篠 さん プロフィール

  •  
篠さん: ふるさと納税
ハンドル名篠 さん
ブログタイトルふるさと納税
ブログURLhttp://hometowntaxpayment.com/
サイト紹介文ふるさと納税の控除の仕組みや人気返礼品が探せるサイトなどを調べたことを紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 59日(平均7.5回/週) - 参加 2017/02/23 21:31

篠 さんのブログ記事

  • ふるさと納税 ワンストップ 所得税
  • ふるさと納税で自治体に寄付をする時にワンストップ特例制度を利用して寄付をすると基本的に所得税の控除は行われません。ですが所得税も含めた控除額は住民税から控除されます。要点を説明するとワンストップ特例制度を使用せずにふるさと納税の寄付をした場合は確定申告で2000円を超える部分について所得税と住民税が控除されます。ですがワンストップ特例制度を使用した場合は住民税の控除だけなるけれども控除額は所得税の控除 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 確認
  • ワンストップ特例制度でふるさと納税をしたけどきちんと住民税などが控除されているかどうか確認のやり方ですが、まずはあなたがふるさと納税でどのくらい寄付をしたかの総額を確認しましょう。これはふるさと納税をした時に自治体から送られてくる受領証で確認ができます。この寄付をした合計から2000円を引いた額が控除金額になります。例えば寄付金額が1万円なら2000円引いた8000円が翌年の住民税から引かれていればふるさと納 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 住所変更
  • ふるさと納税でワンストップ特例制度を利用して自治体に寄付をしたけれど突然の単身赴任や転職などで住所が変わった場合税金の控除などは寄付をした年の翌年1月1日までに住所変更の届けをする必要があります。自治体に寄付金税額控除に関わる申告特例申請事項変更届出書を提出して寄付をした自治体に住所が変更になったことを知らせるということです。これをしておかないと税金の控除は受けられなくなるので住所変更になったらすぐ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ デメリット
  • ふるさと納税の寄付をワンストップ特例制度でやることはサラリーマンにとって確定申告が不要であったり、寄付控除で翌年の住民税が控除されたりとメリットが多いです。ですがデメリットというか注意する点もあります。それが年収によって寄付控除の限度額が設定されているということです。この限度額は総務省のふるさと納税のポータルサイトでも目安が記載されていますが、実際には医療費控除や住宅控除などのその他の控除の関係も [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ デメリット
  • ふるさと納税の寄付をワンストップ特例制度でやることはサラリーマンにとって確定申告が不要であったり、寄付控除で翌年の住民税が控除されたりとメリットが多いです。ですがデメリットというか注意する点もあります。それが年収によって寄付控除の限度額が設定されているということです。この限度額は総務省のふるさと納税のポータルサイトでも目安が記載されていますが、実際には医療費控除や住宅控除などのその他の控除の関係も [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 年末調整
  • ふるさと納税の際ワンストップ特例制度を使用すると年末調整などがどのようになるか不安になる人もいます。ワンストップ特例制度が関わってくるのは確定申告が不要かどうかなので年末調整は直接は関係ないです。とくサラリーマンがワンストップ特例制度を使ってふるさと納税をした場合ワンストップ特例制度の申請用紙を書いて寄付をした自治体に送った時点で年末調整の手続きも同時に終了しています。またサラリーマンがワンストッ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 封筒
  • ふるさと納税で地方自治体に寄付をワンストップ特例制度でした場合申請用紙を寄付をした地方自治体に郵送する必要があります。しかもワンストップ特例制度で寄付をした回数分の申請書を封筒に入れて郵送する必要があります。例えばある地方自治体に寄付をする時に年収300万円の人だと寄付控除の限度額は夫婦共働きの場合は2万8000円まで控除されます。そして地方自治体に寄付をする際に返礼品が選びきれず1万円の寄付を2自治体、5 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 住宅ローン
  • ふるさと納税は年収によって税金の控除が受けられる限度額が決まっています。また住宅ローン控除や医療費控除などと併用はできますが、それによってふるさと納税の寄付控除の限度額も下がってしまいます。簡単に説明すると年収300万円のサラリーマンがワンストップ特例制度でふるさと納税の寄付をすると限度額は2万円になるのですが医療費控除や住宅ローン控除があるとこの限度額が医療費控除や住宅ローン控除によってかわりますが [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ やり方
  • ふるさと納税のワンストップ特例制度のやり方ですが、まずは寄付をしたい地方自治体を選びます。どうしてもこの自治体に寄付をしたいとかが無いのであれば寄付に応じた返礼品で選ぶのも一つの方法です。そしてふるさと納税の寄付をした地方自治体を選んだら寄付する金額を決めます。そのごワンストップ特例制度の申請用の申請用紙に必要事項を記入して寄付をした地方自治体に郵送すれば返礼品と確定申告不要で寄付額に応じた税金の [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ特例
  • ふるさと納税は自治体に寄付をすると節税と自治体から寄付をしたことによる返礼品として寄付額の3割り程度の返礼品がもらえる制度として国が地方創生を掲げて実施している政策の一つです。そのためこのふるさと納税をもっと広めようと国が平成27年からワンストップ特例制度というサラリーマンでも確定申告不要でふるさと納税ができる制度が作られました。ワンストップ特例制度は5つの自治体以内なら確定申告が不要でふるさと納税の [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 申請書
  • ふるさと納税のワンストップ特例制度で確定申告不要で税金の控除をするためには寄付をした自治体に申請書を送る必要があります。この申請書を送らないとふるさと納税で寄付をしても税金の控除ができません。ちなみに申請書は各自治体に電話をして郵送してもらうこともできますが、総務省のふるさと納税のポータルサイトでダウンロードもできるほかさとふるのふるさと納税の返礼品を取り扱っているサイトでも申請書をダウンロードす [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 確定申告
  • ふるさと納税の寄付でサラリーマンがワンストップ特例制度を使用すると5自治体以内なら確定申告が不要で寄付分から2000円を引いた額が税金から控除されます。そのため普段確定申告とか会社にまかせていてよくわからないサラリーマンにとっては非常にたすかる制度になっています。ちなみに5自治体以内なので同じ自治体なら何度寄付をしても問題はないです。ちなみにワンストップ特例制度のデメリットというかすこし面倒くさいところ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ特例 申請書
  • ふるさと納税のワンストップ特例制度を利用すると申請書をふるさと納税で寄付をした自治体に送らないと税金の控除が受けられません。また税金関係はWEBでできるものも最近増えてきているのですが、ふるさと納税はまだWEBでの申請を受け付けていないそうです。そのためにどうしても申請書を郵送する必要がでてきます。通常ワンストップ特例制度の申請書は総務省のホームページやさとふるやふるさとチョイスなどのふるさと納税のサイ [続きを読む]
  • ふるさと納税ワンストップ特例制度とは
  • ワンストップ特例制度とはサラリーマンが確定申告不要でふるさと納税の寄付ができるという制度です。この制度を利用すれば通常なら寄付をした後に寄付受領証明書が自治体から送付されるのでそれと源泉徴収票や控除金受け取り用の口座番号や、印鑑、マイナンバー、本人確認証、などを税務署に持っていって確定申告をする必要があります。この確定申告の手間を省いてくれるのがワンストップ特例制度です。ワンストップ特例制度だと必 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ特例 計算
  • ふるさと納税の寄付による税金の控除でサラリーマンでもできるだけ簡単にできるシステムとしてワンストップ特例制度が制定されました。ワンストップ特例制度とはサラリーマンが5つの自治体までなら確定申告が不要でふるさと納税の寄付ができるというものです。通常自営業の人などはふるさと納税の寄付の分を計算して確定申告をしないといけないのですがこのワンストップ特例制度があるおかげでサラリーマンはこの確定申告の煩雑さ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ特例制度
  • ふるさと納税のワンストップ特例制度とはサラリーマンが対象の制度でこれを利用することによってサラリーマンは確定申告が不要になります。ですがサラリーマンなら無条件で確定申告が不要になるかというとそうではなく一定の条件があります。それが1年間のふるさと納税寄付先の自治体が5つまでという条件になります。これ勘違いする人がいるのですが自治体が5つまでなので同じ自治体なら何度寄付をしても問題がありません。またこ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 税制改正
  • ふるさと納税は平成27年の税制改正でワンストップ特例制度や全額控除されるふるさと納税枠が2倍になったりしました。その結果去年はふるさと納税の利用者数が一気に何倍も伸びたと総務省のホームページにかかれていました。ちなみに税制改正で控除額がどれくらいになったかと言うと年収300万円の人のふるさと納税の控除額が12000円から23000円になったり。年収500万円の人は控除額が30000円だったのが59000円になったりしました。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ワンストップ 損
  • ふるさと納税の寄付にはサラリーマンでも地方自治体にふるさと納税の寄付をしやすくするためにワンストップ特例制度という制度があります。この制度はふるさと納税をする自治体が年間で5つ以内なら確定申告が不要になる制度です。簡単に言えばあなたがお勤めの会社が代わりにふるさと納税分の税金控除の確定申告をしてくれるっていう制度です。なのでもしかしたらふるさと納税は自営業の人やお金持ちの為の制度と思っているかもし [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 家電
  • ふるさと納税の自治体への寄付のお礼品で家電は還元率もよくかなり注目されています。ですが元々ふるさと納税で家電をお礼品とするのは総務省などが自治体の特産と関係ないため自粛を求めています。ですがまだ罰則などの規定がないため大丈夫だとは思いますが、おそらく徐々にふるさと納税のお礼品で家電をみることは少なくなっていくと思います。ちなみにふるさと納税のお礼品の家電をたくさん取り扱っているふるさと納税のサイト [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 楽天
  • ふるさと納税の寄付の受付などは実は楽天でもやっています。また楽天などでは自治体への寄付のお礼品などをランキング形式で紹介していたります。なのでふるさと納税を節税目的の他にお礼品目的で地方自治体へ寄付をする場合楽天でお礼品を探すのは非常に時間の削減になりますちなみに現在の楽天でのふるさと納税の寄付のお礼品の1位は大阪府泉佐野市の泉佐野市制70週年記念ビール350ml24本になっています。2位が山形県寒河江市 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 肉
  • さとふるというふるさと納税のサイトのお礼品のランキングには色々なランキングがあります。魚介類のランキング、米・麺類のランキング、野菜・果物・きのこのランキング、タマゴ・乳製品のランキングなどのランキングがあり当然肉のランキングもあります。さとふるの現在の肉のランキングは1位が佐賀県嬉野市の佐賀牛切り落とし1キログラムになっています。2位が佐賀県唐津市の寄付金1万円でお礼品になっている老舗肉屋の特上ハ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 牛肉
  • ふるさと納税の寄付のお礼品でも牛肉は非常に人気のあるお礼品の一つです。もちろん楽天やさとふるなどのふるさと納税のサイトにもランキング上位の常連です。ちなみに現在の楽天での牛肉のランキングは1位は大阪府佐野市の寄付金1万円のお礼品黒毛和牛切り落とし1.5キログラムになっています。2位は福岡県宗像市の寄付金1万円のお礼品九州産黒毛和牛1.5キログラムになっています。3位は宮崎県都農町の宮崎和牛と宮崎豚の焼肉セッ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 自治体
  • さとふるというふるさと納税のサイトと提携している自治体の数は現在1788自治体あります。またさとふるでは都道府県別でお礼品のランキングの一覧というのもあります。これを見ると各都道府県でどこの自治体のお礼品が人気なのかがわかります。ただこの自治体別のお礼品ランキングがある場所が少し見にくい場所にあるので説明します。さとふるの公式ページから左上の人気ランキングを します。そうするとデイリーのお礼品申 [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 還元率
  • 通常ふるさと納税は自治体への寄付金額の半額相当がお礼品として受け取れるのですが、この半額相当のお礼品を少しでも多く受け取れるお礼品もあります。それが家電や金券になるのですが、総務省はこれらは基本的にふるさと納税のお礼品としてふさわしくないと言っています。また2017年からはこの半額相当のお礼品を3割〜4割くらいにするそうです。ちなみに2017年4月から各地方自治体にその旨を送付するそうです。まぁ今回は罰則な [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング 米
  • ふるさと納税の寄付のお礼品で今も昔の大人気のお米ですが現在さとふるの人気のお礼品ランキングにも常連のようにでています。ちなみに現在は佐賀県唐津市の1万円の寄付のお礼品の平成28年産熟成米15kg夢しずく5kg さがびより5kg ヒノヒカリ5kgが総合第二位にランクインされています。また新潟県弥彦村の寄付金1万円でお礼品になっている平成28年産弥彦こしいぶき5kg×3が総合第四位にランクインされています。特に米どころの地 [続きを読む]