ゆかぷー さん プロフィール

  •  
ゆかぷーさん: 脚下照顧
ハンドル名ゆかぷー さん
ブログタイトル脚下照顧
ブログURLhttp://yukapoo0303.exblog.jp/
サイト紹介文日々の日記のようなものと63年生きてきた人生の振り返りのようなもの byゆかぷー
自由文36,35歳の既婚の息子(別居)、28歳未婚の娘(別居)、66歳まだまだ現役の夫
私は、山梨県の自宅と東京の夫の職場との半分づつで暮らしています。
別荘のようで羨ましいという人も多いけれど、実際は二軒の家を守るって、かなりのストレス!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 29日(平均7.0回/週) - 参加 2017/03/02 17:23

ゆかぷー さんのブログ記事

  • 初めてのお洒落な食べ物
  • 昨日は娘と映画パッセンジャーを観に行きました。娘は日本語吹き替え版が嫌で、字幕版で見たがるのですが、日中の上映には吹き替えしかないので、しぶしぶ吹き替え版で我慢でした。娘は演じる俳優さんの声でないと変だし、英語の勉強にもなるというのですが、私は最近、年の所為か、字幕を読み終わらないうちに消えてしまうことがあるんです、悲しいですよ。私の基準では、面白さ中の上かな・・・  まぁまぁお... [続きを読む]
  • 花粉症の長男と朝帰りの娘・・・
  • 青森へ戻った長男から連絡が入って、二人の幼子を連れての移動(東北新幹線で)は大変だったものの無事着いたとの連絡あり、まずは安堵です。それに、もう一つ報告あり、それは青森に着いた途端、花粉症が治まったんですって。良かったね!と言うと、素直に喜ぶことは出来ないんですって。何故なんでしょう? それは・・・青森はまだ雪の中、こちらより1か月余り遅く春が来ます。だからまだ花粉が飛んでないん... [続きを読む]
  • 日本三鳴鳥
  • ちょっと気がめいったので、そんな時は楽しいこと考えようと、私の好きな趣味の世界から日本三鳴鳥について書いてみたいです。ウグイスの声がちらほらと聞こえてくる季節でもあるしね。昨日気付いたけれど、スーパーの中でもウグイスの声流していたんですよ、私としては頗る変だと思います。スーパーにウグイスの声は全く似合わないですよね!興味のない方はスルーしてください!三鳴鳥は、その囀りの美し... [続きを読む]
  • あんぱんまんに託した夢
  • サクラの開花が発表されたにもかかわらず、3月も後半なのに今日は雪、甲府では(東京でも)早朝少しだけ白いものが混じっていただけで雨だったけれど、河口湖や山中湖、山間部では十数センチ積もったようで、周辺道路ではチェーン規制していた模様。本格的な雪にならずの本当に良かった!本州最北端の県から帰省中の長男一家も春休み終了、今日帰って行きました。来ては嬉しい孫、帰ってはホッとする孫とはよく... [続きを読む]
  • サクラ咲く・春
  • 東京で桜の開花宣言、春も本格的になってきました。「冬来たりなば春遠からじ”If Winter comes, can Spring be far behind?” 」「冬は必ず春となる ”Winter always turns to spring”」・・・とか言いますが、春は希望溢れる未来の始まり、新しい旅立ちの時、何か心浮きたつ季節ですよね!車で走っていたら、今季初、五分咲ほどの... [続きを読む]
  • 私の宝もの 達
  • オットォ―はいません、東京で働いています。一応、残念という事にしておきます。長男夫婦とおちび1、アンパンチをしています!  おちび3は右下に隠れっちゃって後頭部しか写りませんでした。お店の方に撮っていただいたので気がつきませんでした.ごめんです! 次男夫婦とおちび2、機嫌が悪くて泣いてます。それに、私と娘、総勢9人、イタリアンレストランでのランチ会でした。個室を用意してくださったの... [続きを読む]
  • 親娘の会話から・・・
  • 昨日の娘との会話です。今、娘はアルバイトの合否の結果待ちのようです。何か人気の職種で待遇はよくはないのですが、時間的に通おうと考えている学校(午前中のみ)と両立できるのだそうです。ダメだった時のショックを和らげる?つもりで、私は人生ってものはほとんどの場合、思い通りにならないものよ、上手くいけばラッキーってことだね!ただ上手くいかないからって、くさることはないんだよ、何度でも挑戦できる... [続きを読む]
  • 娘の通院と今後
  • 日中はホカホカ陽気になりました。車の中は温室状態で、半分ほど窓を開けて走りました。公園近くの駐車場に停めていた時、ウグイスの初鳴きを聞きました。「ホーホケ、ホケ・・・ケ、ケ・・・ケキョ」まだ新米のウグイスのようで、上手く鳴けないところが可愛いです!今日は娘の通院日でした。1か月に1回、地元に戻っての通院です。東京で診察受けられれば便利なのだけれどね、でも精神科医との相性ってなかなか... [続きを読む]
  • オットォ―と私と子供たちと・・・「家族」
  • 誰しも、人生には消し去りたい時期というものがあるもんじゃないかな・・・その消去したい時期が、点や短い線分ならば、消しゴムや修正テープを使えば見えにくくはなるかもしれないが、ある点からずっと長く、そして今に至るまで続く長い線である場合、それを避けては通れないし、決して忘れることのできない問題なんですよね。何だか勿体付けて書きだしてしまったが、それが何であるかを一言で言うなら、オットォ... [続きを読む]
  • 次男坊のこと
  • 私には孫が3人います。今帰省中の長男に男の子二人の孫、そしてもう一人の孫は、次男の子です。次男は、我が家から車で20分ほどの所に住んでいますから、かなり頻繁に会うことが出来ます。この孫も男の子で1歳4か月、ちょこちょこと歩くくせにとても速い、全く目を離せません。今、階段に凝っていて、家に遊びに来れば、階段を上って降りてを繰り返します。だから孫の安全を確保するため、すぐ後ろにスタンバイし... [続きを読む]
  • まご・まご・しています!
  • 長男一家が青森県から里帰りしてきていることは、前にも述べたけれど、長男は妻帯して、子供も二人いるにもかかわらず、今学生している。彼の経歴は実に変わっている、現役で東京の某国立大合格、入学するも1年で退学、進路変更したいとのこと。翌年、中部地方の某国立大学に合格、4年後卒業、引き続き大学院修士課程修了、望んでいた(彼の夢🚀であった)就職を果たした。その後、結婚もし... [続きを読む]
  • 移動の日
  • 今日からまた山梨暮らしです。首都高から中央道八王子くらいまで断続的に渋滞がありましたが、昼食後に東京を出発して3時には甲府に着きました。いつも通り、スーパーに寄って買い物、夕食のおかずを調達、お彼岸なので、少し早めに東京でお墓参りを済ませたので、今回はこちらにある仏壇にお花と果物、母の好物だったお菓子を供えました。東京にお墓、甲府に仏壇があるので、日程によってはお墓と仏壇と両方にお... [続きを読む]
  • 諦めたら・・・だめだね!
  • もう絶対無理だと思う事、趣味のカメラ、それも大きな望遠レンズを抱えて鳥を撮影する事、結構険しい山道や雪深い農道へ行くために、車も四駆にした。2015年に手術してから、足に急にブレーキがかかることがあるから、一人で出かけることに自信がなくなった。こればかりは家族に付き合ってもらうことは出来ない。なぜなら、長い時間、鳥を求めてそれだけの動きをするから、趣味ではない人には耐えられないし、... [続きを読む]
  • 無理が通れば・・・
  • 私がツィッターでフォローしているカトリック神父片柳弘史氏が「成長とは失敗と成功を繰り返しながら、自分に何が出来て何ができないかを、自分自身で学んでいくということ。たとえ親でも、子供に何が出来て、何が出来ないかは分かりません。出来るのは子供の成長にそっと寄り添う事だけです。」とツィーとしていた。なるほどなるほどと思う。でもなぁ〜  わが娘の気の病は相変わらず・・・やる気で前向き... [続きを読む]
  • 親としての自信がなくなる時・・・
  • 仕事を10日で辞めてしまった娘に、あきれる気持ちは胸の奥にしまって、確かに娘のいうように不規則な勤務時間、パワハラ?のような𠮟責があったかもしれないから、辞めるのも仕方がない事かもしれないと思うようにしていた。それでも・・・という気持ちは置いておいて、普通に接していたつもりだった。昨日、東北在住の息子(娘の兄)が上京していて、娘の話を聞いてくれた。結局資格を持たなけ... [続きを読む]
  • 自転車
  • 私が生まれて育った東京だけど、30〜50代くらいまでは、田舎暮らしだったから、その間の事はよく分からないが、この10年余り東京でも暮らすようになって、一番驚いたことは自転車の多さです。まるで、北京!!都内はスーパーや医療機関やその他の施設などに駐車場がないから、あっても有料だから、どうやら自転車を足とする人が多いのだろうなぁ〜!それに、都内で車を持つことは高コストだし、公共の交通機関... [続きを読む]
  • 或る女???
  • 或る女といえば、有島武郎、でもここに登場する或る女とは全く無関係である(笑)彼女は大学卒業後、或るアパレル企業に就職したが、2か月で退職、その1年半後?、或る保育関係に就職(アルバイト)したが、1年足らずで退職、その1年後? 或る電波機器関係会社に就職したが、1年半で退職その1年半後、或る所に就職したが10日間で退職。彼女は親元から独立しレンタルマンションに住み、親の仕送り... [続きを読む]
  • 仙台の牛タン
  • 今日は、用事の帰り道に、池袋駅東口にある宮城県県のアンテナショップへ寄ってきました。東北の震災以来、意識的に寄るようにしている、店頭には募金箱もあり、少しは復興に関われるかな・・・?と思ったりして(*_*;今日は、笹かまぼこと牛タン、買ってきました。いつも不思議に思うのだけれど、牛タンが仙台名物になったのっていつ?私が初めて仙台へ行ったのは中3の修学旅行(東北1周の旅)の時だった... [続きを読む]
  • 3.11から6年経ちました。
  • 6年前のあの時あなたはどこにいましたか?私は山梨の家にいて、何も被害がありませんでした。でも、怖いほど揺れましたよ!東京の家にいたオットォ〜は仕事から帰宅すると、靴箱から靴が飛び出して、本箱から本が飛び出して、食器棚から食器が落っこちて割れて散乱していたそうです。冷蔵庫が、少し前に飛び出していたそうです。そして、自宅マンションの下の幹線254号線は帰宅難民の行列が一晩中たえること... [続きを読む]
  • 通院・・・私の病気達
  • 昨日は通院日でした。何だかね〜検査結果がちょい悪化、落ち込むよね〜Drは明るくて優しい方だから、私の話をよく聞いてくれて、的確なアドバイスをくれたり、薬を替えてみましょう!とか提案してくれて、最後は冗談話までしてくれて・・・おかげで少し、元気を取り戻して帰宅できました。医者というのは、医学的知識や技術はもちろん大切だけど、人間としての温かみがとっても大事だなと実感です。患者の気持ち... [続きを読む]
  • カワセミと出会う
  • 今日は窓辺に座るとポカポカの日差しが一杯入って、まるで温室の中にいるような温もりに包まれました。3月1日から再々就職を果たした娘、1年半遊んでしまったこともあり、かなりハードな勤務に毎日音をあげているようで、あ〜疲れた!もうダメ!というメールが続くが、それでも、勤務は1週間続き、今日は夜勤明け、明日は休みということで実家に帰ってきた。美味しいご馳走でも食べさせることぐらいしかできな... [続きを読む]
  • 行ったり来たり
  • 昨日は山梨から東京への移動日でした。珍しく、中央道、首都高共に渋滞なし、door to doorで1時間45分でした。ベスト記録かも・・・大体2週間ごとに山梨?東京を移動しています。こんな生活、もう10年余り経ちました。20年くらい前に、山梨に家を建て、ここでずっと暮らすつもりだったけれど、夫の気まぐれ?(というのとちょっと違うような・・・) 東京で仕事を始めた。それで、こ... [続きを読む]
  • 遠藤周作の「沈黙」に思う事
  • マーティン・スコセッシ監督の「沈黙」を観てきました。2度目です。遠藤周作の「沈黙」は中学の頃から何回か読み返しました。後年、篠田正浩監督の映画「沈黙」もTVで観ました。今回はアメリカで製作された「沈黙 サイレンス」が、神の沈黙という問いかけにどういう答えを提示してくれるかという事に興味深々と言った心境だったのです。神はなぜ沈黙を続けるのでしょう・・・あなたのために阿鼻叫喚の苦しみを... [続きを読む]
  • 64歳になりましたぁ〜
  •        サンシュユ(山茱萸)ミズキ科の花で、秋には赤い実をつけヤマグミとも呼ばれる白やピンクの梅園の中にひときわ目を引く黄色の花、サンシュユという。冬の間の茶色い硬い蕾から春の気配を感じるとまるで弾ける様に黄色の花が顔を見せる。まるでびっくり箱の中から飛び出した人形たちのように私には見える。元気を絵にかいたような花だと私は思う。こちら関東は3月に入って急に春めいてき... [続きを読む]
  • 桃の節句に
  • 今日は桃の節句、ひなまつりです。昨日のシトシト雨も上がり、今日はなんとも爽やかな3月の青空です。天気が良いと心も弾みますよね!1週間ほど前から久しぶりにお雛様を出そうかな・・・  せめてお内裏様と奥方様だけでもと思った(悩んだ)のだけれど、屋根裏収納庫から出すだけでも大変だし、それに何より、今は一人暮らしだし、週末には都内の家に移動することになっているから、すぐにかたずけなければ... [続きを読む]