タリー さん プロフィール

  •  
タリーさん: 鼻水シャルトリュー育猫記
ハンドル名タリー さん
ブログタイトル鼻水シャルトリュー育猫記
ブログURLhttp://tallyw.sblo.jp/
サイト紹介文2016年5月31日に、運良く今は亡き先住猫の凜太郎君の後釜に収まる、猫風邪タリーの日記。
自由文ウイルス性鼻気管炎(FVR)に罹ったシャルトリューの仔猫が、動物病院で治療した経過や、使用した国内外のサプリメントなどの記事を織り交ぜ、猫風邪に罹ったシャルトリューの仔猫が成長してゆく日常を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 169日(平均1.5回/週) - 参加 2017/02/24 16:40

タリー さんのブログ記事

  • ポーリッシュポタリー
  • 使っていたキャットボウルが欠けたので、新しいものを購入した。ポーリッシュポタリ。ついでにお揃いのコーヒーカップも手に入れた。板藍根を投与して2か月程度が経過して、鼻水が見られなくなったので昨日から板藍根を中止している。この2か月の間に鼻水が見られたのは1日だけだった。 [続きを読む]
  • 鼻水経過良好
  • 板藍根を投与して50日程度が経過。この2週間程の間、鼻水を出している様子はない。漢方薬と言えど副作用が心配なので、今月末頃予防接種のついでに、血液検査など健康診断をする予定。しかし最近は鼻が良くなったためか、餌の食付きが良くてすぐ完食するので、健康に問題があるとは思えないのだが。そのためにオーバーウェイト気味なので、餌を朝夕各28グラムに減量中。半分は低カロリーのアズミラ。残りをロイヤルカナンを中心に [続きを読む]
  • 散歩
  • 板藍根を投与して50日程度が経過。この2週間程の間、鼻水を出している様子はない。漢方薬と言えど副作用が心配なので、今月末頃予防接種のついでに、血液検査など健康診断をする予定。しかし最近は鼻が良くなったためか、餌の食付きが良くてすぐ完食するので、健康に問題があるとは思えないのだが。そのためにオーバーウェイト気味なので、餌を朝夕各28グラムに減量中。半分は低カロリーのアズミラ。残りをロイヤルカナンを中心に [続きを読む]
  • 鼻水の経過報告
  • 板藍根を与え始めて40日経過。観察する限りにおいて、タリーに鼻水は見られない。寛解したかの状況だ。ガンバレ!タリー!鼻水の減少に伴って、餌の食いが良くなってきた。1回量下記を朝夕アズミラクラッシック15gファインペッツ5gロイヤルカナンプロテインエクシジェント10gジャガー3g [続きを読む]
  • 避難リュックで散歩
  • ペット用のリュックで散歩。メッシュなのでリュックの中から風景が見え閉塞感は無い様子だ。猫用避難グッズに使えそう。ここのところ餌の食いが悪い。アズミラだけだと食べてくれないので、色々混ぜている。ジャガー、ファインベッツ、ウェルネスコアオリジナル、ロイヤルカナンプロテイン エクシジェントなど。アズミラは便の状態がよく、成分的にも何とか食べてほしいと思うが、半日我慢して渋々半分程度の食いだ。フードの食い [続きを読む]
  • 便の状態
  • ビオフェルミンを与えて2日が経過。一昨日にまた写真のような粘液性の血便があり、昨日の便は特に問題がなかった。元気が無いわけでもない。とりあえず胃腸の負担を減らす目的で、ヤギミルクにジャガーのフードを浸して柔らかくしてから与えたが、予想の通り全く口を付けなかった。仕方が無いので2時間遅れで今まで通りジャガーのドライフードを与える。鼻水は常に流れているわけではないが、相変わらずの状態。キャットフードのア [続きを読む]
  • 血便
  • 元気で食欲も通常通りではあるが、昨日から血便が出ている。今日の血便も昨日と大きさや性状が同じで、落ちていた場所がトイレの外であることも同じ。トイレの中にあればおそらく気が付かなかったであろう。状況から想像すると、便の最後に出ているらしい。腸粘膜が剥がれたような粘液状である。キャットフードを、ロイヤルカナンからジャガーに変えている途中であるから、それが一因であろうと思う。鼻水も出始めていたので、何か [続きを読む]
  • キャットフードを試行錯誤
  • 最近タリーの鼻水が止まらないので、その原因をよく考えてみると、鼻水が出始めたのは、フードを切り替えるべくロイヤルカナンに、ジャガーのキャットフードを混ぜ始めた頃からだ。鼻水はフードが原因かどうかはわからないけれど、次回は別のフードにしてみる予定だ。今は、徐々にジャガーの比率を増やして、ジャガー7:ロイヤルカナン3の量で、残りは2週間分ぐらい。昨日、試しにクプレラのベンソン&スイートポテトのサンプルを [続きを読む]
  • タリー満1歳の誕生日
  • 1ヶ月前は5キログラムの体重だった。そんなに変わらないと思っていたが、ひと月振りに体重を計ってみると、何と6.5キログラムだった。生後数カ月は標準体重よりはるかに軽く小さなタリーだったが、1年で大きく元気に成長した。肥満の懸念から、ひと月前から食事制限をしていたが、それでもなお体重が増えている。ヨーグルトが原因かも知れない。此の所、鼻水が出ていなかったので、冬虫夏草を2日間止めたら、今朝のご飯を平らげた [続きを読む]
  • 七十五世祖母の物語(第4話)
  • 「マヤ〜、マヤ〜、ごはんですよ〜〜〜」エミリーはしばらくデッキでマヤの帰りを待っていたが、すぐに帰って来そうもないので屋敷に入った。エミリーがいつものように待っていられないのにはある理由があった。今年はステファニーが卒業の年で、男爵が彼女の卒業式に出席するためロザンヌまで出かけるので、その旅行準備に忙しかったからだ。卒業式の後、ジュネーブのホテルで卒業パーティーがあり、その後男爵はステファニーと夏 [続きを読む]
  • 七十五世祖母の物語(第3話)
  • 屋敷はアールヌーボー様式のヴィラで、周辺には伯爵所有のブドウ園が広がり、広大な敷地面積を有していた。マヤは船に反射するキラキラした光が見えると、屋敷から湖畔のボートハウスまで100メートル余りを一気に駆け降りて、ステファニーの姿を探すということをすでに何度も繰り返していた。もしステファニーが帰って来たなら、ボート小屋のマヤを見つけるや否や、遠くからでもマヤを呼ぶステファニーの声が聞こえてくるはずだが [続きを読む]
  • 七十五世祖母の物語(第2話)
  • ダイニングテーブルで微睡むタリーの瞳の奥に映し出された光景、それは夏の初めのレマン湖の輝きと行き交う汽船。その船の何れかに、夏休みでスイス・ロザンヌのボーディングスクールから帰ってくる大好きなステファニーが乗っているかもしれない。どの船がエヴィアンと対岸のロザンヌを結ぶ船かわからないけれど、いつもボート小屋から船を眺めていた。この数年間、夏休みはエヴィアンで一緒にひと夏を過ごしたから、彼女が乗って [続きを読む]
  • 血統をさかのぼって物思うタリー
  • 少し陰のある表情をみて、その思いを代弁すると…あまり美味くないキャットフードを平らげ、窓から降り注いだあさひを浴びた刹那、遺伝子が記憶していたであろう150年前の故郷の風景がよみがえる。エヴィアンの別荘のボート小屋から北側に見える、レマン湖の風と白鳥たちの舞を、デジャブのようにその瞳の奥に感じた今朝のタリーであった。つづく [続きを読む]
  • 今日は鼻水が気になる
  • タリーが鼻水を出している日は、まだ週に一、二度ぐらいはあるが、一日中と言う訳では無くて、食後が多い。今日の鼻水は粘性で色はよく言えばウグイス色。日によって透明の水鼻の時もある。 [続きを読む]
  • 5Kg WT
  • 今週からロイヤルカナンのサイバーエクシジェント1日量58グラムを与えている。体重は5キログラムで先週から微増100グラム。ごはんの用意が出来るまで、今日も朝刊の上でお邪魔猫。即完食して美味しい口のタリー。 [続きを読む]
  • 生後11か月
  • 今日はニャンにゃんニャンの日。新聞にタリーが載った。気候によるのか花粉が原因なのか、そんなに酷くはないけれど、時折鼻水を出しているタリーに、再び免疫ミルクを与えることにした。毎朝バターコーヒーに入れているMCTオイルが無くなったので、それを注文したついでにタリー用の初乳カプセルも注文。アメリカから4日で到着。今夜から、与え続けているヨーグルトと冬虫夏草に加えて、また初乳カプセルを追加の予定。写真で見て [続きを読む]