みい さん プロフィール

  •  
みいさん: 節約・貯金をしながら鬱病からの社会復帰を目指す
ハンドル名みい さん
ブログタイトル節約・貯金をしながら鬱病からの社会復帰を目指す
ブログURLhttp://ameblo.jp/mii-yuu03/
サイト紹介文節約・貯金をしながら、難治性の鬱病からの社会復帰を目指しているアラフォーのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 171日(平均3.8回/週) - 参加 2017/02/23 15:23

みい さんのブログ記事

  • あなたなら抗がん剤治療を受けますか?
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら 自分だったら、抗がん剤治療を受けるか、受けないか…?あくまでも、わたしの考えについて書きたいと思います。(※初回治療の場合) がんと告知をされ、治療方法の提案が抗がん剤治療だとしたら…全身状態にもよりますが、わたしは初回治療を受けると思います。 わたしが新人看護師の頃は、抗がん剤の副作用が強く その様子を見てわたしは抗がん剤治 [続きを読む]
  • がんと告知をされた後、知ってほしい事
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら がんと告知をされると、ほとんどの人は頭の中が真っ白になってしまいます。 それはそうですよね…今でもがんは不治の病と思われる方が、まだまだ沢山いらっしゃいます。わたし自身が、もし告知をされたとしても頭の中が真っ白になると思います。 しかし、その混乱の中でも医師に治療の選択を迫られます。 そして、告知された方のほとんどは周りにも [続きを読む]
  • がん患者さんのお見舞いに何を持っていく?2
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら 前回の記事はコチラ↓↓↓がん患者さんのお見舞いに何を持っていく?1 何を持っていくか悩むお見舞い品…お見舞い品と言えば、フルーツの盛り合わせなどもありますね。 ただ…がん患者さんには、お勧めしません。病院にもよるかとは思いますが、抗がん剤治療をし免疫力が低下している患者さんは生物は食べられません。 厳密に言うと…わたしの勤務 [続きを読む]
  • がん患者さんのお見舞いに何を持っていく?1
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら がん患者さんの所へお見舞いに行く事があると思うのですが…お見舞い品って迷いませんか? お見舞いと言えばお花なんて考えてしまいがちですが… 病院によるかもしれませんが、生花禁止という病院も少なくありません。わたしが勤務している病院では、生花を持って来られた場合には病室には置けませんので ナースステーションでお預かりし、家族が来 [続きを読む]
  • 大切な人が予後を告知されたら…
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら がん看護に携わっていると…予後を告知する場面に何度も遭遇します。 患者さんご本人に告知するかどうかは別として、家族には告知されます。 大切な人の予後を告知されたら…ショックだし、悲しいし、中には怒りの感情を持つ人もいると思います。 その時に、どう接したら良いか迷う人もいるかもしれませんね。 どうか、今まで通りに接してあげてく [続きを読む]
  • がんの症状と緩和ケア
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら がんは、日本人の死因で1番多い病気です。現在、3人に1人ががんで亡くなっています。 がん患者さんは、がん自体の症状の他に、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。 「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。 具体的にあげる [続きを読む]
  • 治療と緩和ケア
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら 緩和ケアって聞いた事がありますか? 緩和ケアと聞くと…一昔前は、がんの末期の方が受ける医療だと考えられていました。 ですが、今は違います! 緩和ケアとは、心身の苦痛・精神の苦痛を和らげるためのケアの事を言います。がんの治療と同時進行に行う医療です。 がんの苦痛は、末期の状態だけでなく 初期の状態でもある場合があります。 その [続きを読む]
  • 医療用麻薬を使った症状コントロール
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら 医療用の麻薬として使われる「モルヒネ」どのようなイメージを持たれますか? やはり、「怖い…」というイメージがあるでしょうか? 確かに、一昔前は適切に使える医師が少なかったことから そのようなイメージを持つ人も少なくないと思います。 ですが、今は緩和ケア専門医が増えた事から適切に 安全に使う事が可能になっています。 がんの痛みや [続きを読む]
  • 癌性疼痛(がんせいとうつう)のあった女の子
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら わたしには、今も忘れられない癌性疼痛(がんせいとうつう)のあった女の子がいます。癌税疼痛(がんせいとうつう)についてはこちら 当時、わたしは新人看護師でした。 彼女は9歳の女の子。急性リンパ性白血病でした。肝臓にも転移し、腹痛がありました。 その痛みのケアに、医療用の麻薬が使われていました。 でも…24時間持続で注入されている医 [続きを読む]
  • 癌性疼痛(がんせいとうつう)について
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら がんの苦痛の1つに痛みがあります。がんによる痛み=癌性疼痛(がんせいとうつう) がんによる痛みは、一般的な病気で感じる痛みとは少し違います。そのため、痛みのケアには医療用の麻薬を使うことが多くあります。 一昔前は、医療用麻薬を適切に使える医師が少なかった事もあり 一般の人には「怖い薬」と印象づけられていました。なので、今でも誤 [続きを読む]
  • 第2の患者さんとしての家族の心のケア
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら 心のケアは患者さんだけではなく、ご家族にも同じく必要であると思います。 家族は、患者さんをケアする役割を一生懸命頑張って、自分自身の心のケアを怠りがちになってしまうケースが多いような気がします。 また患者さんの精神的な支えになるために、自分の辛い気持ちを心の奥底にしまい込んでしまい、気丈に振る舞う事が多いように思います。 で [続きを読む]
  • 家族の方の心のケア
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。 いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています ご家族の誰かががんと告げられると、家族全体に大きな変化が生じます。それはそうですよね…大切な家族ががんと告知されたら、ショックや不安な気持ちになりますよね。 それらの変化は精神的な面だけではなく、患者さんの身のまわりの世話などの現実的な問題、家族の役割の変化、経済的な問題など幅広いものです。こ [続きを読む]
  • 読者さまが500人以上になりました★
  • こんばんはがん看護カウンセラー太田みきです。 いいね、読者、コメントありがとうございます感謝しています わたしが上野由美子さんのアメブロプレミアムセミナーを受けたのが6月24日 その時のブログの読者さまは83人でした。 それから約1ヶ月経過しブログの読者さまは…なんと 549人になりました 読者登録頂き、本当にありがとうございます アメブロプレミアムセミナーから約1ヶ月こんなに沢山の方に登録頂け [続きを読む]
  • 心のケアの必要性
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。 いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています きょうは、心のケアの必要性について更新していきます。 がんと診断されると、身体にばかり目が行きがちですが…心と身体は一体のものだとわたしは思います。 不安や落ち込みといった辛い状態が長く続くと、心にも身体にも大きな負担になります。 これまで、がんという医療では身体への治療の側面が優先され、心の [続きを読む]
  • 気分転換に…♪
  • こんばんはがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています デパケンRの増量から1週間…体調がずいぶん良くなりました(*^^)v 土、日と仕事が休みだったので、実家へ帰省していました。実家はやっぱり楽ちんですね ここの所、仕事以外で出掛ける事も少なかったので気分転換に、ワッフルを食べに出かけました。 フルーツも盛り沢山で、とっても美味しかったです [続きを読む]
  • がんと診断されたら見て欲しい記事
  • はじめまして。がん看護カウンセラー太田みきです。 ◆がんと診断されたら… ◆抗がん剤の副作用┌アレルギー症状や過敏症状1│├アレルギー症状や過敏症状2│├悪心・嘔吐・食欲不振│├食欲不振について│ ├髪の毛だけじゃなく、あらゆる毛が抜けるんだ!?│ ├精神的ショックが大きいんです│├便秘にもなるんです!│├便秘のケア│├下痢が起きることもあります!│├下痢のケア│├骨髄抑制って聞いたことありますか? [続きを読む]
  • 患者さんが経験する心の状態
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています がん患者さんが経験する心の状態の代表的なものが、「不安」と「落ち込み」です。これらはある程度は通常の反応です。 それはそうですよね…ある日突然、がんと診断されたら、誰しも不安になると思います。 不安の症状としてあげられるのが…・心配ごとが頭から離れない・怒りっぽい、イライラ [続きを読む]
  • がんと心の変化
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています がんという言葉は、誰にしも心に大きなストレスをもたらします。 そして、告知を受けた後の数日間は… 「まさか自分ががんのはずがない!」 「何かの間違いに決まっている!」などと、認めたくない気持ちが強くなる人がほとんどです。これは、大きな衝撃から心を守ろうとするごく自然な反応です [続きを読む]
  • がん治療中、不安や落ち込みについて
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています がん治療中、日常生活の過ごし方がん治療中、食事についてがん治療中、口腔ケアについて ■不安や落ち込みについて がんの治療には、心のケアも含まれるとわたしは思っています。 近年、がん治療の成績は向上していて、がん=死ではなくなってきてはいます。しかし依然、進行がんの治癒は難しい [続きを読む]
  • がん治療中、口腔ケアについて
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています がん治療中、日常生活の過ごし方がん治療中、食事について ■口腔ケアについて 虫歯や歯周病、抜歯などの治療は、がんの治療中には困難になる場合があります。 なので、日頃の口腔ケアは大切になります。がん治療の前には、口腔チェックを受ける必要があります。 口腔内の状態を良くしておくこ [続きを読む]
  • がん治療中、食事について
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています がん治療中、日常生活の過ごし方 きょうは、食事と栄養について更新したいと思います。 ■食事と栄養 治療を受けるにも体力の維持は重要です。そのために、食事を摂取することは大切です。 がんだから、これを食べなきゃ…というのはありません。あまり神経質にならず、バランスの取れた食事を [続きを読む]
  • 薬が増量になりました
  • こんばんはがん看護カウンセラー太田みきです。 いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています ご存知の方もいるかと思いますが、わたしはうつ病の治療をしています。 ここ数ヶ月は、内服コントロールが良好で体調も良かったんですが…暑さのせいもあってか、ここの所 体調不良でした 先週の土曜日、心療内科の受診日で先生に体調が悪いことを話し、薬の増量が決まりました。 デパケンR200?が1錠増量になりその分 [続きを読む]
  • がん治療中、日常生活の過ごし方
  • こんにちはがん看護カウンセラー太田みきです。 いいね、読者登録、お問い合わせありがとうございます感謝しています きょうは、『がん闘病中の過ごし方』について記事にしようと思います。 がんと診断されても、毎日が具合が悪い訳ではありません。 体調が良いときももちろんあります。 なので、体調が良いときには今までと大きく生活を変える必要はありません。体調が悪いときには、無理をしない生活を送ることが大事になって [続きを読む]
  • 血小板減少時のケア
  • おはようございますがん看護カウンセラー太田みきです。プロフィールはこちら いいね、読者登録ありがとうございます感謝しています ■血小板減少時のケア 血小板は、抗がん剤投与後7日以降に減少します。 血小板減少が起こると、出血傾向が出現し、出血の危険が高くなります。 ◆出血の予防と対応・血小板が減少した場合は、強く鼻をかんだり、皮膚を強くこすったりするのは避けてください。 ・激しい運動も控えるようにしま [続きを読む]
  • 抗がん剤副作用サイトマップ
  • ┌アレルギー症状や過敏症状1│├アレルギー症状や過敏症状2│├悪心・嘔吐・食欲不振│├食欲不振について│ ├髪の毛だけじゃなく、あらゆる毛が抜けるんだ!?│ ├精神的ショックが大きいんです│├便秘にもなるんです!│├便秘のケア│├下痢が起きることもあります!│├下痢のケア│├骨髄抑制って聞いたことありますか?│├骨髄抑制時のケア│├赤血球減少時のケア│ ├血小板減少時のケア ※まだ作成途中です。 [続きを読む]