roku さん プロフィール

  •  
rokuさん: Stand by Me
ハンドル名roku さん
ブログタイトルStand by Me
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/burizerojp/
サイト紹介文唯一の家族だった夫を亡くしました。夫との事をここに残していこうと思う。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 172日(平均5.0回/週) - 参加 2017/02/26 14:49

roku さんのブログ記事

  • 今月に入ってからメンタルはだだ堕ちである。先月「巡る旅」の後少し浮上した、かの様に思えたがまた真っ逆さまである。来週は「巡る旅」第二弾を予定しているのにこんなんで大丈夫かいな。もう何にもやる気が起こらない。毎日 ものすごく無駄に過ごしている。腐りかけてる... [続きを読む]
  • まだまだ
  • 昨日は何故だか泣けて仕方がなかった。夫の初盆だからではない。はっきりと自分を思って泣いたのだ。お盆だからといって私には帰る場所も行く場所もない。何処にもない。いないのは夫だけではない。私の周りにはだーれもいない。本当に一人なんだ・・・・。そう考えたら涙が... [続きを読む]
  • Home, Sweet Home
  • 最初に引っ越す事を考えたのは夫がいなくなって間もなくの頃だった。理由は単純。このカラッポの家に一人で住むのが辛かったからだ。しかし 所詮思うだけで現実感はない。ネットで賃貸情報など見たりしたが、見てるうちに哀しいやら情けないやらでそのまま引っ越し願望もし... [続きを読む]
  • まわる
  • 海へ行くには以前住んでいた町を通っていかねばならなかった。従って 行き帰りは懐かしい風景を見る事となった。夫と私が育ち、出会い、結婚して、二十年近く住んだ町。「巡る旅」の時の様に懐かしくて、切なかったけれど淋しさはなかった。(のような気がする)今住んでい... [続きを読む]
  • 海のあなたの空遠く
  • 地元の海へ行って来た。 結婚前 よく夫とドライブに来た場所だ。下道で往復五時間かけてえっちらおっちら行って来ました。現地への道がよく判らん。引っ越しもしてるし。ええい、何とかならあ。ナビは嫌いなので地図で道を覚えてあとは標識と勘だけ。それでも 迷わずちゃ... [続きを読む]
  • クレイジーガーデン
  • 本格的にバラを育てるのは初めてなのだが、今のところ全員順調だ。最初は地植えだけにしておこうと決めていたのだが、いつの間にかバラの鉢植えがひとつ増え、ふたつ増え・・・・今じゃ庭はバラだらけである。園芸店へ肥料や薬剤などを買いに行ったのに帰りにはバラの苗が車... [続きを読む]
  • 星花
  • 昨夜は地元の花火大会があった。この町に引っ越してきて6年。毎年夫と二人で見に行った。二年前 夫が入院している時も偶然 その日外泊許可をもらって帰宅していたので二人で見に行った。自宅から会場までは車でしか行けない距離なのだが混むから嫌だ。(以前住んでいた家... [続きを読む]
  • 伏兵
  • 昨日の一件のせいで何か疲れている。そして気付いた。まさか また誰か来るんじゃないだろうな・・・。突然はやめてもらいたいなあー。 私が一番イヤな事。そう、夫の父が何やら云ってくる事だ。夫の四十九日ですら忘れている様な奴である。初盆だからといって何か云って来... [続きを読む]
  • コキュートス
  • 午前中 庭の水撒きをしていると家の前に車が止まった。男の人が二人乗っている。「誰だ・・・?」それは 夫の会社と取引があった企業の人達であった。「社長の初盆なので 御挨拶にきました。」そう云って手にしていた包みを差し出す。・・・・突然の事に私は不覚にも激し... [続きを読む]
  • バカヤロー
  • 去年の今頃は・・・・なんて考えちゃいけないのだろうが、矢張りどうしても頭に浮かんでしまうよな。去年の今頃は引っ越し作業で大変だった。ああ、オリンピックもやってたっけ。以前ここに夫と同じ病気の人のブログを未だに時々読んでいると書いたが、その方の病状が近頃芳... [続きを読む]
  • クールエイト
  • 最近ビビッチとピータンが喧嘩ばかりしている。見ているとどうもビビッチが一方的にピータンに喧嘩を売っているようである。先日 放鳥タイムに 突然凄まじい声が聞こえた。ぼんやりテレビを見ていた私は仰天してしまった。何事かと思ってインコ達をみると、ビビッチとピー... [続きを読む]
  • 追憶 <番外>
  • 今回の旅でひとつ自分に課した事がある。それは「食事は全て夫と入った店で食う」である。今や一人での外食には何の抵抗もなくなった私だ。完全に一人だと何とも思わなくなるものなのである。 まずはお好み焼き。 初めて見るお好み焼きにビビッチはややフライング気味であ... [続きを読む]
  • 追憶 3
  • この「思い出を巡る旅」は自分の為ではなく、夫の為の旅である。従って、夫なら何処へ行きたいか、それを視点に考えて行動した。それにしても、今までのグータラな私からは考えられない様な実に行動的な旅であった。街の観光場所だけでなく、夫が入院中に行ったスーパーや、... [続きを読む]
  • 追憶 2
  • 今回は夫が入院していた病院へも行って来た。行ったからどうと云う訳でもないが、見たかったんだ。病院を。ロビーのソファに座ってぼんやりした。夫と乗ったエレベーターや病院内のカフェ、コンビニなどを見に行ったり。夫が手を振ってくれた病室の窓を眺めたり。ひとつ期待... [続きを読む]
  • 追憶
  • 夫との思い出を巡る旅に行ってきました。第一弾は、二年前の夏夫が長期入院していた街へ。一週間に一度は夫に会いに行き、二週に一度には泊まりで行った。夫が外出許可をもらった時は二人で街を色々歩いた。入院以前も退院後も時々二人で遊びに行った街。実は夫が倒れる二日... [続きを読む]
  • 奇妙
  • この夏の「思い出巡りの旅」 (といっても、我が家にはインコ達がいるので 一泊二日しか出来ないが)の、前哨戦みたいな感じで少し前に遠方へ出掛けた。その時は用事を済ますとさっさと帰って来たのだが、ともかく夫がいなくなって初めての外泊だった。シングルを予約した... [続きを読む]
  • ウィーン会議
  • 夫との思い出の場所に行こうと決めてから泣いてばかりいる。それを思い付いた時は「よし!」と膝を打ったものだが、段々と気持ちが不安定になりだした。泣きながらホテルを探して、二人で歩いたあの頃を思い出しちゃあベソベソ・・・・・。そんなに辛いなら行かなきゃいいの... [続きを読む]
  • 封印
  • 夫がいなくなって初めての夏だけど、夏が大好きだった夫の為に今年の夏は少し動きたいと思う。夫との思い出の場所や、夫が好きだった場所、もう一度行きたいと云っていた場所。そこへ行ってみよう。辛いとか淋しいとか、自分の気持ちばかり考えるのはやめる。夫よ、また思い... [続きを読む]
  • 荒野
  • 台風による庭の被害はほとんどなかった。やれやれである。しかし、この先大型台風が来たら怖いな。一人で過ごせるかしらん。夫と一緒だったら何にも怖い事はなかったのに。何処行っちゃったんだよ 全く。・・・・先日暇つぶしで読んだ雑誌の占いページに意味深な事が書いて... [続きを読む]
  • 布団
  • 寝室を夏仕様に変えた。すだれを掛けて、夏布団に替えて。朝起きた時敷いた時のままの状態の夫の布団を見て切なくなった。やっぱりいないんだなあ・・・・。枕にしみ付いていた夫の匂いも薄くなってきたし。こんな些細な事でもすごく淋しくなる。愛されて死ぬのは幸福だ。誰... [続きを読む]
  • スカルプロック
  • あんまり真っ白い頭のままじゃ、と思って久し振りにサロンへ行って来た。(白髪頭の自分を見て これは夫の知ってる私じゃないなあと思った。)夫がいなくなってから何度かサロンへは行っているが、どうもあそこへ行くと落ち込む。する事がなくてぼーとしているだけだからだ... [続きを読む]
  • スージー・中トロ
  • 車に乗った時聴く音楽が変わった。夫と一緒によく聴いていた音楽はとてもじゃないが一人では聴けない。今は自分の好きな音楽のみだ。夫とは一緒に聴いた事のない音楽。自分の好きな音楽を聴きながら運転をする。別にどってコトない事だが、その理由はひどく哀しい。私は70... [続きを読む]
  • 変化
  • 夫がいなくなって自分自身で変わった事は色々ある。例えば・・・・。 お酒の量が増えた。煙草の本数が増えた。痩せた、太った。(あ、元に戻っただけか)老眼が進んだ。(私は比較的老眼は早く来た)50前にして白髪頭になった。(カラーしてなきゃ 多分総白髪だと思う)性... [続きを読む]
  • 夫は二年前の夏に治療の為遠方の病院へひと月半ほど入院していた事があった。その間私は一人暮らし。私は今もその続きの様に思っているふしがある。その時は週に一度は新幹線に乗って会いに行っていたし、毎日電話やメールで連絡を取り合っていた。今はそれらは何もないけど... [続きを読む]