attracted2222 さん プロフィール

  •  
attracted2222さん: 急がば回る引き寄せの法則
ハンドル名attracted2222 さん
ブログタイトル急がば回る引き寄せの法則
ブログURLhttp://attracted.hatenablog.jp/
サイト紹介文引き寄せがうまくいかないのは確信が不足しているから。ちょっと遠回りしつつ、あなたの確信をお手伝い。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 119日(平均5.0回/週) - 参加 2017/02/27 19:09

attracted2222 さんのブログ記事

  • 集合的無意識による願いの物質化の工程
  • はじめに前回までは集合的無意識の存在場所と存在理由について考えてみました。今回はそれらを踏まえた上で、なぜ集合的無意識が引き寄せに繋がるか、という点を考えてみたいと思います。当ブログでも以前に一度、同テーマの文章を書いたことがあるのですが、当時と若干ですが理解の変化が生まれております。よって、改めて考えてみます。思考現実化の工程思考が現実化する。そういわれると「思考が具現化・物質化する」という [続きを読む]
  • 集合的無意識の存在意義
  • はじめに「よくわかんないけど宇宙にあるんじゃね? あと地球も宇宙な」と、ぶん投げて終わった前回の「集合的無意識の存在場所」。まあ細かいことはいいじゃないか。あるったらあるんだよ、と言わんばかりの暴論で混乱させてしまったらすみません。そんなわけで今回は、もう少し明確な結論の出る話です。集合的無意識の存在意義突然ですが、問題です。あなたの表層意識、つまり意識や思考が目指す究極的な目的とはなんでしょう [続きを読む]
  • 集合的無意識の存在する場所
  • はじめにさて前回のお話で、集合的無意識が存在するということ自体はご納得頂けたかと思います。人が環境や学習により身につける知識。それとは別に、習うでも学ぶでもなく持って生まれてくる情報のデータベースがあるのです。ではそんな集合的無意識は、なんのためにあるのでしょう。そして集合的無意識はいったいどこに存在しているのでしょう?集合的無意識はどこにある?さっそくまずは、存在場所から考えてみましょう。あなた [続きを読む]
  • 集合的無意識の存在証明
  • 毎度おなじみの話ではありますが、僕が引き寄せの根源だと考える存在は「集合的無意識」です。すべての人間(あるいは生物)に共通の記憶があり、そこに深遠なる叡智がある。引き寄せを調べるにつれ、それ以外の原因も腑に落ちるようにはなってきたのですが、やはりこの集合的無意識こそが、もっとも偉大な力であるという思いは変わりません。宇宙の誕生からすべての情報が記録されているというアカシックレコードも、この集合的無 [続きを読む]
  • 優しい人には良いことがある
  • 突然ですが、ひとつ当ててみせましょう。あなたは、優しい人ではないですか?自分のものなら靴下ひとつ買うのも悩むのに、旅のお土産や誰かへのプレゼントは迷いもなく買ったりしませんか?誰かの悩みには真剣に頷くのに、心の中の自分の悩みを人に伝えるのは苦手だったりしませんか?きっとそうなんです。優しいんです。これを読んでくださっているのは、みな「引き寄せ」という言葉に興味を持った人でしょう。つまり、やり切れ [続きを読む]
  • 引き寄せの近道は主観的感覚
  • まだだ、まだ終わらんよ。というわけで引き続きクオリアのお話です。書いてる方からして「ぽい感じ」なんて言っているのですから、読んでいる皆様におかれましても、なかなかすっきりと理解するというのも難しいところでしょう。だから本日は、例え話から。こんな話はどうでしょう。言葉以上に力のある心あるところに、まったく英語を知らないA君とB君がいます。二人は一度も英語に触れたことがなく、「I LOVE YOU」という言葉さえ [続きを読む]
  • 思考はただの電気信号なのか
  • 前回までは、思考の正体はなんなのかというお話でした。思考とは脳内を流れる電気信号である電気信号は光である光はエネルギーであるエネルギーは物質に変換されるつまり思考は現実化する。という若干、暴論と言えなくもない論理展開でした。そしてそもそもの前提条件である「1.思考とは脳内を流れる電気信号である」という点に、拭い難い疑問が残るのです。今日はそんなお話。思考はただの伝達情報なのか思考とは脳内の電気信号 [続きを読む]
  • 思考が現実化する理由
  • 思考の正体は(ある面から見た場合)光である、というのが前回のお話。では、思考が光であるなら、どうなるのか。なぜ引き寄せが起きるのか。そのあたりを考えてみましょう。相対性理論のときに考えた光の性質を思い出してみましょう。光の不思議な性質をざっくり羅列してみると光は「光子」により構成されるものの、光子に質量はない量子論に基づき、非観測下における光子はぼんやりした波である光子はその振動数に比例したエネ [続きを読む]
  • にわかに脚光を浴びる心の研究
  • 心の重要性が再認識される現代昨日も確認したように、ここにいらしている皆さんの多くは、少なくとも「引き寄せの法則」についてはある程度ご存知、あるいは実践中であるはず。そんな前提でお聞きします。最近、心や意思、瞑想やメンタルケア、心理学や脳科学に関するニュースを目にする機会が多くないですか?皆さん自身が興味を持っているからその情報が多く目に入る、いわゆるカラーバス効果。もちろん、それもあるでしょう。し [続きを読む]
  • 急がば回る理由
  • はじめに本日からは、少し観念的なお話を進めたいと思います。意思(≒心)とは、なんなのか。自分とはなんなのか。自分はなぜ宇宙に誕生したのか。そして「引き寄せの法則」はなんなのか。ぼんやりとした話で、明確な答えが出せないことも多々あると思います。そもそも書く目的が答えを提示することではなく、皆さんご自身で考えるきっかけとしてもらうこと。そのあたりをお含みおきの上、お読みいただけますと幸いです。とか言っ [続きを読む]
  • 録音アファのポイント 内面編
  • はじめにかなり効果を実感できた超おすすめの「1日1000回録音アファメーション」。前回は技術的な部分をお話しました。今回はもう少し踏み込んだ内容的な部分について。ただし、これは個人差がとてもあると思います。よって、あくまでご参考程度に考えてください。自分が聞いていて気持ち良いかどうか。本当に重視すべきは、その1点です。アファメーションのタイミングと受け取るスタンス前回もお話しましたが、録音ですから声に出 [続きを読む]
  • 1日1000回録音アファメーションのポイント
  • はじめに先月の「今月の実践報告」でお伝えした録音アファメーションですが、「録音アファ」のキーワードで検索からいらっしゃる方が多いので、少し補足をしておこうと思います。ちなみに、僕が考案したわけじゃないですからね。試して、効果を実感しましたよ、というだけです。初出はおそらく「潜在意識ちゃんねる」の書き込みだと思います。僕は「アファメーションクラブ」様も参考にさせてもらいました。やり方のおさらいスマホ [続きを読む]
  • 引き寄せを妨害するノイズとの付き合い方
  • はじめにここのところ更新が不定期で申し訳ございません。アドラー心理学についてまとめて書こうと思っているのですが、本を読めば読むほど奥が深い、というか教訓になることが多くありすぎて、なかなか考えがまとまらない状況でございます。とくに心理学の場合は、適当なことを言ってしまうとご迷惑をかけてしまう可能性もありそうです。よって知識をうまいこと自分のなかに落とし込むことができたら、改めて記事にしたいなと思っ [続きを読む]
  • これがあったら幸せは目の前! 引き寄せの吉兆 ネガティブ編
  • はじめにさて、昨日に続きまして引き寄せの吉兆について。以前、好転反応の項でも言及しましたが、吉兆とはいっても良いことばかりではありません。むしろ、伸び上がる前にぐっと縮むが如く、マイナス(とその段階では思える)現象が起こることもありえます。しかし「これがあったら実現は目の前!」と知っているだけで、その段階を乗り越えていけるはず。さあ、願望達成は目前です!願望実現の前兆(ネガティブ編)突然、引き寄 [続きを読む]
  • これがあったら幸せは目の前! 引き寄せの吉兆
  • はじめに何度か言及しています通り、引き寄せというやつはある日突然、目の前に、あるいはあなたの心に事実としてあらわれます。じわじわとやってくる訳ではありません。そしてあなたが事実を確信した時にようやく、「あの時のアレも意味があったのか」と気づくわけです。まどろっこしいですね。たとえば、雨が降ります。あなたは傘を持っていなくて、ずぶ濡れになる。傘を買おうにも、コンビニも見当たらない。ああ、ついてないな [続きを読む]
  • 自信をつけるための即効性あるアプローチ
  • はじめに間が空いてしまってすみません。長めの連休で旅行に行っておりました。考えてみると会社に居た頃はこんな長い休みってなかなか取れませんでした。学生時代は、時間があってお金がない。会社に入ると、お金があって時間がない。退職すると、ようやくお金がそこそこ、時間がそこそこ。人生ってなんなんだろう、って思っちゃいますよね。だから、やっぱり「思考は現実化する」を信じて、実践して、自分のやりたいことができる [続きを読む]
  • 引き寄せにおける自信の必要性
  • はじめに寄り道してしまいまいたが、今回からは「自信」について。まずはなぜ引き寄せに「自信」が必要なのか、その構造について考えてみましょう。前提条件そもそも引き寄せとは、頭で願う深層意識に届く集合的無意識から似た思考が届く思考が拡大し物理的に引き寄せられるという流れでした。このへんは何度もお伝えしているところですので、お時間ありましたら下記の記事などを御覧ください。attracted.hatenablog.jpさて、それ [続きを読む]
  • 量子論のパイロット解釈
  • パイロット解釈はい、皆さんの「興味ねぇよ」という感じをひしひしと感じながら、パイロット解釈の続きです。一粒の量子を発射したにも関わらず、2つの溝(スリット)を同時に通過したとしか思えない結果となった「二重スリット実験」。その結果を受けて「量子は観測しているときは粒であり、観測していないときは複数の可能性が重なりあった波の状態である」との解釈が生まれました。これが現在主流となっている「コペンハーゲン [続きを読む]
  • [実践報告]倍速アファメーション1000回の効果
  • はじめに自ら試してその経過と結果をお伝えする実践報告のコーナー。現在時間は4月1日21時。記事の公開予定日は4月30日20時。前回と同様、リアルタイムで所感や経過を書き足しながら、1ヶ月後に結論とともにアップしようと思います。さて、今月の実践内容は以下の通り。ただし、3月の「魔法の言葉連呼」も一定の効果が認められたため、併用していきたいと思います。併用はよくないよ、とさんざん言っておきながらの所業、返す言葉 [続きを読む]
  • 二重スリット実験
  • はじめに教育TVの「モーガン・フリーマン 時空を越えて」という番組、ご存知でしょうか? めちゃシブおじいさんことモーガン・フリーマンがナビゲーターを務め、先端科学や哲学の領域をご紹介するドキュメンタリーで、割とモーガン・フリーマンの無駄遣いという感じを押し出しつつ、研究者のインタビューや再現CGなどがばんばん出てきます。昨日(2016年4月27日)は「宇宙を支配する法則は何か?」と題して、量子力学の先端研究に [続きを読む]
  • 引き寄せがうまくいかない理由05
  • はじめにお送りしております願望が実現しない理由シリーズ。第5回目の今回は「やり方は何も間違っていないけど、願いが弱いのではないか」という原因です。さっそく考えていきましょう。理由05「叶えるという意志が弱い」意思により願望を叶えることは、現実を変えることと言い換えることができます。そしていろいろな方のお話を聞いてきた印象として、年齢が若ければ若いほど現実を変えることが簡単なようです。考えてみれば当 [続きを読む]
  • 引き寄せがうまくいかない理由04
  • はじめに4回目となりました引き寄せがうまくいかない理由。前回まではイメージが明確ではない確信が持てていない潜在的な願望が実現しているという理由でした。今回はもう少し具体的です。そして該当している方も多いと思います。以前は僕もそうでした。そしてこれに気づいて、うまくいきはじめました。さっそく見ていきましょう。理由04「願い方が不純」まず誤解のないようにお断りしておきます。不純な願望なんてものはありませ [続きを読む]
  • 引き寄せがうまくいかない理由03
  • はじめに後日見やすいリストにしますが、ここ2回お伝えしてきた「願望が実現しない理由」はイメージが明確ではない確信が持てていないという可能性がありました。今日はもうひとつの可能性について。それは「他の強い願望がある」ということです。順を追って考えていきましょう。理由03「他に強い願望がある」そんなことない! 一番の願いを強く描いてるやい! という方もいるでしょう。そこでまず仮定します。引き寄せの法則は [続きを読む]
  • 引き寄せがうまくいかない理由02
  • はじめに昨日は「引き寄せで願望が実現しないのは、イメージがぼんやりしているから」というお話でした。とつぜん空から100億円降ってくる様子を明確にイメージできる人はきっといないことでしょう。いくら「龍が如く」をやりこんでいても、きっと無理です。「そんなわけない」という心の声をねじ伏せるほどの確信はきっと持てませんよね。はい、出てきました「確信」。本日のキーワードです。本日のというよりも、本ブログの一貫 [続きを読む]
  • 引き寄せがうまくいかない理由01
  • はじめに引き寄せ、うまくいっていますか? いろいろ試してみても、やはり願望の実現に苦戦している人もいることでしょう。そこで今回からは何回かに分けて、引き寄せがうまくいかない理由とその対処法を考えてみたいと思います。皆さんご自身の現状と照らし合わせて、現状打破のきっかけにでもなれば幸いです。理由01「イメージが明確でない」引き寄せの基本として「叶ったときの気分になる」ことが大切といわれています。うん [続きを読む]