blue-agul さん プロフィール

  •  
blue-agulさん: AgulのホビーギャラリーPlus
ハンドル名blue-agul さん
ブログタイトルAgulのホビーギャラリーPlus
ブログURLhttp://agul.hateblo.jp/
サイト紹介文基本キャラクター系のプラモデルをシンプルに製作し、アップし続けるブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 60日(平均4.0回/週) - 参加 2017/02/23 13:52

blue-agul さんのブログ記事

  • Max Factory「ダグラム ヤクトタイプ」製作
  • ボーナスパーツとして「ミサイルポッド」が付属されたダグラムを入手。まずは中華製プラモデルという事で、組み立て前にパーツを洗浄。太もも等の合わせ目を消し、エアータッチを吹いて塗装。一部小さいパーツは筆塗装。最後にスミ入れ&適度にデカールを貼りつけて製作完了。 [続きを読む]
  • バンダイ「ヨーダ」製作
  • 頭、手足、服の部分の合わせを目消して、それぞれ塗装。ローブの部分も合わせ目を消して塗装をしたかったのですが、一部素材にTPE(熱可塑性エラストマー)が使用されており、通常素材(PS)との色の統一感を考えて「素組み」に留めました。その他ライトセーバーや杖などを塗装し、最後にスミ入れを施してひとまず完成。ひとまずと言うのは、頭部パーツがもう一つ付いておりこちらは「髪を植毛して下さい」と言わんばかりの作 [続きを読む]
  • とある日のWBC
  • 戦いの地、東京ドーム。入場するゲートの前。試合前、チャンピオンシートからの眺め。同、ライト方向同、レフト方向試合終了、喜びのハイタッチその2ホッとする小久保監督。熱戦に疲れる小久保監督。今宵のヒーロー、球場全体が「やまーだてつとー」コール。今宵のヒーロー2、内川選手。やはり決めたのは右方向。熱戦を物語るスコアボード。入場正面にあったボード。 [続きを読む]
  • メカコレクション09「ポインター」製作
  • 全体をスーパーファインシルバーで塗装後、細かい部分を様々な色で塗装。科特隊専用車の時はサイドウインドウを塗装も、余り綺麗な仕上げといかなったので、今回はデカールを使用(その際、窓に合うように少し加工)。最後にトップコートを吹いて製作完了。そのデカール貼りですが、今までのメカコレの中で一番の難易度かと。特にサイドの黒ラインは細長いので、2〜3分割くらいにして貼り付けるのがお薦め。あと値段相応のデカー [続きを読む]
  • HGUC「ガンダムEz8」再塗装
  • 全面筆塗りで塗装ムラが多々あった物を、エアータッチ(イージーペインター)を使い再塗装。本体白はガイアのマーズライトグレーに、クレオスのダークイエローを少々。ブルーはガイアのネービーブルーに、クレオスのブラックを少々。シールドは何もせず、そのまま利用。他グレーの部分等を塗装して完了。HGUC陸戦型ガンダムはグレーのパーツがABS樹脂と、約10年前のキットなのでそろそろ「リバイブ」された物が出て欲しい感じで [続きを読む]
  • HGUC「陸戦型ジム」製作
  • 久々のガンダムタイプ以外のHGUC製作。本体カラーはガイアのインテリアカラーのみだと白っぽいので、クレオスのタンを少量投入。オレンジの部分はガイアの橙黄色に、クレオスのシャインレッドを適当に投入し、グレーの部分等を塗装して終了。某ネット通販レビューでは評判が余り芳しくない感じですが、まあリバイヴ百式を基準にするならば、個人的に許容範囲かと。ただ当キット含めデザイン監修されている「N」氏のアレンジは、 [続きを読む]
  • アイドルマスター プラチナスターズ やっとトロフィーコンプ
  • 発売から約5ヶ月弱でやっとトロフィーコンプ。RPGなどで素材を集めるための「マラソン」は数ありますが、過去プレイしてきたゲームで、ここまで素材を集める為に時間と労力を要した「マラソン」は記憶にありません。当のゲームの評価は、商品レビューや他サイトで言われている通りです。唯一評価されているCGですが、この程度の進化はPS4専用なのですから当たり前。評価すべき点にもなりません。このゲームの肝で、個人的に期 [続きを読む]
  • スーパーミニプラ「伝説巨神イデオン」製作 その1
  • まずは「発動セット」の本体部分が完成。プラスチックの素材が、同社から発売されているプラモデルの材質より安っぽく、かつ中国製という事もあって品質もイマイチ。さらにガンプラの用な「可動」に気を使った関節等の作りでもないので、安易な分離、合体&変形はお薦めできません。表面の極端なヒケを修正しつつ、サーフェイサーを吹き全塗装。頭部は合わせ目が目立つ感じだったので、ここは合わせ目埋め処理。なお手やスリッパ [続きを読む]
  • HGUC「キュベレイMK-2(プル機) REVIVE」製作
  • 先日、プレミアムバンダイより発送されたHGUC「キュベレイMK-2(プル機) REVIVE」です。「プルツー機」製作時に「プル機」も欲しいと書きましたが、希望通りの流れとなりました。製作に関してはハマーン機、プルツー機と同様の手順を踏み、塗装はブルーFS15044を使用して、成形色より少々濃い目の感じに。他にファントムグレー、ブリリアントピンク(ガイア)などを使用して完成。リアビュー [続きを読む]
  • メカコレクション06「ベルシダー」製作
  • 本体の赤パーツ、ドリルパーツの合わせ目消しを行い、赤はモンザレッド、シルバーはスーパーファインシルバーで塗装、更にキャタピラ部分もファントムグレー等で塗装。ドリル部分のシルバーとブラックの塗り分けは、その独特な形状が故に筆やスプレーでは手間&面倒、そして綺麗に仕上がる感じがしなかったので、黒のマジックインキで簡単に済ませました。最後にデカールを貼りつけ、トップコートを吹き付けて終了。「ミニ・ [続きを読む]
  • キャッスルクラフトコレクション「シンデレラ」製作
  • 塗装の方はパッケージ写真遵守で、白い部分はガイアカラーのニュートラルグレー2、ブルーの部分は同じくガイアカラーの風蒼を使用し、外壁の溝にタミヤのスミ入れ塗料(ダークブラウン)を流し込んで完成です。今回LEDユニットが付属しており点灯させてみましたが、階段付近が明るくなる程度でパーツの構造上、塔の窓まで灯りが漏れるといった事はありません。少し残念な仕様です。なお階段はそのままだと白一色の成形色なので、 [続きを読む]