たぬき さん プロフィール

  •  
たぬきさん: 僕のmyブログ
ハンドル名たぬき さん
ブログタイトル僕のmyブログ
ブログURLhttp://steopgmpl.blog.jp/
サイト紹介文のんびりと子育て。聖書をよみながら。
自由文ギターを弾いて作曲したり、留学したので、アメリカ・韓国・フィリピンなどにも友達がいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 27日(平均8.6回/週) - 参加 2017/03/02 20:01

たぬき さんのブログ記事

  • 今日の娘への聖書:詩篇
  • 詩篇108篇1節神よ。私の心はゆるぎません。私は歌い、私のたましいもまた、ほこあの歌を歌いましょう。」娘には「いつも主を褒め称え、賛美する人になってほしい。」そのためには、悔い改めた心が必要である。詩篇51篇2節「どうか私の咎を、私から全く荒い去り、私の... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:箴言
  • 箴言20章15節「金があり、多くの真珠があっても、知識のくちびるが宝の箱。」「娘には知識のくちびるの宝を持ってほしい。」そのためには、聖書を読んでほしい。Ⅱテモテ3章16節「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めおt矯正と義の訓練とのために有駅で... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:Ⅰテモテ
  • Ⅰテモテ6章11節「しかし、神の人よ。あなたは、これらのことを避け、正しさ、経験、信仰、忍耐、柔和を熱心にもとめなさい。わたしは、娘に「敬虔で信仰深くなってほしい。」そのためには、神の愛が必要である。Ⅰコリント13章1節「たとい、私が人の異言や、御使いの... [続きを読む]
  • 娘とお墓参り
  • 休日を利用して、家族で娘とお墓参りに行った。お墓は北の○○にあった。車は妻が運転した。私は寝ていた。40ふんほどで、墓に着いた。ばあちゃんも一緒だった。最初、娘は車に残ると言ったので、妻がついていた。私とばあちゃんでじいちゃんの墓に行った。私はクリスチャ... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:ヘブル
  • ヘブル11章11節「信仰は望んでいる事がらを保障し、目に見えないものを確信させるものです。」娘には「信仰を持って希望ある人」になってほしい。希望は愛と信仰とセットである。一コリント13章13節「こおういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。そ... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:創世記
  • 創世記20章1節「苦難の日に主があなたにお答えになりますように。」娘には、「苦難を忍耐によって乗り越える人」になってほしい。そのためには、魂から主を賛美することである。詩篇25篇「主よ。わたしのたましいは、あなたを仰いでいます。」詩篇149篇1節「ハレル... [続きを読む]
  • 娘と図書館
  • 休日を利用して、図書館へ行った。娘は絵本を10冊ほどママと選んだ。娘はテレビを見ない。1週間で10冊の絵本を読む。私は、2階で音楽の作家の調べ物をした。娘が借り終わり、妻が2階にあがってきた。わたしは、娘の世話をした。妻は本を見ていたが、結局なにも、借り... [続きを読む]
  • 娘と卒園式
  • ようやく、娘も保育園の卒園式となった。さいしょに、娘は、エイサーを歌ったり、こままわしをしたり、ダンスを踊ったり、たけうまに乗ったりした。そして、式が開幕した。延長先生は祝辞で泣いていた。先生たちの歌は東北大震災の年に生まれた子に送る歌だった。娘は花束を... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:ハガイ
  • ハガイ2章5節「あなたがたがエジプトから出てきたとき、わたしがあなたがたと結んだ契約にゆおり、wたしの霊があなたがたに働いている恐れるな。」娘には「神の霊に満たされた人になってほしい。」そのためには、聖書に通じていて、Ⅱテモテ3章16節「聖書はすべて、神... [続きを読む]
  • 娘とお風呂
  • 娘とたまにお風呂に入る。娘は自分で全部洗える。娘は髪を洗うのに時間がかかる。ゴムで髪をまきあげて、念入りにシャンプーする。体も丁寧に洗う。娘はリンス・イン・シャンプーを使っている。そして、ゆっくりと湯船につかる。長風呂である。わたしが体を洗おうとすると、... [続きを読む]
  • 今日の娘への言葉:ヤコブ
  • ヤコブ3章17節「しかし、上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひきぎなく、見せ掛けのないものです。」娘には「神様に仕え、純真な人」になってほしい。そのためには、清い心を持ってほしい。マタイ5章... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:ヨハネ
  • ヨハネ4章14節「しかし、わたしが与える水を飲む者は誰でも、決して乾くことがありません。わたしが与える水は二とのうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」娘には「心のうちに永遠のいのちの水が湧き出る人」になってほしい。そのためには、イエスの十字架... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:ガラテヤ
  • ガラテヤ6章1節「兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったあんら、御霊の人であるあなたがたは、柔和な心でその人を正してあげなさい。また、自分自身も誘惑に陥らないように気をつけなさい。」娘には、「柔和で御霊に満たされた人に成ってほしい。」そのためには、しっ... [続きを読む]
  • 娘と週末
  • 週末は○○公園に3人で行った。15分くらい歩いたところにある。娘はヘルメットをかぶり、自転車に乗って行った。坂になっているので、行きはブレーキをかけながら、帰りははあはあ、言いながら上った。付くとすぐに、娘と妻でブランコに乗った。娘と妻はかなり、高くこげ... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:ローマ
  • ローマ2章7節「忍耐を持って善を行い、栄光と誉れと不滅のものとを求める者には、永遠のいのちを与え、」娘には「忍耐を持って神の栄光を現す人」に成ってほしい。そのためには、聖書に親しんでほしい。ローマ10章11節「聖書はこういっています。「彼に信頼する者は、... [続きを読む]
  • ホワイトデー
  • 昨晩家に帰ると、妻が「パパ、ホワイトデーのチョコ買った?」と聞いた。わたしは、ちょうど昨日○○屋でチョコを買ったとこだった。「買ったよ。」と言うと、「じゃ、いま渡せば!」と妻が言った。そこで、わたしは、ホワイトデーのチョコを妻と娘に1個あげた。娘は早速、... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:マルコ
  • マルコ1章3節「荒野で叫ぶ者の声がする。「主の道をまsっすぐにせよ。」」から、娘には、「神様の宣教の道をまっすぐに備える人」に成ってほしい。そのためには、明確に主の復活を信じる必要がある。Ⅰコリント15章14節「そして、キリストが復活されなかったのなら、... [続きを読む]
  • 娘と入学グッズ
  • 娘が入学するので、入学グッズを買いに、近くの○○屋まで、行った。最初に体育館シューズ入れを買った。サイズがわからないので、店員さんにメジャーを借りた。聞くと、封を開けてサイズを測ってもいいとのことだった。すぐすぐと決まって行った。次はお道具箱を買った。ボ... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:ガラテヤ
  • ガラテヤ5章22節23節「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。」娘には「御霊の実にあふれる人に成ってほしい。」①愛する人に成ってほしい。1コリント13章13節「こういうわけで... [続きを読む]
  • 娘とシルバニアとぬいぐるみ
  • 妻が押さない時に集めていたシルバニアという小さな家と動物や家具のセットが家にある。娘はそれで、僕と遊ぶのが好きだ。人形に服を着せたり、テーブルをセットしたりする。そして、料理をしたり、洗濯をしたり、お店屋さんごっこをする。また、むすめはぬいぐるみが好きで... [続きを読む]
  • 今日の娘への聖書:創世記
  • 創世記8章20節「ノアは、主のために祭壇を築き、すべてのきよい家畜と、すべてのきよい鳥のうちから幾つかを選び取って、祭壇の上で全焼のいえkにえをささげた。」娘には「まず第一に礼拝する人」になってほしい。そのたみには、聖書の言葉に親しんで欲しい。詩篇119... [続きを読む]
  • ○○公園
  • ひさしぶりに三人で、娘と○○公園に行った。公園で、娘と妻がブランコに乗った。娘はかなり高い位置でブランコを熱心にこいでいた。何回も何回も娘はずっとブランコをこいでいた。ときには、座り、ときには、立ってこいだ。わたしも挑戦したが、まったくこげなかった。その... [続きを読む]
  • はしつくり。
  • ウィークエンドに保育園の「はし造り体験教室」があった。専門の先生を外部から呼んだ。先生は、二人いた。最初に紙芝居とクイズがあった。娘も正解を出した。しかし、圧倒的にお琴のこの声が強かった。女の子の声は誰も聞こえなかった。はし造りは、一本ずつ木の棒を渡され... [続きを読む]
  • 娘の誕生。
  • うちの娘は里帰り、出産であった。だから、わたしは立ち会わなかった。妻は、しばらく故郷に帰った。そして、妻の母と一緒に過ごした。わたしは、当時生きていた私の母と一緒に過ごした。毎日、ファイレスに行ったり、ドライブしたり、母との時間を過ごした。妻の母は働いて... [続きを読む]
  • 今日の娘への言葉:詩篇
  • 詩篇23篇4節「たとい、死の陰を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それがわたしの慰めです。」わたしは、娘に「神様といつも共にいる人」になって欲しい。そのためには、神様にいつも肯定的な... [続きを読む]