milaya koshka さん プロフィール

  •  
milaya koshkaさん: ミーラヤ・コーシュカ 制作日記
ハンドル名milaya koshka さん
ブログタイトルミーラヤ・コーシュカ 制作日記
ブログURLhttp://sqr16.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文三度の飯より手芸が好き。主にビーズアクセサリーを作っています。
自由文"милая кошка"はロシア語で「かわいいネコ」のこと。休日に少しずつ作りためたアクセサリーを、下北沢「DIAMOND HERO」にて委託販売しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 170日(平均1.3回/週) - 参加 2017/02/28 20:32

milaya koshka さんのブログ記事

  • 私のロシア語事始め
  • 時間のある夏休みのうちにと思い、今日も朝からせっせとロシア語の勉強をしているのですが、鉛筆を持つ右手の甲がちょっと痛くなってきました。ブログを書いて気分転換をしようと思います。 (大学生の頃から使っている二冊の辞書。)私のロシア語事始めは、大学生一年生のときでした。必修科目の第二外国語を決めるとき、学科の友人たちが中国語やフランス語、ドイツ語を挙げる中、私はロシア語を選びました。「どうせ一年間 [続きを読む]
  • 制作再開はもう少し先
  • 「制作日記」というタイトルにもかかわらず、引越しの前後を含めたここしばらく、ビーズのケースにすら触っていません。短い夏休みのあいだに制作を再開しようと思ったものの、私がビーズを机に広げられるときというのは、引っ越し後のお部屋に自分が馴染んだとか、心配事や気がかりなことが少し減ったとか、そういうときなのですよね。誰に言われなくてもできるほど好きな手芸でも、作業自体は非常に神経を使うもの。手先、目、頭 [続きを読む]
  • 新しいお部屋から、虹
  • 7月の前半に母の引っ越しを終え、後半に私と大学生の妹の引っ越しが終わりました。妹との新しいお部屋は三階で、見晴らしがよく、空が広く見えます。今日の夕方も、夕食の用意の途中に、何気なくベランダから外を見に行ったら、タイミングよく虹が見えました! 歩いて数分のところに住んでいる母にも、急いでメールをしました。母の部屋からも、ちゃんと見えたようです。きのうから会社の夏休み。この会社で過ごす夏は今年を最後に [続きを読む]
  • 7月3日の納品
  • もう一週間前になってしまったのですが、7月3日(月)に新作のイヤリングを8点納品してきました。DIAMOND HEROのブログに紹介していただいています。前回の納品から約二か月。その間に、店内が模様替えされていて、私のお借りしている箱も移動しました。他のお客さんをあまり気にせず、ゆっくり作品を見ていただける位置になりました(^^)v連休中に手作りした展示台(こちら)を使って箱の内装も変えましたので、よかったらお立ち寄 [続きを読む]
  • 個性的なビーズを使うとき
  • アクセサリーを作るうえで、私なりのルールがいくつかあるのですが、たとえば、個性のあるビーズを用いるときには、全体のデザインを凝りすぎないようにしています。こちらのビーズには、・クラック(ひび割れ)加工・二色の塗装が施されています。一粒だけでも存在感がありますので、これはもう、シンプルに9ピンでつないでしまいます。 (蛍光灯のもと、写真がきれいに撮れませんでした(^^;)また、こちらのビーズの場合、・しず [続きを読む]
  • パールとクリアのバングル
  • このお休みはバングル作りに挑戦しました。より早く簡単に作れる方法を考えて、(1) 3mmの樹脂パールで裏側を編む(2) 同じく3mmのチェコビーズで表面を編む(3) 両脇をテグスで縫いつなぐという手順で進めることにしました。ありふれたビーズで単純なパターンを編むときこそ、ごまかしがきかない分、自分の腕が試されると思うのですが、今回は初めてでしたので、これで上出来とします(^^; 今回はサイズも適当に決めて作ったのですが [続きを読む]
  • チロリアンテープのようなバレッタ
  • 少し前、ふとバレッタを作ろうと思い立ち、近くの貴和製作所でバレッタの土台を購入してきました。手芸用のバレッタにもさまざまな種類がありますが、今回私が購入したのは、穴の空いた板にビーズを縫い付けて、それを土台にはめて固定するタイプのバレッタです。こういった金具は、シャワー台と呼ばれます。先週、今週の休日に、何度かビーズの配置をやり直し、趣の違う3つのバレッタが完成しました。土台の長方形に合わせて、同 [続きを読む]
  • ゆらゆら揺れるイヤリング
  • 少し前に、ゆらゆら揺れるイヤリングを作りました。白と透明、金色の組み合わせは、どこでも使える最強の組み合わせではないでしょうか。チェーン、金具、ビーズが一続きになるように、丸い形のものにそろえています。 こちらのイヤリングに合わせて、台紙も手作りしました。台紙も白、紙製のテープも白ですが、地味にならず、かえって上品な陰影が生まれます。 ブログの更新が少し空いてしまいました。自分の将来のことと実家のこ [続きを読む]
  • 小さなパールで編んだイヤリング
  • 前回の記事で、手作りの展示台に乗っていたイヤリング。繊細なレース編みのようで、軽い軽い。季節を問わずに使えます。 ここでは、 直径2mmのパールのビーズでドーナツ型を編むのですが、ビーズが小さくなればなるほど難易度があがります。しかも、パールのビーズにはバリがついているので、テグスの先がビーズに通らず、作業がはかどりません((+_+))そこで、ビーズ用の針を二本使って、棒針編みのように両手に持って編んでみまし [続きを読む]
  • 5月8日の納品/青いレースの思い出
  • 少し前に作ったイヤリングを、その形から「木苺のイヤリング」と名付け、昨日、DIAMOND HEROに納品しました。さっそく、お店のブログで紹介されています(^^)イヤリングの台紙もすべて新しいものに入れ替えましたので、よろしければチェックしてみてください。お店でお借りしている箱の内装を変えるため、帰宅後、こんなものを作りました。 箱の内寸に合わせて作った、作品を置くための台です。天板の部分にはうすい水色のフェルト [続きを読む]
  • 昨年と今年のゴールデンウイーク
  • この連休、結局制作には充てられませんでしたが、前からやろうと思っていた、イヤリングの台紙のリニューアルを進めました。写真が無駄にミステリアスです。 次回の納品時に、箱の内装もリニューアルするべく、少しずつ準備しています。昨年の5月の記事を読み返すと……、仕事やお家のことで慌ただしくなって、いつの間にか手につかなくなっていた手芸を、ゴールデンウイークに再開したことが書かれていました。家族の [続きを読む]
  • シンプルな二連のネックレス
  • 普段はあまり自分用のアクセサリーは作らないのですが、ふと、二連のシンプルなネックレスがほしいと思い、珍しく自分で使うために作りました。 遠目ではわかりづらいので、近くに寄ってみます。見やすいように背景の布も変えました。 乳白色のチェコビーズと金色のビーズを交互に通しただけの、非常に単純なデザインですが、濃い色の服にも、薄い色の服にも合い、仕事場にも違和感なく着けていけますので、私にはなかなか使い勝手 [続きを読む]
  • 果実のようなイヤリング
  • 久しぶりにイヤリングを作りました。暑い時期にも気軽に着けられるように、今回は小さくて透明感のあるデザインにしました。ビーズで編んだボールがみずみずしくて、果物のようです。私のおすすめは、写真下のイヤリング。ビーズは無色透明ですが、表面にオーロラの塗装がしてあるので、無機質になりません。今回のイヤリングはお求めやすい価格にして、GW中に納品する予定です。この休日に、とある世界に足を踏み入れました。&hel [続きを読む]
  • 4月4日の納品/作ることと売ること
  • 先週、下北沢DIAMOND HEROにて、二か月半ぶりに納品してきました。納品したのは花火の刺繍のブローチ二点。お店の方がきれいな写真で紹介してくださっています。しばらく刺繍に凝っていて、ひとつの作品に相当時間をかけていたこともあり、納品のペースが落ちてしまいました。たとえ納得のいく作品をお店に持って行っても、それが人の目に留まり、買っていただけるかどうかは、厳しいけれどもまた別の問題。だから、本当は、頻繁に [続きを読む]
  • 完成したと思ったのに……
  • グレーのブローチの色違いを作っているのですが、あわわ、こんな失敗をしてしまいました。 ふちをすべて編み終えて、テグスの処理をして、「(刺繍の部分は)完成だ〜!」と思った矢先、中心の丸いビーズにテグスが引っかかっていることに気が付きました。その部分を外へ引き出したのが上の写真です。これまであまりブログに書いてこなかっただけで、ワタクシ、時々こういう失敗をしています。今回も、テグスを切ってしまったあと [続きを読む]
  • 主役はグレーのビーズ
  • 四角いグレーのフランスビーズに、薄いグリーンのチェコビーズを組み合わせました。グレーのビーズが主役のアクセサリーって、そう多くはないと思うのですが、いかがでしょう。 フランス製のビーズには、独特な発色と個性的な形を持つものが多いと感じます。いつも、その見た目に心惹かれ、喜んで買ってしまいますが、いざとなると、なかなか使い道を決められません。今回、やっと納得のいくデザインに収まったので、次回は色違い [続きを読む]
  • ガーベラの刺繍とスピログラフ
  • あれは定規の一種だと思いますが、小さな歯車に空いた穴にペン先を突き立てて、歯車が自然と回る方向にくるくると動かすと、幾何学的なお花の模様が描きあがる、というおもちゃがあります。気になって調べてみたら、そのおもちゃは「スピログラフ」という名前だとわかりました。どうして今になってそのことを思い出したかというと、先週作ったこちらの刺繍が、その定規で描ける模様に似ていたからです。主役のビーズの色だけ見れば [続きを読む]
  • 淡い色同士の組み合わせ
  • 前回途中だった刺繍をフェルトから切り抜き、テグスでふちを編みつけました。薄い紫やピンク、半透明の白や透明色など、少しずつ色の違う、淡いビーズを組み合わせましたが、ぼやけた印象にならず、存在感を持たせることができました。見やすいように紺色の服を敷いて撮影。もちろん白っぽい色の服にも合うと思います。 ふちのお米のようなビーズは淡水パールで、上品な光沢と不ぞろいな形が気に入っています。私としては、長らく [続きを読む]
  • 花火の刺繍の色違い
  • この前作ったピンク色の花火の刺繍の色違いを作っています。今回は淡い白色でまとめることに挑戦。写真はその途中経過です。 このあと、フェルトから丁寧に切り抜いて、テグスでふちを編みつけて仕上げていくのですが……、さて、この先がどうなるかは次回の記事で紹介します。私の今の仕事は、月曜と火曜がお休みです。五日目でくたくたになった、おととい日曜日の夜、「そうだ、明日のお休みはカラオケに行ってスト [続きを読む]
  • 最近のビーズのしまい方
  • 最近、ビーズをこのように収納しています。以前の記事で書いたビーズ用のケースが便利だったので、あれからもうひとつ買い足しました。 左側はビーズ用、右側は金具用と使い分けていますが、あまり細かく分けてもしんどいので、ご覧のとおり大ざっぱです。私にとってのビーズの入れ物は、絵を描く人にとってのパレットのようなものだと考えます。ここからビーズを選び取り、組み合わせていくわけですが、そのとき、自分の感覚を鈍 [続きを読む]
  • ふちをつけるとあら不思議
  • 先日作ったレモン色の花のブローチは、無事に母にプレゼントできました。誕生日に間に合ってよかった〜(^^;これまで、ブローチを作るときには、このように刺繍ぎりぎりまでフェルトを切るデザインが多かったのですが、 ここで終わらずに、外側にふちをつけるだけで、こんなに素敵になるんです。 この方法を覚えてから、丸いブローチを作るのがより楽しくなりました。前回の記事の花火の刺繍にも、 こんなふちをつけてみました。 ふ [続きを読む]
  • 花火の刺繍(途中)
  • 二日間のお休みがもう終ってしまいます。あーあ、仕事に行かないで、明日もこのままずっとお家にいたい〜。さて、こちらはフェルトから切り離す前の刺繍でございます。グラデーションが、まるで花火のようですね。 外側をぐるりと囲むのは暖かそうなピンク色、その内側には青みのピンク色、さらにその中には透明のピンク色……。ピンクづくし(*´▽`*)ビーズの間隔に不ぞろいなところがありますが、私の計画では [続きを読む]
  • レモン色の花のブローチ
  • 先週、自宅から10分ほど歩いたところに、チェコビーズ専門のお店を見つけました。流行のビーズ屋さんではなかなか売っていないような、珍しい色と形のビーズがそろっていたり、現地で作られたというアクセサリーも販売されていて、チェコビーズファン(?)としては嬉しい限りです。さて、そちらで購入したレモン色のビーズを使って、春らしいブローチを作りました。 少し緑がかった黄色で、紺色の服などにもよく合います。ふちに使 [続きを読む]
  • 1月30日の納品
  • ぎりぎり1月中に納品できました!前回の記事で紹介したブローチ2点のほか、今回はこちらもDIAMOND HEROに持っていきました。 写真のピントがずれて、ややぼやけていますが……市販の「スカーフ留め」という土台を使用しました。クリップがこのように開きます。丸い襟ぐりの洋服に挟めばブローチにもなりますね。 小鳥のビーズは木製です。そのほか、淡水パールやチェコビーズ、ワイヤーのお花など、使用したパーツは様 [続きを読む]