ランドFX さん プロフィール

  •  
ランドFXさん: FXドルコスト平均法で資産1億円
ハンドル名ランドFX さん
ブログタイトルFXドルコスト平均法で資産1億円
ブログURLhttp://zarfx1.com
サイト紹介文FXで積立投資をしています。その他にも資産運用について色々書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 143日(平均3.5回/週) - 参加 2017/03/01 21:16

ランドFX さんのブログ記事

  • ドルコスト平均法7/20スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今週のスワップ金利買い増しは838.9315円分、192通貨でした。 本日ランド円が大きく下落しています。1日で0.1円ほど下落しまして、現在8.57円ほどになっています。南アフリカの金利が7%から6.75%に引き下げられたことで売りが優勢となったようです。南アフリカが不況に入っているということで金利負担を下げる動きとなりました。この金利引き下げによって、スワップ金利が下がってしまう可能性もありますがランド [続きを読む]
  • iサイクル注文運用終了
  • こんばんは。 先日iサイクル注文で初めて利益確定がありました。利益額は4,058円です。ポジションを幅広くとるように設定していたので、1回の利益額も大きめです。ただ、今回の決済をきっかけにiサイクル注文から撤退することにしました。 撤退の理由としては、やはり決済サイクルが長すぎることです。資金9万円で始めていたため、リスクを抑えて1,000通貨取引をしようと思うとどうしても注文本数を少なくしなくてはいけません。そ [続きを読む]
  • ドルコスト平均法7/13スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今週のスワップ金利買い増しは1,126.0225円分、263通貨でした。今週は過去最高のスワップ金利益でした。毎週1,000円以上ほぼほったらかしで入ってくるのはうれしいですね。 本日の為替相場は、FRBのイエレン議長の発言で円高に動きました。ドル円は一時112円台まで下落しましたが、現在は113.3円ほどです。アメリカの利上げペースが緩やかになるだろうとの見方が強まっています。高金利通貨は逆に上がってきてますね [続きを読む]
  • 雇用統計明けの月曜日
  • こんばんは。 金曜日に発表された雇用統計の結果を受けて、ほぼ全通貨上昇していましたが、月曜日もその勢いは続いています。ドル円も現在114.2円と先週の高値を超えてきました。これで利上げが実際に行われればもっと上がるかもしれません。日経平均株価も2万円超えました。相場は大分過熱してきているように感じます。ただ、こういうときこそ勢いにまかせて売買するのではなく、冷静に相場を見る必要があります。全員が買いに走 [続きを読む]
  • 雇用統計発表
  • こんにちは。 昨日、6月の雇用統計が発表されました。非農業部門の就業者数が前月比22万2000人増と、前月の15万2000人増から大きく伸びています。市場予想の17万9000人増も大きく上回りました。就業者数とは対照的に、失業率は上昇しています。今回の結果を受けて、相場は乱高下しました。その後、年内に利上げが行われるとの見方が広がったことから、円安方向に進みました。ドル円も約2か月ぶりに114円まで上がっています。その他 [続きを読む]
  • ドルコスト平均法7/6スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今週のスワップ金利買い増しは985.6821円分、231通貨でした。 今週のランド円は下げ続けました。8.7円から8.4円まで下落しています。南アフリカ中銀を国営化するという話が出ているみたいですね。もしこれが現実化すれば、よりいっそう悪政が幅を利かせてしまうかもしれません。ただでさえ、今でもズマ大統領が好き放題やっているのに、中銀を国営化してしまうと金融政策も政府の思い通りになってしまいます。そうな [続きを読む]
  • 株式投資する絶好のタイミングとは
  • こんにちは。 投資をするうえでいつ買えばいいのかというのは、永遠のテーマです。買うタイミングを常に試行錯誤し続けて、損失を出したり利益になったりを繰り返し成長していきます。ただ、どれだけ投資をしても100%利益を出すことはおそらく不可能です。ただ、勝率を上げることは可能だと思っています。では、なるべく勝率を上げるためにはどのタイミングで買うのがいいんでしょうか。「株主優待、配当金」狙いで投資する絶好の [続きを読む]
  • ドルコスト平均法6/29スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今週のスワップ金利買い増しは1,010.0107円分、232通貨でした。 現在、相場全体が円安に動いています。特にユーロが好調で、現在ユーロ円は128.2円まで上がっています。約4か月ぶりの水準ですね。ユーロはここ最近好調です。そのため、2018年ごろから債券買い入れ額を縮小していくと見られています。先日イタリアの銀行が破綻したというニュースが出ていましたが、そんな状況でも関係なくユーロが上昇していますね。 [続きを読む]
  • イタリアの2銀行が破綻
  • こんにちは。 イタリアのベネト・バンカとバンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァの2行が破綻したというニュースが出ています。この2行の清算手続きに最大で170億ユーロのコストがかかるそうです。結局税金を使うんですね。。。イタリアはただでさえGDP比132.6%の債務(2016年末時点)を抱えています。そこにこの170億ユーロが加わればかなり負債が大きくなります。ちょっとイタリアの財政が心配ですね。もとも [続きを読む]
  • 資産1億円を築くためにやるべきこと
  • こんばんは。 僕は現在色々な投資を行っています。目的は様々ですが、最終目標はブログタイトルにもある通り「資産1億円」です。ただ、今のままのやり方だと恐らく1億円達成するころにはかなりの高齢になっているか、一生届かないと思っています。実際に1億円を達成した人たちは、どのような方法で達成させたのでしょうか。資産1億円以上の起業家が伝授「お金持ちになるにはどれぐらい働けばいいか」 1.労働時間を増やす上の記事で [続きを読む]
  • ドルコスト平均法6/22スワップ金利分買い増し&6/23定期購入
  • こんばんは。 今回の定期購入分は豪ドル円142通貨、ランド円941通貨、NZランドドル円49通貨でした。また、今週のスワップ金利買い増しは869.0657円分、202通貨でした。 どの通貨も先月とあまり変わらない購入量となりました。豪ドル、ランドはほぼ値動きなしでしたし、NZランドドルは2円ほど上昇したのですが、元々購入金額が少ないのであまり変わりませんでした。今はどの通貨も買う材料が少ないです。僕はルール通りに積立してい [続きを読む]
  • 株で稼ぐためにやるべきこと
  • こんばんは。 株を現在買っている人、または株を買いたいと思っている人は利益を出したいと思って買いますよね。ただ、実際に利益を出せている人は少数だと思います。確実に利益を出す方法というのは、おそらく存在しません。ただ、利益を出すためにやるべきことというのはあります。新聞を「よく読む人、まったく読まない人」 株で稼ぐのはどっち? 上の記事では、株で稼ぐために新聞を読むことは効果がないと書かれています。新 [続きを読む]
  • ドルコスト平均法6/15スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今回のスワップ金利買い増しは1,038.2511円分、238通貨でした。 ランドは今週もあまり値動きなしでした。一時8.7円近くまで上がりましたが、現在8.55円ほどまで下がっています。買売する材料が乏しいので動きがないです。先日ムーディーズが南アフリカ国債の格付けを1段階下げました。しかし、すでに織り込み済みだったみたいでランドの価格にはあまり影響はありませんでした。ムーディーズにあと1つ格下げされると [続きを読む]
  • アメリカやEUの経済状況
  • こんばんは。 アメリカの1−3月期成長率が発表されました。結果は1.2%と前期の2.1%より下がりました。トランプ政権発足から4か月が経ちましたが、期待されていた税制改革がうまく進んでいません。トランプ政権がうまくいかなければ、現在の景気を維持できなくなる可能性があります。早いところ政権運営をスムーズに行って欲しいです。企業の業績は相変わらず好調なので、政権運営さえうまくいけばアメリカはさらに成長していくで [続きを読む]
  • 積立NISAと通常のNISA
  • こんばんは。 積立NISAが2018年に開始予定です。現在NISAを利用している人も積立NISAへ切り替えを検討されているんじゃないでしょうか。この2つはどう違うのか、またどんな人が積立NISAにすべきでどんな人が通常のNISAにすべきなのか調べてみました。2018年開始予定の「積立NISA」 どんな人に向いてる? ●それぞれのNISAの特徴とは現状のNISA制度は、年120万円までの投資利益が非課税になります。年数は5年で、6年目 [続きを読む]
  • ドルコスト平均法6/8スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今回のスワップ金利買い増しは957.5918円分、222通貨でした。 今週のランド円はほとんど値動きなしでした。現在8.55円ほどです。南アフリカのGDP成長率が0.7%のマイナスとなっています。もっと下がりそうな感じですが、よく持ちこたえています。このマイナス成長の影響で、ムーディーズもジャンクに格下げということになればさすがに下がるかもしれません。チャートを見てる感じだとまだ上がりそうですが [続きを読む]
  • 上昇を続けるビットコイン
  • こんばんは。 4月から上昇を続けているビットコインですが、まだまだ上がりそうです。アメリカでもまだ上がるという楽観的な見方が大多数を占めています。乱高下するビットコイン 米国では「強気予想」が支配的 一部の著名人は、すでにビットコインはバブルとなっていると予想していますが、ごく一部です。上の記事でもありますが、現在1ビットコイン2800ドル前後となっています。そのビットコインが、今年中に6000ドル [続きを読む]
  • ドル円は雇用統計の結果を受け円高に
  • こんにちは。 今月2日にアメリカの雇用統計が発表されました。非農業部門雇用者数が13.8万人増で、市場予想の18.5万人増を大きく下回っています。この結果を受けて円高が進みました。ドル円は現在110.6円ほどとなっており、金曜日の高値からは1円ほど下がっています。1か月前からみると3円以上下げていますね。アメリカ経済はずっと好調でしたが、雇用に関しては少し失速してきているのかもしれません。 労働市場は失速 [続きを読む]
  • 最近話題の投資情報
  • こんばんは。 今年に入って積立NISAなど個人投資家の投資環境がかなり整ってきています。政府も「貯蓄から投資へ」と言っているくらい投資を推奨しています。約43兆円もあると言われているタンス預金を、なんとか使ってもらおうと色々試行錯誤しています。そんな投資に関する主なニュースが出ています。NISA失効危機、投信が100円から……5月に話題になった「投資家必見の情報」5選 1.iDeCoの管理手数料無料化iDeCo=個 [続きを読む]
  • ドルコスト平均法6/1スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今回のスワップ金利買い増しは860.5426円分、202通貨でした。 最近のランド円はまたレンジに入っています。8.2円から8.7円ほどを行き来しています。現在は8.6円ほどとなっています。4月の貿易収支も50億ランドの黒字だったので、南アフリカ経済は好調ですね。あとは大統領交代などのビッグニュースがあればレンジを上抜けしそうなんですが。ズマ大統領の支持率は18%しかないのに、よくやめさせられないで [続きを読む]
  • 下落局面でも利益を出す方法
  • こんばんは。 大きく資産を増やす人は「売り」が得意です。上昇時よりも下落時の方が値動きが大きくなりやすいですからね。一度の売買で大勝ちできるのが「売り」の醍醐味です。ただ、そこまでわかっていてもなかなか狙って利益を出すことは難しいと思います。では相場を読まなくても、下落局面で利益を出す方法はあるのでしょうか。以下の記事にその方法が載っています。<長期投資>ドルコスト平均法の何がすごいのか [続きを読む]
  • ビットコイン価格高騰
  • こんばんは。 株や為替がなかなか動かない中、高騰している商品があります。それがビットコインなどの仮想通貨です。ビットコインは昨年の5月には1ビットコイン50,000円ほどだったのが、現在は270,000円まで上昇しています。一時は300,000円を超えていました。上昇率もすごいですが、1日で15%ほど動くなど値動きも激しいです。実際に、ビットコイン大儲けして億り人になった人もたくさんいるみたいです。なぜ仮想通貨はこん [続きを読む]
  • ムーディーズ 中国を格下げ
  • こんばんは。 昨日の記事で中国の成長率が上がっているという記事を書きましたが、本日ムーディーズが中国の格付けをAa3からA1に下げました。「成長の鈍化や債務拡大が、今後財政面の健全性を低下させる」という判断を下しています。成長率に関しては1-3月期が6.9%となっています。去年の年間の成長率が6.7%なので上がってはいるのですが、それでも以前の成長率に比べて下がってきているのは確かです。短いスパンで見ると成 [続きを読む]
  • ドルコスト平均法5/24定期購入&5/25スワップ金利分買い増し
  • こんばんは。 今回の定期購入分は豪ドル円143通貨、ランド円924通貨、NZランドドル円50通貨でした。また、今週のスワップ金利買い増しは1,075.959円分、248通貨でした。 ランド円がかなり好調に推移しています。現在8.7円手前まで戻ってきており、先週と同じ水準まで回復しました。4月のインフレ率が5.3%と3月からかなり改善されていることが要因です。本日発表された政策金利が7%に据え置かれたことも好感されていま [続きを読む]
  • 「大暴落」が何度も起こるワケ
  • こんばんは。 ここ最近で一番の暴落といえば「リーマンショック」を思い浮かべる人が多いでしょう。実は株や為替の暴落というのは何度も起こっています。主なものですと・1637年2月3日 チューリップバブル・1929年10月24日 ウォール街大暴落(世界恐慌)・1987年10月19日 ブラックマンデー・1990年1月 日本のバブル崩壊・2000年3月 ITバブル崩壊・2008年9月 リーマンショックなどがあります。まさに「歴史は繰り返す」 [続きを読む]