aya さん プロフィール

  •  
ayaさん: 絵本、ときどき、英語絵本
ハンドル名aya さん
ブログタイトル絵本、ときどき、英語絵本
ブログURLhttp://abcdehon.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文年間のべ千冊以上読みきかせ中♪選りすぐりのオススメ絵本や英語絵本の内容と魅力をご紹介しています。
自由文こんにちは、絵本ソムリエayaです♪子どもと一緒に絵本の世界を満喫中〜絵本好きが高じてブログ始めました。おすすめ絵本の感想、内容をご紹介。赤ちゃん絵本もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 36日(平均8.4回/週) - 参加 2017/02/21 13:50

aya さんのブログ記事

  • 赤ちゃんに読み聞かせ、いつから始める?
  • はじめての絵本の読み聞かせはいつから?赤ちゃんに絵本の読み聞かせをしたいけれど、0歳の乳児には絵本はまだ早いかな?と躊躇してしまうことがあるかもしれません。でも…読み聞かせを始めるのは、いつでもOKです!もう、0ヶ月でも、妊娠中でも。赤ちゃんはお腹にいるときから、お父さんお母さんの声をちゃんと聴いていますからね。ただし、絵を見て理解できるようになるのは、もう少し後でしょう。その理由のひとつに、視力が挙 [続きを読む]
  • みんな大好き♪「ノンタン」人気の7つの理由
  • みんなの人気者ノンタン♪今から40年以上前、1976年に「ノンタン ブランコのせて」と「ノンタン おやすみなさい」で産声をあげ、2016年には新刊「ノンタン ピクニックららら」も発売されました。(いずれも、キヨノサチコ作 偕成社)書評ではあまり見かけることのないノンタンですが…長年愛されるのには、きっと理由があるはず!そこで今回は、「ノンタン」絵本シリーズの人気の理由を考察します。ノンタンの絵本が人気の7つの [続きを読む]
  • ノンタンで♪兄弟オソロ服♪親子オソロコーデ
  • 今日は、絵本のキャラクター「ノンタン」のお洋服をご紹介します♪ノンタンデザイン☆兄弟おそろいのキッズサイズのトレーナーとレディースのワンピースです。どちらも、それほど厚手ではないのに、裏起毛であったかいんですこのトレーナー、ワンピースはデザインTシャツでおなじみ、グラニフ(Design Tshirts Store graniph)のものです。 オンラインショッピングでも購入できます。(他にロンTなどもありますよ〜)トレーナーは、 [続きを読む]
  • 子どもが目を輝かせる☆「ちいさいものみつけた」
  • 「ちいさいものみつけた」冨田百秋 作 福音館書店 感想・内容紹介「ちいさいものみつけた」の作者は?「ちいさいものみつけた」に出てくる、たくさんの小さいものたち。写真のように見えますが、写真ではありません。すべて人の手で、実物大に、丁寧に描かれています。この絵を描いたのは、冨田百秋さんです。細かいもの一つ一つを描き分け、並べている様はまるで図鑑のよう!…と思ったら、やっぱり、「深い海の魚」など図鑑も [続きを読む]
  • 面白い懐かしい!「もりはおもしろランド」シリーズに親子で夢中♪
  • 最近の我が家の長男のお気に入りがこちら!「もりの○○やさん」でおなじみ、「もりはおもしろランド」シリーズ(偕成社)です。 「もりはおもしろランド」シリーズの作者は?もりはおもしろランドシリーズは、全15冊。1作目「もりのゆうびんきょく」の初版が1977年で、12作目の「もりのサンドイッチやさん」(1990年)までは、舟崎靖子さんが文を、舟崎克彦さんが絵をかいていらっしゃいます。このお二人はご夫婦だったんで [続きを読む]
  • 食育♪「なっとうができるまで」納豆好きはもちろん納豆が苦手な子にも◎
  • 「なっとうができるまで」感想・内容紹介宮崎祥子 構成・文、白松清之 写真 岩崎書店できたてほやほや「なっとうができるまで」岩崎書店から出ている大型写真絵本シリーズ、「すがたをかえる たべものしゃしんえほん11 なっとうができるまで」は、2016年12月に出たばかりの新刊です。みなさん、納豆はお好きですか?お子さんはいかがでしょうか?この本を読んだら、いつも食べている納豆が何日もかけて頑張って作られているこ [続きを読む]
  • 春♪想像力いっぱいの「たろうのひっこし」と引っ越し絵本オススメ
  • 「たろうのひっこし」村山桂子作 堀内誠一絵 福音館書店 感想・内容紹介♪想像力あふれる子どもの発想が楽しい「たろうのひっこし」は、引っ越しを経験したことのない子どもたちでも楽しめる引っ越しのごっこ遊びの本です。「たろうのひっこし」の作者は?ちょっぴりレトロで味がある絵は、「ぐるんぱのようちえん」「こすずめのぼうけん」など絵本の世界を豊かに描く堀内誠一さん。子どもも大人も楽しめるテンポのいい文は、「 [続きを読む]