竜之介(本) さん プロフィール

  •  
竜之介(本)さん: 現役古本屋による読書感想ブログ
ハンドル名竜之介(本) さん
ブログタイトル現役古本屋による読書感想ブログ
ブログURLhttp://ryuunosukebook.com/
サイト紹介文現役古本屋の店長が読んだ本の感想や作家紹介をツラツラと書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 120日(平均6.8回/週) - 参加 2017/02/26 20:57

竜之介(本) さんのブログ記事

  • 【感想・ネタバレ】女王のポーカー 作:維羽裕介
  • 私に青春、賭けてみる? 浦原甚助が1週間前に出会った転校生・江頭妙子は、ポーカーの素人のはずだった。 しかし今、目の前で微笑む彼女は、強豪サークルを一人で潰し部室を奪い、おまけに浦原を完膚なきまでに叩きのめしたポーカーの女王である。 女王は言う。 「一緒に王を倒そう」 敵は無敵のドリームチーム、対する女王の兵隊は不登校、劣等生、犯罪者、そして学校一の嫌われ者・浦原。 頭脳スポーツ青春小説開幕! 以下、ネ [続きを読む]
  • 作者紹介&著書まとめ:湊かなえ
  • 湊かなえ プロフィール名前:湊 かなえ(みなと かなえ)生年:1973年生まれ出身:広島県代表作:『告白』※wikiより一部抜粋スポンサーリンク著書まとめ『告白』 2008年8月 文庫化済 『少女』 2009年1月 文庫化済 『贖罪』 2009年6月 文庫化済 『Nのために』 2010年1月 文庫化済 『夜行観覧車』 2010年6月 文庫化済 『往復書簡』 2010年9月 文庫化済 『花の鎖』 2011年3 [続きを読む]
  • 【感想・ネタバレ】絶唱 作:湊かなえ
  • 喪失と再生。これは、人生の物語。 心を取り戻すために、約束を果たすために、逃げ出すために。 忘れられないあの日のために。 別れを受け入れるために。 「死」に打ちのめされた彼女たちが秘密を抱えたまま辿り着いた場所は、 太平洋に浮かぶ島。 以下、ネタバレ含みます。 スポンサーリンク「絶唱」のストーリー(ネタバレ含)■楽園 語り手は、濱野雪絵。 雪絵は19歳。 20歳という節目が近づくある日、恋人の裕太を騙し [続きを読む]
  • 【感想・ネタバレ】DOUBLES!!ーダブルスー3rd Set 作:天沢夏月
  • 藤ヶ丘高校テニス部に新たな波乱が訪れる! 入部当初は何もやっても噛み合わなかった凸凹コンビ・駆と琢磨も、今では信頼し合えるダブルスのパートナーに。 そして、季節は春。二年生となり、先輩としてテニス部を引っ張る立場となった二人。 次期部長候補に任命されて燃える駆だったが、今年の新入部員は一癖も二癖もある問題児ばかりで課題は山積み。 一方、琢磨は弱点を克服するためのメニューをこなしていくうちに、致命的なス [続きを読む]
  • 【感想・ネタバレ】DOUBLES!!ーダブルスー2nd Set 作:天沢夏月
  • 高校テニス部凸凹コンビの青春部活ストーリー! 性格もプレースタイルも真逆で、何から何までお互いが気に食わない。 そんな喧嘩ばかりの二人・曲野琢磨と進藤駆のダブルスも、都立戦を経てお互いに信頼関係を築き、徐々に成長していった。 だがある日、再び二人に理不尽な部長命令が下るー。 「新人戦のダブルスは、曲野・新海でいく。進藤はダブルスに集中しろ」 まさかのペア解散宣言に動揺する二人。 そして相棒を取られて納得 [続きを読む]
  • 【感想・ネタバレ】そして、君のいない九月がくる 作:天沢夏月
  • 隠された想いを巡る青春ミステリー その夏、恵太が死んだ。 恵太といつも一緒にいた美穂、大輝、舜、莉乃たちは、そのショックから立ち直れないまま呆然とした夏休みを送っていた。 そんなある日、美浦の前に現れたのは、死んだ恵太に瓜二つの少年、ケイ。 「君たちに頼みがある。僕が死んだ場所まで来てほしい」 戸惑いながらも、美浦たちは恵太の足跡を辿る旅に出る。 旅の中でそれぞれが吐き出す恵太への嘘、嫉妬、後悔、恋心。 [続きを読む]
  • 【感想・ネタバレ】夏のバスプール 作:畑野智美
  • 夏休みまであと5日。仙台から来たあのコが気になる高校一年、どうするどうなる!?僕たちのsummer。。 夏休み直前の登校中、高校一年生の涼太は女の子にトマトを投げつけられる。 その女の子・久野ちゃんが気になるが、仙台からきた彼女には複雑な事情があるらしい上、涼太と因縁のある野球部の西澤と付き合っているという噂。 一方、元カノは湿っぽい視線を向けてくるし、親友カップルはぎくしゃくしているし、世界は今年で終わるみ [続きを読む]
  • 【雑談回】本の思い出:阪急電車 
  • 雑談回=感想記事の書き溜めが怪しい時の尺稼ぎです(笑) 今回、このブログで初めての「雑談回」としました。 いつもは感想記事や著者紹介をアップしていますが、実はそれらは3〜4日前に書き終えていて、予約投稿されています。 一応仕事もあるので、毎日読書出来るわけでは無いのでそうしておかないと更新が滞るからですね。 5月から「毎日更新」を実は目指しているんです!! 雑談回と言っても、本と全く関係の無い話はした [続きを読む]
  • 【小ネタ】本を買うなら「TSUTAYA」で買おう!
  • 本を買うなら「TSUTAYA」で買おう!! 本好きなみなさんなら本を買う機会、冊数もバカにならないのではないかと思います。 中学生や高校生の方は、自分で本を選んで買えるようになっていると思いますが、そんなにたくさん資金は無いのでは無いかと推察します。 なので、どうせ同じように本を買うならどこがお得なのか? 私自身は、古本屋を経営していますが新刊を買うことを大事にしています。 1ヶ月に [続きを読む]
  • 【感想(ネタバレ含)】国道沿いのファミレス 作:畑野智美
  • 様々なしがらみが彼に降りかかる。ー 佐藤善幸、外食チェーンの正社員。 見に覚えのない女性問題が原因で左遷された先は、6年半一度も帰っていなかった故郷の町にある店舗だった。 淡々と過そうとする善幸だが、癖のある同僚たち、女にだらしない父親、恋人の過去、親友の結婚問題など、面倒な人間関係とトラブルが次々に降りかかり・・・。 ちょっとひねくれた25歳男子の日常と人生を書いた、第23回小説 [続きを読む]
  • 【作家紹介(著書まとめ)】:三秋縋
  • ■三秋 縋 プロフィール名前:三秋 縋(みあき すがる)生年:1990年生まれ活動拠点:岩手県 ※wikiより一部抜粋スポンサーリンク著書まとめ 『スターティング・オーヴァーー』 2013年9月「スターティング・オーヴァー」の感想ページはこちら! 『三日間の幸福』 2013年12月 『いたいのいたいの、とんでゆけ』 2014年11月「いたいのいたいの、とんでゆけ」の感想ページはこちら! [続きを読む]
  • 【2017/5 19冊】今月読んだ本まとめ!一番のオススメはこれ!
  • 「2017年5月に読んだ本 19冊」の紹介(一言コメント付) 1冊目:『いたいのいたいの、とんでゆけ』 5月1日 読了コメント:いじめ、ダメ、絶対。「いたいのいたいの、とんでゆけ」の感想ページはこちら! 2冊目:『殺人出産』 5月3日 読了コメント:相変わらずすごい世界観。それでも絶対ないと言い切れない未来。「殺人出産」の感想ページはこちら! 3冊目:『ふたつのしるし』 5月3日 [続きを読む]
  • 作者紹介:三浦しをん
  • 三浦しをん プロフィール名前:三浦しをん(みうら しをん)生年:1976年生まれ出身:東京都代表作:『まほろ駅前』シリーズ、「舟を編む」 ※wikiより一部抜粋スポンサーリンク著書まとめ■「まほろ駅前」シリーズ  『まほろ駅前多田便利屋』 2006年3月発刊 文庫化済み 『まほろ駅前番外地』 2009年10月発刊 文庫化済み 『まほろ駅前狂騒曲』 2013年10月発刊  ■「神去」 [続きを読む]