タケシ さん プロフィール

  •  
タケシさん: なるほど!債務整理
ハンドル名タケシ さん
ブログタイトルなるほど!債務整理
ブログURLhttps://xn--p9jb5c5cy00u7xcv28bumy.jp/
サイト紹介文あなたの借金問題を解決する方法を分かりやすく解説します。
自由文借金問題について主に債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)を中心として解決していく方法について解説していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 90日(平均9.9回/週) - 参加 2017/02/26 15:17

タケシ さんのブログ記事

  • 任意整理(債務整理)後でもETCカードを使うには?
  • 任意整理など債務整理をした後は、クレジットカード会社が発行するETCカードが使えなくなる可能性が高くなります。車をよく使う人にとって、ETCカードが使えなくなると不便極まりないですよね。そこで、ここでは任意整理(債務整理)後もETCカードを使うための方法について解説をしていきます。任意整理(債務整理)後はETCカードが使えなくなる?新規でETCカードが作れなくなる理由債務整理を行なうと、信用情報機関に約5年〜10年間、 [続きを読む]
  • 債務整理(任意整理)後もデビットカードなら作れる!
  • 任意整理など債務整理をした後はデビットカードを作っておくと便利です。クレジットカードを使えない時でも、デビットカードがあればかなりカバー出来るからです。ここでは、おすすめのデビットカードも紹介しながら、債務整理後の不便さを極力減らせる方法をご紹介していきます。債務整理後でもデビットカードなら作れる!債務整理をすると、任意整理だと約5年間、個人再生や自己破産だと約5年〜10年間、信用情報機関に事故情報が [続きを読む]
  • 任意整理をしてもクレジットカードは作れる?安全な方法は?
  • 任意整理をしてもクレジットカードは作れるのでしょうか?任意整理は、整理する債権を選べるので、条件によってはクレジットカードが作れるのではと考える方もいらっしゃいます。実際のところ、どうなのか整理をしながらお伝えしていきます。任意整理をした会社のクレジットカードは作れないまず、任意整理をした会社が発行しているクレジットカードに関しては、任意整理を行った後は、再度、新規で取得することは出来ません。これ [続きを読む]
  • 借金で裁判所からの呼び出しや通知を無視すると悲惨なことに
  • 借金で裁判所から呼び出しが来ても、それを無視しているとどうなるのでしょうか?裁判所から呼び出しを食らうと怖くなって、無視したくなる気持ちも分からない訳ではありません。しかし、だからと言って無視を続けていると、こちらに書いてあるように、悲惨な道が待っているのでご注意ください。訴状での呼出しを無視すると借金を滞納して滞納を続けていると債権者から、訴状が送られてくる場合があります。そこで送られてくる郵送 [続きを読む]
  • 債務整理中に住宅ローンで審査に通った人の事例(2件)
  • 債務整理を行った後は、信用情報機関に事故情報が5年〜10年登録されてしまうため、その期間は原則として住宅ローンの申請をしても、審査に落ちます。ただ、早く住宅ローンを組みたい人の中には、それでも審査に通った人は人はいないか気になるところだと思います。そこで、ここでは債務整理中でも住宅ローンが組めた人のケースを2件紹介しながら、その条件を解説していきます。債務整理中に住宅ローンの審査に通ったケースYahoo!知 [続きを読む]
  • 債務整理後の住宅ローンへのデメリットはどれくらい?
  • 債務整理をした後は、住宅ローンを組むのが難しくなってしまうというデメリットがあります。ここでは、いつまでそういった状態が続いてしまうのか、また、再度、住宅ローンを組めるようになるために、どういった対策をしていくのが良いのか解説をしていきます。債務整理のデメリットを徹底解説(一覧表あり)債務整理後は住宅ローンが厳しくなる理由債務整理を行なうと、信用情報機関に事故情報が5〜10年登録されてしまうというデメ [続きを読む]
  • 株で大損し借金まみれになるのはなぜ?自己破産はできない?
  • 株で大損し借金を抱えたという失敗談を聞いて、なぜと思う人は意外と多いかもしれません。仮に株価が暴落しても、元手の資金が0になるだけで借金は出来ないと考える人もいるからです。しかし、株もやり方によっては、大損して借金まみれになることもありますので、ここではライブドアの事例も交えながら解説をしていきます。株で借金が出来る仕組み株の取引は大きく分けて、現物取引と信用取引に分かれます。現物取引は、あくまで [続きを読む]
  • 自己破産でも車を残す方法はあるのか?
  • 自己破産をすると車を手放すことになる可能性が高くなります。実際、生活をしていく上で車は欠かせない人にとって、この問題はかなり厄介ですよね。しかし、場合によっては車を残せる道もありますので、その条件や対策について解説をしていきます。車のローンを完済していない場合まず、車のローンを完済していない場合ですが、多くの方は車のローンは、信販会社やディーラーを通じてローンを組んでいます。その場合は、所有権留保 [続きを読む]
  • 借金を減らす方法〜利息を効率よく減らすコツは?
  • 借金を減らす方法について解説をしていきます。借金がなかなか減らないと、ものすごくストレスが溜まってくるものですよね。実際、借金を減らすにはコツがありますので、ここではその極意をお伝えしていきます。借金を早く減らすコツあなたの借金がなかなか減らない理由はいろいろありますが、最も大きな原因は、借金の利息を減らせないということです。例えば、プロミスから200万円を15.0%の金利で借りている人が、月々40,000円ず [続きを読む]
  • 任意整理が会社や家族にバレる可能性が極めて低い理由
  • 任意整理は債務整理の中でも会社や家族にバレる可能性が最も低い手続きです。ですので、誰にも知られることなく借金問題を解決したい方は、任意整理を選択されるケースが多いです。ここではなぜ任意整理だとバレることがないのか解説をしていきます。任意整理がバレない理由任意整理が会社や家族にバレる可能性が低い理由を3つのポイントからご紹介していきます。裁判所を通さない任意整理が個人再生や自己破産など他の債務整理の [続きを読む]
  • 借金で簡易裁判所から訴状や支払督促が来た場合の対処法
  • 借金の滞納を無視し続けていると簡易裁判所から訴状や支払督促が届く場合があります。それを無視してしまうと、財産や給与を差し押さえられてしまいます。ここではそういった最悪の事態を免れるために、どう対応をしていけば良いのか解説をしていきます。簡易裁判所から通知が来た場合の対処法まず、簡易裁判所から来たのが訴状なのか支払督促なのかによって、対応が違ってきます。訴状が来た場合訴状が来た場合、以下の書面が送ら [続きを読む]
  • リボ払いは一括返済しないとこんなに損をする!
  • リボ払いは月々の返済額を減らせるというメリットがある一方、トータルで支払う手数料(利息)がどんどん増えてしまうというデメリットがあります。ですから、リボ払いになっている分は出来るだけ一括返済をするのがお勧めです。ここでは、そのやり方や、一括返済をしなくても手数料をカットできる方法も合わせてお伝えをしていきます。リボ払いの返済シミュレーションをしてみると・・・クレジットカードのショッピング残高が増えて [続きを読む]
  • レイクで返済できないとどうなる?総量規制対象外の落とし穴
  • レイクで返済が出来ない場合は、どうなってしまうのでしょうか?レイクは総量規制の対象外で、年収の三分の一を超えて借入を行なうことが出来ますが、それはメリットでもあると同時にデメリットでもあります。ここでは、レイクで返済出来ない場合の対処法について解説をしていきます。>>レイクで返済できない場合の相談先一時的に返済ができない場合レイクは返済日の変更が可能レイクでは、もし一時的に返済できない場合、返済日 [続きを読む]
  • エポスカードで返済できないとどうなる?その時の対処法は?
  • エポスカードへ返済が出来ない場合は具体的にどうなってしまうのでしょうか?エポスカードは対応が丁寧で優しいという評判もありますが、それでも延滞し続けてしまうと、かなり大変な状況になってしまいます。ここでは、返済が出来ない場合に起こってしまうことや、払えない場合の対処法について解説をしていきます。>>エポスカードで返済ができない場合の無料相談先はこちら支払いが一時的に送れた場合の対応もし、残高不足など [続きを読む]
  • バンクイックに返済できないとどうなってしまうのか?
  • バンクイックに返済が出来ない場合は、どういう事態が起こってしまうのでしょうか?バンクイックは消費者金融のように総量規制の制限を受けないので、ついついたくさん借り過ぎて返済ができなくなる方もいらっしゃいます。ここでは、バンクイックへの返済が延滞してしまった場合に起こってしまうことと、返済ができない場合の対処法について解説をしていきますので、ご参考にして下さい。>>バンクイックの返済ができない場合の無 [続きを読む]
  • エステローンが払えない〜中途解約しても難しい時は?
  • エステローンが払えない場合は、どうすれば良いのでしょうか?その場合、契約の内容をきちんと整理した上で、対応をしていく必要があります。ここでは契約ごとの対処法について順を追って解説をしていきます。>>エステローンが払えない場合の相談先はこちらエステローンをしている場合の契約の内訳エステローンを組んでいる場合、そこには2つの契約が存在しています。エステ会社との契約ローンを組んだクレジット会社との契約も [続きを読む]
  • 借金600万円を債務整理する場合の返済シミュレーション
  • 借金が600万がある場合、それを自力返済するか、債務整理をするか、判断に迷う人も多いかと思います。ここでは、どちらの方法で返済するか決める上で重要となるポイントや債務整理を行った場合、どのような手続きが最適なのかという点について解説をしていきます。>>まずは600万円の借金をどれだけ減らせるか調べてみる(所要時間1〜2分)自力返済する場合のメリット・デメリット借金を600万円抱えてしまっても、自分で何とか返済 [続きを読む]
  • 借金250万円を債務整理(任意整理)で解決した体験談
  • 借金が250万円まで膨らむと、月々の返済額も数万円を超えるケースが多くなるため、返済が難しくなってきます。ここではあることをきっかけにして、ずるずると250万円の借金を抱えるようになった人が債務整理でどのように解決していったのか、その体験談をお伝えしていきます。自己破産した親の代わりに借金私は30代の男性です。そもそも借金をしたきっかけは「親」にあります。親が事業に失敗し自己破産をしてしまいました。自己破 [続きを読む]
  • 債務整理での140万円〜弁護士と司法書士の違い
  • 債務整理を弁護士や司法書士のどちらかに依頼をするか判断をしていく上で、重要になってくるのは、借金の額が140万円を超えているかという点です。この金額を超えると、司法書士は行える業務に制限が発生してしまうからです。ただ140万円と言っても、解釈が分かれる部分もあるので、その点も含めて解説をしていきます。>>まずは借金をどれだけ減らせるか調べてみる(所要時間1〜2分)債務整理で140万円を超えると・・・基本的に司 [続きを読む]
  • 多重債務者がおまとめローンをやってはいけない3つの理由
  • 借り入れ先が3件または4件以上になっている多重債務者がおまとめローンを検討するケースが増えています。おまとめローンは、複数の借り入れ先を一つにまとめて、低金利で借りることが出来るので、一見、メリットが大きいように見えます。しかし、おまとめローンには落とし穴があるので、3つの観点から解説をしていきます。>>別の方法で簡単に借金をどれだけ減らせるか調べてみる(所要時間1〜2分)おまとめローンがオススメ出来な [続きを読む]
  • 自己破産をして制限される職業や資格〜旅行や引っ越しは?
  • 自己破産は借金をすべてチャラ(免責)にしてもらえるというメリットがありますが、その一方で職業や資格が制限を受けることがあります。それ以外でも、旅行や引っ越しが出来なくなる場合があります。ただ、こういった制限は条件や期間は決まっているので、必要以上に不安を感じることがないよう、正しく理解しておくことをオススメいたします。>>借金をどれだけ減らせるか調べてみる(所要時間1〜2分)自己破産で制限される職業や資 [続きを読む]
  • 起業で失敗し借金を抱えてしまう人達とその後
  • 起業で失敗して借金を抱えてしまう人達は成功する人達よりも遥かに大きいと言われています。では、具体的にどういった要因で失敗をしてしまうのでしょうか?また、起業に失敗した人達はその後、どういう道を選んでいくようになるのかご紹介していきます。>>まずは、借金をどれだけ減らせるか調べてみる(所要時間1〜2分)起業の失敗率起業の失敗率の統計データに関して、経済産業省が出している2011年度版の中小企業白書では、以下 [続きを読む]
  • 債務整理と生活保護の関係を分かりやすく解説
  • 債務整理も生活保護も、お金に困った人に対して取られる法的な救済措置です。ただ、中には両方の制度を利用しようとして、どうすればいいのか分からず困っている方もいらっしゃいます。そこで、ここでは債務整理と生活保護を併用したい場合にはどうすれば良いのか分かりやすく解説をしていきます。生活保護期間中の債務整理についてまず、生活保護を受けている人が、まだ借金を抱えている場合、債務整理によって、その借金を減らせ [続きを読む]
  • 自己破産と妻の財産への影響〜注意すべき点とは?
  • 自己破産をすると心配になってくるのは、やはり家族への影響ではないでしょうか?家族に迷惑が掛かることを恐れて自己破産を躊躇してしまう方も中にはいらっしゃいます。ここでは特に妻の財産への影響にスポットを当てて解説をしていきます。>>まずは借金をどれだけ減らせるか調べてみる(所要時間1〜2分)妻の財産が守られる理由基本的に夫が自己破産をしても妻の財産まで処分の対象になることはありません。なぜなら、日本では民 [続きを読む]