きまぐれ天使 さん プロフィール

  •  
きまぐれ天使さん: きまぐれホビーダイアリー
ハンドル名きまぐれ天使 さん
ブログタイトルきまぐれホビーダイアリー
ブログURLhttp://blue-agul.hateblo.jp/
サイト紹介文基本はプラモデル関連のブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 176日(平均2.5回/週) - 参加 2017/02/23 13:52

きまぐれ天使 さんのブログ記事

  • メカコレクション07「科学特捜隊専用車」
  • 製作しての第一印象は「小さい」という事でした。「トミカ」とほぼ同じ大きさです。まさか他社のサイズに合わせた訳では無いと思いますが・・・。本体はガイアカラーのライトブルーグレーで塗装し、タイヤホイールなどシルバーの部分はガイアカラーのスターブライトシルバーで塗装。他ランプ類などを塗装をして完成です。 [続きを読む]
  • HGUC「ジム2(連邦軍仕様)」
  • エゥーゴ仕様の前に、まずは連邦軍仕様を製作。白はクレオスのМSホワイト、赤はクレオスのМSレッド、グレーはクレオスのМSグレー(ジオン軍)&МSファントムグレーと、面倒な調色をせずにここまで仕上げられます。他、イエロー等のパーツを塗装して終了。補足として握り手は「MP」パーツという、少し前のHGUCで採用されていたパーツに取り替えてあります。 [続きを読む]
  • HGUC「ゼータガンダム」
  • MSホワイト、MSレッド、МSファントムグレー等を使用して全体を塗装。ブルーの部分はMSブルーZ系をそのまま使用できれば良いのですが、原液の段階でも隠ぺい力が弱すぎる塗料の為、ガイアカラーのコバルトブルーをミックスして塗装。ウェーブライダー部分はMSファントムグレーで全体を塗装後、レッドの塗料は隠ぺい力が弱く、そのままでは綺麗に発色しないので赤い部分にホワイトサーフェイサーを軽く吹き、次にガイアカラーのア [続きを読む]
  • HGUC「ガンダムMK-2」
  • エゥーゴver.白の部分はガイアカラーのニュートラルグレー2、濃紺の部分はクレオスのブルーFS15044で塗装。脚部スラスターは設定画の様に濃いオレンジかつ、面積を大きめに塗装。他、レッド、イエロー、グレー等を塗装して終了。ティターンズver.ブルーの部分はクレオスのティターンズブルー2、ブラックの部分はクレオスのセミグロスブラックで塗装。脚部スラスターはエゥーゴver.同様の感じで塗装。他、イエロー、レッド、グレ [続きを読む]
  • スーパーミニプラ「イデオン」
  • 赤い部分はクレオスのシャインレッド、濃紺はガイアのマーズダークブルー、その他、ホワイト、イエロー、グレーなどを塗装して終了。あらかじめ2セット購入しておいたので、次は分離メカの製作。イデオ・デルタイデオ・ノバちなみに塗り分けが一番キツかったメカ。イデオ・バスタ前翼は肉抜きがされており、非常に目立つ感じだったのでエポシキパテで埋め加工。波導ガン [続きを読む]
  • HD「ウルトラマンネクサス」リペイント
  • アンファンスジュネッスジュネッスブルー10年ほど前に発売された食玩フィギュアですが、経年劣化で可塑剤が染み出しベタベタになっていたのでリペイント。まず全体にサーフェイサーを吹き、次に筆にて全体塗装を施し、仕上げにスーパークリアー(つや消し)を吹いて終了。これでベタベタも万事解決です。 [続きを読む]
  • HGUC「メタス」
  • 黄色の部分はガイアカラーの黄灯色をそのまま塗装。。濃紺の部分は例によってガイアカラーのマーズダークブルーで塗装。他フレームや関節、バーニアまでABS素材のパーツが多めなので、塗料が浸透しないよう慎重にコートしながら塗装して完成です。 [続きを読む]
  • HGUC「ネモ(エゥーゴver.)」
  • 緑色部分はエメラルドグリーンをベースに、それだけだと明る過ぎるのでデイトナグリーンなどを調色して塗装。濃紺部分は、ガイアカラーのマーズダークブルーをそのまま使用。この色は汎用性が高くて、色々なプラモデルの濃紺部分に使えて重宝しています。その他、赤い部分などを塗装して完成。 [続きを読む]
  • HGUC「ジェガン(コンロイ仕様)」
  • プレミアムバンダイより発売されたHGUC「ジェガン(コンロイ仕様)」です。こちらはバイザー上げ&バズーカver.本体色をどの様な色にするか考えた末、マホガニーをベースに適当に調合して塗装。バイザー下げ&ビームライフルver.この仕様機は、なぜかジェガン用のビームライフルじゃないんですよね。何故なのしょう?一部のバーニアはABS素材だったので、塗装には気を使いました。 [続きを読む]
  • 1/6「ヨーダ」プラモデル
  • ローブの部分は柔らかいKPSという素材になっているので、塗装はせずにそのまま組み上げ。それ以外の部分を塗装。皮膚の部分はモスグリーンをベースに、適当に調合して塗装。頭部は植毛してリアル感を出したかったのですが、それに最適ないいアイデアが浮かばす、結局塗装で済ませました。 [続きを読む]
  • 1/12 「R2-D2」プラモデル
  • このプラモデル本来の姿、「R2-D2」です。シルバーはクレオスのスーパーファインシルバーを使用。数あるシルバー系の塗料ですが、このシルバーが光沢度、キメの細やかさといった点で一番気に入っています。ブルーはガイアカラーのコバルトブルーをベースに、適当に調合して塗装。付属のオプションパーツを塗装して、全て乗っけてみました。 [続きを読む]