ゆきだるま さん プロフィール

  •  
ゆきだるまさん: 試行錯誤の投資生活
ハンドル名ゆきだるま さん
ブログタイトル試行錯誤の投資生活
ブログURLhttp://niftyfifty.blog.fc2.com/
サイト紹介文少額投資で米国株の配当再投資に挑戦中。試行錯誤のプロセスをお披露目しています。
自由文はじめまして、ゆきだるまと申します。
nifty fifty「素晴らしき50代」を前に投資に目覚めたサラリーマンです。
リタ充(リタイア後の充実生活)を夢見て、月々の小遣いでコツコツと雪だるまを転がしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 178日(平均7.2回/週) - 参加 2017/02/26 12:44

ゆきだるま さんのブログ記事

  • 【割安】エクソン・モービルの配当率が4%超え
  • ゆきだるまです。株価が低迷しているエクソン・モービルですが、遂に配当率が4%(名目)を超えました!年間配当額3.08ドル/株価76.29ドル=配当率4.03%8月に入って原油の供給過剰から連動してエクソン・モービルも株価を下げ続けてきました。この数日間は米国製油所の閉鎖や停電等により原油価格が高騰しています。先の第2・四半期の決算では純利益、キャッシュフローともに前年同期の実績を上回り、かつ短期的にも1株 [続きを読む]
  • ガミラスと地球の同盟、超宇宙的な投資観にびっくり!
  • ゆきだるまです。宇宙戦艦ヤマト(1974年初代放送)は中高年世代にとって金字塔的なアニメ作品です。あらすじをご紹介しますと、22世紀末に地球はガミラス星人の攻撃を受け、赤茶けた放射能まみれの星に変えられてしまいます。人類滅亡のカウントダウンに入った時に救世主イスカンダル星人の超技術をもって宇宙戦艦ヤマトが誕生し、逆にガミラスを壊滅状態に追い込んで元の地球に戻すというお話しです。そのヤマトのリメイク版が数 [続きを読む]
  • 新登場のiFree S&P500投信はどれだけお得か?
  • ゆきだるまです。大和証券投資信託委託さんがiFreeシリーズにS&P500型投資信託を投入してきます。何と信託報酬率0.243%(税込)!これまでS&P500指数連動型の投信はi-mizuho米国株式インデックスの信託報酬率0.6156%(税込)しかなかったので、信託報酬料が半分以下になります。このことは各ブログで取り上げられていますので、ここでは、この信託報酬率の違いがどのくらいリターンに影響するのか試算してみました。【試算条件】 [続きを読む]
  • iDeCo(イデコ)ってどうよ
  • ゆきだるまです。政府の「貯蓄から投資へ」の施策3本柱の一つがイデコ(個人型確定拠出年金)です。インデックスファンドを対象にした「つみたてNISA」と良く似た制度なので取り上げてみました。【イデコとつみたてNISAの違い】イデコつみたてNISA年間投資上限額最低6万〜81.6万円40万円所得税等控除投資額全て対象なし運用益非課税非課税投信管理費DC専用等は低率通常運用期間加入から60歳まで最大20年途中換金原則できないでき [続きを読む]
  • つみたてNISAに適した人とは?
  • ゆきだるまです。2018年からつみたてNISAが始まりますね。具体的な投資対象商品が特定されていないものの大枠は以下の様に決定したようです。【つみたてNISAの概要】(金融庁資料)従来の一般NISAと比べると・対象期間が5年(繰越10年)→20年に拡大・年間上限が120万円→40万円に縮小・投資対象をファンド(投信・ETF)に限定(個別株は不可)・最大投資枠が600万円→800万円に拡大メリットもあればデメリットもありそうです。政 [続きを読む]
  • 【注意】マイナンバー未提出者はNISAが失効します!
  • ゆきだるまです。NISA(少額投資非課税制度)は株やファンドで得た利益が非課税になるとともに、各証券会社の計らいで売買手数料も一部無料になるなど、少額投資家には非常に有難い制度です。【NISAの適用期間、限度額】 (出典:金融庁)最近、マイナンバー未提出者は来年以降のNISAが使用できなくなる旨を金融庁をはじめ各証券会社から警告が発せられるようになりました。そもそも証券会社へのマイナンバー提出期限は3年間の猶 [続きを読む]
  • ダウのイケてない銘柄たちは逆に買い頃!?
  • ゆきだるまです。「Forbes」の記事ではゼネラル・エレクトリック【GE】、IBM【IBM】、ベライゾン【VZ】、エクソン・モービル【XOM】がダウの不人気銘柄とのこと。私はGEとXOMを持っていますが、やはり冴えないですね。ポートフォリオの中でも赤字リターンが目立ちます。現在のダウ30銘柄を配当率の順に並べて「ダウの犬(年初高配当10位)」と比較してみました。本年の「ダウの犬(高配当10位)」と比較すると【BA】ボーイングと [続きを読む]
  • マネックス証券が米国株投資に最適な理由
  • ゆきだるまです。ネットで米国株が買えるのはマネックス証券、楽天証券、SBI証券の3社です。現在のところSBI証券は利用していませんが、スペックから比較してみても米国株投資はマネックス証券が最適だと考えています。その理由は以下のとおりです。1 売買手数料が安い ・売買代金の0.45%かつ最低5ドル〜最大20ドル/取引(税抜) ・SBI証券は同額 ・楽天証券は25ドル/取引(税抜)で話にならない。2 取引銘柄が最多 ・マ [続きを読む]
  • 【待望】楽天ポイントで投信が買える日が来た!
  • ゆきだるまです。8月26日(土)から楽天証券での投資信託の買付けに楽天ポイントが使える予定となり、これで楽天グループ3種の神器が揃いました。【楽天グループ3種の神器】1 楽天銀行・証券連動で預金金利0.1%適用とポイント倍増2 100円投信3 楽天ポイントでの投信買付けこれらは少額投資家の商い心を非常にくすぐる仕掛けです。一つ一つみていきましょう。1 楽天銀行と楽天証券の連動(1)マネーブリッジ楽天銀行と楽 [続きを読む]
  • PFFの分配金は今月も漸減、NISA最終買増しを検討
  • ゆきだるまです。【PFF】米国優先株式ETFから8月分の分配金が出ました。 分配額 1.59ドル(10口分、税引後) 利回り 4.77%(取得額37.39ドル、税引後)本年の分配金額の推移をまとめました。残念ながら今月も分配金は下がっていました。本ETFは289銘柄から構成された米国優先株の集合体であり、構成状況により月別でのバラツキはやむを得ないと考えますが、通常配当の3ヶ月サイクルでみても減少傾向にあるので若干の心配をし [続きを読む]
  • マクドナルドを常食すると【健康被害と投資リスク】
  • ゆきだるまです。健康被害と投資リスクの第4弾はマクドナルド製品です。マクドナルドは今や説明の必要もないくらいのスーパーグローバル企業です。「安い・早い・うまい」によって世界に受け入れられた卓越したビジネスモデルを構築しています。株価も上昇の一途をたどっており、ジム・クレイマー氏をして「老舗でこれだけ成長している企業は印象的」と云わせしめたほどです。ウオーレン・バフェット氏も「マクドナルド社株の売却 [続きを読む]
  • ゆれ動くタバコ産業【健康被害と投資リスク】
  • ゆきだるまです。健康被害と投資リスクの第3弾としてタバコ産業への投資リスクを取り上げます。7月28日にFDA(米食品医薬品局)がタバコのニコチン量の制限を検討することを発表しました。この発表を受けて、アルトリアグループ【MO】をはじめとするタバコ産業の株価が一気に下落しました。フィリップ・モリス【PM】は米国外を販売対象としているため今のところ株価への影響は限定的です。ただし、米国での規制が本格的に実施され [続きを読む]
  • ゼロコークと人工甘味料【健康被害と投資リスク】
  • ゆきだるまです。昨今では健康被害を与える企業製品には容赦なくペナルティが加えられるようになりました。それは税金の形で販売を抑制することにつながるものもあれば、販売停止に追い込まれるものもあります。これらはいずれも投資リスクとして認識しておく必要があります。昨日はコカ・コーラなどの炭酸飲料に含まれる多量の糖分が肥満の原因になるとしてソーダ税を実施している都市が増え始めており、これにより炭酸飲料の売り [続きを読む]
  • コーラに肥満税を【健康被害と投資リスク】
  • ゆきだるまです。生活必需品はヘルスケア製品と並んで長期投資に適しています。しかし、ロングセラーと云われながらも健康志向の高まりを受けて、存続の危機にたつ商品があります。投資対象研究の一環として幾つか題材に取り上げてみます。まず第一弾はコカ・コーラです。さて、コカ・コーラに角砂糖がどれだけ入っているでしょうか?【答え】 出典www.sugarstacks.com/ コカ・コーラの350ml缶なら直ぐに飲めてしまう量ですが、角 [続きを読む]
  • AT&Tから配当金、TWX社買収後も配当は大丈夫か?
  • ゆきだるまです。AT&T社から中間配当がでました。 配当額 17.64ドル(40株分) 利回り 4.4%(対保有株価、税引後)T社の魅力は何といっても配当の高さです。NISAで運用しているので米国内課税分10%のみが控除されて税引後でも4.4%あります。前期決算も1株利益(EPS)が調整後で0.79ドル(前同期0.72ドル)で実配当額0.49ドルを十分カバーできています。さて、T社がタイムワーナー(TWX)社を買収した後も、この高配当が維持 [続きを読む]
  • ダウ最高値続伸、「茹で蛙」にならないために
  • ゆきだるまです。NYダウが連日最高値を更新して2万2千ドルの大台にのりました。移動平均線を大きく上回り株価収益率(PER)も20倍に達しています。株価調整の局面に入るとノーマルのPER17倍(1万9千ドル)まで15%程度は下落する可能性があります。ところで、皆さんは「茹で蛙」の話をご存知ですか?蛙を熱湯に入れると熱さのあまり飛び出てきますが、水に蛙を入れて徐々に加熱していくと回りの温度が高くなっていくことに気が [続きを読む]
  • ジム・クレイマーがダウのトップ10を評価
  • ゆきだるまです。トランプ大統領の突発的な「呟き」はいつも世界的な物議を醸しだしていますね。8月3日のある呟き「ビジネスはかつてないほど好調だ。その熱狂ぶりは記録的レベルにある。株式市場も常に最高だ。偶然の産物などではない。」Business is looking better than ever with business enthusiasm at record levels. Stock Market at an all-time high. That doesn't just happen!この「呟き」にカリスマファンドマネージ [続きを読む]
  • スプリント【S】米通信界の風雲児の動向
  • ゆきだるまです。ソフトバンクグループ傘下のスプリント【S】がよく話題にあがります。8月1日発表の当期決算で黒字に転じ、続けざまにM&A(合併・買収)の計画がある旨をマルセロ・クラウレCEO(最高経営責任者)が発表しました。株価は一瞬急騰しました。クラウレ氏によるとM&Aの理想の相手方は「CATVやネット大手より携帯事業者がよい」との発言があったことから「TモバイルUS」が有力候補に再浮上してきました。スプリントと [続きを読む]
  • 第2・四半期決算で株価が大きく動いた銘柄をまとめてみた
  • ゆきだるまです。第2・四半期決算が大体出揃ったので話題になった銘柄をまとめてみました。1 ハイテクアップル【AAPL】8/1決算発表 決算良好につき【上げ】アマゾン【AMZN】7/27決算発表 決算不良につき【下げ】アルファベット【GOOGL】7/24決算発表 決算良好なるも材料出尽しで【下げ】IBM【IBM】7/18決算発表 決算不良につき【下げ】2 通信ベライゾン【VZ】7/27決算発表 決算良好・加入者大幅増で【上げ】AT&T [続きを読む]
  • 2017年7月末の運用状況
  • ゆきだるまです。2017年7月の運用状況をお示しします。【1ケ月間の動き】・追加投資額:9万3千円、両替:489.39ドル、配当収入:33.55ドル+12.58ドル(VT)・投資信託積立:38,920円・米株買い増し:コカ・コーラ10株【運用状況】 ※為替110.25円/ドルで計算・総リターン:11.33%(現在評価額1,699千円/投資総額1,526千円)・2017年NISA 枠使用率:93%(残買付可能額:86千円)【感想】手持ち現金が少なくなってきたた [続きを読む]
  • コカ・コーラを買い増した(高値づかみ)
  • ゆきだるまです。コカ・コーラ【KO】を10株(株価45.99ドル)買い増ししました。KO株は計30株(平均取得単価43.13ドル、配当利回り3.43%税込)となりました。7月26日に第2・四半期の決算があってからKO社の株価は一段上がってからの買いなので、高値づかみです。KO株は本年の「ダウの犬」に選定されるほど年初株価は低調でしたが、その後順調に株価を上げてきており、年初来のリターンが11.0%とS&P500指数の10.5%を上回っていま [続きを読む]
  • ゼネラル・エレクトリックから配当金、今後の見通しは?
  • ゆきだるまです。ゼネラル・エレクトリック社から中間配当を受領しました。 中間配当額 6.48ドル(30株分、税引後) 配当利回り 3.09%(保有株価27.98ドル)配当額は据え置きです。GE社は7月21日に第2・四半期の決算を発表してから株価は一段と下落し、現在は25.3ドル近辺で落ち着いた感じです。CEO(経営最高責任者)が交代するのに業績見通しが11月まで出ないということで失望売りが続きました。市場では11月まで株価は据 [続きを読む]