣れて、楽しめるといいな…と思って読んだのがコチラの絵本です。「ようちえんのいちにち」作:おかしゅうぞう 絵:ふじたひおこ 佼成出版社作者の丘修三さんは、養護学校の教師をされていた方で、障害を持った子どもたちやマイノリティの子どもたちが登場する児童文学も多数執筆されています。私自身も子どもの頃、「もうなかない」という黒いランドセルの女の子のお話を読んで [続きを読む]
  • 科学の芽が育ってる♪我が家のファースト科学絵本
  • 最近の長男のお気に入りは、自然科学系の絵本です。もともと数字や時計が大好きな理系っぽい長男。先日は、「ガソリンは車の外に出て行くの?氷は溶けて水になるの?雪みたいに?」と、消えてなくなる物の行方に関心を寄せていました。おお〜科学の芽が育ってる!!身の回りの色々なことに興味を持つお年頃でもありますね。そんな長男が初めて読んだ自然科学の絵本がコチラ。「まほうのコップ」 原案:藤田千枝 写真:川島敏生  [続きを読む]
  • この春からスタートする?魅惑のお誘い☆絵本の定期便
  • 今日は、どきどきわくわく絵本の定期便のお話です長男が幼稚園に入園したときのお便り一式の中に、絵本の定期講読の案内も入っていました。こんなに。え…こんなにあるの??今までも、福音館やクレヨンハウスや童話館の定期講読があるのは知っていましたが、他にもまだまだ、たーくさんの種類の定期講読があったんですね。しかも、どれも魅力的で…例えば、自然科学系に興味のある長男が好きそうなのが、フレーベル館、キンダーブ [続きを読む]
  • 保育園に預けられて泣く子ども心…「あーんあん」せなけいこ
  • 我が家の次男は、この春から、仕事のある日だけ保育園に通っています。保育園には少しずつ慣れてきたものの…朝預けるときと、お迎えに行って目が合ったときには、毎回泣かれてしまいます…さて、そんな保育園に預けられて泣いてしまう子どもをテーマにした絵本が、せなけいこさんの「あーんあん」です。「あーんあん」せなけいこ作・絵 福音館書店「あーんあん」は、保育園に行くのはいいけれどお母さんが帰るのは嫌だと、子ども [続きを読む]
  • 衝撃☆外科医の選んだ絵本
  • 我が家のパパは、外科医です。そのパパが絵本選びをしたときの、びっくりエピソードがあります。先日のこと。いつもは母子で図書館に通っていますが、初めてパパ&長男のペアで本を借りてきました。そのラインナップがこちら↓「ねずみのいえさがし」「ねずみのともだちさがし」「よかったねねずみさん」「まいご」「おなかのかわ」「あかずきんちゃん」このうち、息子(3歳)が選んだのは、「ねずみのいえさがし」「ねずみのともだ [続きを読む]
  • ついにこの日が☆長男の入園式と「てんとうむし」
  • 今週は、長男の幼稚園の入園式がありました今まで、ほとんどずーっと、お母さんとベッタリ一緒にいたわが子。この春、ついに親元を離れます。制服を着てお友達と並ぶ姿は、やはり感慨深いものが…と思ったのも束の間、人混みの中迷子になったり、何度もトイレに行ったり、下の子がぐずったり…感傷に浸っている余裕もなく終了しましたともあれ、入園式は楽しかったようで、これからの園生活も楽しみですあいにくのお天気でしたが、 [続きを読む]
  • 絵本育児のその先に 〜子どもの将来〜
  • 大きくなったら何になるかな?我が家は、パパは医者でママは看護師二人とも医療従事者ですが、子どもたちには決して医療の道に進んで欲しいと期待しているわけではありません。(進んでくれたら、それはそれで嬉しいし応援するつもりですが)医療従事者の厳しさも痛感していますし、他の職業もそれぞれに魅力がありますし…以前から、パパは「寿司職人になって寿司を握って欲しい」私は「イルカの調教師はどうかな」なあんて、勝手に [続きを読む]
  • 人気のパン屋さんZopfの舞台裏に潜入!「パンができるまで」
  • ページをめくると、ずらりと並んだおいしそうなパンが登場!あれ、このパン屋さん…あの有名店じゃない!?巻末の協力の欄にはやはり…ツォップ(Zopf)の名前が!千葉県にあるツォップといえば、都内から足を運ぶ人も多い有名なパン屋さん。本格的なパン作りに取り組むパン屋の草分け的な存在で、お店はいつも大勢のお客さんでにぎわっています。今回は、そんなツォップの舞台裏を惜しげもなく披露してくれる絵本、「パンができるま [続きを読む]
  • 困った!絵本をビリビリ破る子どもへの対策5つ
  • 小さな子どもの困ったいたずらの一つ、絵本びりびり事件悪気がなくてやっているいたずらでも、子どもが大切な絵本をびりびりに破るのは悲しいですよね。そこで今回は、子どもが絵本を破ってしまったときの5つの対策をお伝えします! 1 毅然とした態度で繰り返し伝える絵本を破るのが悪いことだと分かっていない0歳の赤ちゃんや1歳、2歳の小さな子どもに、善悪の判断を教えるのは大変なこと。厳しく叱る必要はありませんが、 [続きを読む]