ゆきだるま さん プロフィール

  •  
ゆきだるまさん: 試行錯誤の投資生活
ハンドル名ゆきだるま さん
ブログタイトル試行錯誤の投資生活
ブログURLhttp://niftyfifty.blog.fc2.com/
サイト紹介文50歳代サラリーマンが定年後の資産形成に向け小遣いの範囲で米国株の配当再投資に挑戦中です。
自由文はじめまして、ゆきだるまと申します。
nifty fifty「素晴らしき50代」を前に投資に目覚めたサラリーマンです。
リタ充(リタイア後の充実生活)を夢見て、月々の小遣いでコツコツと雪だるまを転がしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 31日(平均7.9回/週) - 参加 2017/02/26 12:44

ゆきだるま さんのブログ記事

  • 【XOM】エネルギー業界のトップブランド
  • ゆきだるまです。ホームワーク第2弾はエクソン・モービル【XOM】です。日本でもエッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドでお馴染み。エネルギー資源の探鉱・生産、輸送、精製、販売までの事業を一括で行っているスーパーメジャーと呼ばれる世界6大石油会社の一つです。(スーパーメジャー6社) 出典:wikipedia1 エクソンモービル(2014年度・売上高3941億ドル)2 ロイヤル・ダッチ・シェル(2014年度・売上高4211 [続きを読む]
  • Market Hack流投資術10カ条を実践してみる
  • ゆきだるまです。投資の勉強は専ら本とインターネットで行っています。どちらも内容は玉石混交です。非常に参考になるものもあれば、時間の無駄に終わったものもあります。数少ない良書の中でも大変感銘を受けたのが、広瀬隆雄先生のMarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法第1章に広瀬先生が実地で得た経験を元に投資術10か条を伝授してくれています。はっきり言ってこの章だけでも十分購入する価値はあります。(投資 [続きを読む]
  • タバコが欲しい!(2)
  • ゆきだるまです。前回はタバコ銘柄フィリップ・モリスを買うか否かをとりあげました。今回はもう少し掘り下げてみます。配当再投資に当たっての私の持論は「配当率の高い株を買う」配当率とは投資額に対するリターンなので株価に関係がありません。つまり同じ配当率の銘柄があれば株価の違いはあっても投資と配当の割合は同じになります。更なる持論は「配当成長の高い株を買う」こちらもかつて検証しました。購入時の配当率は低く [続きを読む]
  • タバコが欲しい! その1
  • ゆきだるまです。禁煙歴10年になりますが、無性にタバコが欲しいです。といっても吸いたい訳ではなくて、タバコ銘柄が欲しいのです。なぜならば高収益で株主に対して高還元だからです。シーゲル先生も過去最高の株主リターンをもたらしたのはフィリップ・モリス(PM)だとしています。著書『株式投資の未来』において、1925年〜2003年の累積リターンは年率17%であり、1925年に1000ドルを投じて配当を再投資すれば、2003年には2億500 [続きを読む]
  • 投資リスクを考えてみる
  • ゆきだるまです。投資は余剰資金で行っているつもりですが、それでも投資資金が壊滅的打撃を受けると正直辛いです。投資に伴うリスクとして代表的なものは、・価格変動リスク・為替・金利変動リスク・流動性リスク・信用・倒産リスク・カントリーリスクリスクを回避又は低減するために分散投資が有効な方法となり、そのためにはインデックスファンドを買うことが勧められる訳なのですが、それでも長期で個別株を持つことのリスクで [続きを読む]
  • 債券は長期投資に必要か?
  • ゆきだるまです。インデックス投資を第一に考えていた頃は、債券をポートフォリオに組み込むのが当然だと思っていました。債券がポートフォリオ全体の値動きを安定させて、云々・・・先達て債券ファンドを処分しました。購入時の目論見としては、①株式の値動きの補完機能②債券なのに年利回り実績が7%で余剰資金の待機場所としても最適つまり、最初に待機資金全額を債券ファンドに投入して積立投信の買付毎に順次解約する。ファ [続きを読む]
  • 円の両替に確定申告は必要か!?
  • ゆきだるまです。サラリーマンが趣味の投資を嗜む上で確定申告を避けたいと考えています。なぜならば面倒だからからです。①まず手続きが面倒②確定申告をしたために実年収が上がり各種控除に影響すると面倒③その結果、投資をしていることが会社や家庭で問題になると面倒もちろん脱税はアウトなので、NISAや特定口座(源泉徴収あり)を使用して確定申告を不要にしています。損失控除や各種還付を放棄してもやむを得ないと考えてい [続きを読む]
  • 配当の成長(2)
  • ゆきだるまです。前回の記事で保有銘柄の配当実績を調べてみました。今回は配当実績から今後20年の保有株の配当率を試算してみました。増配予測 JNJ +$0.15/年, XON +$0.10/年, KO +$0.07/年, T +$0.04/年     RDS.BとPFFは増配が見込めないので配当率は一定としている。一番下のグラフはJohnson&Johnsonを2017年に配当率2.8%で買って長期保有をすると、20年後には配当率が倍の5.5%くらいになるというものです。ただし [続きを読む]
  • 配当の成長(1)
  • ゆきだるまです。米国には長期にわたって配当を増加し続けてくれる企業が非常に多くあります。・連続増配歴50年以上のものは配当王・連続増配歴25年以上のものは配当貴族 と呼ばれています。私は配当金を再投資することで長期のリターンを狙っており、配当王・配当貴族のような信頼のおける銘柄を中心に高配当の維持が見込まれる銘柄を選んでいます。以前にも書きましたが私が銘柄を選ぶ際には配当率を非常に重視しています。そう [続きを読む]
  • 投資信託が地味に優秀です
  • ゆきだるまです。配当再投資の話が中心でしたが、併用している投資信託のことを書きます。前回はVT(バンガード・トータル・ワールドストックETF)について書きました。今の資産構成は以下の円グラフと表のとおりで投資信託もしっかりと成果を出してくれています。米国株式は売買頻度が高いことに起因して、リターンが低くなっています。投信の良さである放ったらかし効果が出ている感じです。【資産構成】【投 [続きを読む]
  • VTがいい感じ
  • 分散投資していますか?究極の分散投資銘柄と呼ばれているのがバンガード・トータル・ワールドストックETF(VT) です。投資を始めた頃は超あこがれのETFでした。世界47か国、8000銘柄、これ1本で全世界に投資「地球に投資してる感満載」の銘柄です。始めてのドル資産でもあり、昨年6月に投資した時は相当テンションがあがりました。しかしながら値動きがない!?・・・どころか下がってる・・・書評も批判的なものを目にするこ [続きを読む]
  • エクソン・モービルから配当金 (2017/03)
  • ゆきだるまです。エクソン・モービルから6.75ドル(10株分、税引)の配当がありました。エクソン・モービルは25年以上配当増を続ける配当貴族です。4期続いて同額であるため次の第2四半期では増配となるはずです。(期待)これまでの配当実績ここ数年漸減していますので、是非とも頑張って欲しいと思います。配当カレンダーをつけています。(太字が実績)現在の投資状況では年間約200ドルの配当、投資額に対する配当の割合は4 [続きを読む]
  • ダウの犬 2017
  • ゆきだるまです。ダウの犬と呼ばれる投資法は市場平均(S&P500)に勝てる可能性が高いと言われています。ダウの犬戦略の手順・毎年の年初めに・ダウ工業株30種平均の銘柄のうち・配当率の高いものから順に10銘柄を機械的に選び・各銘柄の価値構成比が等しくなるように買って・1年間ただ保有して年末に売却する結果は市場平均を超えるリターンを出せることが多くあるそうです。勝利の理由・配当率が高い=割安株で潜在的な成長 [続きを読む]
  • 勝ち馬に乗る
  • なぜ投資をするのか?前回、投資家といふものについて考えを巡らしてみました。投資理由は人それぞれだと思います。私の場合はある程度の貯まった小銭が普通預金に預けっぱなしでは勿体ないと思ったからです。余談ですが私が子供の頃(1970年代)は銀行の普通定期預金で年利5%位あったと思います。お年玉を預けておくと数年で千円単位の利息が付いていました。子供ながらにお金が増えるのが楽しくて、利息を1万円にするためには [続きを読む]
  • 投資家といふもの
  • 投資家についてこう考えてみた株式投資を初めて一年未だ株に投資するということの意味が実感できていない。本当に何も知らない頃は、株とは投資家が企業に直接お金を払って手に入れる、それが投資というものだと思った。しかし実際にお金を払う相手は前の株の持ち主に対してであり、企業に対してではない。一般的には「株主」の地位を買うことを投資と呼んでいる。それでは企業にとって株主の役割は何かというと、返還義務の無い資 [続きを読む]
  • PFFから分配金(2017/02)
  • ゆきだるまです。 PFF(iシェアーズ 米国優先株式 ETF)から今月の分配金をいただきました。  1.72ドル(10口分・税引後) 優先株式とは、普通株式と普通社債の中間に位置するハイブリッド型証券と呼ばれており、株式でみると議決権がなく、債券でみると弁済順位が低いので利回りが高いのが特徴です。このETFは金融株を中心に296銘柄の高配当な優先株式が組み込まれています。 分配金の年率は6.58%(2017/02/28時点)と非常 [続きを読む]
  • 何を買おうか
  • サラリーマン投資家のゆきだるまです。 僅かばかりの小遣いを投資に回しています。 月に一度の米株買い付けに向けて、そろそろ3月期の購入銘柄を考えています。現在の株価の状況です。 保有銘柄の買い増しを基本に考えています。 私の場合は、資産の均等買付などのアセットアロケーションは考慮せずに、  一 「安ければ買い」  ニ 「配当落日が間近なら更に買い」 この二点を当面の買付け方針としています [続きを読む]
  • バイ・アンド・ホールドを考える(米株編)
  • ゆきだるまです。 米株は昨年の夏頃から始めました。 私の投資投機生活を振り返ってみると  2016年 2月〜 7月 日本株を短期トレード       7月〜12月 米株を短期トレード  2017年〜 長期保有に切り替え 前回の記事で日本株の短期トレードで悔しい思いをしたことを書きました。 今回は米株の短期トレードの経験談を書きます。当時売った時の損益と現在まで持ち続けた場合の損益の比較です。・2016年7月〜12 [続きを読む]
  • バイ・アンド・ホールドを考える
  • ゆきだるまです。トレードをする際は「損切りの徹底」とか「利食い千人力」とか言いますよね。私も投資初期の頃は半年程度「日本株」を取引して試行錯誤していました。その際の運用成績がこれです。当時売った時の損益と現在まで持ち続けた場合の損益の比較です。・2016年2月〜7月までの日本株のみの取引分(通貨単位は円)・現在値とは当時処分をせずに持っていた場合の現在の株価・譲渡益に関する税金は加味していません。 [続きを読む]
  • 配当再投資いろいろ
  • ゆきだるまです。 2日にわたって配当再投資について考えてみました。  ・3/4 配当再投資について考える  ・3/5 少額配当再投資の試算 前回までのテーマは「少額での配当再投資は可能か」というもので、例えばAT&TやPFF(iシェアーズ 米国優先株式 ETF)などの高配当で安定した銘柄に配当再投資をする場合は、4%の実質配当率の下で10年間で約1.5倍のリターンが出せるというものでした。 しかしながら、前回の検証では [続きを読む]
  • 少額配当再投資の試算
  • ゆきだるまです。 昨日、NISAで4000ドルを初期投資すれば配当再投資が可能と書きました。 そこで目標年次である10年後のリターンを試算をしてみました。【試算の条件】 株価40ドル・配当率4%(価格・配当上昇なし)の銘柄に4000ドルを投資  (イメージ的には株ならばAT&T、ETFならPFF) 10年間、四半期毎に配当金を再投資(買増)をした場合のリターンを求める。  (NISA口座を使用し、買付手数料、配当課税は無いものと [続きを読む]
  • 配当再投資について考える
  • ゆきだるまです。 配当金の再投資は複利効果で加速度的に資産が増やせる投資手法です。 優良な高配当銘柄に配当再投資を行えば、ダウ30やS&P500等の市場平均を上回るリターンを出せることを歴史が証明しています。 ジェレミー・シーゲル著『株式投資の未来』 そのため、私も雪だるま作戦と銘打って実践(実験)を試みています。 しかしながら配当金が少ないと再投資と言っても新たな株が買えない。 このため少額投資家には配 [続きを読む]