いち さん プロフィール

  •  
いちさん: 日大通信はじめました。
ハンドル名いち さん
ブログタイトル日大通信はじめました。
ブログURLhttp://niti.hatenablog.com/
サイト紹介文日大通信(英文)と悪戦苦闘する俺のことを書き綴っていくブログです。
自由文日本大学通信教育部で文理学部文学専攻(英文学)をなぜかはじめました。続くか不安、でブログも始めました。皆さんのブログを見つつ、なんとか励みにして、卒業まで辿り着きたいものだ。だいぶ先だけど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 19日(平均10.7回/週) - 参加 2017/02/25 11:19

いち さんのブログ記事

  • 科目修得試験を初めて申し込んだ
  • 4月9日の科目修得試験を申し込んだ!受けることができる科目が4つあるが、2,3限に重なるというミステイク。ま、今回は欲張らずに2科目と言うことでね、っていうか、そのうち追い込まれて4限全部受ける羽目になる近未来が目に浮かぶような・・ま、レポートを出してからいえよって感じだけど。うーん、考えてみると1ヶ月ないじゃんね。受かる気が全くしないんだけれど。過去問をググッて探さないと、見当つかないわ。というか、ネッ [続きを読む]
  • 初不合格!!!
  • レポートがまた2つ返ってきたけれど、そのうち1つがななんと不合格!初不合格。まあね、即席だったから。というか、章段をチョイスして、それを元に書くって奴だったんだけど、その章段が自分で選んでおいてなんだけれどショートすぎてね。書くことがなくなってしまってダレてしまった。あと、参考文献が1冊と言うのも少なすぎるって。でもね、『枕草子』の参考書なんてどれも似たり寄ったりではない?ま、たくさんあげておいた方 [続きを読む]
  • 東洋史概説がテキスト改訂
  • 東洋史概説が教科書改訂か。どうしたもんかね?2月に1つ出したばっかりなんだけど、3月にもう1つ出すかな?東洋史の概説だったら、教科書が変わったところで大差ないような気もするけれど。バーコードシールを出そうとしたら、分冊1と2両方出せるのね。てっきり1を出して合格しないと2を出せないんだと勝手に思い込んでいたんで。ま、順序どおり出すけれど。それに、合格する前に次のを出したら、よく考えずに出すだけ出してみ [続きを読む]
  • 英作文1ってさ
  • 英作文をやっている。中国語をやっているときに思ったんだけど、そもそも1600字なんて満たすわけがない。ま、中国語が2つともそれでもパスしたと言うか受付ベースで不備としてはねられなかったからいいんかな。っていうのもさ、イディオムを10個使って、それぞれ文を作れっていう問題なんだよね。もちろん、テキストの文例を使ってはならない。これってさ、自分の首を絞めることにもならないか?だって、自分で文章を作るんだから [続きを読む]
  • スクーリング、何取ろうか迷う(2)
  • 集中型と毎週夜間型があるんだけど、仕事終わってから通うのってむずいんだよね。眠いし。で、毎週型の方が毎回予習をする必要があったりする。英文の予習って言うのはもちろん日本語訳。事前にプリントが配布されることが多い。今どき当日配布なんてしないもんでね。送られてきたりする。テキストを指定する例もあるんだけどさ、できれば一般的な「英文法」「英語史」あたりは大学指定の教科書を使って欲しいものだよね。似た内容 [続きを読む]
  • スクーリング、何取ろうか迷う(1)
  • スクーリングの案内が来た。まだスクーリングの単位が足りないのと、英語学演習か英米文学演習のどちらかを取らなければならない。演習科目は1単位なんだけど、単位を認められるのは2単位。どっちかを2つ取らなければならない。どっちかというと、英語学って嫌なんだよね。文法はそもそもそんな嫌いでもないんだけど、大学の授業でやる英文法は読んでも訳分からない。前回は、それを英文で読まされたんでね、アレルギーが・・でも [続きを読む]
  • レポート2つ返ってきた!
  • 郵便受けに返却レポートが。開けるまでにドキドキするんだよね。そもそも何のレポートが返ってきたんだか分からないし。2科目とも合格で、「よくできています。」と書いてある。レポートって難しいよね。自分でよくできているんだかとんちんかんなこと書いちゃっているんだか、正直あまり自信がない。こんな題で2,000字書けないよっていうのもあれば、これを2,000字で簡潔にまとめるのかよっていうのもあるし、こんなことどこに書 [続きを読む]
  • 科目修得試験との相性
  • ま、レポートをがむしゃらにやればいいっていうものではない。科目修得試験、いわゆるカモシューなるものの時間割と照らし合わせないと・・。なんせ年4回「しか」ないし、1日に4回「しか」試験がない。で、あろうことか、出しているレポートが2限と3限ばっかりじゃんね。1年間固定の時間割か。・・1日6回くらいやってくれるとまだいいんだけど。レポート提出期限が3月15日。皆さん、11日12日の土日で追い込みでやったりするのかな [続きを読む]
  • 2月に提出したレポート
  • それにしても、本当に怒涛の勢いでレポートを書き上げた。言うほど大した時間は使っていない。でも、2月だけでレポートを9冊も書き上げたからね。だったら最初からその調子で勉強をしていろよという話。で、しかも英文に関するものはゼロという訳のわからなさ。英語に対する苦手意識がレポート執筆に向かわせたという負の動機づけ。ま、結果オーライ・・こんなことしても、卒業に関係ないわ。。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 写し間違いにも注意!
  • 怖いのは写し間違い、変換し間違い。写しながら、フランスのラを抜かしちゃったり。でも、どっちかというとワープロの変換ミスをそのまま保存してしまって、書き写しているときに気づくってことが多い。県都→ケント、棒乱→暴乱、帰属→貴族とかね。ん?って気づくからいいけれど、専門用語だったら気づかないままの可能性も捨て切れない。半分寝ているときに書き写したものは危ないな・・にほんブログ村 [続きを読む]
  • 表記の仕方が難しい
  • 西洋史概説のレポートを、今日もせっせとやっている。難しいよね、表現が。ヘンリーだかヘンリだかで違うし、アルザス=ノレーヌ地方もドイツ語読みするとエルザス=ロートリンゲンだし。テキストによって表記も違うし、フランス史とドイツ史で言い方も違う。複数のテキストを見ていると、混在してしまうこともある。同じレポート内で言い方が違ったらおかしいからね、注意しておかないと。もちろんテキスト表記で統一するけれど、 [続きを読む]
  • 土日でレポート書き上げる
  • 土日を使って4つのレポートを書いて提出!何か、本当に腱鞘炎になりそう。休み休み書いたけれど、2000字を4回書いたら8000字。普段そんな字を書かないから。それにしてもパソコンってすごいね。租庸調とか康熙帝とか平気で変換するから。何なら、「そちょうよう」でもネットでは「租庸調」が出てくる。ま、書けないけど。これ、テスト受けるときは漢字をまず覚えないと。。 [続きを読む]
  • 英作文テキストをチラ見
  • 英作文Ⅱのテキストを斜め読みする。うーん、問題集だね。というか、問題と答えという、シンプルな。英作文って○か×かというよりは部分的には合っているとかいろいろなバリエーションがありそうだけど。ま、答えが載っているんだから、日本語をテキストどおり訳すというか、暗記すればいいんかな?どうして目をつけたかというと、必修だけど2単位、つまりはレポート1回出せば試験が受けられて単位が得られる。今回出しておけば4 [続きを読む]
  • レポートを清書中
  • 国文学講読とか卒業にほぼ関係ないものをせっせとやる。ワープロで書き出してから転記するという、いつもの方式。清書とでも言えばいいのだろうか?二度手間とも言うが。書き写すのって疲れる。字がね、最初のうちは丁寧に書いているんだけれど、3ページ、4ページといくと手が疲れて字も乱れ、写し間違いなんかあったりして。俺は修正液は使わない。きれいに消せないんでね。紙を貼り付ける。障子張りとか内職したことないけど、き [続きを読む]
  • レポート提出にあたって
  • バーコードシールはインターネットから打ち出すことに。そういや、前はシール版だったけど、どこかにいってしまった。レポート用紙も旧バージョンだから、科目コード欄の桁数が違って、何を書くんかなとしばらくの間悩んだ。何かレポート用紙っていろいろ書くところあるわ。こりゃ、書き忘れとか切手貼り忘れとかありうるよ。課題集から切り取って貼り付ける。これも、なんかね。両面だから裏にも注意書きとかキーワードとかいろい [続きを読む]
  • 怒涛の勢いで書き上げる
  • 怒涛の勢いで「中国語Ⅰ」を書き上げ、なおも「外交史」「国文学購読Ⅲ」も完成させる。異ジャンルなのでこれでいいんだかなんだか分からないが、ハイペース。というか、全然必修じゃないし。必修科目が多いんだよね、英文って。まあね、そりゃそうだろという気もしないでもないが。手引きを見ると、4月9日の試験に間に合わせるためには3月15日までにレポート(日大通信ではリポートと言っているが。)を出さなければいけないんだ [続きを読む]
  • メディア授業も検討
  • メディア授業とやらも取ってみようかなと思ったけれど、うちのパソコンは調子が悪くて音声がなぜか出ない。ちらっと「英語史」のサンプルを見てみた。というか、「英語史」って正攻法でやる人は何%なんだろ。初期の頃、取った人の苦労と、その後の担当先生の苦悩が窺い知れる授業だわ。日本語テキストでも十分難しいもんね。いわば古文だし。でもね、スクーリングより高いというか、別に追加料金払ってまでじゃないとやれない科目 [続きを読む]
  • 「英語史」は後回しだな
  • 「英語史」の設題をチラ見する。ま、こんなもん無理だわと思っていると、設題集に英語史単独で書いてあるじゃんね。というか、補助教材を見ろと?うーん、簡単に言うと、アウトラインはできているわけか。じゃないとこんなんできるわけないからね。テキスト英語だもん。うーん、けど、そこまでされたところでできる気がしないわ。後回しにしようかな。 [続きを読む]
  • テキストに書いてあるけどダメ?
  • 「外交史」の設問課題を見た。ビスマルク?なんだか難しそうだわ。教科書を開くと、思いっきりそんなテーマの節があるけど?設問課題にキーワードが書いてある。それを使って書くんだよね?レポートの課題集の最初の方に、レポートはテキストをそのまま書き写してはいけないと書いてある。そりゃそうなんだけど、教科書に答えらしきものが載っている場合、答えを書き写してはいけないという、何とも相反する事態に陥る。わざと答え [続きを読む]
  • この中国語テキストで自習できるのかな?
  • 中国語のテキストをチラ見した。俺は語学は3年次編入なんで免除だからいいんだけどね、まあ履修できるようだからしてみた。あの、日本語訳がないし、練習問題の答えも付いていない。web支援・・単語の訳なら載っているけど。設問を見たら、練習問題の一部を解いて提出しろと。俺は中国語の初歩程度だったらできるからいいんだけどさ、初学者は無理がないかい?NHKの語学講座じゃないんだから、CDで解説があるとも思えないしな。中 [続きを読む]
  • 焦ってレポートに手をつける
  • 自分の惨憺たる履修状況を見てみた。というかね、レポート設題集、あと2か月しか有効期限ないんじゃん!焦ってやり始める。前回もそんな感じだったから、あれから2年、まるで手を付けていない。スローライフ過ぎたわ。とりあえず、歴史ものでウォーミングアップ。もう、3年目に入ったから、必修科目以外にもいろいろテキストがあるからね。充実しているのはテキストだけ。でも、そのテキストでさえ、旧教材となってしまっているも [続きを読む]
  • レポート設題集をめくりながら
  • レポートの設題集を見ていた。そろそろ書こうかなって。なんか当たり前のことが書いてあったりするよね?テキストをよく読むこととか、このキーワードを入れることとか、ここで言っているこの言葉は、こういうことを言っているのではないとか、この単語をこう訳す人が多いが、テキストに載っているから見ろと。教科書を丸写しするなとかさ、そういうのがいろんな科目の設題に書いてあったりする。そもそも、レポートの書き方ってい [続きを読む]
  • これが大学の授業ねえ〜
  • 秋のスクーリングの科目をペラペラとめくっていたら、北原安治先生のシラバスで、「テキストを5行おきに写す。手書き以外不可。」「必ず手書き」「ノート検査は抜き打ちで行うので必ずノートは書いておく。および板書事項を正確に全て写していないノートは不可とし単位を与えない。」「教科書を毎回持ってくること。教科書を持ってきているか調べる。」「板書事項を全部書いているかを調べる。ノート検査をして不備のものは不合格 [続きを読む]
  • 「英語学演習」最終日(2016年8月)
  • 今日は最後にテスト。4題出て、そのうち3題は英文を読んで説明、1題はアングロサクソン族が英語の語彙を豊富にした方法を述べよだそうで。Middle Englishは、結局2人が立候補。もっといるかなって思ったけれど。50点以上を附加するって言っていたけれど、何点附加されるかは触れず。ただ、立候補する人って、どうせできるんでしょ?って感じがする。テスト勉強の時間を1時間くれるそうだ。参照不可だから、その間で何とかしたいと [続きを読む]
  • 「英語学演習」2日目(2016年8月)
  • 英文を読んで、訳して、先生が解説する。大体、これが30分くらい。これもレベルがある。英文学専攻の科目だけあって、結構皆スラスラ読める。目で追っていくのがやっとみたいな感じの人も。そんな人の訳だと完璧に近いから先生もわざわざなぞらない。次、みたいになっちゃうんで、そのときは学生の発表をちゃんと聞いている。逆に、たどたどしく英文を読む人もいる。すると訳も何言ってるのかよく分からない。ただ、こっちにとって [続きを読む]