不動産好き さん プロフィール

  •  
不動産好きさん: サラリーマン不動産投資初心者。失敗しないABC!
ハンドル名不動産好き さん
ブログタイトルサラリーマン不動産投資初心者。失敗しないABC!
ブログURLhttp://fudousantosi-toha.com/
サイト紹介文自分でも不動産投資をしております。 不動産投資の知識を皆様と共有できたらと 思い。開設しました。
自由文自分でも独自に不動産投資をしております。
最初は株式投資から始めましたが、株式と
不動産投資の親和性は抜群と考えており、
色々紹介していきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供479回 / 163日(平均20.6回/週) - 参加 2017/03/01 20:07

不動産好き さんのブログ記事

  • 不動産所得の損益通算を解説。不動産投資の損益計算で税金にも有利。
  • 不動産所得は総合課税の対象になっている所得であり、同様に総合課税に分類されている事業所得、給与所得、雑書と奥などと合わせた所得に対して課税が行われます。そのため、不動産投資を行った結果として利益を上げた場合には他の所得と合わせて課税を受けることになりますが、逆に赤字になった場合には損益通算を行うことが可能です。損益計算をすることによって所得税や住民税を軽減することができるため、その仕組みについて理 [続きを読む]
  • 広告を信じては駄目!アパート経営での利回りの正しい見方。
  • アパート経営をするときには利回りの高いアパートを購入して運用したいと考えるのが一般的です。利回りが高いほど投資金額に対して年間の収入が高くなることから、大きな投資利益を上げやすいと考えることができます。不動産投資をするときには広告に記載されている利回りに着目して価値の高いものを探すことがよくありますが、広告を信じてしまうと失敗するリスクがあります。【スポンサーリンク】必要経費がかかる不動産の広告に [続きを読む]
  • アパートとマンションの違いを投資先と住み心地から考える。
  • アパートとマンションの違いアパートとマンションの違いは一般に構造の違いによるものです。アパートは、構造が木造ないしは軽量鉄骨造りの建物のことを指します。鉄骨・鉄筋コンクリート造り(SRC造り)の建物をマンションと呼びます。【スポンサーリンク】住み心地の面でいえば大きな違いがあります。アパートは、防音性にマンションと比べて劣ります。隣の話し声が聞こえる物件もありますので注意が必要です。反面、木造・軽量 [続きを読む]
  • 店舗併用型住宅とは?住宅ローンの使用は可能?メリットは?
  • 店舗併用型住宅とは一部を居住用として使用し、残りを店舗として利用する形の住宅を指します。例として個人商店やクリニックなどを開設する際に一階を店舗や診察室などとして利用し、二階や三階を自宅として使用するというものが典型的です。カフェ経営やアパート経営などにも応用することが可能であり、店舗と名称は付いていますが事業に用いるスペースが同じ建物の中に含まれているものとして解釈することができます。このような [続きを読む]
  • 太陽光発電投資とは?収益性は不動産投資とどちらが上か?
  • 太陽光発電投資とは発電を行うためのパネルを設置して太陽光による発電を行い、生じた電力を電力会社に買い取ってもらうことで収入を得るものです。最初にパネルの設置のために資金を投入し、それを維持管理しながら長期的に利益を得ていくことができます。固定価格買取制度が実施されていることによって原則としては20年間は同じ価格で電力を買い取ってもらうことができるため、安定した収入が得ることが可能です。【スポンサーリ [続きを読む]
  • 相続対策のアパート経営。土地活用をして収益性を高めよう。
  • 土地活用としてアパート経営を選ぶことによって相続対策を行うことができます。土地を相続するときには多額の相続税がかかりますが、それを軽減する対策としてアパートを建てるだけで大きな節税を行うことが可能です。また、単純に資産として現金を持っているよりも土地を購入してアパートを建てたり、アパートを購入したりすることが相続対策になります。【スポンサーリンク】相続税評価額とは土地や建物については現金よりも相続 [続きを読む]
  • 不動産投資における見積もり査定の欺瞞的操作の実態について。
  • 見積もり査定の欺瞞的操作見積もり査定の欺瞞的操作というのは一体どういうことでしょうか。これは、不動産の見積もりを依頼した際に、実際の相場とは著しくかけ離れた査定額を出すことです。これくらいのことは字面を読めば分かるでしょうが、では一体、誰が何のためにそんなことをするのでしょうか。【スポンサーリンク】ぱっと思いつくことは、見積もりを行った側の人間が、その不動産を不当に安い価格で買い叩こうとしていると [続きを読む]