akkiy さん プロフィール

  •  
akkiyさん: 塾なんかいらない?田舎の公立高校から大阪大学へ
ハンドル名akkiy さん
ブログタイトル塾なんかいらない?田舎の公立高校から大阪大学へ
ブログURLhttp://noncram.hatenablog.com/
サイト紹介文田舎の高校から大阪大学へ進学した経験をもとに、塾に行かない勉強法、子育て、仕事などを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 39日(平均2.5回/週) - 参加 2017/03/01 23:07

akkiy さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 浪人が決定(-_-;) 予備校(進学塾)に行くのか??
  •  私が現役高校生の時、当時は大学入試センター試験の前身の共通一次試験の後、AB日程制度のもとで第2次試験が行われていました。 なので、国公立大学でも2校受験できたんです。 そのかわり受験生が集中する大学もあることから、共通1次試験の成績が悪く、どうがんばっても2次試験で挽回できないと大学側が判断した場合、2次試験の受験資格が剥奪されていました。当時は「足切り」と言っていました。 高校3年当時の学級 [続きを読む]
  • 地元の公立高校は・・・・
  •  中学校では部活でバスケットボールをしていたのですが、どっちかというと下手だったのと、進学した高校のバスケットボール部が県内でもかなりの強豪だったこともあり、とてもついて行けるレベルではなかったので、入部はしませんでした。いまさらほかの部活でがんばる気力もなかったので、特定の部活には入りませんでした。 そのかわり、いろんなところに顔を出していたのですが、ひとつだけ長期間入り浸っていたところがありま [続きを読む]
  • 中学の時って何してたんだろう? 部活の記憶しかない・・・・
  •  中学校は地元の公立学校に通いました。 当然のことながら、近隣の小学校から生徒が集まってきますので、小学校のときよりも1学年の人数は増えます。結局7クラスありました。 当時、我が母校は非常に荒れていました。先生に対する暴力事件があったり、消化器の薬剤がばらまかれたりと・・・ただ、今と違って、悪さをする者たちは明かに不良の格好をしていました。 そんな感じではありましたが、あまり授業の邪魔をするよう [続きを読む]
  • 私の小学生時代
  •  塾に行かなくても、大阪大学までいくことができた、 という経験を綴っていきたいと思っていますが、ちょっと教育論みたく、話がそれたので、ここで軌道修正をします。 まずは、小学生あたりから、私の人生?を振り返ってみます。 私は三人兄弟の三男として生まれました。 父親は第二次世界大戦の混乱の中、高校に行くこともできず、中学を卒業してすぐに働きだしていますが、自分で稼いだお金で地元高校の定時制に通 [続きを読む]
  • 勉強にご褒美はダメなのか?
  •  子どもに勉強をさせるのに苦労しますよね 前にも書きましたが、勉強が習慣になればそれなりに勉強はしてくれます。 でも、ともすればどうやって手を抜こうかいつも考えています。 その時に大人が気がつき、もとの習慣に戻してやれば簡単に戻ってくれます。 そうすれば、あとは子どもに任せておけばいいです。 前回のブログにも書きましたが、負けず嫌いな子については、ちょっときっかけを作ってやればやってくれるは [続きを読む]
  • 子どもの性格と学習習慣
  • 学習習慣をつける上で、子どもの性格を的確に把握し、それを上手に利用してやることは重要だと思います。おっとりしたのんびり屋さんもいれば、負けず嫌いな子もいます。負けず嫌いな子は簡単かもしれません。ひとり、ライバルになる友達を見つければいいのです。「A君には絶対に負けたくない」という友達がいればその子が目標になります。スポーツでもそうですが身近に目標となるものがあれば、がんばれるものです。A君 [続きを読む]
  • やる気スイッチ
  •  どこかの学習塾のCMで「♪ やれば〜できる子 DYK ♪」と流れていたのを思い出しますが、勉強は、誰でもやればできます。効率的な勉強法はあると思いますが、勉強に近道はないと思っています。あとは、子供たちはの「やる気スイッチ」を探してやること。でもそれが難しいですよね。人間誰でも楽な方がいいに決まっています。 今年こそダイエットに挑戦し10kgやせるぞ、運動不足だから毎日3km走るぞ、・・・・みなさんも今 [続きを読む]
  • 塾だけじゃない、選択肢はたくさんある
  •  このブログのタイトル「塾なんかいらない?」・・・・塾を否定しているものではありません。 学力を伸ばすには、子どもの特性にあわせてすべきものであり、「塾」ありきではない、ということを言いたかったものです。 したがって塾が一番適している子どもは塾に通えばいいのです。 子どもが学力を伸ばす方法は一人一人違っていると思います。 塾が良い子もいれば、家庭教師が良い子もいるでしょう。自分でこつこつできるので [続きを読む]
  • 塾での経験
  •  塾はいらないと言っていますが、実は塾に通っていました。 といっても塾の「講師」としてですが・・・ 大学に通っていたとき、いろんなアルバイトをしました。 大阪だったので、夏の高校野球大会の時、甲子園球場で警備のアルバイトや、スーパーの開店前の商品の陳列、工場での電気部品の製造など・・・ 日常的にやっていたアルバイトと言えば、塾の講師が多かったです。  塾に通っていなかった自分ですが、やはり効率 [続きを読む]
  • だから塾はいらない
  •  学校に通い、学年が進んでくると授業の内容が難しくなってきて、だんだんとついて行けなくなる子どもたちが出てきます。 中学受験を目指している小学校では違うかもしれませんが、一般的な公立の小学校では、分数の計算だったり、ポイントになる時期はあるようですが、同じクラスの中でもばらつきが出ます。 これが小学校高学年、中学校、高等学校と学年が進み、学習内容が難しくなればなるほど顕著になってきます。 だから [続きを読む]
  • テレビゲームは悪なのか?
  • よく「テレビゲームばかりやっててちっとも勉強をしない」と嘆く親御さんを見かけます。でもこれって仕方ないと思いませんか? 子供たちは「 勉強するのが仕事だ」という人もいますが、大人だって仕事だけやってても体も精神も持ちませんよね。子供だって一緒だと思いませんか? 朝から学校で勉強して、学校が終われば塾に行き、家に帰れば家庭学習の時間。唯一息抜きができるのは晩御飯とお風呂の時間だけ。人によって [続きを読む]
  • 公立小学校でもiPadが・・・
  •  埼玉県戸田市が小学校4年生にiPadを貸与して算数のドリル学習をするそうです。 記事によると「ドリルの解答結果から生徒の苦手な分野を分析できる」ってことのようですが・・・・ 小学4年生のレベルで機械のちからを借りないと、そんなことも分からないような教育レベルになっているのでしょうか? 確かに昔に比べれば雑務に追われ、先生が教育にさくことができる時間は減っていると思いますが・・・・ ついこの前までiPad [続きを読む]
  • そうか!国公立大学の前期試験か!
  •  昨日、大阪に出張で出かけました。いつもどおりJRの特急列車で出かけたのですが、普段よりかなり混んでいます。週末の金曜日は、大阪からの下りの電車は観光客で混み合うことはあるのですが、大阪へ行く上りの電車が混むことはあまりないので、何があるのだろうと・・・・ 駅構内を見ると、地元大学の学生がよろず案内所を開いていました。 そうです。今日から国立大学の前期試験が始まるのでした。 そう思って、改めて駅 [続きを読む]
  • はじめまして
  • こんにちは、はじめましてタイトルを見てこのブログにたどりついた人は少なからず自分なり、家族なりが受験という人生の大きなハードルに直面しているのではないでしょうか?実は私が大学を受験したのは約30年も前のことになります。今となっては懐かしい思い出でもありますが、当時苦しんだこと、がんばったことなど今も鮮明に覚えています。私には子供が2人いますが、上の子が中学に入学し本格的に勉強がはじまりました。小 [続きを読む]
  • 過去の記事 …