roku さん プロフィール

  •  
rokuさん: Stand by Me
ハンドル名roku さん
ブログタイトルStand by Me
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/burizerojp/
サイト紹介文唯一の家族だった夫を亡くしました。夫との事をここに残していこうと思う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 120日(平均5.6回/週) - 参加 2017/02/26 14:49

roku さんのブログ記事

  • この人
  • 知人に会った。本当は会いたくなかったが、今まで何度も会いたいと云われてその度に断って来たのだが、さすがに断り続けるのも悪いと思い会った。(夫の葬儀後一度会っている)・・・・やっぱり 会うんじゃなかった。何で会いたくないかというとその知人はまず、人の話を聞... [続きを読む]
  • その人
  • 密かに尊敬しているブロガーさんがいる。(一度もコメントを送った事もないけど)最初にその人のブログを読んだのは夫が病気になってからだ。「病気ブログ」に登録されていたが、ご主人が亡くなられた後ブログ村からは退会された。でもずっとブログは続けておられる。その人... [続きを読む]
  • 買い物 2
  • 私は元々怠惰な人間だったが、近頃ではそのナマケモノぶりに拍車が掛かってきた。まあ、このまま朽ちてしまっても全然構わんのだけどさ。最近 ちょっと食費の事を考える様になった。相変わらず、料理はしない。スーパーやコンビニで買ってきた惣菜などを食べている。買い物... [続きを読む]
  • 買い物
  • ケムシ発見以来庭へ出るとビクビクする様になってしまった。自分ちの庭に出るのに何でこんなにビクつかなきゃならんのか,滑稽だが仕方がない。だって怖いんだもん。3月末に会社を辞めたあと、バカみたいに買い物をした。怒涛の如く物を買いまくった。安価な物から高額な物ま... [続きを読む]
  • 甘え
  • 頂いたコメントを読んでいて、つくづく 理解しあえるのは「私達」だけなのだと思った。・・・・私には最初から夫の話や自分の気持ちを聴いてくれる様な相手は、残念ながら誰もいなかった。こういう時身内がいないというのはキツイですな。それでも夫が亡くなった直後はやは... [続きを読む]
  • ローバイ
  • 出た。ケムシが出たんである!バラの茎にへばり付いていた。ああ、とうとう恐れていた日が来てしまった。発見した時、年甲斐もなく大いにうろたえてしまった。「どうしよう、どうしよう」とその場をウロウロ。傍から見たら挙動不審だったろう。夫はいない。インコは駄目だ。... [続きを読む]
  • 煙草
  • 夫はずっと喫煙者だった。ついでに云うと私もだ。癌になってから夫は煙草をやめたのだが、再発をしてから会社や 私のいないところで時々吸っていたようだ。一度、夜中に台所でこっそり吸っているのを目撃した事がある。その時はケンカになった。ケンカと云うより私一人がギ... [続きを読む]
  • ゴミの日
  • 週に二回「燃えないゴミの日」がある。自宅側の遊歩道にあるごみステーションへゴミを捨てに行く。遊歩道の青葉がとてもきれいだ。先日行ったテーマパークでも思ったのだが、年をとってくると緑の美しさが胸に沁みる。若い頃にはよく判らない感慨だと思う。ゴミを捨てに行く... [続きを読む]
  • Green Green Grass of Home
  • 庭のテーマパーク(?)へ行って来ました。自宅から車で一時間ちょっと離れた町にある。前にここへ来たのは二十年前。もちろん夫と。でも二十年も前の事だから丸で覚えていない。 入口はこんな感じ。 こんな道や こんな道を トコトコ歩いて行きます。 こんな場所もあり... [続きを読む]
  • 帰る
  • 今更どうにもならない事を考えたって意味がない。そりゃ判っている。でもそれは理屈だ。その理屈では計れないところに人の感情というものがあるのだから。・・・・時々 大声をあげて暴れたくなりそうな時がある。その感覚は孤独とか淋しさとかじゃなく” 恐怖 ”に近い。... [続きを読む]
  • 夫へ
  • ムクゲが早くも咲き始めました。 花壇の花達も賑やかです。 二番花も咲き始めています。 夏が大好きだった夫をイメージして 五月に種まきした ひまわりです。 あり?ミニだと思っていたけど、 この葉っぱの大きさからしてノーマルみたいだ。 名前が気に入って購入... [続きを読む]
  • 私2号
  • 毎日 家に閉じこもっているのがよくないのだろう。たまには気分転換で何処かへ出掛けてみようか。だが そう思うと、もう一人の私が透かさず声を掛けてくる。「気分転換? アンタそんな事出来る身分なの?」「・・・・・・」「落ち着いた気持ちになりたいとか、 慰めが欲... [続きを読む]
  • ぺしゃんこ
  • 夫がいなくなってまだ半年だがもうヘトヘトだ。耐える事に。死別された方が、一年、二年と時間がたつごとに哀しみや辛さが増すと書いておられる。私は たった半年でこの様だ。これからどうすりゃいいのさ。「ブラックボックス」の記事で頂いたコメントを読んで、少し元気が... [続きを読む]
  • スノッブ
  • 今日は花の剪定をしようと思った。バラ達も一番花が咲き終わって次の開花待ちをしている。落ち込んでいる時は単純作業に集中するのが一番だ。考えたって始まらん。 ・・・終わりもしないが。だが、どうもよくない。やる気が起こらない。こういう時は何やっても駄目だ。早々... [続きを読む]
  • ブラックボックス
  • 私の頭の中の引き出しにはブラックボックスが入っている。その箱の中には夫が倒れてから葬儀が終わるまでの4日間が入っている。夫がいなくなってからもちろん、山の様に辛い事は沢山あった。だが、あの4日間だけは別格だ。余りにも辛い事やショックな事があると記憶がなく... [続きを読む]
  • 喪服
  • 夫の指輪が出来た。 画像ではよく判らないが夫のは新品なので輝きが全然違う。・・・ちょっと 羨ましい。何かほっとした気持ち。良かった 良かった。指輪を受け取りに行った時ついでに喪服を買った。夫の告別式では和服(レンタル)を着たが通夜では洋服だった。( 喪服... [続きを読む]
  • タガタメ
  • 何かないかと探している。夫がやりたかったけど、結局やらず仕舞いだった事。「夫がやりたがっていた事。」”自分の書斎を作る。”これは年初めに一週間かけて作った。”庭を造り直す事。”これは完成した。”関西にある 某神社へお参りに行く事。”これも頑張って行って来... [続きを読む]
  • 巡礼
  • 随分前の事だがTVで四国の「お遍路さん」の特集をやっていた。巡礼している人にインタビューをしているのだが、その中に記憶に残る人がいた。その人は70代のおばあさんで、一人でずっと大阪に住んでいたそうなのだが、60幾つかの時に全てを処分して巡礼に出たそうだ。イ... [続きを読む]
  • 憐れ
  • 最近 何となく一人に慣れて来た様な気がする。だが それはあくまでも家に居る時に限る。外へ出ると矢張り駄目だ。何で一人なんだろうと無意味な事を考えてしまう。少し前 知り合いに衝撃的な事を云われた。「・・・・毎日 ダンナの遺骨と飯食ってんのか・・・」である。... [続きを読む]
  • キノコ
  •   閑話私はキノコが嫌いだ。いや、嫌いなんていう段ではない。「 憎んでいる 」 といっていいかもしれない。不倶戴天の敵である。理由は聞かないでくれたまえ。南西の角に私の好きなキンモクセイが植わっている。夫が植えてくれたものだ。先日 庭の水やりの時、そのキン... [続きを読む]
  • しまう
  • 二階の片付けをしている。多少の目途がついて来てだいぶ片付いてはきているのだが、この ”ほとんど何もやっていない感” があるのは何故なんだろう?急ぐ必要のない作業だからなのか、心底では やる気がない作業だからなのか・・・?会社からゴッソリ持って来た夫の物は... [続きを読む]
  • 落ちる
  • 今度所用の為東京へ行くと先日書いた。その所用と云うのはある人に会う為である。古い知人だ。その人は今癌の闘病中である。もうよくないらしい。恐らく会うのはこれが最後になるかもしれない。東京には夫と時々遊びに行った。色んな思い出がある。今回の東京行きはその夫と... [続きを読む]
  • ゴボゴボ
  • クレマチスの鉢植えを探しているのだが大きな園芸店へ行っても何故か売っていない。今日、近所のスーパーへ買い物に行った時ふと、スーパーの敷地内にある花屋さんへ寄ってみた。(同じくスーパーの敷地内にある 本屋さんへ行く途中に 何気にのぞいてみただけなのだ)おお... [続きを読む]
  • 解釈
  • 今日は夫の誕生日である。おめでとう 夫よ。天気は抜群にいいし、(夫は晴れ男)そのせいか今日は少し浮上している。夫がいるのかなあ。せっかくだからこんな日はデパートでも行って夫の好きな物を手当たり次第に買って来たいが、あいにく今日は日曜日。休日にデパ地下へ行... [続きを読む]
  • 庭に植えたクレマチスの花がやっと咲いてちょっとご機嫌で庭仕事をしていたらお向いのご夫婦が出て来て二人で庭の手入れを始めた。夫婦二人で楽しそうにおしゃべりしながら手入れをしている。笑い声なども聞こえてくる。ええ、もちろん。ずどーんと落ち込みましたよ。僻み根... [続きを読む]