finance-gfp.com さん プロフィール

  •  
finance-gfp.comさん: ファイナンシャルスター
ハンドル名finance-gfp.com さん
ブログタイトルファイナンシャルスター
ブログURLhttp://finance-gfp.com
サイト紹介文投信・債券のセールストーク、営業マンのスキルアップを目的としたサイトです
自由文コンテンツの作成は外資系金融機関出身者が担当しています。
自身のアイデアに加え、セールストークや切り口のアイデアを複数の現役営業マンからヒアリングして作成しています。
彼らは独立系大手証券、銀行系大手証券、外資系証券の現役営業マンです。
投信・債券のセールストークを中心に、より実践的でレベルの高いコンテンツ作りを心掛けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 88日(平均2.8回/週) - 参加 2017/02/26 10:22

finance-gfp.com さんのブログ記事

  • iシェアーズ 米国優先株式ETF(PFF)【ETF】
  • 実質的な運用会社ブラックロック投資対象米国優先株(ベンチマーク:S&P米国優先株式への連動を目指す)商品組成上の特徴ETF信託報酬0.47%良い点(セールストーク)優先株の特徴株式と債券の中間に位置発行体が破綻した際の弁済順位は債券より劣後するが、その分利回りが高い議決権を持たないが、その分普通株式より弁済順位が上位になる償還までの期間が長期であることや、利息・配当の支払いが繰り延べられることなどから、格付 [続きを読む]
  • パン・アフリカ株式ファンド
  • 実質的な運用会社ユニオン バンケール プリヴェユービーピーエスエー(UBP)(委託会社:損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント)投資対象アフリカ株式(アフリカに本拠を置く企業またはアフリカでビジネスを積極的に行っている企業の株式)商品組成上の特徴特になし主な販売会社(販売手数料)東海東京証券5000万円未満:3.2400%、2億円未満:2.1600%、3億円未満:1.0800%、5億円未満:0.5400%、5億円以上:なし信託報酬2.1692 [続きを読む]
  • 三菱UFJ欧州ハイイールド債券ファンド(ユーロスター)
  • 実質的な運用会社UBSアセット(委託会社:三菱UFJ国際投信)投資対象ユーロ建て欧州ハイイールド債最終利回り3.83%(信託報酬控除後1.81%)(データは2017/3/31現在)商品組成上の特徴通貨選択コース(愛称ユーロスター):円・ユーロ・豪ドル・ブラジルレアル・資源国通貨カバードコールを活用した別ファンドもあり(ユーロスター・プレミアム)主な販売会社(販売手数料)三菱東京UFJ銀行5000万円未満3.24%、1億円未満2.16%、1 [続きを読む]
  • 実質実効為替レートを分解して分かりやすく解説
  • 「実効」為替レート「実効」は何を意味するかというと、ドル円レートのように特定の2か国間の為替レートではなく「複数国間の相対的な通貨の強弱」を表します。BIS (国際決済銀行)が算出する実効為替レートは貿易額で加重平均してウェイト付けされます。BIS(国際決済銀行)が公表している実効為替レートは26ヶ国を対象としたNarrow Indicesと61ヶ国を対象としたBroad Indicesがあります。現在のBIS実効レートは2010年の月次平均を100と [続きを読む]
  • 欧州(ユーロ圏・英国)の経済指標チェックリスト
  • ユーロ圈は米国・中国・日本などとは異なり複数の国々から成り立っています。よってユーロ圏として公表される経済指標は様々な国のデータをまとめたものとなります。例えば失業率などが顕著ですが同じユーロ圏といってもドイツとギリシヤでは全く異なるデータとなります。ユーロ圈の失業率が10%でもドイツが4.5%でギリシヤが20%ということもあります。よって経済指標が改善しているように見えても、実はギリシャやスペインなど一部の [続きを読む]
  • 中国の経済指標チェックリスト
  • 製造業購買担当者景気指数(国家統計局PMI)毎月月末にその月のデータを公表50を上回れば景況拡大、50を下回れば景気悪化を示す中国国家統計局と中国物流購入連合会が共同で調査民間企業が調査する「財新中国製造業PMI」と異なり、中国政府が発表するPMIであり、通常であれば信頼性は高いと考えられるが、中国の場合は「国の発表だからこそ信頼性が低い」との意見も多い財新(Caixin)/マークイット製造業購買担当者景気指数(財新中国製造業 [続きを読む]
  • 日本の経済指標チェックリスト
  • 短観(日銀短観)3、6、9、12月に調査、翌月(4月初、7月初、10月初、12月央)、午前8時50分に公表正式名称は「全国企業短期経済観測調査」日銀が金融政策を判断する上で短観に注目していると言われている米国のISM製造業景況感指数と同じイメージ全国の約1万社の企業を対象に自社の業況や経済環境の現状・先行きについてどうみているかといった項目に加え、売上高や収益、設備投資額といった事業計画の実績・予測値など、企業活動全般にわたる項目 [続きを読む]
  • 米国の経済指標チェックリスト
  • 米国は経済指標の公表が充実しており数多くの指標が定期的に公表されています。下記にマーケットを予想するうえで極めて重要な指標とまあまあ重要な指標を掲載します。あまり細かく見すぎてもノイズを抬う形になりマーケット予測にプラスになりませんので、ポイントと大きな流れを押さえておけば良いでしょう。定期的にチェックしておけば米国景気が現在どのような状況にあるか把握することができます。ISM製造業景況感指数毎月第1営 [続きを読む]
  • ヘッジファンド関連の投信
  • 国内で販売されているヘッジファンドの形態ヘッジファンドは様々な戦略があり世界中で数多くのファンドが存在します。日本国内で運用しているヘッジファンドはほとんどなく、日本国内で販売されているヘッジファンドは海外で運用されているファンドを国内に持ち込んだ商品です。商品形態としては米ドルベースで販売する場合は外国籍投信、円建てで販売する場合は国内籍投信として販売されています。(一部、円建てでも外国籍投信の場 [続きを読む]
  • ボラティリティ・インデックスを資産保全に活用
  • ボラティリティ・インデックスについてボラティリティ・インデックス(VI)は株価をはじめとする指数を対象としたオプションのボラティリティをもとに算出されています。代表的なボラティリティ・インデックスとしてS&P500を対象とするVIX指数、日経平均を対象とする日経平均ボラティリティ・インデックスなどがあります。下記に代表的なボラティリティ・インデックスを掲載します。S&P500:VIX指数日経平均:日経平均ボラティリ [続きを読む]
  • CMBSの仕組みとポイント
  • CMBSはMBSの一種でMBSはABSの一種 ABS (Asset Backed Securities)は各種資産のポートフォリオを裏付け(担保)に発行される債券です。 主な裏付け(担保)資産としてリ ... Copyright © 2017 ファイナンシャルスター All Rights Reserved. [続きを読む]
  • テーマ型ファンド(投信)の活用
  • テーマ型ファンド(投信)のポイントと注意点 テーマ型ファンドで注意すべき点はテーマ型ファンドが流行るときというのは株式市場がある程度上昇した後ということです。 つまり、ある程度株式市場が上昇して、多少 ... Copyright © 2017 ファイナンシャルスター All Rights Reserved. [続きを読む]
  • ユーロヘの投資について考える
  • ユーロの長期チャート(ユーロ発足から2017年まで) 1999年1月のユーロ発足後からの推移は、1ユーロ=1.1〜1.2ドル程度を中心値としてある程度レンジでの推移となっています。 下記に掲載している ... Copyright © 2017 ファイナンシャルスター All Rights Reserved. [続きを読む]