永遠の地獄 さん プロフィール

  •  
永遠の地獄さん: 永遠の地獄
ハンドル名永遠の地獄 さん
ブログタイトル永遠の地獄
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/catholics
サイト紹介文カトリックの教理「地獄」に関連した情報を掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 19日(平均8.5回/週) - 参加 2017/02/27 04:24

永遠の地獄 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 地獄について この無視された真理 ◆2、地獄の回想
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、22◆2、地獄の回想「現代の危機を告げるファティマの聖母の啓示」ルチア修女の手記、カバッソ・志村共訳編、ドン・ボスコ社発行、94-98ページから。 数日の後、わたしたちが牧場へ行った時、ヤチンタは岩の上に座って深く考え込んでいました。「ヤチンタ、遊びに来てちょうだい」とわたしは言いました。「遊びたくない」「なぜ?」「なぜって、わたしは考えるこ [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ★3、現代教会の歴史から
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、22★3、現代教会の歴史から◆1、異端説を教える現代の人 以上は、古代の教父たちのわずかな例にすぎないが、この伝統的な教えは、あとで疑いもなく尊重され、いつも教会において認められている。 最近になっで、超進歩的な神学者たちは、悪魔にだまされ、傲慢にも、キリストご自身の教えをゆがめ、悪魔も地獄もないなどと教えはじめてきた。かれらはこういう [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆5、聖ヨハネ金口司教(340-407年)
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、14◆5、聖ヨハネ金口司教(340-407年)「フィリッピ人への聖パウロの手紙の解釈」から(393-397年ごろ) 財産を持ちながら、人を助けないで、また自分の霊魂のために神のあわれみを求めないで死んだ人々のことを泣かねばならない。かれらは人を助けることをもって自分の罪のつぐないをすることができたのに、断わったからである。これと異なって、地上で析り、他の [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆3、聖バジリオ司教(330-379年)
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、12◆3、聖バジリオ司教(330-379年)「イザヤ書の註解書」から。 人がおこなった悪のために罰をうけねばならないのはみんなの知るところである。地獄の火をもやすのは、わたしたちの罪であって、それは火花のように、わたしたちをやかれるべきものとする。悪魔のいざないに負けて犯した罪の大小によって、わたしたちは、それに相当する火でやかれることになって [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆2、教会著者テルトゥリアノ
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、11◆2、教会著者テルトゥリアノ 「悔い改め」という本から(200年〜206年ごろに書かれたもの) 罪を犯してから、はずかしさのために、それをかくそうとすることがよくある。しかし人間に知られないようにしたからといって、神にかくすことができると思うのだろうか。人間の考えと神の考えを同程度1こ考えるのだろうか。罪を告白して許していただくことよりも、 [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆9、亡くなった人のために祈ること
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、9◆9、亡くなった人のために祈ること では、うらぎりのユダの他に地獄におちた人は誰であるかということは、この世に生きているあいだ、わたしたちには正確にわからない。すると、ある人が、たとえ悪い生活をおくりつづけていても、それだけで地獄におちたと断言はできない。その人が最後の瞬間に悔い改めて神の許しを願ったとも考えられるからである。それで教 [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆6、教会の教え
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、6◆6、教会の教え 以上は、地獄に関する聖書のはっきりした教えである。教会も、地獄の存在と地獄の永遠性を、なん回もくりかえしている。教皇ベネディクト12世は、1355年に教義的な信仰箇条としてこの真理を宣言した。これによると亡びる人々の魂は、死んでからすぐ地獄におとされて、永遠の苦しみをうける。これは教会のはっきりした確かな教えである。 聖書 [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆5、聖書の誤解による異端
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、5◆5、聖書の誤解による異端 ある人は、昔、このことばを誤解して、世の終わりに悪魔も、地獄に亡びた人も改心して神といっしょにいるであろうと考えたことがある。中でも、めだっているのは昔の教会著者オリゲネスである。しかし543年に教会はこの説を異端説であるといった。 今世紀イタリアの作家パピニもオリゲネスのこのまちがった説をくりかえしたが、実 [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆4、使徒聖パウロの教え
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、4◆4、使徒聖パウロの教え ローマ人への手紙の中で、「真理に従わず不義に従う反逆者のために」地獄の罰が残っている(ローマ2:5-8)とある。 悪を行う人はみな神の罰をよびくだす(エフェゾ5:6)。悪を行う者は神をあなどることになるから、その恐ろしい報いをうける(ガラツィア6:7)。神のおきてに逆いて、神のみ旨に従わない人は、天罰を招き(コロサイ3:6)、神の [続きを読む]
  • 地獄について この無視された真理 ◆3、福音書のたしかな教え
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、3◆3、福音書のたしかな教え この状態のことをキリストは福音書の中にゲヘンナと呼んでおられる。ゲヘンナとは、イエルザレムの南方にあった谷で、昔はそこで偶像崇拝が行われていたが、のちに町のごみを焼く所となったため、煙がたえずたちのぼり、地獄のかたどりと思われていた。キリストはゲヘンナという貫瀧を地獄のたしかな意味で使っておられる(マタイ5:2 [続きを読む]
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、2
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父、2◆2、悪魔は人間を盲目にする 使徒聖パウロは、コリント人にあてた第2の手紙(4:4)の中でこういっている、「この世の神は、これら不信仰者の心を盲目にして、神の姿であるキリストの光栄にかがやく福音の光をみせないようにした」。 ここで福音を信じさせないのは、悪魔であるとあきらかにいわれているが、神のたびかさなる招きを断わることによって、人々は盲 [続きを読む]
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父
  • 『地獄について この無視された真理』アロイジオ・デルコル神父 教会の教えの中に、現代無視された一つの真理がある。それは、地獄のことである。聖書によると地獄は一定の場所と状態であり、地獄の天罰が永遠であるということは信仰箇条であって、信仰箇条の中で一番恐ろしいものである。聖書と教会の伝統的な教えを大事にし、永遠の天罰をさけるために信仰を守ろう。★1、地獄に関するキリスト教の教え◆1、信仰の教え 大罪 [続きを読む]
  • 過去の記事 …