PropertyID さん プロフィール

  •  
PropertyIDさん: 投資マンション現場最前線
ハンドル名PropertyID さん
ブログタイトル投資マンション現場最前線
ブログURLhttps://ameblo.jp/p-id-blog/
サイト紹介文投資用不動産の”今の現場情報”を発信していきます。キャッシュフロー 区分 不動産投資 投資マンション
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 177日(平均4.0回/週) - 参加 2017/02/23 13:36

PropertyID さんのブログ記事

  • ご相談が続々と・・・
  • 当社は本日から営業開始です。 お盆前からのご相談、お盆中のお問合せ、続々と案件を頂戴しております。 一気に進めないと忙殺しそうです・・・・うれしい悲鳴ですが。 投資不動産においてのローン借り換えもまだまだイケル雰囲気ではありますので、検討中のお客様はお早めにご相談下さい。 最近では、またまた悪徳な詐欺まがいの販売に引っかかってしまった! というご相談も増加しておりますので、これから不動産投資をお考え [続きを読む]
  • 街頭アンケートに声掛けされました
  • 先日、またまた新橋でアンケートと称する投資マンション業者から声掛けされました。 A氏 「あのーお忙しいところ申し訳ありません、年金に対するアンケートにご協力下さい」 私 「いいですよー」  バインダーに綴じられているアンケート答えていると、 A氏 「何か老後の対策はされておられますか?    株式や保険、FXなど投資はされておられますか?」 私 「してますよ。あまり儲かってないですけどねー」 A氏 「 [続きを読む]
  • やはり立地は本当に大切ですね。
  • 最近の新築マンションの立地、 東京、関西圏、色々情報として集める事があります。 「立地が良くないのにその価格!・・・」 と、感じる事が多々あります。 その物件をほぼフルローンで購入される方がいるのかと思うとなんだか複雑な気分です。 新築物件を購入される方の中には、中古物件はなにか負担が多い(多くなる)と勘違いされておられる方もいらっしゃいますが、全くそれは違います。 現在の新築業者は、本当に物件探し( [続きを読む]
  • 消費者契約法改正へ!
  • 昨日のニュースで、興味深い記事がありました。 「デート商法」解除可能に、 消費者契約法改正へ 私たちの投資不動産業界でも、数年前からこの「デート商法」が問題になっております。 多数の看護師、公務員の方などが被害に遭い、自己破産や債務整理などの法的手続きで処理された方もたくさんいらっしゃいます。 中には、被害者団体を作り、売主に対して訴訟を起こされている方もいらっしゃいます。 このニュースで潜伏被害者の [続きを読む]
  • 中古区分の物件情報が欲しいー!
  • 当社では、中古区分の販売(東京、横浜、関西圏)を積極的にさせて頂いております。 しかし、最近では、本当に物件情報が少ないです。 当社、仕入れの判断基準に満たない物はまだまだありますが、、、 仕入れ判断基準とは、 ●利回り●築年数や階数、総戸数●物件のブランド力 (元の売主、デべ)●利益 (当社販売利益)●物件の将来性 (相場家賃や近隣環境) などがあります。 売り物が無ければ、利益も上がらなので非常に [続きを読む]
  • 融資厳しくなるんじゃないの?
  • 年明けから、投資用不動産に対する融資が厳しくなると言われていましたが、現状では、まだまだ緩和されている状況です。 まぁ、徐々にアパートローンに関しては厳しくなっていますが・・・ 今月から長プラ金利UPがあり、返済不能に陥るオーナー様も増えてくるのではないでしょうか。 相変わらず、当社には、「ローン借り換えのご相談」が急増しております。 お客様の中には、借り換えが出来れば今後まだまだ物件を買いたい!  [続きを読む]
  • そのセールストークはいいのかなー???
  • 先日、ご相談頂きましたお客様の件を少しお話し致します。 ある東京のワンルーム大手デベから、約2年前に新築マンションを1戸買いました。 やはり、「節税」「年金」「生保」の3つのメリット押しで購入されました。 上記の物件引き渡し後、更に、もう1戸買って欲しいとセールスに来られ、「値引きする」 「数年後には高値で売れる」 「売却益で繰上返済できる」 など言われましたが、買わなかったみたいです。 しかも、か [続きを読む]
  • 何事にも判断のスピードは重要です
  • 人は、腰の重い人、腰の軽い人、普通の人がいます。 つまり、判断が早い人、遅い人、判断しない出来ない人。 投資においては、判断しない人出来ない人は問題外ですが、 判断が早いから成功する、遅いから失敗するとは一概には言えません。 しかし、このようなケースはどうでしょうか? ある区分を複数ご所有されておられるお客様から、「ローン借り換えのご相談」をお受け致しました。 ●現在49歳●来月で50歳●負債総額約9 [続きを読む]
  • 投資不動産の販売会社いろいろ
  • ごくまれに、ご相談頂くお客様から、 「今、〇〇会社(会社名)からセールスされているのですが、悪徳会社ですかね?」 と聞かれることがあります。 悪徳か悪徳でないかは、購入方法(きっかけ)や購入の仕方などで決まるので、会社自体がどうこうとはお答え出来ません。 しかし、当社の過去のご相談事例などは包み隠さずお話しさせて頂いておりますので、その辺からお客様がご判断されるみたいです。 ご相談受ける内容で、〇〇会 [続きを読む]
  • ローン借り換えご相談を頂きました!
  • 当社のお客様より、医師の方2名ご紹介頂きました。 借り換え相談です。 お二人とも、区分を複数ご所有され、 「節税目的」で購入されて来られました。 しかし、数年で節税効果が減少し、家賃の下落もあり、収支が悪化してきております。 売却も検討されましたが、ローンの残高では売却出来ないので、今後どのように運用すればよいか、というコンサルティングのご依頼です。 恐らく、借り換えも良い条件で可能だと思われるので、 [続きを読む]
  • どういうタイプの方が成功するのか?
  • 不動産投資について、投資家には色々なタイプがいらっしゃいます。 購入する物件にもよりますが、 ●コツコツタイプ ●一気タイプ です。 当社にご相談頂く多くの方(主に危険ライン)は、一気タイプが多い様に感じます。 なぜかというと、答えは簡単です。 情報弱者の為、販売会社の言いなりになり購入してしまう! からです。 しかも、悪徳会社は、購入者が余計な知識を付ける前に一気にセールスをかけてきます。 最近では、投 [続きを読む]
  • やっぱり融資審査は少しずつ変化しています
  • やっぱり徐々に、投資不動産に対する融資審査に変化があります。 以前であれば、問題なく通っていた融資も、自己資金を要求されたり、 共同担保を要求されたり、金利条件が悪かったり、と今一つパッとしなくなっております。 恐らく、イケイケで融資した時期のお客様でお支払いが困難なオーナー様が増加しているのも原因だと思われます。 違法な貸付、明らかな債務超過を助長した結果だと思われます。 一棟アパート販売を主とされ [続きを読む]
  • 借り換え不可のお知らせ・・・
  • ご相談頂いておりましたお客様の借り換え不可のお知らせが来てしまいました。 内容は、 ●50歳 上場企業ご勤務の方 年収800万円 ●現在ご所有不動 ・・・区分4戸 (全て新築 ローン総額 6690万円)  ・・・一棟アパート (ローン金額 13000万円 ローン金利 4、1%) 区分の収支改善の為に、約3年前に中古アパ―トを購入しましたが、空室やリフォーム代の負担、修繕費の負担などが重なり、家賃収入 [続きを読む]
  • 入居者情報は手に入れましょう
  • 投資物件のオーナー様の大半が、賃貸管理は業者(売主)に依頼しているケースがほとんどです。 ●集金代行●サブリース (家賃保証) 上記、2パターンが圧倒的に多いです。 しかし、当社は、販売だけでなく、不動産投資について色々なコンサルをさせて頂いている為、賃貸管理のトラブルも数多くご相談を頂戴しております。 「管理会社から賃貸人がいるのにも関わらず家賃入金がない」 「家賃保証契約を解約したくても出来ない( [続きを読む]
  • そろそろ金利上昇するのでは・・・
  • 長プラが上がってきてます。 恐らく来月あたりから金利が上がります!!! これからドンドン上がるか、横ばいか・・・不動産投資家でなくても気になるところですね。 それに伴い、支払い困難になるオーナー様が増加するのではないでしょうか。 一棟アパートを、家賃収入とローン支払いがトントンの方などは非常に切迫した状況だと思うのですが、このような方はなかなか借り換えに腰が重かったり、物件の内容で金融機関が門前払い [続きを読む]
  • ヘビーなご相談が続きます。
  • 本日から3日間、結構ヘビーなご相談が続きます。 ●医師の方  42歳●上場企業ご勤務の方 48歳●公務員の方 50歳 皆様、ローン借り換えのご相談なのですが、 完全に騙されて購入させられておられる模様です。 あちゃー・・・・ と思う様な買い方の方もおられ、何とかお役に立てればと思っておりますが・・・ イケイケで有名な〇〇〇銀行さん、ちゃんと審査してるのかなー それらの融資には疑問だけしか残りませんが・・ [続きを読む]
  • 掘り出しもの(物件)はマジで速い!(すぐ売れる)
  • 良い物件は売れるスピードが半端なく早いです! 先日も、福岡の中古物件を扱ったのですが、海外の投資家(中華圏)に秒速で売れました。 爆買い時期はもう終焉に向かっていると言われていますが、そんなことないなーと感じております。 ひと昔みたいに、利回りの低い新築マンション、キャピタル狙いの新築マンションなどの購入者は無くなりましたが、まだまだ中古マンションの需要はあります。 日本市場でも同じです。 良質な物件 [続きを読む]
  • 暗躍する悪徳ブローカー
  • なかなかの表題ですね。 当社にご相談頂いた事例を少しお話しします。 お客様A氏 上場企業ご勤務 数年前にご職場のご紹介で、自称不動産屋(投資物件販売)を紹介されました。 「節税」 「年金」 「保険代わり」 といった内容の投資不動産の提案を受けました。 しかし、毎月の収支が約1万円ほどのマイナスだった為、お断りをすると、自称不動産屋から、 「では、毎月家賃補助(補填)するので毎月マイナスなく持てます」 と [続きを読む]
  • 超絶怒涛の借り換え成功!
  • またまた借り換えご相談頂いておりましたお客様の承認が出ました! 超絶怒涛の借り換え承認です!!! ●上場企業ご勤務の方 40歳  < 投資マンション>  福岡4戸 ローン総額 4800万円 ローン平均金利 3、15%  <アパート 2棟>  福岡    ローン総額 11000万円 ローン金利 4、1%  ⇒⇒⇒⇒ 借り換え後  <投資マンション>  平均金利 3、15% ⇒⇒ 金利 1、55%  <アパ [続きを読む]
  • 不労所得の作り方、描けてますか?
  • 不動産投資をされておられるオーナー様で、きちんとした 「戦略」 「計画」 を持たれている方は比較的少ないように感じます。 ●今のキャッシュフローだけ・・・ ●「節税」に使えているから・・・ ●その内、高値で売り抜ける・・・ という様な感じになっておられませんか? 特に、高額な新築マンションを所有されておられる方は間違った戦略を立てておられる方が多いので、ご相談をお受けすると軌道修正に時間がかかってしま [続きを読む]
  • 路線価の上昇 = 所有資産の価値上昇 となるものか?
  • 路線価の発表に伴い、勘違いをされるオーナー様はここ数年少なからずいらっしゃいます。 「路線価上がったやん! 私のマンションは高値で売れる!」 なんて思っていると、タイミングを逸脱してしまいます。 決して、売却価格は路線価の上昇には比例しません。 その事を知らないオーナー様も多く、投資マンションの場合は、 収益UP = 売却価格の上昇 となるケースがほとんどです。 ここにきて、景気の良い話に思いますが、 [続きを読む]
  • サラリーマンをリタイアする?
  • 不動産の投資家には、 「サラリーマンを早期リタイアしたい!」 と、考えておられる方もいらっしゃいます。 しかし、私は、賛成致しません。  サラリーマンだから融資も受けやすいですし、借り換えもしやすいです。要するに不動産投資用のローンが非常に使いやすいという超利点があるからです。 とある、不動産セミナーでは、「法人化」というキーワードで集客し、いかに法人化が有利なのかを説明されるそうですが、うまくいく方 [続きを読む]
  • 高値で売却出来る は本当なのか?
  • 「この物件は高値で売却出来ますよー」 「地下が上がっているので儲かりますよー」 という様なセールスをされてませんか? 完 全 に 嘘 です !! もうすでに購入してしまっているのであれば、すぐにでも逃げ道(出口)を見つけ解決しなければ痛い思いをすることになります。 悪徳な会社は未だに存在します。 「5年後には買い戻します」 といったセールスも嘘です。  当社には、その様なセールスに騙されてしまい、複数物 [続きを読む]
  • 資産拡大? 中身が大切です
  • 一棟アパートを新築・中古で購入されておられる方へ 今一度、ご自身の不動産投資の計画を見直しませんか? 資産拡大 = 借金増加  となっておりませんか? アパート経営の場合、特に怖いリスクとして、 ●事件事故の影響での家賃減少●近隣環境の変化による家賃減少●リフォームや修繕費の出費●サブリースの見直し●金利上昇 などで、収支が一気に悪化し、マイナスになり、返済不能へ・・・ という最悪のシナリオへのリスク回 [続きを読む]
  • 海外投資家(中華圏)の方への営業
  • まだまだ、海外投資家の日本の不動産需要は多いように感じます。 先日も、当社で仕入れしました物件が数時間で売却決定致しました。 特徴としては、 ●手ごろな価格 (300万円〜800万円くらい)●利回り (7%〜10%)●築年数 (築20年以降)●都市圏 (東京、横浜、京都、大阪、神戸、福岡) 以上の良質な物件は非常に速いです。 少し前の 「爆買」時期は 、新築マンションも売れていたみたいですが、今では新 [続きを読む]