人事部マネージャー さん プロフィール

  •  
人事部マネージャーさん: 娘の中学受験と妻の子宮がんとトーキョーライフ
ハンドル名人事部マネージャー さん
ブログタイトル娘の中学受験と妻の子宮がんとトーキョーライフ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/livinginthecity/
サイト紹介文人事部マネージャーによる、子宮がんの妻、日能研で2018年に中学受験の娘、その下の息子との東京生活。
自由文いきなり、健康だった妻が子宮がんになった、と聞かされたら、サラリーマン各氏はどうしますか。
初めての娘の中学受験、どう向き合いますか。
新しいラグジュアリーホテルや、人気の食べ物屋ができたら、行ってみたいと思いませんか。
最近、会社に入ってくる若者をどう思いますか。
現代の就職活動っておかしくないですか。
それらに向き合って、文章化していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 92日(平均9.0回/週) - 参加 2017/02/22 10:59

人事部マネージャー さんのブログ記事

  • がん患者は働かなくたっていいってよ
  • タイムリー過ぎる話題は避けようと思いつつ、がん患者は働かなくたっていいんだよ、みたいな発言が国会議員からあったとか。よくわからない釈明をしているけど、よくそこまで言わなくてもいいことを言ったもんだ。この件は、いろいろな角度で考えることができる素材だ。受動... [続きを読む]
  • 東京から大阪までどうやって行こうか
  • 普通の人は悩むことはないと思うけど、来週の関西出張にあたり、どうやって大阪まで行こうか悩む。うちは東京駅が近く、新幹線で行くしか選択肢がないように思われるけど、私は飛行機が好き。また、飛行機じゃなくてもいいけど、はっきり言って新幹線で行きたくない。理由は... [続きを読む]
  • 中学受験のライバル(候補)登場
  • 娘の日能研のクラスに、一人だけ小学校のクラスの同級生がいる。あまり、というか全く娘の友だち関係に興味がないというか、名前を聞いても覚えられないのだが、そのリエちゃんだけは、よく話題に出てくるので、存在を覚えた。その子は、大人っぽくて、ピアノとバレーも習... [続きを読む]
  • 決断が遅かった
  • がんとか受験とか深刻な問題ではないのだけれど、自動車税の納付書が届いた。もう買い替えようと決めているのだが、結局、基準日の4月1日を超えていたので、まずは今所有している日本一愛されてないドイツ車について、支払わなければならない。しかし気分が良くないのは、こ... [続きを読む]
  • 母の日は過ぎて
  • 一昨日は母の日であった。諸事情により、妻は自宅待機、私と子どもたちで、私の実家の母にカーネーションを届けに行く。その前に我々夫婦で、妻の実家にもカーネーション。いずれも、実家滞在時間はあっという間。さて、今日、夜帰りがけ、花屋さんの前を通りかかると、結... [続きを読む]
  • また飲み歩いている
  • 3月に結構飲み歩いている、という話を書いた。年度末なので仕方ない、ということであったが、5月に入って、またそういう生活になってきた。逆に言えば、4月は忙し過ぎて、5月に反動がきた感じだ。でも、3月と明らかに違うのは、妻が職場復帰したので、非常に家を空けにくい... [続きを読む]
  • 500円で買える幸せ
  • サラリーマンが自由に使えるお金っていくらくらいなんだろう。私が1日の終わりに、なんだかすっきりしないな、という時に、500円は好きに使っている。選択肢は主に3つ。1.区営プール2.スターバックス3. 銭湯これは、日常的な無駄遣い。もっとも、もっとまとまった額を無駄遣... [続きを読む]
  • 連休最後にこんな酷いことが起こるなんて
  • 先ほど、一生懸命書いた文章が、エラーになってしまった。連休も最後ということで、気合いの入ったものだったのに。くよくよしても仕方ない。でも書き直す元気も時間もない。でも、本当に悔しい。諦めて、明日からまたしっかり書きます。にほんブログ村にほんブログ村... [続きを読む]
  • 知力、体力、時の運
  • 明日明後日と連休は残っているが、事実上今日で休みは終わり。明日明後日は、娘には勉強をさせ、私は持ち帰りの仕事をしなければ。今日は、ちょっとした山に登ってきた。と言っても、ハイキングの延長線上みたいなものだ。私は体育会系ではないが、それなりに器用に運動がで... [続きを読む]
  • 久々の熱海に暗澹たる気分になる
  • 久し振りに熱海に来た。学生時代はサークルの合宿と称して伊豆によく泊まりに来た際に立ち寄ったものだ。熱海は栄えているのか寂れているのかよくわからない街だ。駅ビルが新しくて、痛々しかった。こうしてJR東日本は、どこへ行っても同じ街、という印象を、電車の乗客に与... [続きを読む]
  • 新たなる日常、卵巣なき闘い
  • 妻ががんにより子宮や卵巣などの全摘出手術を経て、職場に復帰した。手術から2ヶ月。本人としては、もっと休みたかったのだが、診断書上も、これ以上休みを長引かせる理由がなかった。まず変化は、妻は自転車通勤をやめた。なんだか、デリケートな問題だ(と思う。きっと)。... [続きを読む]