ishi ppon さん プロフィール

  •  
ishi pponさん: マッタリ バリュー投資とカバード・コール
ハンドル名ishi ppon さん
ブログタイトルマッタリ バリュー投資とカバード・コール
ブログURLhttp://ishippon.blogspot.jp/
サイト紹介文株への長期投資、配当金と株主優待を重視。(カバードコール、キャッシュ・セキュアード・プット)
自由文2000年から株式投資を開始
マッタリとコツコツ株の長期保有、ストレスが少ない運用を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 203日(平均5.3回/週) - 参加 2017/03/01 12:35

ishi ppon さんのブログ記事

  • 好きな格言 「相場に淫することなかれ」
  • 好きな格言 「相場に淫することなかれ」私の好きな格言で、「相場に淫することなかれ」という言葉があります。意味は、「相場にのめり込んで、取引の中毒になっているような状況で、四六時中、相場のことが頭から離れなくなったら危険信号」という意味です。西南戦争の軍事景気で財を築いた名古屋の大相場師・高橋彦次郎の格言だそうです。個人的にはとても好きな言葉です。資産運用、株、オプションの取引をしているとついついの [続きを読む]
  • 長期で見れば株式のリターンが為替変動を上回る
  • 長期で見れば株式のリターンが為替変動を上回る長期で見れば株式のリターンが為替変動を上回ります。これは過去の歴史からもそう言われています。投資関連の話題では一般的な法則になります。また、私自身も実感としてもそう感じています。長期投資を進める本を読むと、「長期で見ると為替変動を株式のリターンが上回るので、株式に長期投資しましょう。」とアドバイスがあります。ただ、本に書いてあるだけではいまいち実感がわか [続きを読む]
  • レイ・ダリオ氏 「1937年の再来」がリスク
  • レイ・ダリオ氏 「1937年の再来」がリスクレイ・ダリオ氏は「1937年の再来」がリスクと考えているようです。「1937年の再来」リスク?29年の大恐慌を経験した米国は30年代に財政出動を積極化し、何とか経済を持ち直す。金融緩和も実施したのだが、36年に見切り発車で預金準備率を引き上げた。すると、37年に株価が急落、米国は再び不況入りした。 現代の米国も超金融緩和を通じて、金融危機を乗り越えたが、 [続きを読む]
  • アメリカ、中国、日本 長期の株価は日本が最下位
  • アメリカ、中国、日本 長期のリターンは日本が最下位2004年10月から2017年9月の約14年のチャートになります。黄色:アメリカ、117.56%赤色:中国、112.96%青色:日本、26.85%リターンの順番ですが、アメリカの117.56%、中国の112.96%、日本の26.85%という順番です。インデックスの長期バイアンドホールドという考え方は、基本的にアメリカが発祥です。そんでもって、アメリカのS&P500は歴史的に右肩上がりになっています。 [続きを読む]
  • ブリッジウォーターが中国投資ファンドを予定
  • ブリッジウォーターが中国投資ファンドを予定今まで、ブリッジウォーターは中国に特化したファンドがなかったんですね、知りませんでした。これから中国投資ファンドを予定しているということは、レイ・ダリオ氏は長期的に中国に強気なのでしょうか、その辺りが気になります。(現時点でレイ・ダリオ氏のポートフォリオは新興国にかなり強気です。)ブリッジウォーターが中国投資ファンド、数十億ドル募集へ−WSJ紙資産家のレイ [続きを読む]
  • 日本郵政の政府保有株売り出しが1.4兆円 テレビCMの予定
  • 日本郵政の政府保有株売り出しが1.4兆円 テレビCMの予定日本郵政の政府保有株売り出しが1.4兆円あり、テレビCMが予定されているようです。日本郵政株売り出し:個人投資家に照準、TV広告開始へー関係者以前から、日本郵政には興味があります。現在でも投資検討のためウォッチしています。注意しているポイントとしてバリュエーションが割安で利回りが高い超大企業で、政府の売り出しもあるので値上がり益を狙いにくい企業として [続きを読む]
  • 主夫希望の人には投資をおすすめ
  • 主夫希望の人には投資をおすすめ専業主夫はアリ? 土田晃之が「育休」体験を語る今回のテーマは「稼ぐ女」。男は仕事、女は家庭、という考え方に囚われず、結婚後も出産後も外でバリバリ働いて稼ぎ、夫に家事を任せて自分が家計を支える「大黒柱女子」という生き方を選ぶ女子。男子100人へのアンケートでは「アリ」が68%。共働きが珍しくない現代において、稼ぐ女が増加傾向なのは当然。女性に面倒を見てもらうことに抵抗がなけ [続きを読む]
  • コア戦略は3分割ポートフォリオ
  • コア戦略は3分割ポートフォリオ私のコア戦略は、3つのETFを利用した3分割ポートフォリオになります。利用ETFしているETFは以下になります。アメリカ : VB Vanguard Small-Cap先進国 : VGK Vanguard European新興国 : VWO Vanguard Emerging Marketsルールはシンプルで、VB、VGK、VWOに3等分して投資まとまったお金が入ったら、リバランスを兼ねて一番値下がりしているETFに追加投資感覚的には2〜3ヶ月に1回程度追加投資 [続きを読む]
  • ビットコインが下落 中国で取引所を閉鎖するとの報道
  • ビットコインが下落 中国で取引所を閉鎖するとの報道またまたビットコインが下落しています。私も少し投資をしていますが、このボラティリティの高さは凄いですね・・・。今回の下落の原因は、中国で取引所を閉鎖するとの報道があったからです。ビットコインが下落、中国が取引所の閉鎖を命じるとの報道で8日の米取引時間に仮想通貨ビットコインの相場は下落、一時7.3%値下がりした。中国の監督当局が国内のデジタル取引所の閉 [続きを読む]
  • ゆるく生きたいから投資をするときの注意点 大損しない
  • ゆるく生きたいから投資をする私もそうですが、ゆるく生きたい、楽して儲けたい、ゆくゆくは悠々自適の生活をしたい、という動機で投資をしている人は多いはずです。まあ、声を大にして言うことではないですが、心の奥底ではそう思っている人が多いはず。私自身、最近は資産運用が好調なので、だいぶ精神的な余裕も出てきました。かれこれ18年近く、大損しないで投資を続けられれば、それなりの成果は出ます。とにかく大損しないで [続きを読む]
  • 南アフリカがリセッションから脱却
  • 南アフリカがリセッションから脱却南アフリカがリセッションから脱却したそうです。南アフリカ:4−6月GDP、前期比年率2.5%増−リセッション脱却 南アフリカ共和国の経済は4−6月(第2四半期)に前期比で拡大した。農業生産の急増を追い風に、ここ10年で2回目のリセッション(景気後退)から脱却した。 南ア統計局が5日発表した4−6月期国内総生産(GDP)は前期比年率2.5%増加。1−3月(第1四半期)は同0.6 [続きを読む]
  • GLD SPDR Gold Shares のキャッシュセキュアードプットを調整
  • GLD SPDR Gold Shares のキャッシュセキュアードプットを調整GLD SPDR Gold Shares のキャッシュセキュアードプットのポジションを調整しました。限月を9月⇒10月に延ばすストライクプライスを上げ 122⇒1258月下旬に売り建てをしたポジションはすぐに利益となったので、今回のポジション調整をしました。具体的なトレーディングとしてはショートしているキャッシュセキュアードプットを買戻し新しく期間を長くしてストライクプラ [続きを読む]
  • 資金効率を最大化して優位性のある投資をつづける
  • 資金効率を最大化して優位性のある投資をつづける私の投資戦略というか、一番大切にしている考え方は資金効率を最大化して優位性のある投資をつづけるになります。さらに具体的にいうと、レバレッジをかけて株式に長期間分散投資をするということになります。株式への長期投資ですが、世界全体でみると右肩上がりで成長を続けているので、長期で見れば高確率で儲かります。まあ、短期間で大きく儲かることは少ないですが。これに、 [続きを読む]
  • NTTドコモ(9437)を新規購入
  • NTTドコモ(9437)を新規購入先日、NTTドコモ(9437)を新規購入しました。前回の投稿でも書きましたが、株価が下がっており、配当利回りがなり高い水準になったので投資を決めました。NTTドコモの株価が下がっている理由投資を決めたポイントは以下になります。配当利回りが3.9%とかなり高い水準になった9月の配当が取れる日本株はアメリカ株と異なり1年に2回しか配当がないことが多いです。中間配当をコツコツとしっかりゲットす [続きを読む]
  • NTTドコモの株価が下がっている理由
  • NTTドコモの株価が下がっている理由結論から書くと、ネガティブなニュースが出たから株価が下落しています。7月に4─6月期は7%営業減益とのニュースが出て株価が下落基調にあります。一応、吉澤和弘社長は会見で「減益は計画通りで、年間業績予想に対しては順調な進ちょくになっている」と説明をしています。これからの業務進捗はどうなるかわかりませんが、NTTドコモは安定した配当を支払っていることで有名な会社でビジネスモデ [続きを読む]
  • 2017年8月26日 ポートフォリオ
  • 運用方針ETFを利用したインデックス運用(メインの運用)個別株への長期投資メインの運用はETFを利用した国際分散投資。一部、個別株への長期投資。主力の投資商品アメリカ : VB Vanguard Small-Cap先進国 : VGK Vanguard European新興国 : VWO Vanguard Emerging Marketsアメリカ(VB)、先進国(VGK)、新興国(VWO)がポートフォリオの大半。アメリカ(VB)、先進国(VGK)、新興国(VWO)は3等分で同じ割合を保つよ [続きを読む]
  • GLD SPDR Gold Shares のキャッシュセキュアードプット
  • GLD SPDR Gold Shares のキャッシュセキュアードプットGLD SPDR Gold Shares のキャッシュセキュアードプットをしました。今年はあまりオプショントレーディングをしないと年初に報告していたのですが、我慢が出来ずにオプショントレーディングを再開しました。絶対リターンが確保しやすく、利益になりやすいオプショントレーディングをしないというのはかなり辛かったです。(笑)まじめな話をすると、オプションを取り入れると運 [続きを読む]
  • アメリカの個別銘柄を全て売却して新興国ETFを購入
  • アメリカ株を売却して新興国ETFを購入アメリカの個別銘柄を全て売却して、その資金で新興国ETFを購入しました。iSharesブランドの国別のETFでポートフォリオを組み直しました。まあ、ポートフォリオの大規模な入れ替えです。今回の入れ替えで個別銘柄への投資は激減しました。ほとんどがETFでの運用となります。アメリカの個別銘柄を全て売却「なんでそんなに頻繁に売買をしているんだ・・・!」という声が聞こえてきそうですが、 [続きを読む]