新所沢 滝口ピアノ教室 さん プロフィール

  •  
新所沢 滝口ピアノ教室さん: 新所沢 滝口ピアノ教室のblog
ハンドル名新所沢 滝口ピアノ教室 さん
ブログタイトル新所沢 滝口ピアノ教室のblog
ブログURLhttp://ameblo.jp/takiguchi-piano/
サイト紹介文西武新宿線新所沢駅より徒歩5分の滝口ヴァイオリン・ピアノ教室、ピアノ専門講師によるblogです。
自由文西武新宿線新所沢駅より徒歩5分の滝口ヴァイオリン・ピアノ教室、ピアノ専門講師によるblogです。
教室のこと、ピアノのこと、音楽のこと、様々なことを発信していきたいとおもいます。
ピアノ指導歴37年。
小さいお子様から、大人まで幅広く指導。
音高、音大受験、合格実績もあります。
また、室内楽、合唱など伴奏も手がけています。
ヴァイオリン教室併設。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 25日(平均5.3回/週) - 参加 2017/02/28 18:52

新所沢 滝口ピアノ教室 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • バラがお出迎え
  • 教室のエントランスには、可愛い薔薇が。いらっしゃいませ〜。今日は、近隣の小学校の卒業式がありました。当教室の生徒さんが、小学校を卒業なさいました。おめでとうございます。小さかったお嬢さんが、すっかりお姉さんになりました。晴れやかな姿を見ると、こちらも嬉しくなります。娘は、中学から音楽学校に進みましたが、良い環境で学べた事、本当に良かったと思います。さて、発表会に向けて、私も本腰を入れて稽古しなく [続きを読む]
  • メトロノームについて
  • メトロノームを買う事をおすすめします!テンポというものは、案外いい加減だったりします。おそらくメトロノームとあわせたら、大抵の人がずれるでしょう。それは、当たり前のこと。四角に無理矢理はめ込まれたような、息苦しさを感じますが、たまには必要です。今は、電子ピアノに内蔵されているらしいですが、目でふりこが見えるこのタイプは、拍と拍の間の行き来が見えるので、イメージしやすくなります。ヴァイオリンは、耳 [続きを読む]
  • 私の手帳
  • 手帳は、高校時代から使っていましたが、黒の能率手帳でした。BFから「可愛くないね」って言われてましたが、これが一番使いやすかった(笑)。今は、ヴィトンのカバーをつけて、中身は1ヶ月見開きのものを使っています。もう少し大きめのものが見やすいし、書き込みやすいのですが、持ち運びにはやはり小さい方がいいかなと、ずっとこれ。2個にわけると、漏れがあってミスのもと。おおまかに、美容院→美 病院→病 レッスン [続きを読む]
  • 東京ミッドタウン 桜
  • 六本木にある東京ミッドタウンは、大好きな空間。私は、田舎の自然より、断然都会が好き。休日の午前中は、特にゆったりできるので、ランチだけして帰ります。自宅から、大江戸線で行くのですが、発着の時にかかる音楽が、シューマンの「メロディ」とブルグミュラーの「素直な心」共通点は何?両方1番だからかしら??体験レッスンのご予約、随時受け付けております。ブログランキングに参加中です下のピアノ教室ボタンをポチッ [続きを読む]
  • ショパンエチュードはエチュードだった
  • 久しぶりに、ショパンエチュードを弾く。0P.25-1 「エオリアンハープ」ああ、これはエチュードなんだなと、今更気づきました。学生時代は、エチュード(練習曲)と思っていましたが、その後この歳になるまでずっと、エチュードでは無くいわゆる『曲』だと思っていました。    ※ 私たちは、レッスンに持って行く時、エチュードと曲、という言い方をしています      でも、やはり、練習曲なんですね。ただ、メカニズム [続きを読む]
  • チューリップがお迎え
  • やっと春らしくなってきました。防音室前に、チューリップを生けてみました。当教室では、朝9時からレッスンが可能です。すがすがしい朝の時間に、ピアノを弾くと、頭がすっきり。happyな一日が過ごせると思います。大人の方、シニア世代の方。午前中のピアノレッスンはいかがでしょうか?大人の方には、1時間コース。最後のティータイムも大事にしていて、希望に沿った、お飲物も用意しております。区切りの良い4月からはじめ [続きを読む]
  • スプリングソナタ
  • ピアノを調律してもらったので、早速ヴァイオリンとあわせてみました。ベートーヴェン ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 5番「春」私は、学生時代に伴奏したことがありましたが、いやいや、なかなか難しい。娘が弾くヴァイオリンが、ピアノと共鳴して、すごく響く。あまりにピュアなベートーヴェンに、苦しくなりました。その後、クロイツェルソナタを練習し始め、ヴァイオリンにとっては、スプリングよりも弾きやすいよう [続きを読む]
  • ただいま調律中♪
  • 3月とはいえ、まだ寒いですね。当教室では、発表会に向けて色々と準備中です。娘が学生時代は、半年に一度は調律を欠かさなかったのですが、最近は1年に一回です。調律は、信頼を寄せている、M楽器のNさん。調律後って、気持ちよく弾けるんですよね。ちょっと寂しいお話がありました。転勤が決まって、転居される方が2組。仕方が無いことですが、精力的に練習なさっていただけに、残念です。3月は、別れもありますが、出会い [続きを読む]
  • 2017年 ヴァイオリン ピアノ発表会のお知らせ
  • 滝口ヴァイオリン ピアノ教室 発表会のお知らせ日時:2017年4月23日(日)14:00〜場所:新所沢公民館ホール当教室では、年に一度ステージでの発表会を行っています。それ以外に、音楽室など小さいスタジオでのおさらい会、クリスマス会など、発表の場を設けております。特に小さいお子様は、人前で弾く回数をたくさん持てば持つほど、力がついてきます。そして当教室の特色でもある、アンサンブルを必ず発表するこ [続きを読む]
  • 楽譜が収まる本棚
  • ピアノをやっていらっしゃる方なら、共通の悩みじゃないかしら?楽譜が入る本棚が無い!!楽譜って定形外。普通の本棚には、入れにくく無駄が多くなってしまう。特にこれが入らない。安川先生のシリーズ。この楽譜が大きい。これが入るように、特注で本棚を作ってもらいました。ボックスになっていて、自分で動かせる。←ここポイント他にも、声楽や合唱、スコア、ヴァイオリンなど、たくさんの楽譜があります。特にピアノの楽譜 [続きを読む]
  • ブルグミュラーの思い出
  • あらら、懐かしい赤帯だ、と仰せの方もいらっしゃるでしょう?全音楽譜は、こんな帯がついていたんです。私が買った時(かなり前です)130円でした。私の教室では、ほぼ全員にこの教材を使っています。出版社によってタイトルが違っていることもありますが、やはりスタンダードな教材で基本的なピアノの基礎が学べると思います。フランス語のタイトルが付いている事も興味深い。私の思い出のある曲は、5番の「無邪気」先生の [続きを読む]
  • 合唱の伴奏をやりたい
  • 卒業シーズンになると、「先生、合唱の伴奏やりたいんです。見てください」と、よく言われます。小学校では、低学年のうちから、合奏などで、ピアノパートを受け持つ子を募ったりします。中、高学年になると、立候補した子の中で、オーディションをしたりして決めているようですね。中学生くらいになると、さすがに弾ける子は限られてくるようで、弾けもしないのに無謀に立候補はしなくなるものです。が、小学生のうちは、その無 [続きを読む]
  • クライスラーの伴奏
  • 4月に当教室で、発表会があります。併設している、ヴァイオリン教室の生徒さんの伴奏を私が受け持ちます。クライスラーの曲は、あまり伴奏する機会が無かったのですが、案外難しい。ヴァイオリニストのクライスラーがピアノの部分も書いたとは思えない。もしや、交流があった、ラフマニノフじゃないか?ロシアの香りがプンプンします。古き良き時代、アメリカンな雰囲気も少し感じる。ロンデリーのメロディーが、伴奏によって奥 [続きを読む]
  • ラフマニノフ
  • ピアノを弾く人なら一度は弾いてみたい、ラフマニノフ。実は私が最初にラフマニノフの虜になったのは高校時代。哀愁漂うメロディーと、ロシアらしいスケールの大きさ。楽譜は、プレリュード「鐘」と言われるもの。小柄な私には結構ラフマニノフはきつい。若気のいたりでしょうか?無謀にもやってみたいと申し出たんですよ。今生徒さんがこれをレッスンで弾いています。あの頃の思い出が色々とよみがえってきて、懐かしさで一杯。 [続きを読む]
  • お教室の玄関
  • こんにちは。玄関を開けると、こんな可愛い子たちがお出迎えします。イースターにちなみ、うさぎちゃんの演奏。ビレロイボッホの物で、今年の限定です。玄関のこのコーナーは、季節感を大事にしています。お花もイースター、うさちゃんやたまごがあります。是非見つけてくださいね。ブログランキングに参加中です下のピアノ教室ボタンをポチッと応援よろしくおねがいいたしますにほんブログ村 [続きを読む]
  • 金曜日15時以降 残りわずかです!
  • ピアノ教室、金曜日の15時以降は空きが残りわずかとなりましたピアノ教室は平日のお昼、夕方のレッスンは金曜日のみとなっております。土日はまだ空きがございます。年度の変わり目は新規の生徒さんのご入会が多い時期です。ご希望のお時間がある場合はお早めにお問い合わせくださいませ。 幼稚園生〜大人の方、初心者の方、音大生など様々な生徒さんにお通いいただいています 体験レッスン、見学のご予約は、&nb [続きを読む]
  • 過去の記事 …