MINT さん プロフィール

  •  
MINTさん: TOKYO GOSHUIN TOUR
ハンドル名MINT さん
ブログタイトルTOKYO GOSHUIN TOUR
ブログURLhttp://tokyogoshuin.blogspot.jp/
サイト紹介文東京都内の神社を巡って御朱印をいただいたことを記録しているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 32日(平均5.3回/週) - 参加 2017/02/24 03:08

MINT さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 上神明天祖神社
  • 品川区二葉にある神社で東急大井町線・都営浅草線の中延駅から徒歩5〜6分。龍神さまと白蛇さまが祀られており、巳が辰(身が立つ)ということで立身出世に御神徳があるとされる。元々はこの地域は蛇窪村という地名だったが東京市に編入される際に地名にふさわしくないとして上蛇窪が上神明、下蛇窪が下神明に改名された。さらに10年後の町名整理で現在の二葉になったという経緯が社名にも表れている。時代を感じる大鳥居は大正初期 [続きを読む]
  • 明治神宮
  • いわずもがな。初詣で毎年日本一の参拝者数を誇る原宿にある神社。大鳥居をくぐるとそこは境内というより森の中。都心にあってこれだけ広く緑が豊富な場所は他にはないだろう。参道は長く、途中に日本酒の樽やフランスのワイン樽がオブジェとして並んでおり、少し入るとレストランや土産物ショップもあるので休憩することもできる。三の鳥居まで行ったところで手水舎があり神門を通って拝殿へと進むのだが、残念ながら拝殿も含めた [続きを読む]
  • 中井御霊神社
  • 西武新宿線の中井駅から妙正寺川沿いに歩き、ごりょう坂通りを上った高台にある神社。坂の名前にもあるように“御霊”は“ごりょう”と読む。創建は不明だが古くから落合村の鎮守として知られ、江戸時代以前からこの社で行われている備射祭は新宿区の無形民族文化財の指定を受けている。備射祭は正月の弓神事で、悪霊を駆除して豊作を祈る行事として毎年1月13日に行われるようだ。今は住宅街だが、昔は高台の下は農村地帯だったの [続きを読む]
  • 多田神社
  • 中野区南台にある神社。最寄駅はおそらく丸ノ内線の方南町になるのだと思うが、渋谷区にも近いので京王線の笹塚から歩けなくもない。旧雑色村の鎮守としての歴史は長いようだ。中野区教育委員会の掲示によると、南台という地域は古くは雑色(または雑色村)と呼ばれていて、この社の由緒は寛治六年(1092年)に源義家が大宮八幡宮に参拝のおり、先祖多田満仲を奉祀したことが始まりとされる。最初の鳥居をくぐると参道が続いていて [続きを読む]
  • 皆中稲荷神社
  • 新大久保駅から歩いてすぐの新宿区百人町にある神社。百人町という名は徳川幕府が鉄砲組百人隊をこの地に駐屯させたのが由来であることはよく知られる。由緒は、ある夜稲荷之大神がその鉄砲組の夢枕に立ったのでお参りをしたところ、それから射撃が百発百中になったと伝えられる。「当たる」ものにご利益があるとされ、その後射撃だけでなく様々な願い事をする参拝者が増えたらしい。皆中とは“みなあたる”という意味で、現在では [続きを読む]
  • 高円寺氷川神社・気象神社
  • 高円寺の駅から歩いてすぐの場所にある氷川神社。一説によれば氷川神社の分社は関東地方だけで約一千社あると言われ、さいたま市の氷川神社が総本社となるらしい。高円寺の氷川神社は曹洞宗宿鳳山「高円寺」と同時期に創建されたと伝えられる。通り沿いに建つ鳥居からすぐ右手に手水舎がありすぐ正面に神明造りの拝殿が構えている。幼少の頃、ここの境内に虫あみを持ってセミを捕りに来ていたのを憶えているが、現在は拝殿横に社務 [続きを読む]
  • 高円寺天祖神社
  • 古くから高円寺村の鎮守として知られる東高円寺駅近くにある神社。杉並区教育委員会が作成した説明書きによれば「新編武蔵風土記稿」にも神明社として記されており、祭神は天照大御神とある。鳥居を進むとすぐ左手に手水舎があり、その奥に神楽殿という配置となっている。正面に1831年建立とされる拝殿があって、さらにその左奥には境内末社として清姫稲荷神社と三峯神社が鎮座している。清姫稲荷神社は以前は秩父宮邸の鎮守だった [続きを読む]
  • 富岡八幡宮(深川八幡)
  • 東京十社巡りの一社にもなっている門前仲町にある神社。寛永4年(1627年)に創建で深川の八幡さまと古くから親しまれており、水掛け祭りとも呼ばれる深川八幡祭りが毎年8月に行われる。通常は永代通りから正面参道に入るのだが、工事をしているのか道が塞がれていて西参道からの参拝となった。さらに日曜で骨董市も開かれていて多くの人で賑わっていた。正面参道に入るとすぐに本殿が見えるが左手奥に手水舎があるので、参拝する際 [続きを読む]
  • 天沼八幡神社
  • 杉並区天沼にある神社。自転車で行ったので正確な時間はわからないが最寄駅の荻窪から6分と案内にはあった。御祭神は誉田別命と市杵島姫命二柱で天正年間(1573〜1591年)創建というから420年以上も天沼地域の鎮守として地元の人に信仰されていることになる。白い鳥居の先に赤い鳥居が見えて非常に美しい。参道の先には拝殿があるが手前右手に手水舎、奥に神楽殿が見えてくる。境内には多くの杉並区の保護樹木があってちょっとした [続きを読む]
  • 鷺宮八幡神社
  • 西武新宿線「鷺ノ宮」駅から歩いてすぐの場所にある900年以上の歴史を持つ神社。かつて境内に鷺が多く棲んでいて付近の住人から鷺宮大明神と称されていたのが地名の由来とされている。1645年に八幡神社と改称。1648年には江戸幕府より社地7石余を寄進せられ、中野区内において御朱印を付与された唯一の神社とされる。南側にある鳥居から正面に本殿が見えるが、参道を進むと右側に手水舎、左側に末社六社さま(稲荷神社、御嶽神社、 [続きを読む]
  • 波除稲荷神社
  • 築地市場や周辺の寿司屋などの商店街をを見守るようにして鎮座する神社。いかにも市場な雰囲気の中で、その場所だけ木々が茂っていて異彩を放っている。波除という名称からわかるように江戸時代はこの地域は海の中だ。明暦の大火後に築地において進められた埋立工事は堤防を築いても流されてしまい、困難を極めたと言われる。ところがある夜に海面に光り輝く稲荷大神の御神体が漂っているのを発見し、現在の場所に社殿を造って御神 [続きを読む]
  • 高輪神社
  • 品川駅と泉岳寺駅の間の第一京浜沿いにある神社で、室町中期創建と伝えられる高輪地区の総鎮守社。境内には聖徳太子を祀る太子堂があり、稲荷社、庚申堂、八幡社を合祀し昭和4年に高輪神社となった。かつては道路(東海道)の向こう側は海だったようだが、現在はその面影はない。そして道路沿いと言っても拝殿は少し奥まったところにあり、ぼんやり歩いていると通り過ぎてしまうので注意が必要だ。鳥居からすぐに石段を上り左手に [続きを読む]
  • 新宿十二社 熊野神社
  • 新宿中央公園に隣接し、新宿の総鎮守として知られる神社。資料によれば室町時代に中野長者と呼ばれた鈴木九郎が熊野三山より十二所権現をを勧請し創建とあるが、他にも諸説あるようだ。この周辺は江戸時代には大池や滝がある景勝地として有名で、最盛期には料亭・茶屋が100軒あったそうだが、残念ながら今は埋め立てられてしまい跡形もない。境内に十二社の碑があって、そこに景勝地だったことが記されている。公園側からも入れる [続きを読む]
  • 大和町八幡神社
  • 中野区大和町の住宅街の中にある神社。境内にはやはた幼稚園が併設されていて参道の脇から園児たちが出入りできるようになっている。ここではないが自分もこの近くの幼稚園に通っていたため、この地域に全く縁が無いわけでもない。とはいえ、ここに神社があったことは全く記憶にはない。境内は広くはないが参道が意外と長くパワースポット感がある。拝殿に向かって歩いていると狛犬が2体ずつ6体あってそれぞれ年代が違うと思われる [続きを読む]
  • 馬橋稲荷神社
  • 高円寺と阿佐ヶ谷の境目くらいの場所にある稲荷神社で、詳細は明らかではないが鎌倉末期に創設されたと言われている。この辺りはかつては馬橋村があってその鎮守として信仰を集めていたが、昭和40年の住居標示の改正で馬橋という地名が無くなったため、「馬橋」を後世に伝えるため稲荷神社→馬橋稲荷神社となったそうだ。実は幼少期はこの神社の近所に住んでおり、自分にとってここは遊び場だった。数十年の時を経て訪ねてみると、 [続きを読む]
  • 花園神社
  • 古くから新宿の総鎮守として知られる神社で、開運招福・商売繁盛を願う酉の市が毎年行われている。1800年前後にあった大火で焼失した社殿を再建するため、境内で見世物や演劇などを興行したこともあり芸能と深い縁があるとされる。現在の花園神社は歌舞伎町を抜けた伊勢丹の裏側あたりに位置し、繁華街から外れた場所にあるため、初めて訪れた時はここにあったんだと少し驚いたのを憶えている。明治通り側だけでなく靖国通り側にも [続きを読む]
  • 烏森神社
  • 新橋駅から歩いて3分ほどの場所にある神社。かつては烏森稲荷だったのが明治6年に改名されたようだ。烏森という地名の由来はこのあたりが江戸湾の砂浜だった頃に烏が多く集まって巣をかけていたためと言われている。今ではオフィスビルが建ち並ぶ中の路地奥にユニークな形の鳥居が見える程度で、気にしていなければ通り過ぎてしまうような場所にある。この神社の存在を知ったのは、新橋で友人とお酒を飲んだ際にお店を探す途中で見 [続きを読む]
  • 穴八幡宮
  • 毎年冬至から節分まで頒布される「一陽来復」のお守りが有名な早稲田にある神社だ。お金に恵まれ幸せになると言われ、大勢の人で賑わう。以前、仕事場がここの近くにあったので最初は何も知らずにふらっとお参りに行っていたのだが、お守りの話を知ってからは毎年欠かさず受け取りに行っている。参拝をするにはまず大鳥居があるので、そこから急な石段を上っていくことになる。途中から脇を通って上がれるようになったが、以前は真 [続きを読む]
  • 神田明神(神田神社)
  • 江戸総鎮守として1300年近くの歴史を誇る神田明神は毎年初詣の時期には大勢の参拝客で賑わうことで有名。私もこれまで初詣は毎年ここと決めているのだが、通常日に参拝したのは初めてだ。土曜日とはいうものの、やけに人が多いなと思ったらどうやら紀元祭という行事が執り行われていたらしい。たまたま秋葉原に用事があったので立ち寄ってみたのだが、厳密には通常日とは言えなかったようだ。もちろん正月に比べたら人は少ないが、 [続きを読む]
  • 新井天神北野神社
  • 創建時代は不明ながら古くは天満宮と称し、現在は新井天神として中野区新井エリアの総鎮守として知られる神社だ。菅原道真が御祭神で、九州の太宰府天満宮と同じように1月には前年の悪いことを嘘に替えるとされるうそ替え神事が行われる。正面にある社殿の左手には境内社として大鳥神社と稲荷神社があり、毎年11月には酉の市が開かれているようだ。その他、参道には身体の悪いところを撫でると治ると言われる「撫で牛」や昔は若者 [続きを読む]
  • 沼袋氷川神社
  • 西武新宿線の沼袋駅の近く、線路沿いにある神社。何度か前を通り過ぎたことはあったけど実際に中に入ったのは今回が初めてだ。拝殿に向かう途中、左手に七福神が並んでいる。中野で七福神巡りをするのであれば、ここに来ればすべて揃っている。天皇皇后両陛下御成婚50年の記念として奉齋されたそうだ。社殿の場所まで行くと、さらに左側に御嶽神社、稲荷神社、天王社が祀られている。それぞれ異なったご利益があり幸運を呼ぶ松の木 [続きを読む]
  • 稲荷鬼王神社
  • 歌舞伎町で映画を観た後に、以前七福神巡りで訪れたことがあるこの神社を思い出した。境内神社(三島神社)にある恵比寿様が新宿山手七福神の一つになっているのだ。さて稲荷鬼王神社は由緒の説明書きを読むと「鬼は悪魔を祓う」と言われ江戸時代から武士や商人、職人が参拝に来たとある。鬼の名のつく社寺の中でも鬼王とつくのはここだけだそうだ。ここの筋肉質な狛犬が特徴的であまり他では見かけない感じ。歌舞伎町の中にありな [続きを読む]
  • 阿佐ヶ谷神明宮
  • 御朱印巡りスタートは阿佐ヶ谷神明宮から。ここは東京都でも最大級の伊勢神宮勧請の神社なのだが、実はBABYMETALがメギツネのPVを撮影した場所としてもよく知られている。見憶えのある舞台がそこにあった。ということで今回はBABYMETAL聖地巡礼的な意味合いもある。そしてオリジナルの御朱印帳も頒布しているので必要なものは揃うというわけだ。阿佐ヶ谷という場所にありながら敷地面積は広く、この日はたまたま境内で骨董市が開か [続きを読む]
  • このブログについて
  • 東京都内の神社を巡って御朱印をいただいたことを日記風にまとめたブログです。したがって資料的に価値のある内容のものではないですが、以下の点にご注意いただけるようお願いいたします。このブログに掲載するすべての画像・文章およびその他の 一切の著作物に関し、ブログ管理者の同意なく無断で複製・使用することを禁止します。もし違反行為を発見した場合には、法的措置を取らせていただくことがあります。>>お問い合わせは [続きを読む]
  • 過去の記事 …