sakanauranai24 さん プロフィール

  •  
sakanauranai24さん: 鮎高ゆう
ハンドル名sakanauranai24 さん
ブログタイトル鮎高ゆう
ブログURLhttp://sakanauranai24.blog.fc2.com/
サイト紹介文小説、書いてます >゜)))彡 『私、BL男子にしか興味ありませんから!』投稿中
自由文小説、書いてます >゜)))彡
腐女子で地味子な私が、クラスの(そこそこ)イケメンな男子に、告白されました。
人生なんて、ヤマなし、オチなし、イミなし───ヤオイ、ですから…仕方ないんですよ。
『私、BL男子にしか興味ありませんから!』投稿中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供422回 / 209日(平均14.1回/週) - 参加 2017/02/28 17:33

sakanauranai24 さんのブログ記事

  • ■43■クラス名が全て『漢字一文字』…読めない組とかあるし。
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「すぅ〜わっ!お前、何組だった?」背後から山田が、須和の首に右腕を掛けてくる。「俺、A組。」「マジで?!また一緒だな♪」じゃれついて来る山田を後目(しりめ)に───須和は、クラス替えの紙が貼り出された掲示板を見る。(咲良は───B組………か。)3月14日、ホワイトデー。(あの日以来───咲良とは、話せてない………。)須和は俯く。咲良はホワイトデーの [続きを読む]
  • ■42■保存用、観賞用………同じもの、何冊買うの?(2)
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら咲良は、薄い本のページを繰りだす。「こ………これは………!」多胡はそんな咲良を見つめながら───自分の中にほのかに湧き起こり始める感情に、気づく。(咲良ちゃんって、さ─────)多胡はソファから立ち上がる。(メガネ美少女………とまでは行かないけど───)多胡は咲良の方に歩いてゆき、その目の前に立つ。すると、それに気付いた咲良が───見上げてくる。( [続きを読む]
  • ■42■保存用、観賞用………布教用?実践用??(1)
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら多胡は、他の部屋からリビングに帰って来ると───「はい、これ。」と言って………ソファに座り紅茶を飲んでいる咲良に、薄い本を2、3冊、手渡す。「これは───」「咲良ちゃんにあげるって。姉ちゃんが。」多胡は、咲良のはす向かいに座る。「え……………」咲良は、手渡された薄い本を眺める。「こ、これは………………!へんタゴんさんの初期作品───!それに、こっち [続きを読む]
  • ■41■コーヒーよりも、紅茶党です(2)
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「……すみません。勝手に見てしまいました。」「あー、写真?別にいいよ。」多胡はニコニコとしながら、お茶の準備をする。「ウチの家族、写真飾るの好きでさ。」「この『かまマジ』のコスプレ………可愛いですね。」「本人が聞いたら喜ぶよ。それ、去年の年末の祭典。」多胡はカップに紅茶を注ぎながら、咲良のことをチラリと見る。「そうなんですか───!!ではっ、あの時 [続きを読む]
  • ■41■コーヒーよりも、紅茶党です(1)
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「テキトーに寛いでて。」「あ………はい。」そう言って多胡は、カウンターキッチンの方へと歩いてゆく。咲良は入り口から直ぐ近くの、ソファの方へと進んで行った。───咲良は多胡の家に来ていた。多胡の家は、大通りから一本入った閑静な住宅街にあり、けっこう立派なものだった。平日の昼間ということもあってか、家の中は静かだ。多胡がヤカンに水を入れて、カチカチカチ [続きを読む]
  • ■40■本屋に行くと何故だか、もよおす………
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら(えぇ…っと、確か、少年マンガのコーナーは───)駅前の本屋。その中を咲良は進んでゆく。(あった………!)お目当ての本はすぐ見つかった。新刊は棚差しではなく、平置きになり、積んである。咲良はその本へ、手を伸ばしかけ───「あっ………!」「あぁ!すいません………」同じ本を取ろうとして、咲良とは逆側から伸びて来た手と、ぶつかる。「お先………どうぞ。」そ [続きを読む]
  • ■38■『紙の本を読みなよ』とか、本屋で敢えて言ってみたい。
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「新刊───出ました………!」ホワイトデーの翌日───咲良は届いた荷物を開け、中からいそいそと薄い本を取り出す。(待ってたんです。このBL本の続刊───!!)取り出した本を早速、読み始める。「………………」だが───1、2ページ読んだ所で、ふと顔を上げた。(おかしいですね………………)男性が二人、赤い顔をして、絡み合うようにしている表紙の薄い本を─ [続きを読む]
  • ■37■ホワイトデーのお返しは→飴よりも、質草になる貴金属で!
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「須ぅ和くん。」甘えたような口調で、亜沙美が言う。須和は亜沙美を一瞥すると、踵(きびす)を返し、その場を後にしようとした。「ちょ………ちょっと待って!」慌てた様に、亜沙美が言い───須和の前に回り込む。「何?」須和はムッとした表情で答えた。「ちょっとぉ、お話し、しませんか?」亜沙美は少し体勢を低くし、上目遣いで須和の事を見てくる。「俺、今───雑談 [続きを読む]
  • ■36■2次元が楽しすぎて、3次元に帰って来る気が起きません。
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「咲良!待って!」教室から離れていく咲良は、最初は早足であった。だがすぐに小走りになり、次第に駆け足になって………「咲良!!」走る咲良に追い付き、須和は咲良の腕を掴む。「咲良………!待って。」咲良は須和の事を振り向かなかった。掴んだ腕から───咲良が身体(からだ)をこわばらせている感触が、伝わってくる。「咲良───」「もう………いいですから………… [続きを読む]
  • ■35■友人の結婚に『おめでとう』とは(絶対)言わない。酷っ!
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら須和はハッとする。「咲良───!」そして、慌ててその後を追ってゆく。教室には、秋芳と山田が残された───二人は、須和の出ていった反動の残るドアを、見つめていた。「何か俺………悪いこと、したかな?」「───さぁ?それは須和にもよるんじゃないの?」秋芳は後ろのドアから、机の上に置かれている須和のカバンへと、視線を移す。「まさか───これがキッカケで、二 [続きを読む]
  • ■34■B(ベーコン)L(レタス)バーガーと『ざ・BL』
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「この人でなしぃー!彼女もちのバカっ!」「お前それ、暴言だぞ。」「アハハ」須和も秋芳も、山田を見て苦笑している。「そういや、そのチョコって……手作りだったの?」秋芳が須和に聞いてくる。「手作りっぽい───市販品だった。」「アハハ」秋芳は何故かまた笑う。「秋芳は彼女もちだけど、置いといて───」(置いとくのかよ?)密かにそんなツッコミを入れている須和 [続きを読む]
  • ■33■酒の肴はしょっぱい系!!人生がショッパイんだから仕方ない!
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちらそんな須和の言葉を聞き───「………………………」山田が唐突に、押し黙る。その目は真ん丸に見開かれ、須和の事を一直線に見つめていた。須和もパチクリと瞬きをしつつ、そんな山田の事を暫し見ていたが………山田は一向に動く気配がないので、放っておいて、また帰り仕度を続けることにした。「おー。何か山田、静かんなったな。やっと冷静に戻ったか。」秋芳がそんな事を [続きを読む]
  • ■32■苺ミルクの甘さが苦手。コーヒー、ブラックで宜しく。
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「試験勉強に、身が入らなかったんだー!!」生徒もまばらな教室で、山田が頭を抱えながら、叫んでいる。「終わりだ……世界の、終わりだ…………」「んな、大袈裟な。」頭を抱えたまま、ヘナヘナとへたり込んでしまう山田に、須和は笑いながら言う。「そーだよ。試験ごときで。」教室の前の方の席から、そんな山田の様子を見ていた秋芳も───笑っている。「お前らはいいよっ [続きを読む]
  • ■31■ヤマが当たらないっ!!だいたい試験範囲を知らない…
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら咲良の机の上には、教科書とノートが広げられている。そして、その机の端には───ちょっと地味目の、銘菓の小箱が、置かれていた。(試験が終わった日にでも、渡しましょう。)試験勉強の手を止め、咲良はその小箱をチラリと見る。と、そんな時………菓子の箱の横に置かれた、咲良のスマホが音をたてる。(須和さんからです───)「『試験終わったら』『春休み』『遊びに行 [続きを読む]
  • ■30■趣味はBL鑑賞…さすがにコレをお見合いで言う勇気はない。
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「ぉ美味しいっ!」咲良がチョコを口に含み、そんな感想を漏らしている。(スッゲー、しあわせそうな顔してる………)川に面した柵に寄り掛かりながら、須和はニコニコと、そんな咲良を眺めていた。川面を走る風が須和の所まで辿り着き、その頬をなで、髪を揺らすと……また、過ぎ去ってゆく。「尾永さんのはビターな大人の味。真哉くんのは甘〜いミルクチョコ味………♪」咲良 [続きを読む]
  • ■28■友・義理・自分…あと何?とりあえずチョコ食わせろ!
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「俺、今日、3個目!」自慢気に、リボンの掛かった箱を見せる男子。「えっ?!ウソ!マジかよ?!」そして、その周りでどよめく男子たち。(3個目………?なんであんなに、ざわついているのでしょう?)「アイツにあげるのは義理!ただの義理!」(こっちの女子は、ずいぶん豪勢なプレゼント、持ってますね。………誰かの誕生日、なのでしょうか?でも───義理?)「はい、 [続きを読む]
  • ■27■スカートが踊る、『踊り場』。
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら須和は、階段の踊り場に立っていた。目の前には、亜沙美が一人で立っている。亜沙美の取り巻き二人は、すぐ上の階の手すりに寄りかかり、須和と亜沙美の様子を覗き込んでいた。須和はその様子を見て───少し、イヤそうな顔をする。「あ……あの………」須和の目の前に居る亜沙美が、恥ずかしそうに口許(くちもと)に握った手を添えつつ、モジモジとしている。「亜沙美〜」「 [続きを読む]
  • ■26■チョコレート屋に、踊らされてる。
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら───2月14日。「お前なにソワソワしてんだよ?落ち着きねーなぁ。」須和が苦笑しながら、山田を見る。「そりゃ、ソワソワもするだろ!だって今日は、バレンタインだぞ!」「朝からずっと、ソレばっかだな───お前。」コートを着たり、マフラーを付けたり───皆が帰り仕度をしている、少し慌ただしい雰囲気の教室。教科書をカバンに詰めている須和の目の前では、山田が [続きを読む]
  • ■25■焼きそばパンは炭水化物と炭水化物…でも旨けりゃOK!
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら須和は階段を駆け下り、校舎の中を走った。そして靴を履き替えるのも忘れて、上履きのままで校舎裏へと出る───「そうそう。ウチの姉ちゃんがやってるんだ。」ベンチで隣に座っている咲良に向かって───オールバックを後ろで一本に束ねたような髪型の、老け顔の高校生が話しているのが、見えてくる。咲良はその男に見入り、キラキラとした視線を向けている。「今年、大学3 [続きを読む]
  • ■24■『二人きりで食事』は浮気、か?(2)
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「お前、亜沙美ちゃん知らねーのっ?!」「うん。………知らない。」「モグリかっ?!お前、それでも健全な男子高校生かっ?!」「モグリって、どういう意味だよ?意味わかんねー。っつーか……俺も健全な高校生だっつの!ま───その『アサミちゃん』って子の事は、知らないけどさ。」「B組の亜沙美ちゃんだよ!岸亜沙美(きし・あさみ)ちゃん!」「ふ〜ん。………知らね。 [続きを読む]
  • ■24■『二人きりで食事』は浮気、か?(1)
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「寒〜みぃ〜」山田が濡れた手を振りながら、廊下を歩いている。「あれ?」何気なく窓から外を見た山田は、何かに気付いた─────教室の中では───須和がボーッとした様子で、机に頬杖をついて座っている。「すぅ〜わっ!」廊下から教室の中へと入って来た山田が、須和の前の席へと座る。「何ボーッとしてんだよ?」「別に………。」そう言う須和は、やっぱりボーッとして [続きを読む]
  • ■23■パンを食べる、食べるぞ、パンを食べるぞ〜
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら(今日は久々に、学食でパンを買います………!)年明けの学校───ストーブの香りがする校舎。咲良は学食にいた。昼休みという事もあり、購買部の前は混んでいる。購買部の列に並びながら、前の方を眺めて、パンの残り具合を見ていると───「あっ!」「あ〜!ごめん!」同じくパンの残り具合を見ていたらしい男子学生が、咲良に気付かず後退して来て、その肩が咲良に当たっ [続きを読む]
  • ■22■2次元に行きた〜い!だがそこには次元の壁が!(ため息)
  • 作品一覧・BL男子■目次『BL男子』第1話はこちら「オトメレストラン……楽しかった。」二人はお互いの家の近くの、運動公園に戻って来ていた。時間が時間だけに、人影はまばらで………たまに、マラソンや散歩をしている人とすれ違う程度だ。皆が帰った後の───夕方の匂いがする野球場。そんな野球場の囲いの横を、咲良と須和は、肩を並べて歩いて行く。(何か………唐突に歌い出すアニメ、だったな。俺らと同じ高校生?みた [続きを読む]