小川義行 さん プロフィール

  •  
小川義行さん: 渓流ベイトフィネス
ハンドル名小川義行 さん
ブログタイトル渓流ベイトフィネス
ブログURLhttp://xn--eckvd2b5879a83a.net/
サイト紹介文渓流ベイトフィネスのロッドやリール、ライン・リーダー・タックルを紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 33日(平均1.3回/週) - 参加 2017/02/22 15:31

小川義行 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 渓流ルアーのフックを考察
  • トラウトの渓流ルアーのフックは今までいろいろと試して来ました。やはり釣り人たるものヒットした魚はバラしたくないですよね。スッポ抜けたり、掛かりが浅かったり、フックが大物に伸ばされたり・・・散々バラしてきてその度に色々と試行錯誤と様々なフックを試して来ました。フックの世界も奥が深いので様々な意見があると思いますが、ここでは私見を述べさせて頂きたいと思います。ちなみに、私が住む北海道ではトリプルフック [続きを読む]
  • DUOリュウキ45S・50Sのインプレ
  • DUOスピアヘッドリュウキ45S・50Sのインプレを書きたいと思います。以下は個人的な私見になります。まずリュウキ45S&50Sの最大の特徴はヘビーシンキングミノーで価格が安い!これだと思います。ヘビーシンキングミノーと言えばスミスのDコンタクトが超有名ですが、だいたい1500円とかします。それがDUOスピアヘッドリュウキ45S・50Sなら1000円ちょいで購入が可能です。つまりDコンタクト2つ買えるお金でリュウキなら3つ買う事が [続きを読む]
  • トラウトのフッキングのやり方
  • トラウトのフッキングのやり方を考察してみました。考察してみたというかFishmanテスターの佐藤さんに教えて貰った事を自分なりに解釈した結果を書いてみたいと思います。特にFishman Beams sierra5.2ULユーザーに見て頂きたい内容となっていますが、他社のロッドでも理屈的には同様だと思います。尚、ルアーフィッシングの自然渓流での話でエリア(管釣り)の話ではありません。また細軸のフックで少しの力でフッキングが可能な場 [続きを読む]
  • カバーの最奥からオスのブラウントラウト
  • カバーの最奥からオスのブラウントラウトを引っ張りだす事に成功しました。このイカツイ顔、最高ですね〜 ちょっと良い感じのカバーがありキワを通しても反応なし次にくぐるように通しても反応なし引っかかるかもっていうくらいガッツリ奥をドリフトさせて更に奥へくぐらせながらフォールさせるとドスンとバイトして来ました。そこからはBeamsSierra5.2ULのバットパワーで一気にカバーから引き離してキャッチに成功。ヒットル [続きを読む]
  • 北海道でのブラウントラウトの釣り
  • 北海道でのブラウントラウトの釣りは禁漁期間がありません。だから年間を通して狙う事が可能になっています。とはいえ冬期はなかなか釣れませんが(笑) ただ、出れば50オーバークラスというのが多いです。やはり体力がある大きい魚がヒットしやすいので雪が積もってる中での釣行はとても好きです。 小さい魚はチェイスがあってもなかなか口を使えないので、北海道の冬は45センチ以上あるブラウントラウトの方が釣りやす [続きを読む]
  • 過去の記事 …