blue-agul さん プロフィール

  •  
blue-agulさん: AgulのホビーギャラリーPlus
ハンドル名blue-agul さん
ブログタイトルAgulのホビーギャラリーPlus
ブログURLhttp://agul.hateblo.jp/
サイト紹介文基本キャラクター系のプラモデルをシンプルに製作し、アップし続けるブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 23日(平均8.5回/週) - 参加 2017/02/23 13:52

blue-agul さんのブログ記事

  • とある日のWBC
  • 戦いの地、東京ドーム。入場するゲートの前。試合前、チャンピオンシートからの眺め。同、ライト方向同、レフト方向試合終了、喜びのハイタッチその2ホッとする小久保監督。熱戦に疲れる小久保監督。今宵のヒーロー、球場全体が「やまーだてつとー」コール。今宵のヒーロー2、内川選手。やはり決めたのは右方向。熱戦を物語るスコアボード。入場正面にあったボード。 [続きを読む]
  • メカコレクション09「ポインター」製作
  • 全体をスーパーファインシルバーで塗装後、細かい部分を様々な色で塗装。科特隊専用車の時はサイドウインドウを塗装も、余り綺麗な仕上げといかなったので、今回はデカールを使用(その際、窓に合うように少し加工)。最後にトップコートを吹いて製作完了。そのデカール貼りですが、今までのメカコレの中で一番の難易度かと。特にサイドの黒ラインは細長いので、2〜3分割くらいにして貼り付けるのがお薦め。あと値段相応のデカー [続きを読む]
  • HGUC「ガンダムEz8」再塗装
  • 全面筆塗りで塗装ムラが多々あった物を、エアータッチ(イージーペインター)を使い再塗装。本体白はガイアのマーズライトグレーに、クレオスのダークイエローを少々。ブルーはガイアのネービーブルーに、クレオスのブラックを少々。シールドは何もせず、そのまま利用。他グレーの部分等を塗装して完了。HGUC陸戦型ガンダムはグレーのパーツがABS樹脂と、約10年前のキットなのでそろそろ「リバイブ」された物が出て欲しい感じで [続きを読む]
  • HGUC「陸戦型ジム」製作
  • 久々のガンダムタイプ以外のHGUC製作。本体カラーはガイアのインテリアカラーのみだと白っぽいので、クレオスのタンを少量投入。オレンジの部分はガイアの橙黄色に、クレオスのシャインレッドを適当に投入し、グレーの部分等を塗装して終了。某ネット通販レビューでは評判が余り芳しくない感じですが、まあリバイヴ百式を基準にするならば、個人的に許容範囲かと。ただ当キット含めデザイン監修されている「N」氏のアレンジは、 [続きを読む]
  • アイドルマスター プラチナスターズ やっとトロフィーコンプ
  • 発売から約5ヶ月弱でやっとトロフィーコンプ。RPGなどで素材を集めるための「マラソン」は数ありますが、過去プレイしてきたゲームで、ここまで素材を集める為に時間と労力を要した「マラソン」は記憶にありません。当のゲームの評価は、商品レビューや他サイトで言われている通りです。唯一評価されているCGですが、この程度の進化はPS4専用なのですから当たり前。評価すべき点にもなりません。このゲームの肝で、個人的に期 [続きを読む]
  • スーパーミニプラ「伝説巨神イデオン」製作 その1
  • まずは「発動セット」の本体部分が完成。プラスチックの素材が、同社から発売されているプラモデルの材質より安っぽく、かつ中国製という事もあって品質もイマイチ。さらにガンプラの用な「可動」に気を使った関節等の作りでもないので、安易な分離、合体&変形はお薦めできません。表面の極端なヒケを修正しつつ、サーフェイサーを吹き全塗装。頭部は合わせ目が目立つ感じだったので、ここは合わせ目埋め処理。なお手やスリッパ [続きを読む]
  • HGUC「キュベレイMK-2(プル機) REVIVE」製作
  • 先日、プレミアムバンダイより発送されたHGUC「キュベレイMK-2(プル機) REVIVE」です。「プルツー機」製作時に「プル機」も欲しいと書きましたが、希望通りの流れとなりました。製作に関してはハマーン機、プルツー機と同様の手順を踏み、塗装はブルーFS15044を使用して、成形色より少々濃い目の感じに。他にファントムグレー、ブリリアントピンク(ガイア)などを使用して完成。リアビュー [続きを読む]
  • メカコレクション06「ベルシダー」製作
  • 本体の赤パーツ、ドリルパーツの合わせ目消しを行い、赤はモンザレッド、シルバーはスーパーファインシルバーで塗装、更にキャタピラ部分もファントムグレー等で塗装。ドリル部分のシルバーとブラックの塗り分けは、その独特な形状が故に筆やスプレーでは手間&面倒、そして綺麗に仕上がる感じがしなかったので、黒のマジックインキで簡単に済ませました。最後にデカールを貼りつけ、トップコートを吹き付けて終了。「ミニ・ [続きを読む]
  • キャッスルクラフトコレクション「シンデレラ」製作
  • 塗装の方はパッケージ写真遵守で、白い部分はガイアカラーのニュートラルグレー2、ブルーの部分は同じくガイアカラーの風蒼を使用し、外壁の溝にタミヤのスミ入れ塗料(ダークブラウン)を流し込んで完成です。今回LEDユニットが付属しており点灯させてみましたが、階段付近が明るくなる程度でパーツの構造上、塔の窓まで灯りが漏れるといった事はありません。少し残念な仕様です。なお階段はそのままだと白一色の成形色なので、 [続きを読む]
  • HGUC「キュベレイMK-2(プルツー機) REVIVE」製作
  • 先日、プレミアムバンダイ限定で発売されたキュベレイMK-2(プルツー機)。本体は先に発売されたキュベレイの色替えなので、変更点は特になし。外装は成形色に沿ったカラーで塗装し、裏地は黒で塗装を施しました。劇中、MK-2のファンネルもパープルだった様な...という訳で、今回もその色で塗装。リアビューそして合わせ目消しも前回同様、腕部分のみとしました。紺色の「プル用キュベレイ」も欲しいところですが、それに関し [続きを読む]
  • 童友社「伊達政宗」の兜を製作
  • 先月再販された名将兜シリーズの「伊達政宗」を製作。塗装に関しては、お面の歯の部分と飾り糸以外は全面黒なので特に苦心した箇所はありませんが、組立に関してはヒケ&バリが多く、また部品同士を結合させる「穴」的なものもあったり無かったりで、中小メーカーに付き物の難易度です。それと、三日月の前立てもメッキを剥がして塗装。リアビューちなみに飾り糸は大河ドラマ「独眼竜政宗」ver.の様に、青で統一しました。画像を [続きを読む]
  • メカコレクション04「小型ビートル」製作
  • これまでのメカコレションの中で、一番作り易いというか「作り易すぎる」キットです。成形色の段階でシルバーと赤の色分けができているので、マスキングをしてのライン塗り分けという作業が皆無でした。デカールも科特隊のマークを5か所ほど貼り付けるだけ。従って、数時間で製作終了となりました。リアビューバンダイホビーサイトを見ると、この小型ビートルでラインナップが途切れているんですが、この先どうなるんでしょう・ [続きを読む]