me-notのブログ さん プロフィール

  •  
me-notのブログさん: me-notのブログ
ハンドル名me-notのブログ さん
ブログタイトルme-notのブログ
ブログURLhttp://me-not.muragon.com/
サイト紹介文me-notさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 63日(平均26.4回/週) - 参加 2017/02/26 19:33

me-notのブログ さんのブログ記事

  • 大波
  • 頭が働かない。身体が言うこときかない。 久しぶりに絶望感ががっつりとやってきた。 明日は貴女と行く予定だった劇団四季「ノートルダムの鐘」の日。 貴女がどれだけ楽しみにしていたか。 それを思い出すと同時に、 ほんのささいな貴女の色んな動作が思い出される。 ワクワクしている時の貴女の仕草。 喜んでいる時、喜びを隠しきれない時の仕草、 グッズを見てどれを買おうか悩んでいる顔つき、 大事そうにグッズやパン [続きを読む]
  • 眩しい
  • 家の近くにあるバス停前の小さな畑に可愛らしく葉が茂っている。 なんの野菜かはわからないけれど、 陽を存分に浴びて力強く、生命力に溢れている。 これからの季節、陽はより強くなり、 照らされた人、物、そのほか全てが どんどん輝いていくことになるんだろう。 こんな私にも太陽は平等に照らし出してくれて 溢れる生命力のご相伴にあずかることができる。 抗うことができないほど強力な、一方的な励まし。 心でどう思 [続きを読む]
  • 真剣に
  • 書くことはないほどの何もない日。 日常。 取り立てて言うことはない。 色んなことが頭に表れては、静かにはけていく。 何も考えてないということ。 ただ時間が過ぎること。 眠いということ。 風呂を上がってから貴女のことを考えていなかったこと。 写真の中の貴女はそれでも笑っていること。 頭を働かすのがしんどい。 何かまとまったことを考えようと、 脳みそを使おうとしても、動かない。 アクセルは踏めても、ギ [続きを読む]
  • 過去形の貴女
  • 貴女が大好きな映画「羊たちの沈黙」の監督ジョナサン・デミが亡くなった。 貴女が好きな映画。 貴女が好きやった映画。 現在形で話すことに違和感を覚える。 悲しいけど、これが現実。 貴女のことを進行形で語れない。 全ては過去形に収まってしまう。 ディズニーファンは貴女が買っている雑誌やなくて、 貴女が買っていた雑誌。 集めているディズニーリゾートのグッズは、集めていたグッズに。 尾崎豊は貴女が好きだっ [続きを読む]
  • 私の日常
  • 非日常が日常へと変わっていく。 どちらが居心地が良いのかはわからない。 非日常では混乱しておけばよかったけれど、 日常に戻ったからには先のことも考えねばならぬ。 私一人の、身の振り方、向かっていく道。 そんな大仰な話ではなくても、 些細な感情の持っていき方、処理の仕方も考える。 今日あった出来事を話すことができない。 小さいことだけど、これが辛い。 誰かと共有することで、一緒に生きている、一人じゃ [続きを読む]
  • 一番やから
  • 貴女は私の誇りでした。 こんなブスな私の、 こんなクズな私の、 とてと清らかな、美しい良心でした。 友達や、職場の飲み会に貴女が参加するのはとても嬉しかった。 誇らしかった。ほんまやで。 貴女がかけてくれる言葉にどれだけ勇気を得たか。 「ママはブサイクやないよ。気を使ってないだけ」 「ママ、ぼくのことキレイ思う? ならなんでその隣をそのまま歩ける思う? 元は悪くないねんから手入れして」 そう言われ [続きを読む]
  • 平常心
  • 今日は職場で喋りすぎた。 昔からそう、喋りすぎた日は落ち込む。 理由はよくわからない。 調子にのってもた、と思うのか。 一気にテンションが上がった反動か。 久しぶりの感覚。 よくよく思えば、あの日から喋ることがぐんと少なくなっていた。 元々お喋りで、馬鹿話や実のない話なんかするのが大好きだった。 貴女ともよく意味のない会話をしてた。 それが楽しかった。 職場では、ようやく普通に近づいた。 良いこと [続きを読む]
  • 結局泣いた
  • 結局泣いてるやんけ。 涙止まらへんやんけ。 どないなっとんねん。 大丈夫なったんちゃうんけ。 けど、涙が出て、泣いて ホッとしてる自分もいる。 貴女のことでまだちゃんと泣けてるんやなって。 けど、泣いてなあかんとか、 涙流すことだけが貴女を想うことやないて ちゃんと身体と頭で理解しとかなあかん。 悲しむことだけが悼むことやないんや。 絶対に。 なんで居らへんのよ。 なんで、一人でいってもうたんよ。 [続きを読む]
  • 昼寝
  • 昼寝から目覚めた時の寂しさたるや、 朝の辛さの比ではない。 やらなきゃいけないことは特にないから。 一人で居る現実を叩きつけられる。 泣くことはなくなったけど、 泣くことで少し気が晴れる、というのがなくなった。 感情を出せば、気が紛れる。 一気に放出するから、その後が少しだけ楽になる。 泣き終わりが、分かりやすい転換にもなる。 人にもよるやろうけど。 今は、重くて絡みつく悲しみと辛さがずっと続く。 [続きを読む]
  • 時計の針
  • 人と人。貴女と私。 交わった時間はほんの少し。 私はあたふたとと慌てて行ったり来たり。 とけいのうた ってのを聞いたよ。 おかあさんといっしよで。 子どもの針と大人の針と こんにちは さようなら コチコチカッチン さようなら 時計みたいなもんなんやな、貴女と私。 重なって一緒に居るんはほんの少しの1分だけ。 次に会うまで60分と少し。 大きな世界の流れの中で、会っているのはほんの少し。 そんなもん [続きを読む]
  • 貴女との付き合い方
  • 今日はなんだか平気。まだ平気。 来週貴女のお父さんらが整理に、 もしくは貴女の住んでいた所を見にやってくる。 お友達に連絡しといたよ。 服とかぬいぐるみとか、少しでも貰ってくれるならどうぞって。 お父さんにも前もって言うてるからね。 服飾品とか、色んな物、友達に貰ってもらった方がいいって。 使うでも、オークションでお金に換えて美味しいもの食べてもらうでも、 役に立ててもらうのが一番やから。 そした [続きを読む]
  • 二人の足音
  • 少しお昼寝をしたよ。 貴女のベッドではなくて、自分の部屋で。 休みの日、私の部屋で昼寝でもしようものなら 「寝ないで。つまんない」 と私の所にやって来て、私の横や私の上を位置取る。 昼寝の邪魔をしてくれる貴女は居ないね。 困ったね。 昼寝の後はマミーマートに行ったよ。 晴れてていいお天気よ。 周りはいつも通りで、まるっきりの日常やのに、 なんで俺の隣には◯◯ちゃん居らへんねやろ。 いまの俺にとって [続きを読む]
  • 物欲満たす
  • 貴女が居なくなったというのに、私は物欲を満たす。 古本屋や即売展に直接赴いて買いに行く元気はないけれど、 今はネットで物が買える。 macbookにディスク挿入口がなくなる時代やからな。 貴女が居てた間もよくやってたヤフオク。 貴女もよくやってたね。 買えなかった限定の服やグッズ、チケットなんか落札したりしてたね。 居なくなる数日前にも頼まれて落札した。 ディズニーリゾートラインのシー15周年デザ [続きを読む]
  • 私の癖
  • テレビで、元ヤンの親が子育てで勉強教えられなかったと言っていた。 見てて思った。 ◯◯ちゃんは幼卒やけど、人としての大切なことは教えられるね そう思った瞬間に、あぁ居ないんだって。 そんなことが何度もある。 ◯◯ちゃんなら。◯◯ちゃんが。◯◯ちゃんは。 7年間で築き上げた癖。 貴女のことを、まず考える。 ボーナスが出た。◯◯ちゃんに臨時お小遣い。 可愛らしい子どもを見た。◯◯ちゃんに教えなきゃ。 [続きを読む]
  • 貴女の話をした
  • 夜、少し雨が降ったよ。 あまりお腹空いてなかったから、何も食べずに歩いて帰った。久しぶり。 濡れた路面、傘を差すか差さないかくらいの小降り。 整体帰りの貴女が自転車で向こうからやって来そう。 涙が流れる。 貴女が居ておかしくない風景なのに、 貴女がそこに居ることはない、絶対に。 世の中に絶対はないなんて、誰が言ったんだろう。 今日は同僚女性とお昼を食べたよ。 貴女のこと、いっぱい話したよ。 あの日 [続きを読む]
  • 代わり映えのない
  • 今日も特に変わりなし。 昼間は平気で、夜になると辛い。 電車乗車中に時々、落涙。 代わり映えのしない、変化に乏しい一日。 書くことはないけれど、 何か自分に課しているのが楽なので書く。 明日は、普段土日休みの同僚女性が出勤。 土曜、久しぶりに昼一緒に食べません? 誘われた。 貴女が聞いたら羨ましがるやろうな。 その子のこと気に入ってたもんな。 羨ましがるどころか、「ボクも明日お昼行く」って言うかな [続きを読む]
  • 呆けたか?
  • 結局、この文字を打つのにだいぶん手間取った。 けっきょく。 言葉では出ているのに、 ずっと けっけょく と打ってて、 何かおかしい、何か変だとは思いつつ、 何がおかしいのか分からなかった。 何度も消しては、最初からけっけょくと打ち続ける。 まだ34歳なのに。 ようやく、気付いた時怖くなった。 閑話休題。 結局、泣いた。 罪悪感からの涙。 どういった理由の涙なんだろう。 分からない。 許して欲しいの [続きを読む]
  • 私のせいで貴女は
  • そういう周期なんかな。 痛みが少しでも和らいだかもしれない。 本来なら良いことのはずなんだけど。 貴女の存在が、私の中で薄れたみたいで嫌だ。 この二律背反がまた、苦しみの種なんだろうな。 どうしたらいいんだろうな。 困る。 最近困ってばっかね。 ばかね。 貴女の親族はこの間、二ヶ月経つのを早いと言った。 私にはとても長かった。一年ぐらいの感覚。 悲しみ、泣いて、無気力で、イライラして。 それが急に [続きを読む]
  • 生活が困る
  • 身体が疲れる。…としか最近書いてない気がする。 本当にしんどいな。 今日も鋭い悲しみはなかったけれど、重い。 昼食後に事務所へ帰ろうとすると、 一歩、一歩が本当に重くなってきて 歩き方がぎこちなくなってしまう。 一歩進むごとに息をつかないといけない。 何とか事務所のある建物にたどり着く。 しかし次は階段が上がれない。 平地は何とか進めたのだが。 しばし、どうしたものかと考えて、振り向いて道を眺めた [続きを読む]
  • アホになる
  • なんなんやろな。なんでやろな。 なんでこんなに落ち着いてもうたんやろ。 本来はええことやと思うんやけど、 なんで戸惑ってんねやろ。 無駄な罪悪感のせいなんかな。 悲しまなきゃって義務感からなんかな。 こわなに早く落ち着いたことへの戸惑い? まぁ、そういうのもあるんやろけど、 一昨日から急にこうなったからやろうかな。 徐々にやったらわかんねんけど、 ある一晩の睡眠を境にまるっきり変わってもうたから。 [続きを読む]
  • 破獄をみた。
  • 『破獄』を見た。 あくまで白鳥由榮がモデルというだけだし、 実話を元にしつつもノンフィクションだし、 小説は◯◯ちゃんに買って来たけど、俺は読んでないから 原作との違いも分からない。 けど貴女も怒るかしらね。「白鳥はこんな感じじゃない」って これは白鳥の物語ではないから仕様がないけれど、 センセーショナルな部分を大きく取り上げ、 白鳥の人となり、その魅力的な部分は描かれてはない。 いつか脱獄した時 [続きを読む]
  • 感情がよくわからなくなった
  • 段々感覚が麻痺して来ている様に感じる。 今日は休日。 10時頃に起床。 最近は日中にひどい眠気に襲われることが多いので、 休みの日だけでも8〜10時間は寝て身体を休めることにしている。 人間、寝だめはできないということだけれど。 酒でも休肝日を作ると良いように、休日ぐらい身体を休ませると少しはマシだろう。 以前は12時過ぎまで平気で寝ていられたのにね。 一旦起きたあとでも貴女の隣に潜り込んでうとう [続きを読む]
  • 暇つぶそう
  • ネットしたり、テレビ見たり。 本読んだりするような集中する作業に入るきっかけがない。 昔からそうだと言われたらそうだけど。 ボケーっと時間を過ごすことから離れるのが怖い。 何気なく、何の意味もなく時間が過ぎて欲しい。 そんな風に思う。 時間をつぶすためだけの時間つぶし。 そういったことが今の自分には心地良い。 明日は雨やって。 今日も夜から雨やったからな。 朝はめちゃ晴れてた。けど大きい傘持って行 [続きを読む]
  • 重たい悲しみ
  • 今日は久しぶりに仕事で運転した。 昨日から落ち着いてはいるから、大丈夫と思った通り大丈夫だった。 人も一緒だったし。一人だったらわからないけど。 人が居たら少しはしゃんとする。 それにしても身体が重い。 昨日の月命日から涙が流れない。急に。 理由は分からないけれど。 鋭い、針のように尖ったものが心に刺さることは無くなったけれど 重い、重い、大きな石のようなものが心の上に乗っかっている気がする。 一 [続きを読む]
  • 僕のファッションリーダー
  • 毎朝、出勤の準備をする。 おきまりの服装、おきまりの髪型。 だけど、この髪型がいいのか悪いのか、僕には判断できない。 キマッているのか、変なのか。 貴女が起きていれば、いつも見せていた。 これでいい? 「うん、いいよ」という時もあれば、 無言で微調整してくれる時もある。 判断基準は全て貴女。 私がめちゃいいと思っても、貴女の一声で覆される。 私の愛しい独裁者。 行きたい場所も、食べたいものも、貴女 [続きを読む]