Mrs.ピグルウィグル さん プロフィール

  •  
Mrs.ピグルウィグルさん: ピグルウィグルの大好き!めぐり
ハンドル名Mrs.ピグルウィグル さん
ブログタイトルピグルウィグルの大好き!めぐり
ブログURLhttp://ameblo.jp/mr-and-mrs-piggle-wiggle/
サイト紹介文ハンドメイドときどきスポーツそして旅。大好きなリバティプリントとミシン、暮らしの楽しみをつづります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 123日(平均1.5回/週) - 参加 2017/02/26 07:09

Mrs.ピグルウィグル さんのブログ記事

  • やわらか nani IRO Wガーゼで涼しい夏ワンピ!
  • やっぱり涼しい!とろけそうなやわらかさ。 nani IRO のやさしげな色に包まれて、幸せな気持ちになれそう^^  ワンピに使ったのは、2014年の ヴァルツアー 空色のような背景に花々が音楽を奏でているような柄で、ひと目惚れした生地。セールで出会ってその後、生地の保管庫で大切にねかせておきました(〃∇〃) 型紙はこちらです↓ ワンピ、チュニック、スモックの3タイプが作れます。 袖ぐりはパイピング仕上げ。先にパイピン [続きを読む]
  • 物に宿る魂 〜 古いものと出会うとき
  • ピカピカの新しい物ではなく、誰かのもとを経由してやってくる古い物。使いこまれた道具そのものの古いトルソーとの出会い(※)もありました。 ※このときのエピソードは、 イメージ通り! 古いトルソーがやってきました でご紹介しています。 古い物と出会うなかで、物に宿る魂があることを深く感じています。 アンティーク市へ 定期的に開催されるアンティーク市。見てまわっていると、私の手に、足に、すがりつくように触 [続きを読む]
  • アンティーク調ボタンをヘアゴムに
  • キラキラ光るメタルボタンやガラスボタン、ビンテージのミリタリーボタン・・・ アンティークショップで見かけてうっとり、ボタンの世界も楽しく奥深いですね。 母親のお裁縫箱でひっそり時を重ねてきたような、アンティーク調のステキなボタンを見つけお試しで1個ずつ、ヘアゴムに。 合わせやすい色で、ふだんづかいにピッタリ。その日の気分で選ぶ楽しさも。 ボタン、アクセサリー商品の専門店TAISEI さん かわいいラ [続きを読む]
  • 雨の日ソーイング 〜 リバティ フローラル・イヴ で簡単ソーイング
  • 雨がザーザー降る日は、ミシンの音がよい気分転換に。華やかなフローラル・イヴで、キャミソールワンピを作ってみました。 型紙は、トランテアンさんのフリーパターン。→ 型紙・作り方は こちらとても簡単にできると好評だそうで、さっそくお試し、お試し! 実際に使ったのは、国産リバティです。型紙は輸入リバティ 135?幅 1mを活用する内容なので、手もとにある分(幅110?、長さ160?)で柄合わせして、とれる最長の丈にし [続きを読む]
  • 6月の護国寺 月次御開帳へ
  • ずっと行きたかった護国寺(東京都文京区)の月次御開帳(毎月18日)へ。 日曜日ということもあってお参りの人も多く、午前9時からの開帳法要のあと、本堂内の右側には長い長い行列が。 順番に観音さま(如意輪観世音菩薩)の前へ進み、手を合わせます。その美しい観音さまは、見上げる高さに。私たちのことをよく見て、よく聞いてくださるそうで、こうやって近くへ行けるたび、少しずつでも清い心の私になっていたいものです。 [続きを読む]
  • 導いてくれる存在の声? 世界平和記念聖堂で響いた声とは
  • 光に包まれる聖堂、そしてステンドグラス。色鮮やかな、マリアと大天使ガブリエルを見つめて撮影した瞬間、教会の正午の鐘がちょうど鳴り始めました。お告げの鐘です。 鐘の音は、あの高い塔から聞こえてきます。 天に近い十字架。ここは広島市中区にある、カトリック幟町教会 世界平和記念聖堂です。 以前にも訪れたこの教会で、ボランティアガイドの男性が「マリア様はときどきこの教会に現れているんですよ。聖堂にやっ [続きを読む]
  • 咲くアジサイ 祖母の思い出とともに
  • 花びらのように見えるがくを ひとつひとつ、まるでパッチワークのようにつないで紫色の布に仕立てたよう。 私が子供の頃から同じ場所に咲く。 ふるさとは田植えの季節。雨粒を受けて花々はかすかに揺れ、その姿に古い記憶がよみがえる。 毎年変わらずに咲くこの花を楽しみしていた祖母。 「きれいに咲いたねぇ」その祖母も今はもういない。 揺れる紫色の大きな結晶を見てくれているだろうか。 しとしと雨降る庭にひとり。 ☆*゚ [続きを読む]
  • なぜハマる? リバティ スプリング・ガーデンは魔法の扉だった!?
  • 見かけるとついつい、ちょこっと買いしたくなるリバティ スプリング・ガーデン。 うっとり癒やされてしまうのはなぜ?その魔力にハマっている私、理由がやっとわかりました。 特にこの花を見るとき。↑大好きなナタリー・レテの絵になんとなく似て見えて、あ〜好きだな〜、と思っているようです。 我が家でナタリー・レテといえば、愛用のこのバケツ。女の子の青いワンピースも、リバティプリントのメラニー・アタイのよう。と [続きを読む]
  • 腐りにくい体づくり
  • 朝刊を読んでいて気になったワード“腐りにくい体”「・・・最古とされる弘智法印は生前、即身仏になるため腐りにくい体になろうと穀類を断ち、ササの葉の芯や野イチゴを食べ続けるなど3000日間にわたり修行。・・・」記事→ こちらサビない体づくり、とかよく聞きますが、即身仏(ミイラ化した僧侶)になるために腐りにくい体づくりのベースとなった食が、ササの葉の芯野イチゴだったとは・・・。さらに、弘智法印が眠る西生寺 [続きを読む]
  • ラベンダーの種をまいてみました
  • 8日目。まだ発芽しないので、説明書を見てみたら 「早ければ10日間ほどで、遅いと2カ月以上かかります」 なんと! (-^□^-) 今週末か、7月末か、この差は大きいような・・・ 早く芽が出て咲かないかな〜 さらに、ぼんやり読み進めた先に、次のような一文が。 「種をまいてから2〜3年でお花を咲かせます」 ええーっっ!! ?ヾ( ̄0 ̄;ノ  し、知らなかった・・・東京2020大会の頃までに咲くといいね、というチャレンジが、知らず [続きを読む]
  • 北海道にあった☆ファーガスの世界!
  • 北海道に出張中の家族から写真が届きました。 「鹿と並走。三笠、岩見沢両市境」 この世界、まるでファーガス! リバティの柄がふと浮かんでくるような光景に、うっとり〜♪ 黄色い花は何だろう? タンポポじゃないかな、と返事。 なんだか違うような…だけど、北海道のあちこちで見かけた黄色い花は、タンポポだったのだそう^^ 山頂にはまだ雪が残っているようですが、桜や [続きを読む]
  • 映画「沈黙ーサイレンスー」原作ゆかりの地を訪ねて 2 (長崎編)
  • 遠藤周作文学館(長崎市東出津町) 沈黙の碑を見学したあと、同じく出津(しつ)文化村にある【外海歴史民俗資料館】へ。(そとめれきしみんぞくしりょうかん) この2階に、かくれキリシタンの十字架やメダイ、マリア観音、聖像の一部といった貴重な資料が展示されています。 学芸員さんよりバスチャンの予言が紹介され、大浦天主堂(フランス寺)、プチジャン神父、サンタ・マリア、といったキーワードが謎 [続きを読む]
  • 映画「沈黙ーサイレンスー」原作ゆかりの地を訪ねて 1 (長崎編)
  • 黒崎教会(長崎市上黒崎町) 今回の長崎の旅は、沈黙ーサイレンスー 聖地巡礼MAP「沈黙」の舞台・長崎を巡るを参考にしています。 長崎滞在中の1日を使って参加した遠藤周作と小説「沈黙」の舞台をめぐるバスツアー(9:40〜17:30)をご紹介します。 ☆ 晴天のこの日、長崎駅で乗り込んだバスが向かうのは、「沈黙」に登場する かくれキリシタンの里《トモギ村》のモデル、長崎市 外海(そとめ)地区エリア。&nbs [続きを読む]
  • 長崎巡礼 心の旅 ① 大浦天主堂
  • 長崎市 大浦天主堂日本之聖母像 2017年3月11日撮影 大浦天主堂の入口中央にある白いマリア像です。信徒発見の報にフランスから贈られました。 ☆ 堂内には、「信徒発見のマリア像」と呼ばれる創建当時にフランスからもってきたマリア像があります。 サンタ・マリアの御像はどこ? [ 谷真介 ] 本の詳しい内容は → こちら ☆ 長崎の街を歩いていると、サイレンが [続きを読む]
  • 3月の旅じたく “天才” あらわる!〜の巻
  • 次にスーツケースを買うときは、リバティで彩る旅がしたい♪そう夢みる私の前に現れたクールでブラックなアイツ。 頭の中にダースベイダーのテーマが流れたあの夏から半年、新たなめぐり逢いが! って、またしても(・・。)ゞ リバティで彩る旅、今回のライバルはPRODIGY=「天才」という名のシュッとしたヤツでした。 新幹線に飛行機、怒濤の移動の日々を耐え抜いてくれそうなタフな体。 先行発売 [続きを読む]