トマト農家 さん プロフィール

  •  
トマト農家さん: トマト農家のブログ
ハンドル名トマト農家 さん
ブログタイトルトマト農家のブログ
ブログURLhttp://tomatonouka.com
サイト紹介文妻と二人でトマト農家を目指し、農業を一から学んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 205日(平均3.4回/週) - 参加 2017/02/21 16:44

トマト農家 さんのブログ記事

  • 新規就農者等技術研修事業助成金交付申請書
  • 新規就農者等技術研修事業助成金交付申請書がキター!!名前を聞くだけで顔面がピクピクと拒否反応が起こるのは僕だけでしょうか?何とも名前が長い。もっとシンプルにして、「なんたらかんたらの申請書」という名前で呼ばれないようにするべきですね。そもそも、新規就農者等技術研修事業助成金交付申請書とは、何なのかと申しますと、農業大学での新規就農者研修に掛かったお金が半額助成される為に書く申請書です。その他にも研 [続きを読む]
  • 軟化玉の原因は何か?
  • 今日は、いつものように師匠の下で作業をしていました。朝は、トマトの収穫をして、トマトの管理作業をしてから出荷準備をします。その後、休憩を挟んで、何らかの作業をするわけですが、今日は師匠に言われたことで気になることがありました。それは・・・「軟化玉が多い・・・」という事でした。僕らが管理しているトマトは、赤くなると軟化しやすい傾向があるという事です。軟化玉は、トマトの生産者を困らせるものの一つで、結 [続きを読む]
  • 夏の終わり。
  • 今年の夏は終わったのでしょうか?いまいち盛り上がりに欠けた映画のように、今年の夏はどこかあっけらかんとしたものでした。夏に気持ちが残っていて残暑だけが季節の狭間でもがいているのですが、それすらも今の僕の気持ちを訴える事柄となっています。さて9月になり、トマトもいよいよ終盤に差し掛かってきました。しかし、僕らが研修で栽培管理をしているトマト達は、至って元気です。それは、師匠の指示があっての事ですが、 [続きを読む]
  • 農業と英語 Agriculture and English
  • 今日は、研修の中で今までになかった事がありました。それは、農業公社の方が僕らの研修状況を確認にいらっしゃいました。ありの〜 ままの〜 姿見せるのよ〜♪と、いつもの感じで見せるのがいいと思いました。実際の所は作業を確認しに来た感じではなく、休憩室で研修状況の確認を師匠を交えて行いました。公社の方は、僕らの面接のときにもいらっしゃった方で、僕ら的には苦手なタイプの人ではなかったので話しやすかったです。 [続きを読む]
  • 小さな幸せの種と土
  • 今日は、師匠の所での研修は10時くらいで上がらせてもらい、今度の農大研修の時に「土壌診断」をするので、そこで使用する土を採取しに行きました。行ったところは、僕らが就農する予定地の「米里」です。まだ、契約は進んでいませんがもう少しで契約が完了すると思います。土の採取は、持ち主の方にも事前に承諾を得ていましたので、現地に着くなりさっそく採取しました。採取に使ったものは、土壌調査にしようする「検土杖」と [続きを読む]
  • 喜びの連鎖
  • お盆も終わり、生活もいつもの通りに流れています。振り返ると、僕のイメージするお盆とは、どこか懐かしくて農家そのもののイメージなのかもしれません。お爺ちゃんの家に遊びに行って、おばあちゃんが作った不ぞろいの大きなトマトを食べて、とてつもなくおいしいわけではありませんが、とても健康的な味であることくらいはわかっていました。そういう幼少期からのお盆のイメージは、農家だとか畑だとか田舎チックなイメージが根 [続きを読む]
  • 二分の一
  • 最近の僕の仕事は、朝は研修生用ハウスにてトマトの収穫です。(品種はひなた)その後は灌水を15分間行いながら、わき芽を取ったり、垂れてきた所の誘引をやり直したりしてます。そういう作業を10時位までやってから出荷伝票を書いています。出荷は師匠が行っていますが、会議があったりするときは僕たちが行ったりしています。最近よくやるミスとして、出荷伝票の氏名の欄に押すハンコを逆さまについてしまって、訂正する手間がか [続きを読む]
  • 8月ですね。夏ですね。夏風邪ですね。
  • 8月になり、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?こちらはというと、我が家では恒例になっている「夏風邪」にかかっております。いつも子供から来て、妻まで夏風邪にかかり、運が悪ければ僕もかかったりしていましたが、どうやら今年の夏風邪はいつもよりも優しいのか、僕には来ませんでした。それは、僕が体調管理が出来ているということではないのは、僕が一番解っています。それは、知人から借りていた韓国ドラマのDVDをさす [続きを読む]
  • 君の名は?
  • 君の名は。大ヒットしたアニメ映画ですね。実はまだ見てません。今日は、その「君の名は。」ではなくて、昨日の研修でジャガイモ掘りをしたのですが、そこでクエスチョンな物がありました。それはこれです。農家の方ならご存じの方も多いと思いますが、ジャガイモの花が結実してできたのがこれです。まるでトマトの様ですね。トマト農家を目指すものとして見過ごせない物でした。ですが、何と呼べばいいのでしょう?ジャガイモでも [続きを読む]
  • ミニトマトとソバージュ
  • 今日は昨日のことを書こうと思います。昨日は奥州市江刺区にある先進農家を見学してきました。江刺でミニトマトを栽培している「及川貢さん」のところに行ってきました。僕らは、今までにトマト農家、キュウリ農家を数件見させていただきましたが、本格的にミニトマトを栽培している農家さんを見学したことがなかったので、とてもいい機会に感謝です(^-^)/そして貢さんは、以前お世話になりましたOi lineの徹さんのお父上で、僕の [続きを読む]
  • サクラ咲け。
  • 保証人の落とし穴は、申請書を出す前にクリアできました。そして、肝心なのは「面接の落とし穴」です。研修はスタートしたものの、農業次世代人材投資事業(準備型)の面接が半年後に行われます。そこで落ちてしまうと、研修期間内は無収入になってしまい、研修を受けられない事になってしまうという事です。※以前、このブログ内の記事で「研修の落とし穴」について書きました。記事のタイトルは「研修の落とし穴」ではなく、「農 [続きを読む]
  • ピーマン農家さんと美味しい梨の話
  • 今日も農大の新規就農者研修(基礎コース)に参加させて頂きました。今日は、バスで先進事例研修です。最初は、地元の奥州市水沢区で米とピーマンを栽培されている青沼純一さんの所に行ってきました。主にピーマンの話を伺いましたが、トマトとピーマンは同じナス科の植物で、いとこのようなもんでしょう。青枯病やミストなど、為になる事を目でも耳でも教えて頂き、よかったです。特に僕が青沼さんの所で勉強になったのが、「人」で [続きを読む]
  • トラクターの進化論
  • 今日は、農大の新規就農者研修(基礎コース)の4回目の2日目です。ややこしいですね。でも、わかる人にはわかります。トラクター教習が行われたわけですが、実際に畑を耕したトラクターは、僕には新しすぎて何だか操作している感覚がありませんでした。僕の中のトラクターのイメージは、オートマなんだかマニュアルなんだかわけわからない感じです。師匠の所のトラクターしか乗ったことがありませんでしたが、クラッチを開放する [続きを読む]
  • 体内の温度センサーが崩壊寸前?
  • ここ1週間は、毎日30℃越えの中、ハウスに入っていました。師匠が僕らのために植えたトマトがある研修生用ハウスの中はさらに暑く、温度計が壊れている可能性もありますが、40℃になっていました。さすがに暑くて、夜はぐったりしたり、頭が痛くなることもありました。軽い熱中症だったのかもしれません。ですが翌日も暑いハウスの中で汗を滝のようにかいていると、普通の状態に戻ります。人間の身体は気温が下がればそれに適応し [続きを読む]
  • 明日が今日より良くなる為に
  • 何か目標があっても、すぐに達成できる事や、そうではない事も様々です。子供の時に「僕は赤レンジャーになる!」という目標を立てた人がいたとします。ご飯をモリモリ食べて、運動もいっぱいして、正義感を育てていくと、厳しい現実がわかる時が来ますが、それを乗り越えることで赤レンジャーになれる道が拓けてきます。一日に一歩分でも1センチでも努力を続けていれば、必ず目標に近づいていくことができ、果てしなく遠い道のり [続きを読む]
  • 農業のレベルを上げる!!
  • 農業をしている人、農家の人でも色々なタイプの人がいます。農業で困った時、病気の判別や拡散防止、対処法。その他にも後継者問題や賃金の問題や経営に関する問題。時には問題だけではなく、楽しみや新たな発見や面白いアイデアもあります。そいうものを共有して、現代の社会、特に農業は発展してきました。発展の過程で間違っていた部分は、現代の人達が修正し、進化の一歩を確実なものにする事で、みんなにより良い環境を次世代 [続きを読む]
  • トマトの「ひなた」と「みかど」と「次丸」
  • 今日は、午前中は師匠の畑で「トマト無双」をしてきました。※トマト無双とは、ゲーム「三国無双」のようにトマトの下葉をバッサバッサと切り落としていくことです。とても快感なので僕は「トマト無双」と呼んでいます。昨日に引き続きバッサバッサとやったので、親指が痛い。でも変ですね?ゲームをやりすぎた時も同じようなところが痛くなります。あら不思議。午後からは、江刺の玉里にある農事組合法人「きら里つぎまる」にてト [続きを読む]
  • ザーっとなり、バサバサってした話
  • 今日は日中の10時くらいに、師匠の畑でも大雨が降りました。短い時間でしたがものすごい雨でした。こんな強い雨が長く続けばやばいなぁーと思っていましたが、九州では、さらに凄い雨のようで、後でテレビで見ましたが、川から水があふれそうなほどで、見ているだけでとても怖い映像でした。こちらでの大雨は、ちょうど休憩の時間だったため、研修生用ハウスから車に乗りおよそ200メートル離れた師匠の自宅にある休憩室に行き [続きを読む]
  • 農業次世代人材投資事業(準備型)の面接が終わりました。
  • ついに、農業次世代人材投資事業(準備型)の面接が終わりました。思い返せば長い道のりでした。あれは去年のこと、農業がやりたいと思って、見学会に参加して、6月から紅果園でバイトをし始めました。農業普及センターの「松浦さん」や「岩渕さん」とは、もう一年以上も前から相談に乗っていただいているわけです。今日の面接は、僕の性格というか性質というか、言葉で上手く伝えるスキルが無い為、少々苦戦しましたが、今まで相 [続きを読む]
  • 7月の始まりと終わり。
  • 7月になり、初めての投稿です。最近は、面接の準備やらなにやらで、ブログもおろそかになってしまいました。楽しみにしてくれている読者の方、ごめんなさいっっ。そんな中で本日、終わったものがあります。それは新規就農者研修(応用コース)の六次産業化講座です。申し込んでみたものの、受講生が少なかったり、宿題の多さに戸惑いましたが、結果的に大満足しています。というのも、受講生が少ないからこそ先生と、ほかの受講生 [続きを読む]
  • トマトの定植準備とキュウリの師匠
  • さて、僕たちが江刺で研修してから早いもので5ヶ月が経とうとしています。僕たちは参加していないのですが、農業大学の研修で入門コースでは、色々な作物を栽培しているようです。僕たちがお世話になっている師匠はトマトをはじめ、キュウリやリンゴなど、ありとあらゆる物を栽培しています。品目をあげればキリがないほどで、僕らも全部を把握しきれていません。と言っても研修はトマトがメインでサブがキュウリといった感じです [続きを読む]
  • 六次産業化 事例研修 (西和賀)の感想
  • 先週の火曜日(6月20日)に新規就農者研修(応用コース)の六次産業化の事例研修として西和賀に行ってまいりましたが、その時の事を感想を書く宿題がありましたので、今回はそちらをご紹介したいと思います。①「道の駅錦秋湖」訪問、聞き取りについて印象に残ったこと自分が担当した場所でしたが、とても質問しやすい雰囲気で良かったです。また、6次産業化講座で使用している本の中にある「さいさいきて屋」のように集荷して通 [続きを読む]
  • 白い巨大なハウス、スゲーっす!!
  • 今日は、白い巨塔ならぬ、白い巨大ハウスを見てきました。順番に話していきますと、今日は、農大の新規就農者研修(基礎コース)の3回目の最終日で、盛岡方面の事例研修に行ってまいりました。2件のうちの1軒目は(有)サン農園さんの見学でした。サン農園さんは、花や野菜苗、ミニトマトなどを栽培していて、サントリーにも野菜の苗を収めているほど大きな所でした。直売も行っており、店内も花に囲まれて、とってもきれいでし [続きを読む]
  • がっつり濃い一日でした。
  • 今日は、朝から夕方まで「がっつり濃い一日」でした。農大研修の応用コースが9時から入っていましたが、師匠の下に7時に行きました。それというのも、僕らは全然、師匠の下で研修を行えていないので、妻と相談し、農大研修の日は、僕だけでも師匠に迷惑にならない程度に早い時間に手伝うということに決めました。妻は子供のことがありますので、僕は愛車「はじめ号」に乗って一人で出勤です。「はじめ号」は古い軽トラで、できる [続きを読む]
  • 面接の日が決まりました。
  • 農業次世代人材投資事業(準備型)の面接日が決まりました。7月4日に行われる予定です。僕は、4人いる江刺の研修生の中で、トップバッターです。まずは、球数を投げさせて、なんとしても出塁したいと思います。???要は、緊張せずに一生懸命に頑張りたいと思います。僕らは既に研修をスタートしていますし、書類作成でも僕らの目指す農業の形を自問自答してきました。そういうものを発表する場というのは、なかなか無いわけで、 [続きを読む]