ミゾラーウォッチマン さん プロフィール

  •  
ミゾラーウォッチマンさん: MIZORAH WORKS COLUM
ハンドル名ミゾラーウォッチマン さん
ブログタイトルMIZORAH WORKS COLUM
ブログURLhttp://jahmizo.wixsite.com/mizorah-works/
サイト紹介文福岡市野間四角にあるリサイクルショップ、ミゾラーウォッチマンの腕時計コラムです。
自由文1980〜90年代のプロダクトにリスペクトしたヴィンテージとセレクトのリサイクルショップ。それがミゾラーウォッチマンです。
古着屋のバイヤー、ロレックスなどの時計の販売、アパレルの卸営業
質屋のバイヤーを経たオーナーが満を持してオープンさせた新しいスタイルの買取販売店。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 117日(平均1.9回/週) - 参加 2017/03/01 10:22

ミゾラーウォッチマン さんのブログ記事

  • SEIKO ALARM FLIGHT CHRNOGRAPH 7T32
  • 7T32は、一体何種類ぐらいの顔があるのだろうか?今回は久しぶりの7T32の入荷で、両回転ベゼルのフライトクロノグラフが入荷した。ダイアルの縁のタキメーターといいどことなく、ブライトリングっぽくないだろうか?オリジナルのブレス仕様だと、この雰囲気になるのだがどうしてもブレス仕様だとベゼルの分刻みのポイントが気になってしょうがなかったとりあえず、ブレスを外して見るなかなか良いではないか店頭の新品販 [続きを読む]
  • SEIKO GIUGIARO DIVER SCUBA SBEE001 IMPRESSION
  • 今月9日に発売なったジウジアーロこれは、仕入でなく正規店で普通に購入したのですが…なぜ、購入したかと云うと経緯があって…先月、天神のテナントビルに入っている時計屋さんに寄ったらセイコーの箸があってどうしても欲しくて聞いたら、「お買い上げ頂ければ、差し上げますよ」と。これと言って、欲しいのも仕入に出来る様なものもなく発売が決まったジウジアーロのダイバースキューバについて聞くと入らないとの事。日をまた [続きを読む]
  • TAG HEUER FORMULA1 Ref.381.513
  • リアルタイムだったし、個人的に大好きなフォーミュラ1ヴィンテージ(リアルタイムだったのに、ヴィンテージと称するのは悲しい…泣)その特徴的、プラスチックケースと云うのも相まってかなかなかコンディションが良いものに巡り会えない先月、業者からのオファーがあったのだけれど僕の想定する売価ほどでとてもじゃないが、仕入出来る金額ではなかった。そんな先日、僕の一番好きなカラーリングを入手する事が出来た。まず、ベ [続きを読む]
  • ISSEY MIYAKE "W" SILAY002 by Satoshi Wada
  • 冒頭からこんな画像で唐突ではあるが、我が家で今一番欲しい白物家電ナンバーワンのバルミューダのトースター。バルミューダは、確かに高いのだがメイドインジャパンを基軸とし、コンセプトデザインともに熟考された工業デザインでありながら日本の趣を大事にされた温故知新とも思える商品をローンチしているこのトースターの前の作品、グリーンファンをご存知だろうか?アウディのデザイナーとしても有名な和田智が、外部デザイン [続きを読む]
  • CITIZEN ANA-DIGI TEMP FUTURE TV SCREEN ERROR PRINT
  • 過去に数本販売させて頂いているアナデジテンプ。今回、入荷したモデルは2004年製のキャリバー8988とあまり見ないモデルそのルックスは、他のアナデジテンプと一線を画し「ANA-DIGI TEMP」のエンブレムがない。ケースデザインも、カクカクした感じではなく所謂テレビスクリーンと呼ばれるケースが縦型になった様なデザインであるさて、この個体ですが面白い事が2点ほどあったのでここで紹介したいと思います。まず、一点目なのだ [続きを読む]
  • CITIZEN VINTAGE PROMASTER LADY MINTGREEN
  • ここ最近、僕は買取をお持ち頂けるのを待っているだけではダメだと思い積極的に仕入れを開拓するようにしているかと言って、そう簡単に仕入れルートが開拓出来るわけでもなく誰も売れ筋をわざわざ、人に卸す様な事はしないだろう今は誰でもネット環境、いやスマホがあれば売却は可能なのだから。基本に戻り、昔アメリカに行っていた頃の様に電話帳から時計店を調べ、グーグルマップで検索してリストを作り数日掛けて、福岡市は2/3 [続きを読む]
  • Simply & Longest model SEIKO COCKTAIL-TIME SARB065
  • 以前に紹介したバチスカーフやレフトアイなど廃盤になってから海外での人気から飛び火し、国内の相場が上がるモデルが見られる。折角の世界に誇れる国内ブランドなのに、どうしても僕を含め日本人は現行で入手出来るレギュラーモデルに手を出す事に躊躇してしまう事が多いスイス時計に比べ、軽視してしまいがちなのか自ずのセンスに自身がないのかモデルの本質に迫る事ができず限定品などばかりに目を奪われるもっと、他人の目を気 [続きを読む]
  • SUPERRARE SEIKO SCUBAPRO 7C46 limited 300pcs 1999
  • 最初期のモデルは、経年劣化による外胴の破損が見られサードパーティーの外胴がついているものも多く、オリジナリティのキープが難しい完全なアンティークウォッチとなってしまった。僕もそうであろうが、まだまだガシガシ現役で使えるアンティークツナに着目し始めている方も多いのではないだろうか?国産ダイバーズ50周年以降、ツナラインナップはリニューアルされてダイアルにもプロスペックスのロゴマークが入り、リューズも蛇 [続きを読む]
  • ZENO WATCH Phantom3.2 BAF STYLE
  • ここでも、よく取り上げるRAFなどのミリタリーウォッチ僕は、元々販売を始めたのがミリタリーショップであってそもそも時計に嵌ったきっかけの殆どはミリタリーウォッチと言っても過言ではない。今思えば、あの頃持っていたミリタリーウォッチ達はどこへ行ってしまったのだろう(笑)一番悔やまれるのは、CWCの手巻き式2カウンタークロノグラフなのであるが現在こそかなりな高値であるものの、実用性はほど遠いものとなっている。当 [続きを読む]
  • SEIKO KINETIC "NEOLYMPIC" SKA617P1
  • 2020年の東京オリンピックも、そう遠くない未来に感じてきたこの頃。実は1964年に日本でオリンピックが開かれていた事を、知らない方も多いのではなかろうか?オリンピックと時計は、切ってもきれない関係であり計測が必要な競技には必ず時計メゾンがスポンサードしている訳であるそうでなくても、記念モデルなども発売される訳でそれは現在に限られた訳でもなく、1964年東京オリンピックも然りであった。その1964年にオリンピック [続きを読む]
  • SEIKO RAF GEN2 MOVT 7T27 "GRAY PANDA"
  • グレー、謂わゆる灰色。英語表記では、「GREY」と「GRAY」どちらが正しいのであろうか?正解は、どちらも正しい。アメリカ英語では "GREY" と表記し、イギリス英語では "GRAY" と表記される。僕はかつてアメリカに買い付けに行っていたので、どうしてもアメリカ表記になってしまうのだが今回は、"GRAY" と表記させて頂く。その意図は上の画像を見て頂ければ、もうお分かりであろうSEIKOマニアのみならず、古着好きやミリタリー好き [続きを読む]
  • CITIZEN PROMASTER TOUGH "Ray Mears" PMU56-2841
  • ”BUSHCRAFT” (ブッシュクラフト) と言う言葉をご存知だろうか?分かりやすく言えば、サバイバルと言う言葉が近いだろうか。Wikiによると、自然界における生活の知恵と言う定義付けされているサバイバルは "帰還” という目的であるが、ブッシュクラフトは生活であるそのあまり聞かないブッシュクラフトであるが、その第一人者としてイギリスの "レイ・ミアーズ" と言う人物が挙げられるBBCなどにも出ているらしいが、youtubeで検 [続きを読む]
  • ALBA SPORTS Walt Disney
  • 久しぶりの更新で申し訳ありません最近、買取が立て込んでおり買取品の整理や値付け、商品の問い合わせ売却等に追われていました。(一応、言い訳)本当の所、良いヴィンテージや時計などもお持ち頂きそれをインスタにアップすると反響が多く値付けをする前からホールドが入るほどでした。頑張って買取しますので、是非ご相談くださいそんな慌ただしく過ごしていた先週、お休みの日の日曜日に筥崎宮の蚤の市に家族で行ってきた。最 [続きを読む]
  • DPW BEZEL O-RING
  • 先日、本体のみだがコンディションの良いDPW インクルソーレが入荷した。しかし、この個体は実は訳あり…先に入荷している個体と比べて見て、どうだろうお判り頂けるだろうか?こうやって、横から見ると分かると思うのだがベゼルのラバーリングが欠損しているのだ。ラバーやゴム素材の劣化は致し方ないことで、このままで使用はもちろん問題ないのだがせっかくなら同様なOリングを見つけきちんとして販売したい。提携の修理工房の [続きを読む]
  • TAG HEUER proffesional 1500 series NIGHT DIVER 929.113G
  • 1992年のカタログに存在が認められる1500シリーズのナイトダイバーメンズの小ぶりサイズの位置付けであろうブラックダイアルは、R社のヴィンテージのようで雰囲気も良い全面蓄光のナイトダイバーはブレスレット仕様で印象は全然違えどもこれまたレザーストラップに換装したことを想像すればワクワクする今回は、この1500シリーズナイトダイバーの凄い個体が入庫したのでご紹介したいまず、驚かされるのがベゼルの退色である色が抜 [続きを読む]
  • SEIKO 5 MECHANICAL BATHYSCAPHE SARG013
  • 以前によそで文章を書いていた時にも取り上げた事のあるセイコー5メカニカルこうやって比べてみると全然似てはないのだが、その雰囲気の良さとNATOストラップを換装した時の面影がなぜかブランパンのバチスカーフと重なるSARG013その時ピックしたフォーラムの画像には、「バチスカーフのオマージュかな?」「上手い事言ってやがるな」的なやり取りが見られた確かにあてつけっぽくはあるが、これまたセイコーの傑作と思えるモデル [続きを読む]
  • ROYAL ARMY PULSAR G10 7N32
  • 1999年、イギリス軍にPULSAR社製のミリタリーウォッチが納品された年である。2001年製造ぐらいのモデルに確認されるショートハンズ上記インスタグラムの画像がそれである。このショートハンズは、視認性の点で指摘があり2000年代には入りロングハンズへと変更される今回、ミゾラーウォッチマンに入荷した個体がそのロングハンズ '09年製造のものである上の画像と比べて頂くと、随分と長くなった印象であるその他の仕様は、特に変わ [続きを読む]
  • SUNLORD JAPANESE DIVER WATCH
  • "SUNLORD"と云う時計ブランドを聞いた事があるだろうか?ほとんどの方が「ノー」と答えるであろうもっとも、その理由の一つに現在はブランドが存在してないからである。"SUNLORD"は、日本国内のマイナーメーカーでそのプロダクトは国内大手S社を筆頭に海外ブランドの有名モデルをemulateしたものが殆どであった"SUNLORD"の”S"のロゴなどは、S社のロゴを完全に意識してないだろうか?そんなマイナーブランドの"SUNLORD"、恐らく197 [続きを読む]
  • FRENCH MOVT Eddie Bauer MILITARY FIELD WATCH
  • L.L.Beanに比べると、最近ではタウンユースとしてのブランドイメージが強くなったエディー・バウアーヴィンテージ好きな方なら、最強のダウンジャケットのオールパーパスジャケット(復刻盤も出ましたね)や1940年代のフライトダウンB-9の存在はご存知であろう軍納入メーカーであったほど、エディーバウアーの製品の造り込みはそれはしっかりしたものだった。最近は、購入することはないのでクロージングのクォリティまでは分から [続きを読む]
  • BUBBLE BACK HOODED STYLE
  • 某R社のアンティークウォッチ、通称バブルバックはご存知だろうか?1940年代の機械式時計に自動巻き機構が備われ出した頃の時計ケースの裏蓋が風船上に盛りがった形状の腕時計の総称である手巻き機構に自動巻きのローター部分がカサ増しとなり、そのローターを覆うために裏蓋が独特の盛り上がりのデザインを生んだ当然ながら、自動巻き機構が進化するにつれムーブメントも少しずつ薄くなり1950年代にはセミブバルと言われる盛り上 [続きを読む]
  • the other side of BOND WATCH (TAG HEUER NIGHT DIVER)
  • 近年、オメガのスペクターモデルが定価を超えプレミアになった事は記憶に新しい。リミテッドとは言え、結構な数量をローンチするオメガにしてかなり稀であったもとよりボンドウォッチと言えば、ピアース・ブロスナン以降オメガが代々受け継いでおり、以前のボンドウォッチの代名詞と言われるのはロレックスのサブマリナーであるしかしながら、実はセイコーのデジタルなども使用されていたのだがその人気に火がつく事はなかった。現 [続きを読む]
  • ZENO WATCH W10/0552 DIVER
  • 個人的にも一押しなブランド、ゼノウォッチスイスブランドとは言いながらも正直な所、ブランドのスタンスとしては謎な部分も多い。現在では国内のディーラーもしっかりしており、日本語のHPもある少し前は、検索してもUSサイトが良く上がってきていた以前のディーラーの卸先が、時計店よりは雑貨扱いなお店が多く1990年代から2000年代初頭に掛けては、ビレッジヴァンガードの様な雑貨店舗でその取り扱いが多く見られた。しかしなが [続きを読む]
  • Diving & Proffesinal Watches
  • 文字盤に、日本語で言う「襲撃者」を意する"Incusore"との表記と部隊章以外はブランドネームも見当たらないこの時計。回転ベゼルとブラックのケースからも、軍用時計と云うのは伺えるストラップには、マップ用のメモリも刻まれている裏蓋とリューズには、"DPW"と記されている。そう、この時計のブランド名は”DPW”なのである付属しているボックスにも、気持ち程度だがプリントしてある些かミリタリー系の時計にはそぐわないボッ [続きを読む]